ピクシブ百科事典

仮面ライダースカル

かめんらいだーすかる

『仮面ライダーW』に登場する仮面ライダーの一人。
目次[非表示]

「俺は自分の罪を数えたぜ……さあ、お前の罪を数えろ…!
「お前の"死"は……俺よりずっと長くなる。」

CV:吉川晃司神奈延年(ゲーム作品)
スーツアクター:永徳

概要

仮面ライダーW」に登場する仮面ライダー
初代鳴海探偵事務所所長・鳴海荘吉が、ロストドライバーとスカルメモリによって変身した姿。
後継者たる左翔太郎フィリップが変身する仮面ライダーWの前身ともいえる存在で、Wが誕生するまでの9年間、風都ドーパントの被害から人知れず守り続けてきた孤高のヒーロー。

髑髏を模した顔が特徴的で、白い帽子マフラーを身に着け、帽子で隠れた額には「S」字の傷模様がある。

帽子は変身前にも被っている物。荘吉の強いこだわりから、一緒に変身しないよう一度外した状態でドライバーを操作し、変身後にまた被り直すという独自のスタイルを貫いている。

荒事に慣れた荘吉が、強力なスカルメモリで変身する実力派のライダーだが、当時流通していたガイアメモリは使用者への毒素の影響が強い初期型であったため、「メモリブレイク=敵の死亡」へと繋がる事を意味していた。
ゆえに荘吉にとって「スカルへの変身=相手を殺害する覚悟を決める」事になる為、変身は相手が殺人を厭わないほどに暴走している時のみに限定し、協力者のシュラウド以外にも正体を晒さず徹底して秘密裏に活動していた

その為風都では都市伝説上の"骸骨男"として知られているだけで、一般には仮面ライダーの1人とは認知されていない。故にスカルを仮面ライダーと呼ぶのは、あくまで事情を知っている翔太郎達関係者のみである。 参考:擬似ライダー

使用ガイアメモリ

骸骨の記憶が内包されているいガイアメモリ。
ディスプレイマークはSに見える髑髏の横顔。

使用者の骨格全てを極限まで強化する能力を持ち、それらに支えられた身体能力も向上させる。
また、胸の肋骨から怨霊型のエネルギーを発生させる事も出来、ここぞという時の牽制が可能。

加えて血肉なき"骸骨"であるがゆえに、変身中使用者の肉体は"死者も同然の状態"となる模様。血管や神経まで変化または消失するのか痛覚を感じず、体温も下がる。

このためスカルは、体液を吸い取るといった『軟部組織を狙った攻撃』や『相手が生物であることを狙った攻撃』への耐性が極めて高い(メモリの力で全身が丸ごと『骨』と化しているため吸いようがないと言うべきか)。

「変身するのは……少しの間、死ぬ事だ。あくまで俺の場合、だがな……」
「骸骨は……それ以上殺せない」

ライダーとしての能力

スペック

身長205cm
体重110kg
パンチ力2t
キック力6.5t
ジャンプ力45m
走力100mを6.3秒

骨格という特徴からか体重は重いが、ジャンプ力はルナトリガーヒートトリガー、走力はヒートジョーカーと同等。

Wの前身であるためか、搭乗するバイクから使う武器までWのカラーリング変えとなっている(メインカラーが黒で「S」を模した赤のラインが入る)。

初変身の際には変身するという覚悟が足りなかった(ガイアメモリの使用を拒否していた)ため、頭部が透けたスカルクリスタルという不完全形態になってしまっていた。

専用アイテム

変身ツール

Wの使用する変身ベルト「ダブルドライバー」を右半分にしたような形のプロトタイプ。

アクセルと同じくガイアメモリを一本のみ使用するベルトで、横にはマキシマムスロットも付いている。このベルトと同型のものを後にエターナルジョーカーも使用している。
鳴海荘吉のロストドライバーはビギンズナイトの際に、タブー・ドーパントと交戦した結果、破壊された。

