ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『Riku Access Granted.』

ライブ! ユナイト! アップ!
「ウルトラマンギンガ! ウルトラマンエックス! ウルトラマンオーブ!」

『Ginga.』『X.』『Orb.』

「集うぜ! キラ星!!」

『ショゥラァ!』『イーッスァッ!』『スェァッ!』
「ジィィィィィィィド!!」

『Ultraman Geed Galaxy Rising.』

データ

身長:51メートル
体重:4万6千トン


概要

ウルトラマンZ』第6話「帰ってきた男!」より登場したウルトラマンジードの新たな姿にして、プリミティブの強化形態。
朝倉リクが主人公ナツカワ・ハルキが使用するものと同型のウルトラゼットライザーに自身のウルトラアクセスカードを挿入し、ギンガエックスオーブウルトラメダルを使用して変身する。
公式サイトでは『すべてのバランスが良いプリミティブをベースに、全体的な攻撃力が強化されている』とされている。

ギャラクシーライジング!


ウルトラシリーズでは珍しい、「通常変身ができない代わりに変身する形態」(似た事例は本来の姿に変身不能となったため、フュージョンアップしなければ変身できなくなったウルトラマンオーブが該当する)。
本来の変身アイテムであるジードライザーが復活したギルバリスとの対決で破損し6への変身が不可能となったため、ペガッサ星人ペガを経由してウルトラマンヒカリから授けられたゼットライザーとウルトラメダルを使用して変身するようになった。
奇しくも、ゼロが新たな形態を得て自分を支えてくれた事と同じ構図となった(ただし、あちらはいくつかの形態こそ失えど通常変身自体は可能だった)。また、奇しくもゼロが力を借りたウルトラマン達の内3人が共通している。

ライブ ユナイト アップ!集うぜキラ星!


変身プロセスはフュージョンライズを踏襲したもので、ゼットライザーも一旦掲げてから体の前に構え、口上を述べてからトリガーボタンを押し、その後両腕を下ろすものとなっている。
変身メロディはウルトラギャラクシーファイト』のテーマ曲『Ultra Spiral』のアレンジ

またこの形態への変身の際、最初はゼットと同様にギンガ、エックス、オーブの3人が飛び交うのだが、この後初代ウルトラマンウルトラマンベリアルのメダルを使用していないにも関わらず、この二人のウルトラカプセルを使用した際に出現するヴィジョンが登場してリクと重なってジード素体(アーリースタイル)へ一時変身し、ギャラクシーライジングが飛び出してくる…と言った構図となっている(ぐんぐんカットの背景はベリアルの目の後は、ギンガ、エックス、オーブオリジン、プリミティブの背景を意識したものとなっている)。
プリミティブの流れが組み込まれているのは、公式サイトでのプリミティブをベースにしているという説明や、DX玩具版のゼットライザーでリクのアクセスカード+メダルなしの状態でスキャンするとプリミティブの音声が流れるという点から、恐らくリクのウルトラアクセスカードにプリミティブのデータが組み込まれているためだと思われる。


前述の通り、プリミティブをベースにしているため、この姿は見た目や誕生経緯、戦闘スタイルも踏まえると直近の先輩達の力を鎧にしてプリミティブを直接強化した形態とも言える姿である。公式Twitterでもプリミティブの攻撃力がアップした強化バランス型とされており、実質的には強化プリミティブと言えるだろう。

これまではジードライザーの性質上、2人までのウルトラマンの力を借りるのが限界だった為、ジード初の3人以上のウルトラマンとのフュージョン形態である。
そしてこの形態への変身の際には、自分以外にも計5人のウルトラマンが画面に登場するというかなり豪華なバンクとなっている。

ジードのほかの形態と同じくジードの顔とリクの顔が重なる演出も見られた。

なお、以前のジードにあった『また変身するのは20時間後』と言うインターバルが健在かどうかは不明だが惑星アインの回想シーンではプリミティブから変身解除して直ぐにこの形態に再変身しているため、フュージョンライズ解除後にウルトラフュージョンまたはアルティメットエボリューションという運用は可能だと考えられる。

容姿

プリミティブが、複雑な形状の模様をした鎧を纏ったような姿。さしずめ直近の先輩達の力でできたパワードスーツと言った所か。登場や技の使用の際はプリミティブやメダルのウルトラマンを思わせるさまざまなエフェクトを帯びて発光する事がある。

