ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

種別宇宙ロボット
身長55m
重量5万t
製造元ペダン星
武装大口径ライフル『ペダニウムランチャー』、頭部ビーム砲『ハイパーデスト・レイ』


概要

宇宙ロボット キングジョーブラック


ペダン星人が作り上げたスーパーロボットキングジョーの後継機で、レイオニクス抹殺の為に量産されている。
量産型ではあるが、旧キングジョーを遥かに上回る性能を持つ。シックな黒にカラーリングされたボディは優れたステルス性を有し、右腕に装備された大口径ライフルペダニウムランチャー超獣をも屠る威力(「ウルトラアドベンチャー」ではゴモラの攻撃にびくともしなかったバキシムをたった一発で木端微塵にしている)。格闘戦でもあのゼットンと互角に渡り合っている。

更に、戦闘データを常にペダン星に送信しており、それを基にして幾度となく性能のアップデートが行われている。

また、指揮官機として上位機体のキングジョースカーレットも登場している。

キングジョーブラック、見参!


初出はデータカードダス大怪獣バトルのゲームオリジナル怪獣。そのステータスはスピード以外の全てにおいてキングジョーを凌駕し、ほかのロボはおろか怪獣・星人と比較してもトップクラス。
しかしその偏ったステータスゆえに、自分よりスピードが高くアタックも高い怪獣が相手ではキツい戦いを強いられる。初登場の第3弾では回転しながら光弾を乱射する「ペダニウムハリケーン」なる必殺技を引っ提げてウルトラレアで収録された。
その後の弾にも頻繁に収録され、敵を突き倒した後飛行し空中からランチャーで爆撃する「ペダニウムエアレイド」、目から稲妻状の破壊光線を放つ「ハイパーデスト・レイ」、超強力な光弾を発射する「ペダニウムハイパーバスター」と言った必殺技を披露する。
NEO5弾ではなんと分離形態援軍カードとして収録され、多くのプレイヤーを驚かせた。必殺技は「ペダニウムランチャー」が設定されている。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』にも登場しており、ケイトペダン星の暴走ロボットと呼ばれている事から、パイロットのいない無人機だと思われる。
惑星ボリスに接近するZAP SPACYの救援艦隊を殲滅し、レイケイトの戦いに乱入してゼットンと互角の勝負を繰り広げた。
しかし覚醒したEXゴモラの乱入を受け、尻尾による串刺し攻撃を受けて敗れる。それでも機能停止には陥っておらず、惑星ボリスから脱出しようとするペンドラゴンにしがみついて破壊しようとするが、復活したウルトラマンの八つ裂き光輪で腕を切断され、ウルトラマンと共に人工太陽の大爆発の中に消えた。

King Joe Black
ウルトラマン&キングジョーブラック惑星ボリス脱出



誰が何のために送り込んだのかは劇中では明確に語られていないが、続編『NEVER ENDING ODYSSEY』では未来の時間軸のペダン星人がレイオニクス抹殺のために送り込んだとされている。
最初にダイルが乗る機体が登場してレイのゴモラと戦い、始めこそ優位に立ったものの、暴走することなくレイオニックバーストを使いこなせるようになったゴモラには歯が立たず、超振動波で破壊される。
その後は別動隊がグランデ抹殺のために差し向けたが、彼の召喚したレッドキングに一方的に蹂躙され、あっけなく破壊された。
11話では、レイを捕獲するためにZAPクルーを人質にとったハーラン指令の命令で大量に現れ、ゴモラ、リトラミクラスを数の暴力で苦しめたが、ダイルが決死の行動でクルーを解放した事で本気を出したゴモラに次々と破壊され、最後はペンドラゴンのペダニウムランチャーで一掃された。

その他の作品

内山まもる版『ウルトラマンメビウス外伝超銀河大戦』

ソンブレロ銀河で大量発生したキングジョー軍団のうちの一体で、ウルトラセブンのアイスラッガーでも傷つかない頑強な装甲を有している強敵。ハンターナイトツルギに転身、縮小化したウルトラマンヒカリをセブンが打ち出すステップショット戦法でようやく木っ端微塵となった。
今作ではハイパーデスト・レイは目ではなく、アンテナから発射している。

なお、キングジョーブラックは未来のペダン星人が作ったものなのになぜ「メビウス』時点(あくまでアナザーストーリーだが)で存在するのか?という疑問が出てくるが詳細は不明。
連載当時に『ウルトラセブン』40周年を記念した『ウルトラマンフェスティバル2007』が開催されていて、プロモーションカードとして大怪獣バトルで使用できるハイパーコンボカードが配布されていたという繋がりからだろうか?

ウルトラ銀河伝説

ウルトラマンベリアルが甦らせた百大怪獣の一員として登場。

ロストヒーローズ

キングジョーの上位互換の敵ユニットとして登場。
ただし、移動画面でヒーローたちの駆る戦艦の前に立ちはだかる敵であるため、直接スペシウム光線をぶつけたりはできない。

ウルトラジャーニー

作中のメインキャラの1人であるキングジョー(通称:お嬢)の末の妹(恐らく、最新型の機体と思われる):ブラックとして登場。
プロトタイプであった姉とは違い、完全な心を持った個体であり、元は優しく人懐っこい性格の女の子であった。しかし、サバトの手によって、他の個体共々、心を奪われたことで完全なる殺戮兵器と化してしまい、他のロボ達を次々と粛清していった。

メインシステムであるマザーコンピューターの警護も担当しており、システムを停止させようとするヒナとナタ、そして姉であるお嬢の前に立ちはだかる。
実の妹に手出しできないのを良いことに、お嬢を一方的に痛めつけるが、最後はヒナとナタがコンピューターを停止させたため他の個体共々休眠モードに以降、直後に幻影となって姉の前に姿を見せ、自分を止めてくれたことに感謝しながら眠りについた。

余談

ウルトラマンギンガS』に登場するキングジョーカスタムは、カラーが通常のキングジョーと同じ点以外はキングジョーブラックと同じである。
恐らく、キングジョーブラックの着ぐるみをリペイントしたためと思われる。

『大怪獣バトルNEO』の大軍団の一部シーンにはバンダイから発売されていた超合金魂のキングジョーブラックが使用されている。

NDS怪獣バスターズ』シリーズではキングジョーブラック自体は登場しないが、キングジョー系装備のバリエーションとして『KJBLK防具』『KJBLK防具Ⅱ』『KJブラックカスタム』『ジョーブラスターBLK』『ブラックジョーX』『KJブースターBLK』が作成可能。
無印ではパスワード入力で、POWEREDではミッション『戦友との鍛錬』をクリアすることでレシピが解放される。

デザイン画での名称は、「ブラック・キングジョー」というものもあった。黒くなったキングジョーに右腕を武装するというオーダーだったが、ただの黒では面白くないため、JPSロータスをヒントにゴールドのラインを黒地に入れたものが2つ製作され、その中の1つが決定稿となった。また、ペダニウムランチャーは、下の弾倉がリボルバー型の拳銃のように回転するイメージで、銃身部分は伸縮式として2パターン描かれていたが、いずれも採用されなかった。

関連項目

巨大ロボット ウルトラ怪獣  大怪獣バトル

関連記事

親記事

キングジョー きんぐじょー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングジョーブラック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングジョーブラック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68040

コメント