ピクシブ百科事典

ガルベロス

がるべろす

「ウルトラマンネクサス」に登場するスペースビーストの1体。
目次[非表示]

概要

  • 身長:52メートル
  • 体重:3万9000トン


フィンディッシュタイプビースト。地獄の番犬ケルベロスがモデル。
デザイナーによるとビースト・ザ・ワンの核部分の細胞が取り付いたもので、上級ビーストに分類される。

何度倒されても復活できる高い生命力と幻影を見せる能力を持ち、3つの頭部からは火炎弾を発射する。
また、死んだ人間を操る能力も持つ。

幾度となく復活を遂げてネクサスを苦しめたその実績や、ケルベロスをモチーフとした不気味ながらもスタイリッシュなデザインからファンからの人気も高く、スペースビーストの中では他作品に登場する機会が非常に多い(後述)。ソフビ人形もリニューアルされ再販された。

名前の由来は北欧神話の地獄の番犬ガルムとギリシャ神話の地獄の番犬ケルベロス。中々にかっこいいネーミングである。

作品での活躍

ウルトラマンネクサス

計3体登場。

1体目は第6話の回想シーンで登場。姫矢が変身したネクサスがはじめて戦ったビーストである。
コアインパルスで倒された。

2体目は第17,18話に登場。溝呂木により操られている。死んだ人間を操って、人間やナイトレイダーの隊員を襲った。また、催眠術で孤門を惑わせネクサスに誤射させたことも。ネクサスに噛み付いて姫矢に傷を負わせており、この傷が後に姫矢を苦しめる結果となった。
オーバーレイ・シュトロームで倒された。

フィンディッシュタイプビースト ガルベロス(35話ver.)


3体目は第35話に登場。こちらは再生された個体の為か、1体目(2体目)と中央の頭が前に伸び、左右の眼が白濁して腕が若干短くなっている等外見がやや異なる。傷ついたメガフラシを援護するために突如出現し、コンビを組んでジュネッスブルーを追い詰めた。
最後はメガフラシが戦闘不能となり分断させられたところをクロムチェスターの4機同時斉射の後、シュトロームソードで倒された。
だが、死体はアンノウンハンドに回収され、全てのビースト細胞と合体しイズマエルとなった。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

レイオニクスナックル星人の使用怪獣。
冒頭でゼラン星人が使用するアーストロンを撃破。
ゼットンの幻影で翻弄させ火炎弾でと留めを挿す戦法を得意とする。

その戦法でレイに挑むもレイオニックバーストしたゴモラにはかなわず、超振動波を一撃で浴びてナックル星人共々消し飛ばされて敗北した。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

ウルトラマンベリアルギガバトルナイザーによりムリヤリ蘇らされた再生怪獣軍団の1体として登場。怪獣墓場ウルトラ戦士を襲撃したが、突然現れたウルトラマンゼロキックでふっ飛ばされて地面に叩きつけられて爆死するという呆気ない最期を遂げてしまった。

ウルトラゼロファイト

バット星人グラシエの配下「地獄の四獣士」の1体。

ストロングコロナゼロルナミラクルゼロの幻影でゼロを苦しめるもゼロスラッガーアタックで倒された。
ちなみに、他の3体とは異なりなぜか死体は爆発しなかった

グラシエの敗北後、他の3体と共に魂を浄化され、無事に(?)成仏していった。

ダークガルベロス

ウルトラマンギンガに登場。該当項目参照。

関連記事

ウルトラマンネクサス ウルトラ怪獣 スペースビースト
ガルベルス(同じく「死後の世界の番犬」とされるガルムケルベロスに由来する名前を持つ名前がそっくりさん。)

関連記事

親記事

スペースビースト いせいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルベロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14918

コメント