ピクシブ百科事典

ザラブ星人

ざらぶせいじん

ザラブ星人とは、ウルトラシリーズに登場する宇宙人である。別名「凶悪宇宙人」。
目次[非表示]

概要

CV:青野武(初代~ウルトラ銀河伝説)
  バカリズム(ウルトラゾーン)
  関智一(ウルトラゾーン ドラマパート)
  村上ヨウ(ウルトラマンX)

一目見れば偽者とバレそうなのにバレないウルトラマンの偽者に変身する事で有名な宇宙人。

外見

ツリ眼と星形の口が特徴で、頭部と胴体がジャミラのように一体となっている(ただしジャミラは肩ががせり上がり頭が埋もれているのに対し、ザラブは頭でっかちでなで肩)。耳は巨大化すると頭部に収納される。

因みに初代のスーツは海底原人ラゴンを改造した物。

メビウス客演時以降はややスマートかつ筋肉質な体格になった。

戦歴

初代

人間態:桜井浩子

偽ウルトラマンの頭部は尖っている


ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」に登場。
怪音波や放射能のを身体から発し、指からはエネルギー弾を発射する。他にも飛行能力や催眠術、変身能力(にせウルトラマンの他にもフジ隊員に化けたが、こちらは完璧に化けている)など、様々な特殊能力を持っていた。また、公式設定によればピラミッドを打ち崩すほどのキック力を持っているらしい。

地球上に突然広がった放射能を容易く除去し、地球に対して友好的な素振りを見せていたが、それは地球人を油断させる為の演技で本来は地球を滅ぼす事を目的としている(放射能の霧も自身が撒き散らした物)。

目的に気付いたハヤタを怪音波で倒した後、特殊なロープ拘束して身動き出来なくし、自らはにせウルトラマン(後述)に変身して市街地を破壊した(ハヤタがウルトラマンである事にも気づいていた)。

最終的には本物のウルトラマンが現れてしまったため格闘戦となり、スペシウム光線を浴びたことで変身が解けてしまう。最期は空中で揉み合いになった末に地上に墜落し、二発目のスペシウム光線を受け爆死した。

2代目

メフィラス星人


ウルトラマン第33話「禁じられた言葉」に登場。
バルタン星人ケムール人と共にメフィラス星人の配下として、市街地に巨大な姿で出現したが、特に何もする事無く消えた。
単なるブラフだった可能性もある。

楳図かずお漫画版では初代を差し置いて登場。ダダも含めたメフィラス四天王として東京の街を廃墟に変え、ウルトラマンと対決。両目から放つ光線でウルトラマンを苦しめたが、最後はスペシウム光線で倒された。

以降のウルトラシリーズにおける活躍

メビウスに登場した個体

凶悪宇宙人 ザラブ星人(メビウス版)


人間態:いとうあいこ
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」に登場。
テンペラー星人ガッツ星人ナックル星人宇宙人連合の一員として究極超獣Uキラーザウルス封印を解く為に神戸に巨大な円盤で襲来した。
テンペラーがメビウスに倒された後、神戸でヒビノ・ミライ(メビウス)が知り合った海洋学者ジングウジ・アヤを拘束。彼女に化けてミライに痺れ薬が入ったコーヒーを飲ませて動けなくし(初代がフジ隊員に化けてアラシ隊員に睡眠薬入りのコーヒーを飲ませるシーンのオマージュ)、ニセウルトラマンメビウスに化けて神戸の市街地を破壊した。最期は本物のメビウスが発射したメビュームシュートと自身が発射した光線の打ち合いに負け倒された。

にせウルトラマンメビウス


初代では使えなかったウルトラマンの光線技をこの時には平気で使用している。また、バリヤーを張ったり光線を放つ能力も使用した。ザラブ星人の中ではエリートの部類に入ると言えよう。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルに登場した個体

作中では珍しいレイオニクスバトラーではない宇宙人(このほかにはペダン星人の軍勢が該当)。
宇宙の覇権を狙って戦っているレイオニクスを嫌い、変身能力を駆使してレイオニクスを騙し討ちにし、バトルナイザーを奪っていた(奪ったバトルナイザーは自分の顔を模した形のケースに収納している)。

