ピクシブ百科事典

八つ裂き光輪

やつざきこうりん

スペシウム光線に並ぶウルトラマンの代表技。
目次[非表示]

概要

 スペシウム光線のエネルギーをリング状に高速回転させて投げつける切断技
 バルタン星人二代目レッドキング二代目も一発で真っ二つにしてしまう程凄まじい切れ味を誇る。
 連射が可能であり、空中で分裂させて複数の八つ裂き光輪で相手をバラバラにすることもできる。

 元々はスペシウム光線より強力な技(スペルゲン反射鏡を破壊できる)だったのだが、近年の作品ではあまりそういった描写はない。『ウルトラ銀河伝説』でのベリュドラへの最後の一斉攻撃で八つ裂き光輪をひたすら投げていたことくらいだろうか。

 最近では追尾機能(?)を得てメフィラス星人を攻撃したり、連続発射していたり、手に這わせた状態で手刀のようにに叩き付けて切断したり(実は漫画『ウルトラ怪獣かっとび!ランド』でこれをやって岩山を削り取るシーンがある)、横に90度回転させて相手の光線を盾のように防いだりと、ウルトラマン自身が数々の戦いを経て成長したのかバリエーション豊富になっている。

 欠点としてはリングの中央部には切断力が無いようで、グビラのドリルやキーラの尻尾に嵌り込んでしまい跳ね返された事がある。

深海怪獣グビラ


 またゼットンのバリア(ゼットンシャッター)の様に八つ裂き光輪の威力を上回る防御力を持つ対象物に対しては、弾かれたり砕け散ったりする(本体に直撃させた場合は倒している例もある)。

一峰大二

 雑誌『ぼくら』に掲載されていた一峰大二による漫画版では周囲のギザギザが無く、よりチャクラムに近い形状になっている。
 また、切り裂くよりも貫通性能に重きを置いており、腕を交差させて2発動時に投擲しアボラスバニラの胴体をぶち抜いて倒す、両手を使ってフラフープのような巨大な光輪を作り出しレッドキングマグラーチャンドラーを纏めてぶち抜くなどの様々な攻撃方法を見せた。
 ケムラーとの戦いでは八つ裂き光輪に八つ裂き光輪を当てて起爆させ、毒ガスを払っている。
 スカイドン戦では普通に使っても弾き返され、無数の光輪を並べてチューブ状の力場を作りスカイドンを宇宙まで打ち上げようとしたが20万トンのメガトン怪獣相手ではそれでも足りず失敗。最後の手段として無防備であろう口の中へ投げ入れても一発では足りず、大量の光輪を飲み込ませて体内でビリヤードの如くかち合わせることでようやく撃破した。
 タンギラーとの戦いでは、八つ裂き光輪で氷山を削って凸レンズを作り、それを利用してスペシウム光線を集束させることで胸にダメージを与え、最後に傷口へ八つ裂き光輪を撃ち込むことでトドメを刺した。

ウルトラスラッシュ

 八つ裂き光輪の別名…だったのだが、近年は「八つ裂き」という単語がよろしくない為か、児童向けの書籍やビデオでもこちらの単語が採用されている。なお、「八つ裂き」という言葉が物騒だからこちらの名前に変更されたという誤解やデマがあるが、こちらの名前も当時から存在する(『ウルトラファイト』でのナレーターの実況では最初からウルトラスラッシュと解説されていた)。

 そもそも劇中で一度も八つ裂きにしていない技だったりするが、そこはツッコんではいけないのだろう。

 ウルトラマンジャックウルトラマンエースウルトラマン80も同名の必殺技を持っているが、現在はウルトラスラッシュで統一されて表記されている模様。ただし初代ウルトラマンが使うものは特別扱いらしく、今でもハッピーセットの宣伝で「八つ裂き光輪が放てる」などと書かれてたりする。

 平成ウルトラマンでは、ウルトラマンパワードウルトラマンダイナウルトラマンネオスが同様の技を持っているが、こちらはそれぞれ「パワードスラッシュ」「ダイナスラッシュ」「ネオ・スラッシュ」という名称で区別されている。

 ウルトラマンオーブ・スペシウムゼペリオンは元々八つ裂き光輪系列の技を主軸にしていく予定(諸事情でTVシリーズでは難しいとして主軸にはならなかったが)だったこともあり、八つ裂き光輪系の技の使用回数は特に多い。
 初代ウルトラマンの力を授けられたスペシウムゼペリオンも同様の技「スペリオン光輪」を持っている(発動の際にはティガゼペリオン光線のような溜めポーズをとる)。こちらも手に掴むことが可能で、初使用した第1話では、マガバッサーにかわされた光輪をスカイタイプの能力を利用した高速移動で追いかけてキャッチし、再度相手目掛けて投げつけるという荒技を披露した。
 また、サンダーブレスターも同様の技「ゼットシウム光輪」を使用可能で、初戦ではこれでマガオロチの尻尾を切断した。
 オーブオリジンも同様の技「オリジウムソーサー」を使用でき、第21話のハイパーゼットンデスサイス・リザーバーとの戦闘で使用している。
 『THE_ORIGIN_SAGA』のオリジン・ザ・ファーストも同様の技「オリジウム光輪」を使うがオリジウムソーサーと同一の技かは不明。
 さらに3人のウルトラマンの力を借りた形態・オーブトリニティではなんと最強技が八つ裂き光輪系列の技である「トリニティウム光輪」となっている。こちらはギンガ・ビクトリー・エックス・オーブのマークをモチーフにした巨大な光輪をギンガサンダーボルトのようなポーズでオーブスラッシャーから放つ技となっている。

 ウルトラマンジード・マグニフィセントも、他とは形状が違うが、手裏剣型の「メガスライサークロス」を使用する。

 ウルトラマンルーブはオーブトリニティ同様に八つ裂き光輪がモチーフである名前もそのまま「ルーブコウリン」という武器を使用する。

 『ウルトラマンタイガ』では18話でタイガが八つ裂き光輪と思しき技を使ったほか、フーマがそれ以前より八つ裂き光輪と同系譜の技と思しき技「極星光波手裏剣」を使用している。

 このようにかつてはウルトラスラッシュに属する「~スラッシュ」という技名が多かったが、オーブ以降は特に「~光輪」という名称も復活しつつある。……さすがに「八つ裂き」は今は初代限定のようだが。


関連項目

必殺技 大怪獣バトル ウルトラマンギンガストリウム
チャクラム 丸鋸
シンケンゴールド海老折神太巻き光輪という技がある。
仮面ライダークロノス:同様の技、クリティカルサクリファイスを使用する
ドラゴンボール: クリリン気円斬をはじめ、本技と同様に円盤状に「気」、あるいは「エネルギー」を練り合わせ、切断能力を持たせた技を使うキャラクターが複数登場する。
グリッドナイト:同様の技グリッドナイトサーキュラーを使用。『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』の風鳴翼彼の力を借りて使ったことがある

関連記事

親記事

初代ウルトラマン しょだいうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「八つ裂き光輪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112902

コメント