ピクシブ百科事典

エンディール星人

えんでぃーるせいじん

ウルトラマンメビウス外伝『超銀河大戦』に登場するエンペラ軍団の残党の1人。
目次[非表示]

データー

  • 別名:知略遊撃宇宙人
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 出身:エンディール星

概要

エンペラ軍団の残党の1人でジオルゴンと並んでエンペラ軍団の2大幹部として恐れられていたとされる宇宙人

全身に棘が生えており、イソギンチャクを思わせるの中央には不気味な単眼が爛々と輝いている。

3万年前のウルトラ大戦争にも従軍していた古株の幹部でもあり、主な戦力はから放つ『パラライズ・アイ』と呼ばれる光線や電撃ボール『エレクトロ・ポイズン』、全身の棘を使い突き刺して攻撃する『ポイズンスティンガー』でジオルゴンと違いその別名通りの策謀家であり、また野心家で、密かにエンペラ星人の寝首を掻き、自身がその座に収まろうという野望を抱いているとされている。

テレビマガジン』版の『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』ではブラックホールから解放されたアークボガールの下に付き、彼の命を受け当初はキングジョーブラックを使ってウルトラ兄弟を倒そうとするが、逆にキングジョーブラックが倒されてしまったため業を煮やし、自らの手でウルトラ兄弟達を倒すため姿を現し、ウルトラ兄弟を苦しめるが、メビウスメビウスインフィニティーにフォームチェンジしたことにより逆転。最後はコスモミラクルアタックを受け体に風穴を開けられしまい敗北する。

その後、アークボガールとの最終決戦において、彼に引き連れられ別個体が複数登場するが、もはやただの雑魚キャラ(戦闘員)と化してしまっており、全員ウルトラ兄弟の必殺光線の前にあっさりと全滅してしまった。

その後、同じく『テレビマガジン』にて展開されたOVD『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』の前日談を描いたストーリーにおいてもアーマードダークネスを狙う宇宙人軍団の1人として登場。

しかし、突如として自我を目覚めさせたアーマードダークネスにより他の宇宙人共々『ギガレゾリューム光線』の洗礼を受け、敢え無く倒され全滅した。

余談

元ネタは『テレビマガジン』と『てれびくん』で行われた『強敵宇宙人デザインコンテスト』の最優秀賞受賞作品に選ばれた宇宙人の1人。

関連タグ

ウルトラマンメビウス エンペラ星人 ジオルゴン 暗黒四天王 ウルトラ大戦争 単眼

pixivに投稿された作品 pixivで「エンディール星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 641

コメント