専用武器

トリガーマグナムと同型の銃。主にバレルユニットを上げた、トリガーマグナムで言うマキシマムドライブ形態で使用する。

メモリガジェット

シュラウドこと園崎文音に贈られたと思われる携帯電話型ガジェット。左翔太郎らが使用するものと同一の仕様。
これの操作によってスカルギャリーを呼び出すことができる。

使用マシン

Wが使うハードボイルダーと同一形状で全体が黒く、側面の文字が『S』になったスーパーバイク。
シュラウドが作製し、荘吉の死後に彼女によって強化改造されハードボイルダーになり、壮吉の帽子などど同じくダブルに引き継がれた。

鳴海探偵事務所のガレージに格納されている特殊車両で、荘吉は『怪物マシン』と呼んでいる。
リボルギャリーと同じく車体が展開するが、換装ユニットはなく、その部分には大小多数のエンジンとハードボイルダースタートダッシュモードに似た多数のノズルが設置され、これによって猛スピードでの突進が可能となっている。また、設定上はスカルボイルダーと合体して装甲車になる。

リボルギャリーは八輪だが、スカルギャリーは六輪。武装は皆無だが、その巨大かつ堅牢なボディを利用した体当たりは強力。
スカルボイルダーと同じくシュラウドが作製した。そしてやはり荘吉の死後に強化改造されリボルギャリーになり、ダブルに引き継がれた。

必殺技

  • スカルパニッシャー

スカルマグナムにスカルメモリを装填して発動。
マグナムから強力な破壊光弾を連射する。

腰のスロットにスカルメモリを装填して発動。
胸から発生させた怨霊型エネルギーを脚に纏わせ飛び蹴りを行う。また、空中からエネルギーの塊を敵に向けて蹴り飛ばすパターンも存在する。

余談

モチーフはおそらく初代『仮面ライダー』の企画時に仮面ライダー1号以前に最初の候補に挙がっていた骸骨のヒーロー。これは仮面ライダーダブルのモデルが1号であるために1号以前の始まりのライダーとしての起用である。
テレビシリーズでは市民が目撃した『骸骨男』として第13話に一瞬だけ登場。
また『仮面ライダーW』第13話と第14話にはMOVIE大戦2010への伏線が多く見られる。
商品化されたライドウォッチでは基本的に強化フォームを除いたライダーは「~ライダーは〇〇だ」に対してスカルは「風都を護った伝説の戦士はスカルだ」と特殊な呼び方となっている。

ガンバライジング

バッチリカイガン4弾より参戦。ジャマータイプでLR枠の一つとして参戦。
表アビリティは3番目にカードを出すとAPの強化に加え、相手チーム全体のひっさつとライジングパワーを減らすことができ、バーストアビリティはコウゲキとひっさつの強化と毎ラウンドAP強化という副次効果が得られる。

時は流れ…2020年。
ガンバライジングプレバン限定商品第5弾にて再度LR化!今度はブレイブタイプとなっており、また、銃アイコン持ちで初となるAPボーナス上限アップのアビリティを持つ。ただ、当の本人はテクニカルゲージ一辺倒なので味方のサポートが重要。尚、ボイスや必殺技については変化は無い模様。

関連イラスト

スカル、マキシマムドライブ!



関連タグ

仮面ライダーW スカルマン 
サブライダー 0号ライダー 偽ライダー 怪人ライダー おっさんライダー  父親ライダー 劇場版限定ライダー 
MOVIE大戦2010 MOVIE大戦CORE 鳴海荘吉 ハードボイルド
平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧

同じくロストドライバーをつかったライダー
仮面ライダージョーカー 仮面ライダーサイクロン 仮面ライダーエターナル

もしかして→仮面ライダーになりたかった戦闘員

仮面ライダー幽汽仮面ライダーフィフティーン:どちらも骸骨モチーフのライダー。また、スカルが死者が蘇るという事件で登場したライダーであるのに対し、この二者は死者を蘇らせようとしたライダーである。
仮面ライダー1型:冬映画で登場、初代ライダーへのオマージュが多い、本編前の事件で変身者は亡くなっているライダーという複数の繋がりがある。
???:冬映画で登場した骸骨モチーフ繋がり。ネタバレ注意
プリミティブドラゴン:骨をモチーフにしているライダーの形態。

スカルソルジャー:骸骨モチーフのヒーロー、変身者の名字が「鳴海」などの共通点を持つが、人物像はむしろこちらに近い。

関連記事

親記事

鳴海荘吉 なるみそうきち

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダースカル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 662643

コメント