ピクシブ百科事典

惑星O-50

わくせいおーふぃふてぃー

「惑星O-50」とはウルトラシリーズに出てくる惑星の名前である。
目次[非表示]

「ガイよ・・・新たなウルトラマンの絆が紡がれようとしている・・・」

CV:櫻井孝宏

概要

ウルトラマンオーブ』第23話、および外伝作品『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』にて語られた惑星。
M78星雲U40と異なり、分厚い雲と岩場ばかりの僻地のような星となっている。といってもそれ以外何もないわけではなく、人は住んでおりきちんとした国家や政府も存在する。

宇宙の秘境であるその星には「戦士の頂」と呼ばれる摩天楼のような山があり、その頂上には優れた資質を持つ者に「光の戦士」となる力を授けるという「オーブの光」(青白く光り輪の形状をしている)が浮遊している。
また選ばれた者は光のメッセージ(白く光る巻物のようなもの)によって数々のミッションを与えられ遂行することになる(なお同行者がいた場合は、選ばれた者のサポートを任される模様)。
近くの宙域には「スターゲート」が存在し、そこを潜ることによって並行宇宙への移動を可能としている。
しかし戦士の頂へたどり着く事はかなり難しく、中には途中でリタイアする者もいると言う。そのためかフーマはレアな観光名所と形容している。
また、このオーブの光はウルトラマンとしての力を与える上位存在でありながら、善の存在と言い切ることができない「非情な善人」とでもいうべき側面も持ち合わせている(詳しくは後述)。

O-50の戦士の性質

初出が新世代ヒーローズ作品であることもありO-50由来のウルトラマン達は基本的に他のウルトラマンの力を何かしらの形で使用している。勿論オーブオリジンなどを筆頭に誰の力も借りていないオリジナルの姿を持っている者もいるが、ロッソブルは固有の姿はなく変身にはルーブクリスタルに依存している形なので、この辺りの区別は戦士によって様々な様子。

O-50はその特性上光の国やU40と比べると闇の力にも寛容であり、現にO-50由来のウルトラマン達には全員体に黒いラインが入っている。中にはベリアルの力を使用した形態も存在し、かなり珍しい例ではあるが怪獣に変身できる者すら存在する程で、このようにウルトラマンとしては特殊な文化からか変身者の経歴も千差万別であり、関連人物が軒並み奇人変人ばかりである。

また、O-50の戦士は自然由来の能力を使用できる者が多く、
・オーブ…オーブカリバーに搭載された火、水、土、風のエレメントで多彩な技を使用できる。
・ルーブ兄弟…基本形態に変身する際にはオーブと共通でのルーブクリスタルを使用している。
・オーブダーク…オーブ本人とは異なるもののオーブダークカリバーには炎、氷、岩、嵐のエレメントが内蔵されている。
・フーマ…自らを風の覇者と名乗っているほか、トレギアに聞かれた際には上記の4大元素を即答しているため、知識自体はある模様。

また、歴代のウルトラマンと比べても八つ裂き光輪系の必殺技、若しくはそれに準ずる技を多用する傾向があり、多くの戦士達が光輪、光刀、カッター、ブーメラン系の技を使用している。なお、他の戦士の力を借りることが多いO-50の性質上ウルトラセブンゼロの力も多く使用しているため、アイスラッガーと縁のある技もそれなりに存在する。(エメリウムスラッガーハリケーンスラッシュなどはオーブスラッガーショット、ブルもルーブスラッガーワイドショットスラッガーと呼ばれる必殺技を使用可能。)

オーブ


オーブダーク
  • カリバースラッシャー

ルーブ

フーマ

等々、いずれにおいても主力技として活用されている。ちなみにトライストリウム形態のタイガはフーマも一体化している影響で風真烈火斬という巨大な八つ裂き光輪を使用できるほか、オーブがフュージョン元となっているギャラクシーライジング形態のジードもプラズマ光輪という技を持っている。

他の次元のウルトラマンとの関連

惑星O-50のウルトラマン達は別世界のウルトラマン達の力を借りることで変身や強化をしているが、あくまでも魔王獣のクリスタルやウルトラ戦士本人から直接入手するウルトラフュージョンカードとは別に『R/B』前日談においては変身者達にあらかじめ何枚かルーブクリスタルを授けており、O-50がなぜ自らの惑星とは無関係のウルトラマンの力を行使できるのかは未だに判明していなかったりする。