輸送飛行中のハルナを襲い、初代と同じく銀色のテープを用いて拘束。彼女に化けてペンドラゴンに潜入するが、探索中にオキをレイオニクスと誤解した上に、様子がおかしいのでを飲まそうとしていたところを自分の正体を見抜いて毒殺しようとしていると一人合点して逃げ出したところで本物のハルナと遭遇し、言動から正体がばれてしまう。とっさににせウルトラマンに変身しゴモラと戦うも、船内のいざこざで手を傷めていたようでゴモラには殆ど歯が立たず、一命は取り留めたものの敗北。オキが「怪獣マニア」であることを知り、退散していった。
ゲーム中のオキとクマノがしていた会話を実戦の戦果と勘違いしたり、オキの部屋にあった自分の解剖図を見て驚いたり、偶々直前に製作していたザラブ星人の人形を探すオキに自分のことだと勘違いして正体がばれたと誤解したり、その人形を見つけた際はが取れて驚いたりそれをテープで直したり、退散する際には階段を上るように浮いていく途中で腰を痛める等、終始コミカルな描写や言動が目立った。

凶悪宇宙人 ザラブ星人(ウルトラ銀河伝説版)


その後、上記とは別人のザラブ星人が映画『ウルトラ銀河伝説』にて、『ゴーストリバース』のラストで偶然拾ったギガバトルナイザーを使って宇宙牢獄を破り、中にいるウルトラマンベリアルを解放して、一緒に宇宙を制覇しようと目論む。しかし、ベリアルにすぐにギガバトルナイザーで殴り倒され、宇宙の塵になった。

ウルトラゾーンに登場した個体

コントパート「怪獣マッサージ」とドラマパート「THE LOVE」に登場。
コントパートでは溜池山王マッサージ店に来店し、マッサージを受けながら自分の過去の経歴を整体師に話したが、がどこか解らないため困らせていた。

ザラブ星人に花束を


ドラマパートでは円盤が墜落し、腕を怪我していた所を未亡人画家池谷ミツ子に助けられ、地球の文化の違いに戸惑いながらも共に暮らしていくうちに彼女に好意を抱き、彼女に喜んでほしいがために亡くなった彼女の夫(演者は中の人と同じ関智一)に変身したが、逆に拒絶されてしまう。
傷心のまま帰宅した所、ミツ子が倒れているのを発見。余命いくばくもない彼女に心の意味を諭されてその最期を看取り、姿を消した。
その後、ミツ子の家にはザラブ星人との思い出の品と共に肖像画が、亡くなった彼女の夫の遺影のところには「THE LOVE我が夫」と書かれた肖像画が置かれており、描かれている夫もまたザラブ星人だった。

ウルトラマンXに登場した個体

来週の『X』にザラブ星人とベムスターが出るらしいので


第4話で登場。
ベムスターを操り、地球破壊をたくらむ。過去に登場した個体が持っていた宇宙語翻訳機…に似た小型の爆破装置を持っており、自身の周囲を爆破させることができる。
初代やウルトラゾーンで見せたエネルギー弾は更に強力になり、青白いのような光線をの様に乱射する。
爆破装置を使って工場地帯を爆破し、流出した有毒ガスをベムスターに食べさせ、市街地で暴れさせていたところ、Xioのワタルとハヤトに発見されたが、二人が言い争っている隙に逃走。
その後は単独行動を辞め、チームワークを取るようになったワタル、ハヤト、アスナの三人に格闘戦で追い詰められ巨大化したが、ランドマスケッティとスカイマスケッティからの攻撃を受けてダメージを負い、ワタルが発射したウルトライザーの光線を受け爆死した。
お決まりの変身能力は見せず、かなりの武闘派として描かれている。

サイバーザラブ星人

玩具版「サイバーカード」のみに登場するサイバー怪獣
体色は全体が銀色で全身に紫のラインが走っている。
両腕に頭文字の「Z」がきざまれている。

ウルトラマンオーブに登場した個体

侵略者たちの夢


第22話『地図にないカフェ』にて写真でのみ登場した。

ブラック指令の経営するカフェブラックスターの常連だったようで、メッセージボードには写真と共に「ドアを開けるといつもの雰囲気」というメッセージが書かれていた。

作中では既に地球侵略を諦め、地球から出て行っていた模様。

人間態は屈強筋肉質な男。


ウルトラマンR/B

第18話「明日なき世界」登場。
シリーズ初となる悪役ではないザラブ星人である。
職業は宇宙人相手の番組を制作する「NPTV」のADを務めている。
番組の視聴率を稼ぐために、自身の変身能力を活かして美剣サキ巨大化して町を破壊するイメージ映像を作ったものの批判が殺到し企画倒れに終わる。
その後は湊ウシオをおびき出すために湊アサヒに変身して人質にされたふりをする事になる。すぐに正体を明かしネタばらしをしたものの、それでもなお地球破壊爆弾を止めようとするウシオに心打たれ、助けられた後は互いに抱き合っていた。