頭部はほぼプリミティブだがとさかを除いた後頭部も色や模様が変わっている。
濃紺を基調とした身体に張り付いた各パーツが赤、水色、金、銀に塗られ、腕や膝からは金色の刃が生えている。
エフェクトは様々なものをまとうものの、発光するのは水色のパーツと身体に走るラインとなっている。また、プラズマ光輪の際には水色のパーツは黄色に光っていたため、クリスタル状のパーツではないもののギンガの影響があるものと思われる。

頭部を除いて全身に鋭利な棘が生えた鎧を纏った姿、というのは父親カイザーダークネスを思わせる。
また、全体的なシルエット、四肢の形状、肋骨や背骨を思わせるディテール、全身の複雑な模様はアトロシアスに通じるものがある。

베리알
ギャラクシーライジング



戦闘スタイル

ベースはバランスに秀でたプリミティブに3人のウルトラマンの力を加えた事により、全体的な攻撃力が強化されている。
プリミティブをベースにしているためか腰を落とした構えや手を開く点、初手で膝蹴りから入るなど、野性的な戦闘スタイルはプリミティブのものに近い。パワーが強化されているほか、切り裂き技のレパートリーが増えており、補助的な技として使用している。
また、ジードクローのような手持ち武器としてゼットライザーを使用するが、ジードクローが主に光線技を発動する強化武器であったのに対し、ゼットライザーは遠近両用として使える切り裂き技の武器として使われている。

使用技

  • レッキングフェニックス
レッキングフェニックス!


この形態で武器を使わずに発動する必殺技。
特徴としてメイン必殺技としてはかなり長めの予備動作をとっており、

  1. レッキングバーストのように咆哮をあげる
  2. オリジウム光線のように胸の前で円を作る
  3. ザナディウム光線のように足を引く。その過程で背後に燃える鳥のようなオーラが形成される
  4. ギンガクロスシュートのように腕を横に広げたところから構えた右腕の肘に左の拳をあてる。腕を横に広げたときに背後のオーラを収束させる
というプロセスを行い、そのままギンガクロスシュートの構えで放つという、4人のウルトラマンの必殺光線の前動作を一連付けそこにその名の通りフェニックスの要素を加えたようなもので、光線のエフェクトはレッキングバーストが燃え盛るオーラに包まれたようなものとなっている。
威力が非常に高く、初披露した第6話では復活が不完全と思われるとはいえあのギルバリスのボディを一撃で破壊するというとてつもない破壊力を見せつけた。

  • ギャラクシーカッティング
腕の刃を伸ばし敵を連続で切り裂く技。初使用の際にはギルバリスに羽交い絞めにされたのを振りほどくために使用したが、その後天を仰いで雄叫びを上げるというベリアルさながらの挙動を見せた。

  • プラズマ光輪
巨大な1つの光輪を発生させてから4つに分裂させて相手に投げつける技。
ギンガサンダーボルト、エクシードイリュージョン、オリジウムソーサー(オリジウム光輪、色合いはスペリオン光輪が近いが)を混ぜたような技と言えるか。
発動の際はライトニングアタッカーと同じ構えを取る。

第6話ではギルバリスからの攻撃に対し迎撃として使用していた。ジードの使う技としては、劇中で最初の光輪技である。(※ゲームオリジナル形態と未使用技を除く。ちなみにゲームオリジナル形態を含めると、他にブレイブチャレンジャーの必殺技「メビュームギガ光輪」がある)

  • レッキングリッパー
プリミティブも使用していた技と同名の技。
斬撃を飛ばす点は同じだが、プリミティブの腕を横に開いて放つ横向きギロチン系の技なのに対してこちらは左右の腕を振り下ろして一対ずつXの字を描くようにして2連続で発射し、エフェクトも稲妻を纏ったより禍々しいものとなっている。

  • ジードバリア(正式名称不明)
プリミティブ(設定ではほかの一部形態も含む)が使う円形のジードバリアに似たバリア。
ゼットのバリアと共に使いギルバリスの攻撃からウインダムを守った。

活躍

第6話「帰ってきた男!」

冒頭、セブンガーウインダムの模擬戦を襲撃したギルバリスを追って登場。
ギルバリスと真っ向からぶつかり合い、レッキングフェニックスで一度は破壊に成功。逃走するコアを追跡して飛び去った。

その後に復活による二度目の戦闘の際は、ハルキが変身したゼットを見て「何でゼットがここに?」と驚きを見せる(ついでに兄弟子扱いされて大いに困惑していた)。なおこの時、ベリアルを倒したことでM78星雲にジードの名が轟いていることが判明している。