光の国では元々オーバーラッピング状態のタロウをはじめアイテムを中継せずに直接ウルトラマン同士が融合する戦士アイテムに頼る形ではあるが融合の経緯が極めて特殊な戦士など、その場限りの任意に変身できる形態でないことが多く、光の国で安定してフュージョン形態の融合が運用できるようになったのはジードライザーウルトラゼットライザーが設計されたごくごく最近のことであり、実際これらの変身アイテムを使用して既存の戦士の更なる強化力不足な未熟者をカバーする意味でも多くの戦士が恩恵を受けている。

勿論光の国自体が科学力の進化により容易にウルトラ戦士が別世界に遠征できるようになったこと、ウルトラマンゼロが戦いの最中多くの別次元のウルトラマンと交流を持つようになった関係上多くのウルトラマンの記録が蓄積していったことなども大きいが、オーブリングルーブジャイロの機能を考えると光の国がこれだけ時間と労力をかけて作り上げた技術をO-50は個人用の変身アイテムとして実用化しており、ある意味更に謎を深める要因にもなっている。

ただし、O-50は光の国やU40とも異なり基本的に選出した戦士にそのままミッションを与える形であり特に戦闘訓練などは施さないため、戦闘経験が未熟な者が危険なミッションに挑まなければならない事態にもなりかねず、歴代の戦士の力を借りるのは早急に戦士達を実戦で戦えるようにするためのO-50固有の緊急措置とも言える。無論フーマのように様々な事情から歴代の力はほぼ必殺技の強化のみに留め、本人の実力だけで戦い続けている者も存在する。

後述にもあるようにスパルタなことがしばしば話題になるO-50だが、厳しい下積み時代を乗り越えて来たこともあってかオーブやフーマといった叩き上げの実力者も多く、オーブに至っては『つなぐぜ!願い!!』や『R/B』でも別次元の宇宙人に名を知られている程である。

ウルトラマンオーブにて

『THE ORIGIN SAGA』第1話では、先に頂上にたどり着いたジャグラーが光に手を伸ばすが拒絶され、次にガイが光に手を伸ばすと、光はガイを選び聖剣オーブカリバーを授け彼をウルトラマンに変えた
その後、オーブカリバーから投影された光のメッセージによって王立惑星カノンとサイキの間に起った諍いを止めるファーストミッションを与えられることとなる。

最終話ではファーストミッションを終えて戦士の頂に一人帰還したガイに、オーブカリバーに4つのエレメントを集めるミッションを与え、更にオーブの姿を変化させた

完全超全集に掲載されている「ウルトラマンオーブクロニクル」では、第3章終盤にて戦士の頂に帰還したガイにオーブリング、そして魔王獣を撲滅するミッションを与えている。
そして第10章でもガイに様々なミッションを与えているようである。

ウルトラマンオーブTHE_CHRONICLE』最終話では、戦士の頂に久しぶりに帰還したガイに、オーブリングから投影された光のメッセージ(形状は「オーブの光」のものである)が、新たに現れた二人の兄弟ウルトラマンのことを伝えている(先述の通り今回は明確に声という形で伝えているが、視聴者からすれば『オーブ』本編を含めて初めての出来事かつ、何週も前からガイによるPRを目にしていたため「お前が説明するのかよ!?」と驚愕の事態であった)。
なお、この時ロッソとブルの存在を知らされたためか、後年『ウルトラギャラクシーファイト』でロッソとブルと初めて対面した際には、既に彼らのことを知っているという設定になっていた。

ウルトラマンR/Bにて

第19話にてロッソとブル、そしてグルジオが惑星O-50から与えられた力だということが判明した。
つまりオーブとルーブ(そしてグルジオ)は力の起源が同一ということになる。

超全集に掲載された小説『蒼い瞳の少女は灰色と名乗った』にて「戦士の頂」に到達したロッソ、ブル、グリージョに、それぞれ「火」「水」「魔」のクリスタルとルーブジャイロを渡したことが明かされている。