イベント、ショー

ウルトラヒーローバトル劇場第16弾に登場した個体

アパテーミーモスと共にババルウ星人の配下として登場。にせジャンボーグAに変身。

漫画作品

ウルトラマン超闘士激伝に登場した個体

メフィラス大魔王配下の鋼魔四天王の一角として登場。棒術を得意としている。ウルトラマンエースに対していきなり「兄弟よ」と言い放つ(Aのギャグ顔の口がそっくりであることを拾ったネタ)など慇懃無礼な性格。
他の四天王と組んで光の国を壊滅させるものの、ウルトラマンジャック相討ちになり、最後に彼らの事を侮っていたことを詫びながら倒れた。

ウルトラマンSTORY0に登場した個体

宇宙征服ウルトラ戦士抹殺を目論む星間連合の一員。
暗黒宇宙の鉱山惑星に基地を置き、メトロン星人で操った奴隷たちにエネルギー鉱石ゴルドニウムを採掘させ「無敵艦隊」をはじめとする様々な兵器開発を行っていた。
見せしめと奴隷狩りを兼ねて星間連合に従わない植物人間(その数、2100億人!!)が住む惑星ギガントに巨大宇宙戦艦アイアンロックスで攻め込み、自らもゾフィーに化けて都市内部に恐竜戦車を投げ込むなどの攻撃を行う。惑星ギガントにいたエースをゾフィーの姿で「星間連合に投降した」と偽って翻弄するも、アイアンロックスの船首部分を破壊され鉱山惑星に撤退。しかし、追って来たエースと奴隷の中にいたウルトラマンタロウに挟み撃ちにされる。奥の手としてアイアンロックスを巨大ロボットに変型させるが、二人の命懸けの作戦により破壊される。
切羽詰まったザラブは最後の抵抗としてタロウを道連れに死のうとするが、突然現れた本物のゾフィーからM87光線を喰らい消滅。星間連合幹部で最初の死亡者となった。
なお、にせゾフィーとして最初に登場した時点では本物そっくりだったが、エースとタロウに追い詰められアイアンロックスを変形させる際にはTV版のにせウルトラマンのような姿になっていた。

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POPComiccodeに登場した個体

第30話で、東京・丸の内を訪れた際に妙な既視感に襲われたメフィラスの前に、ケムール人、バルタン星人と共に突如巨大な姿で出現し、彼女(※本作におけるメフィラスは女性)を精神的に追い詰めるが、気を失うと同時に姿を消してしまう。
描写から、おそらく彼女の見た幻である可能性が高いが…。

ウルトラ忍法帖に登場した個体

『緑色したマジイ奴』回に朧党の忍獣として登場した。口からは星形の手裏剣を連射し、「朧忍法ダース分身」で12体に分身できる(分身には影が無い為区別は可能)。また、身体をバラバラに切り刻まれても「再生ペタペタの術」で元通りになる。原典とは異なり、ウル忍の偽者には変身しなかった。
ペテロ族をジューサーにかけて青汁を製造していた朧党の工場を発見したウル忍に襲いかかり、マンをジューサーにかけて搾り滓になった抜け殻と精神が入った液体に分けてしまった。タロウやエースも上記の忍術で追い詰めるが、最期は再生する途中に身体の一部をマンに奪われて身動きが取れなくなった所をストリウム光線で倒された(ジューサーもメタリウム光線で破壊された)。

ゲーム

スーパーヒーロー作戦に登場した個体

メフィラス星人を盟主とする、宇宙刑務所を脱走した脱獄囚の互助組織「ETF」の一員。
ユーゼス・ゴッツォの実験失敗により全世界で発生した電磁霧の除去を行い、地球人に接近(原作と異なり、電磁霧自体は自作自演ではない)。自らが友好を求める種族だとアピールし、裏では邪魔になるウルトラ族の排斥を行うためににせウルトラマンに化けて街を徹底的に破壊する。更にETFの侵略計画の邪魔になる地球防衛軍「TDF」の戦力をそぐためにジャミラを怪獣化させて富士山基地を襲わせ、その気に乗じて基地内に時限爆弾を仕掛けるなどの計略を見せた。
最後はデビルガンダムの攻撃を受けてDG細胞に感染し、メトロン星人共々ゾンビ怪獣になってしまい、ガンダムチームに斃された。

ヒーロー戦記に登場した個体

ガンダム大陸のラサ市にある地下シェルターにて、テロリストに捕らえられた人間女性のふりをしてゼウスメンバーを待ち構え、油断したモロボシ・ダンからウルトラアイを奪い取る。これによってダンはウインダムでの戦闘をしばらく余儀なくされ、さらにバルタン星人と手を組んでゼウスメンバーの行動を妨害しようと企む。