ゼットと共闘するも、不完全なれどラストジャッジメンターはやはり手ごわく、最初の遭遇とは打って変わって互角のぶつかり合いとなる。
だが、ギルバリスがウインダムからミレニアム懸賞問題の一つ「リーマン予想」を打ち込まれ、AIがその計算に気を取られた隙をついて同時攻撃を叩き込み、今度こそ勝利した。

第7話「陛下のメダル」

カブラギ・シンヤゼットライザーを用いて変身したスカルゴモラが出現。

ウルトラマンZ 7話


サンダーキラーペダニウムゼットンに姿を変えての攻撃にゼットと共に押されてしまうも、四次元空間から脱出し遅れて地球にやってきたゼロが加勢し形勢逆転。
ギャラクシーバーストとレッキングフェニックスを使って、カブラギ・シンヤが変身したベリアル融合獣を撃破した。

第15話「戦士の使命」

前回のブルトンの置き土産ともいえる時空の歪みを通って地球に襲来したグリーザを追って再び地球に来訪。

Zと共に戦闘を開始するが、“無”そのものであるグリーザには歯が立たず、途中で手助けに来たヘビクラの変身するトライキング/ファイブキングと合わせた三対一の状況でも覆すことができず、苦戦を強いられる。

リクは「宇宙の穴を縫う針」を掴むべく、物理虚数分解状態となってグリーザと同化し(前にも似たようなことが・・・)、第一形態の姿にまで戻させ、一時的に活動を停止させる(更に同化する直前にハルキに自身のメダルを託している)。

同化した影響で空間の中で活動できない状況に陥ってしまっていたがその後、自分のベリアル因子から新たな針『ベリアロク』が誕生し、デルタライズクローに変身したZの力で自由になった後、その存在を伝える。
グリーザ撃破後は、ヒカリの手で修復されたジードライザーが戻って来たことで以前の変身が可能になり、プリミティブの姿で使用していたウルトラメダルをハルキに譲渡し、再び旅立っていった。

ちなみにユカから「目つきの悪いウルトラマン」と呼ばれている事からZの地球では名前は知られてはいない模様。

余談

本形態がウルトラフュージョンに当たるのかフュージョンライズに当たるのかは現状不明であるが、公式ツイッターの「#ウルトラマンZ のAtoZ光る星」では「F」の「フュージョンライズ」の項目で紹介されている。

第6話は、ギルバリスとの戦闘シーンでは初戦では「GEEDの証」、ゼットとの共闘シーンでは「フュージョンライズ!」がBGMとして使用されており、今回の監督を坂本浩一監督が務めたこともあり、視聴者からは「違うぜ(奪うぜ)、番組!」や「劇場版ウルトラマンジード2」とも言われることも。
ニコ生上映会では、上記の曲に合わせるように「ベッドの下」「監督の趣味」「ラムネのお姉さん」「サラリーマンゼロ」「かわいそうな人」といった当時と同じコメントに見舞われていた。

第15話でハルキがリクからのメダル一式を譲受した事により「今後『Zの一形態としてのギャラクシーライジング』も登場するのでは?」という推察もある。
なお、DXウルトラゼットライザーではハルキのアクセスカードでギャラクシーライジングで使用するメダルをリードすると、ゼットの台詞付きでギャラクシーバーストの発動音が流れるが、ギャラクシーライジングやそれに該当する形態への変身音は流れない。
ホルダーにおけるメダル一式の位置も変身用メダルを収納している上段ではなく、必殺技用メダルを収納している下段に配置されている。
そのため、少なくとも本編では変身以外での用途に使われるのではないかという意見も多い。
現状変身出来るような伏線は存在しないが、果たしてゼットが変身するその日は来るのであろうか…。

関連項目

ウルトラマンZ ジード(ウルトラマン) 令和ウルトラマン

  • ライトニングアタッカーオーブギンガエックスの力で変身する姿。力の内訳がほとんど同じ影響か、容姿がかなり似ている。ちなみにDXウルトラゼットライザーでは、レイトのアクセスカードを代わりに使用するとライトニングアタッカーの音声を鳴らす事ができる。なお、ハルキのアクセスカードではギャラクシーバーストの音声がなるために現在オーブのフュージョンアップ形態で唯一ウルトラフュージョンできない。劇中でゼットが使用するようになるのかは現段階では不明ではあるが、上述したように使用メダルはゼットたちに託されている。
  • ウルトラマンエース:元祖切り裂き技の名手。かつてのリクは彼の力を使っている
  • グリーザ:姿が公開された当初、一部でデザインが似ていると言われていた。その後、14話で対決することに

関連記事

親記事

朝倉リク(ウルトラマンZ) うるとらまんぜっとのりく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシーライジング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63944

コメント