ピクシブ百科事典

マガタノオロチ

まがたのおろち

マガタノオロチは、『ウルトラマンオーブ』に登場する怪獣。同作のラスボスを務める。
目次[非表示]

勇気ある戦い
あけてくれ!

データ

別名超大魔王獣
身長77m
体重8万8千トン
出現地東京タワー


概要

ウルトラマンオーブ』第24話「逆襲の超大魔王獣」、第25話「さすらいの太陽」に登場する最強魔王獣で、本作のラスボス

第12話でウルトラマンオーブに倒されたマガオロチ実は幼体に過ぎず、地底に命を託しており(12話冒頭で活動を停止していたのはそのため)、地球そのものをにして完全体になる。それがマガタノオロチである。
なお、劇中の描写を見る限りこのことは魔王獣の情報に精通していたジャグラーですら当初は知らなかったと思われ、魔王獣をすべて倒したと思っていたガイはもちろん、ジャグラーにとっても(嬉しい)誤算と言える存在である。

また、第22話で地球で密かに暮らしていたり侵略の為に潜伏していた宇宙人たちが我先にと他の惑星へと逃げだしていた元凶でもある。

8つの地脈が交わる東京の聖地、すなわち東京タワーに出現した。
『太平風土記』には「天の雷に似たる矢、悪しき気を持ちて、オロチ蘇らせたり」と記述されている。その挿絵には東京タワー同様の塔が描かれており、最終話にて将来マガオロチが復活することを予見して書かれたものであることが推測されている。

超大魔王獸


王道スタイルの怪獣の姿をしていたマガオロチと比べると、無数の触手に覆われ、蛇のように伸びたマガオロチの首が複数巻きついた丸っこい身体に巨大な口が覗くワニのような顔が付いているという、かなりグロテスクな姿をしている。
早い話が、マガオロチの胸部にあった顔のような部分がそのまま頭となって飛び出し、それに合わせて体が肥大化したイメージ
どうしてこうなった
魔王獣に共通するマガクリスタルは額の位置(マガオロチ時代の頭がある所)から突き出ている。
デザインを担当した品田冬樹氏によると、食う事、噛みつく事に特化したデザインだという。

能力

といった具合に、これまでに登場したすべての魔王獣の力を持ち併せている。

超大魔王獣


攻撃手段として、マガ迅雷の強化版であるマガタノ迅雷を放つことができる。同時に広範囲を攻撃可能なマガ迅雷に対し、一方向への攻撃により特化しているようである。これとは別にマガ迅雷も使用可能なようで、劇中では広範囲の破壊にマガ迅雷、オーブとの戦闘にマガタノ迅雷、という具合に使い分けを行っていた(ただし、両者を同時に使用している場面もあり、このことから両者を同一とする見方もある)。また他にも、触手光弾マガ嵐マガ穿孔マガ臭気マガ火球といった具合に、すべての魔王獣の攻撃技も行使できる

この他、小さな頭部のついたマガオロチの尻尾のような器官で相手の身体に噛み付いてマガタノ迅雷を直接浴びせるなどの攻撃を行う。前述のように知能も高いようで、オーブとの戦闘では、

  • 飛び蹴りに対して、マガ穿孔で勢いを相殺したうえで足先にでなく上半身にマガタノ迅雷を浴びせて撃ち落とす
  • やや不利と判断するや間をとって状況を打開
  • マガ火球で距離を十分に取ったうえで一瞬の隙を逃さずマガ穿孔を発射
というように、単なる攻撃本能では説明がつかない芸当をいくつもやってのけている。

また「星の全てを食い尽くす」というジャグラーの言葉通り、劇中ではビル、竜巻に乗って飛んできた瓦礫を食らい、果てはオーブスプリームカリバーまでもをその巨大な口で吸収した。

オーブやジャグラーの攻撃すらもことごとく弾き返してしまう程に強固な外皮で覆われているが、地中深くで成長していた時に御神木が生えていた場所の地下に存在していた部分のみがエネルギーを十分吸収できずに不完全なままとなっており、そこが唯一の弱点となっている