これに対し、ゼウスメンバーはウルトラ警備隊ティターンズに協力をとりつけてバルタンからの脅迫を回避したうえ、ウルトラセブンに変身できないダンを補助する形でハヤタがパーティに加入したことで、ウルトラ大陸にあるアジトへ乗り込むことになる。エレキングを何体もけしかけるが通じず、最後は自らも襲い掛かるがこれも退けられる。死に際にウルトラアイを道連れに自爆するが、ウルトラアイの材質は通常の方法では傷一つつけられないものであったため、奪還されることとなった。

ロストヒーローズに登場した個体

リジェスの一員としてアジトキューブに登場。にせウルトラマンに変身し、仮面ライダースカルに化けたダミー・ドーパントとコンビを組んでヒーロー達に一芝居をうつが、お互い不完全な変身しかできないため、見苦しく命乞いを見破られて偽物だとばれてしまう(ただし、モモタロス/電王だけは引っかかっていた)。

怪獣バスターズPOWEREDに登場した個体

にせウルトラマンの姿で惑星アシルに現れ、主人公に倒された後、本来の姿でのびている所をS4に捕獲される。
周囲を脱力させるふざけた態度で追及をかわし、釈放された後もにせウルトラマンおよびにせメビウスとして度々騒動を引き起こす。

『野放しにしておくよりは目の届くところにおいた方がいい』というヤガミ隊長の判断でS4の居候になり、艦内の清掃や諸々の雑事を担当することになるのだが、ちょくちょく仕事をサボって余計なことをしては隊長に叱られる。
ただし、彼の『余計な行動』や『引き起こす騒動』が、プレイヤーにとっては『新たな研究員の参入』『素材アイテムを入手する機会』というメリットになる。特に、ミッション『ザラブ星人の成果』クリア後の会話イベントでしか入手できない素材アイテム『ミメリック体』は非常に有用。

またおふざけキャラとして振舞う一方、ひそかに大胆な謀略をめぐらせている策士でもある。結局この企ても失敗に終わっており(一歩違えば『銀河伝説』と同様の末路を辿る流れ)、以降は心を入れ替えた…ようなのだが、言行は大して変わらないのだった。

大怪獣バトルウルトラコロシアムに登場した個体

ストーリーモードのEXランクで登場。一応裏ラスボスである。
四次元怪獣ブルトンを使って主人公をネビュろうと企む。さらっとウルトラマンコスモスが苦戦する程の強敵であるネオカオスダークネスを連れていたりするが、あくまで彼(彼女?)は応援バトラーに過ぎず、ザラブ星人の実力がへっぽこであるために、体力を大幅に削って仕舞えば、召喚されることも無く楽に倒せるだろう。
敗北後は主人公にさっきまでの態度とはどこへやら、煽てて命乞いをしようとしていた。凶悪宇宙人という言葉はどうやら褒め言葉に聞こえるらしく、やたら照れていた。いや、ほめてねーよ
なお、CVは青野武氏ではなく、アーケードゲームと同じ別の声優が担当している。

巨影都市に登場した個体

にせウルトラマンと同じく主人公が最初に遭遇する巨影として登場する。
夜の街に突如出現し、ザラブ星人状態にしか使用しなかったエネルギー弾をにせウルトラマン状態でも使用し、街を攻撃し始める。
原典同様ウルトラマンとの戦闘中正体を現し、主人公にも攻撃を仕掛けてくる。
最終的にはスペシウム光線を受けた所でステージは終わる。
なおクリア後に入手できるニュース記事の内容から、巨影ではなく本物のザラブ星人であったことが示唆されている。

にせウルトラマン

ザラブ星人がウルトラマンの信用を無くす為に変身したウルトラマンの偽者。

つり上がった目と尖った爪先が特徴。何故視聴者以外は誰も偽者と気づかなかったのか(これについて柳田理科雄は、「まず3分と言うごく短い活動時間から細部を確認する余裕は少なく、また巨大で動き回るウルトラマンを近くでじっくり観察するのは危ないし、かと言って安全な遠方からでは細部がよく分からないのでは?」と語っている)。

メビウスに化けた時も特徴が同じだった(ただしサコミズ隊長には偽者と気付かれており、「よく見てみろ、目つきが悪い」と言われてしまっている)。

備考

名前はブラザーのアナグラム。
初代の等身大スーツアクターは声をあてた青野氏本人が演じている

関連タグ

ウルトラマン ウルトラマンメビウス 青野武 ニセウルトラマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ザラブ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133100

コメント