ウルトラマンタイガにて

新たな戦士:ウルトラマンフーマが登場した。

尚、ボイスドラマによると戦士の頂が宇宙人連合に破壊されそうになったがウルトラマンタイガたちの応戦で阻止されたらしい。

フーマはその惑星の生まれなのだが……

ウルトラギャラクシーファイト

ウルトラマンオーブが久しぶりにこの星に帰還。しかしその直後にエックスダークネスジードダークネスが出現し、戦士の頂の麓で戦闘となる。
エックスダークネスとジードダークネスによってオーブは光のエネルギーを奪われてしまうが、ウルトラマンビクトリーの乱入によって完全に奪われる前にオーブは光の国へと撤退した。

ウルトラマンZにて

特に名前は出ていないが、本編第5話にてヘビクラ・ショウタの正体がジャグラーである事が判明し、メインヴィランのセレブロの存在も認知していた事からO-50の間でも彼の影響が少なからず及んでいる模様。

この事からO-50関連作品としては地味に3年連続となった。

DARKNESSHEELS_THE_LIVEにて

ダークネスヒールズを題材にした舞台作品『DARKNESSHEELS THE LIVE』ではO-50にも国や政府があることが発覚。
さらには惑星テリオの人間によって復活したダークザギともともと因縁のあったジャグラーがこの星に襲来する。

力を授ける基準

オーブの光がウルトラマンの力を授けるのは、『自分を犠牲にしてでも他人を救おうとする心』と『闇堕ちしにくい魂』を持つ者だけ。
また、力を授かろうと意気込んでいた者ほど選ばれていないという描写から、『闇落ちしにくい魂』のことを考慮すると『力を渇望していない者』であることも条件に入っている可能性がある。
実際、選ばれるのはジャグラーだろうと思っていたガイは自分が選ばれた事に驚きを隠せずにいたし、力を手にする前のロッソとブルは「おとぎ話」としか思わず、戦士の頂に到達したのも偶然の要素が強かった。力を手にする前のフーマに至っては戦士の頂へ挑む事について「何者かもわかんない輩に頼むなんて神頼みみたいなもん」と口にしており、戦士の頂への挑戦と到達もゲルグに誘われたことがきっかけで、紆余曲折の末の成り行きに近い形でのものだった。
ただし上述の基準は明示されているわけではないため、『自分が選ばれた理由は人間の姿をしているからではないか』と考え、人間態に戻ることを自ら禁じるようになったフーマのように、選ばれた側であっても選定の基準に疑念を持つ者もいる。

また、(兄を亡くした影響とはいえ歪んでしまった)グリージョでさえグルジオの力を与えられたのに、(後に自力で魔人態への変身能力に目覚めたとはいえ)何のフォローもなかったジャグラーに対する同情の声も視聴者から少なからずある。
もっとも、グリージョも一人だけ怪獣の姿を与えられたことが不満であった様子(こちらは力そのものより、怪獣に変身することで人々から怖がられたのが主な理由ではあるが)。グリージョの育ての親であるバクバーバはその理由を「お前の中の魔性がそうさせるから」と語っている。直後にバクバーバは激昂したグリージョに惨殺された事から、心に迷いを抱え不安定な部分のある者にウルトラマンの力を与えるのは危険とみなしているのかもしれない。

いずれにせよ、何のフォローやバックもなしにただウルトラマンの力があるだけの者は必ず破滅すると見込んだうえで人選をしているのだろう。

O-50を取り巻く過酷な世界

作中の行動から、わりとスパルタという意見もあるが、それもそのはず。
惑星O-50は存在する宇宙からして世紀末状態な世界なのである

怪獣を操るギャングが蔓延るだけでなく、長引く戦乱によって発生した多くの戦災孤児たちを洗脳教育で私兵に仕立てあげたり人身売買したりして私腹を肥やす悪人たちが横行。それどころか、治安維持を行っている星間連盟ですら強権を振りかざして弱者を踏みにじり、そのためなら討伐対象であるギャングさえも裏で利用する有様で、『善人は生きていけない世界』とも形容されている。

