ピクシブ百科事典

アントライオン・ドーパント

あんとらいおんどーぱんと

アントライオン・ドーパントとは、仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント。

概要

風都探偵』第7話「sの肖像」で左翔太郎が少年だった頃に遭遇したドーパント
誰にも相手にされないというある男アリジゴクの記憶を宿すアントライオンメモリで変身したドーパントで、巨大なすり鉢型の巣を作って相手を引きずり込み、体液をすする。
また毒針を飛ばす能力もある。

相手にされない腹いせから子供やカップルを無差別に襲っており、特にカップルがどちらか一方でも助かって欲しいと助け合う姿をネチネチと嘲り笑いながら追い詰めていく。
最終的にはこの能力で風都の神になろうと企んでいたらしい。

はるかぜ公園に出現してカップルを襲撃。助けに入った翔太郎の右足に毒針を浴びせて巣に落とすとカップルの男性を補食。次に翔太郎を食らおうとするが、鳴海荘吉が変身した仮面ライダースカルと戦闘。
毒針をはたきおとされるが自身の能力で翻弄し顎でスカルの首を挟んで体液を吸おうとしたが通用せず、ライダーキックを受けメモリブレイクされた。
その後、初期型であるため毒素が強いのでメモリブレイクと共に死亡し変身者の男の体は蟻地獄の中へと沈んでいった。

関連項目

ドーパント

コメント