活躍

  • 第24話

出現の前兆として、地底怪獣デマーガゴメステレスドンがエネルギーを吸収され地上に出現すると同時に死亡、第8話で登場したラゴン親子グビラが共に日本近海から逃亡。さらには前述の通り12月なのにも関わらず真夏並みの気温を観測するという異常事態が相次いで発生していた。

ビートル隊日本支部に囚われたジャグラーの言葉通り、地球そのものをサナギに成長していたため、成長し切る前に倒すことを決めたビートル隊のスパイナーR1ミサイル攻撃が行われるものの、逆にその熱エネルギーを吸収。ついに完全体となって東京タワーに上空に発生した黒雲を介して出現した。

出現すると様々な攻撃を四方八方に放って都市部を破壊し、あらゆるものを捕食。オーブ・サンダーブレスターとの戦闘でも然したるダメージを受けた様子は無く、オーブオリジンが放ったオーブスプリームカリバーを吸収し、至近距離からマガタノ迅雷を食らわせ続け、カラータイマーにマガ穿孔を命中させて変身解除に追い込み、一度はオーブを敗退させた(なおこの時、オーブすら食べようとする仕草を見せている)。

  • 第25話
オーブを敗退させた後、ビートル隊の総攻撃をものともせずに逆にこれを蹂躙、東京都心に壊滅的な被害を与えていく。

再び立ち上がったオーブや、彼の援護のために変身・巨大化したジャグラー魔人態の2人を相手に尚も互角以上に戦い、これを圧倒するが、日本太平風土記を解析した松戸シンにより、御神木の生えていた場所の直下に位置していた部分(喉)のあたりが弱点であることを突き止められてしまう。
それを聞いた一徹の報告を受けたビートル隊の菅沼長官の命令により、ゼットビートルによる一斉攻撃が行われて弱点部分が露出してしまい、そこへオーブオリジンとジャグラーのパンチを受けて大ダメージを受ける。
それでも、ジャグラーを触手で絡めとって応戦するも、逆にジャグラーに抑え込まれて動きを封じられてしまい、最後は全てのウルトラフュージョンカードから実体化したウルトラマンの力を借りたオーブスプリームカリバーとオリジウム光線の連続攻撃を弱点部位に浴びせられたことで大爆発を起こし、遂に倒された。爆発の直前、体から八岐大蛇そのものの様なオーラを発していた。

ママ

この個体の親であるマガオロチが登場した第11話のサブタイトル「大変!ママが来た」とは、放送当初はナオミの母親である夢野圭子の来襲の事だと思われていたが、実はマガタノオロチの母親であるマガオロチの登場という意味も含めたダブルミーニングであったことが窺える。

バトルスピリッツでは

コラボブースター第四弾『ウルトラヒーロー大集結』にて分身に当たる魔王獣を引っさげて登場。(闇の魔王獣?知らない子ですね。)
赤属性のスピリットで元ネタのヤマタノオロチを踏襲し古竜、宇宙怪獣であるという点から星竜の二つの系統を併せ持つ。
コストは9と大型のスピリットであるが、Lv.3効果でアタックステップ時にトラッシュにある魔王獣の名を持つカードのアタック時効果を得るという劇中の能力を再現した凶悪な効果を持つ。
尚、この他にマガタノオロチの必殺技であるマガタノ迅雷、オーブ第24話の登場シーンを再現したタワーに集まる邪悪がカード化している。
また、コラボブースター第三弾『怪獣王ノ咆哮』にて元ネタを同じくする魔王八岐大蛇も参戦しているために同じデッキに入れて共闘させたり、対戦させる事も可能である。


余談

  • ソフビは本編に先駆けて11月5日に発売されている。


  • 八岐大蛇をモチーフにしているため、8本の首が伸びたデザインも検討されたが、ありがちなデザインであり着ぐるみでの表現も限界があることから、全身に8つの顔がある形状となった。

関連項目

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣 魔王獣
マガオロチ 八岐大蛇 ジークフリート
グリーザ…前作のラスボス
イズマエル…過去に出現した同族の能力をすべて行使できる最強の怪獣。
ボガール…ウルトラ戦士を食べようとした怪獣繋がり。 
魔王ヤマタノオロチ・・・恐らく元ネタ。
クラヤミノオロチ・・・同じくヤマタノオロチモチーフの怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「マガタノオロチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147314

コメント