そんな事もあってか、オーブの光の人選は上述の条件を満たすなら例え犯罪者であろうが経歴は問わず、選ばれた戦士の大半が過去に何らかの悪行に手を染めていた(あくまで「生きるために仕方なく」程度ではあるが)。
そしてミッションを与えるにあたっても、この宇宙の平和が少数の犠牲の上に成り立っている事を認めているため、戦いで多少の犠牲を出してもやむなしと捉えている節がある(実際、光の力を授からなかったジャグラーやグリージョは、戦いの中で予期せぬ犠牲が出た事を納得できなかった事がきっかけで闇落ちしている)。それどころか、『自分を犠牲にしてでも他人を救おうとする心』を利用するように、住人ごと惑星ひとつを囮にするという選ばれた者をたぎらせるようなミッションを与える事さえあった(もっともそのミッションにはあるウルトラマンが裏から糸を引いていたのだが)。

『タイガ』のボイスドラマでは、戦士の頂にたどり着けない者が多いのは、選ばれたいという欲に駆られるあまり目指す者同士で妨害・潰し合いが多発している(星間連盟ですら、重役の子息が挑戦を邪魔されたというだけで邪魔者を罠に嵌めて抹殺しようとしている)事が一番の理由だと語られている。そのような事をしなかったガイとジャグラーは(力を手にするのはジャグラーだろうと誰もが思っていたとはいえ)むしろ例外な方だったのである。
加えて、原住民にも山賊など悪事を働く者がいるため、他の星の例にもれず治安は決していいとは言えない。
一方、これほど過酷な環境であるにも関わらず『ウルトラギャラクシーファイト』にてガイ(オーブ)は「命の洗濯か…やっぱりここが一番落ち着くな」と語っている。彼がなぜこのような発言をしたのかは不明だが、彼としては"ウルトラマンに覚醒した第二の故郷"という思いがあったのだろうか。単に彼が図太いだけの可能性も考えられるが、O-50のブラックっぷりにドン引きしていた視聴者にとって、ガイの発言は意外なものだったため、驚きの声が多く上がった。
ただ、O-50で生まれ育ち、辛い体験をしたフーマも何気に故郷自慢をしていたりするので、ウルトラマンとしての力と使命を授かった場所として何かしらの思い入れがあるのかもしれない。

『DARKNESS HEELS THE LIVE』ではO-50の内政も明らかになっており、すべての住人が「光」の属性を持つ犯罪がない惑星で治安もいいのだがその実態は実力が何よりも重視される是正することのできないほどの超格差社会。治安のほうも近年では戦士の頂の挑戦者が増え荒れ始めている。
加えてO-50政府も光の輪直々に選ばれたという選民思想に傾倒しつつあり、ほかの惑星からの侵略者が地上で民を襲っていても"より崇高なもの"の護りを固めるために平気で見捨てている。
もちろん中にはこの状況に疑問を抱き、一石を投じようとする者も存在する。また劇中では状況を見かねた惑星テリオが正義の名の元に住人を根絶すべく、光の力を宿すグレコ将軍率いる部隊を差し向けている。
しかしテリオの目的は光の輪の調査と研究であり、戦争は大義名分に過ぎなかった。

O-50世界の恐ろしさを引き立てている要因といえるのは暗黒宇宙大皇帝数万年にわたって宇宙を支配した宇宙人旧支配者悪に堕ちたウルトラ戦士狡猾な異次元人暗黒破壊神とその眷属である相互理解不能な宇宙生物闇の支配者と言った悪の大ボスらしい存在が明確に設定されておらず、上述のようにただただリアルな理由で荒廃と腐敗が進んでいる事にあると言える。もしかしたら、ある意味で彼らは抑止力のような存在だったのかもしれない。(侵略を脅威の思う星々の共通の敵にもなり得るし、仮に彼らの軍門に下ろうものなら、討伐できる正当性が生まれる為である。)



余談

O-50というのは、ウルトラマンオーブがウルトラシリーズ50周年記念作品だったことからだと思われる。

関連タグ

ウルトラマンオーブ THE_ORIGIN_SAGA ウルトラマンオーブTHE_CHRONICLE
ウルトラマンR/B ウルトラマンタイガ

とっても!ラッキーマン:ヒーローが存在する前の宇宙はO-50がある宇宙と同様弱肉強食が当たり前の悲惨な世界だった作品。

DJサガラ仮面ライダー鎧武における黒幕の一人。彼もまた一つのシステムでかつ決められたルールに従って行動しており、それによって幸せや不幸を招き入れる。完全なシステムではなく時々人間のような意思を見せる点も同じ。

関連記事

親記事

新世代ヒーローズ にゅーじぇねれーしょんひーろーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「惑星O-50」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55255

コメント