ピクシブ百科事典

ユートピア・ドーパント

ゆーとぴあどーぱんと

ユートピア・ドーパントとは、特撮ヒーロー番組『仮面ライダーW』に登場するドーパント(怪人)。
目次[非表示]

概要

第47話、第48話に登場。TVシリーズの事実上のラスボスを務める強敵。

財団Xのエージェント・加頭順がユートピアメモリで変身した姿である。
園咲家の人間でないにもかかわらず『ゴールドメモリ』を持っているのは、財団Xのスポンサー特権によるもの。
ユートピアメモリと加頭の適合率は98%という驚異的な値を示している。

能力

身長:222cm
体重:111kg
特色 / 力:人間の生きる希望を奪い、エネルギーに転換する。重力を自在に操作する能力。

携行装備である「理想郷の杖」をふるい、地上の重力を操り、敵の自由を奪って地表に叩きつける特異な能力を持つ。

そのパワーは無尽蔵であり、人間から生きる希望(精神力)を奪い、自らの身体に蓄えることでエネルギーに転換し、どんどん強くなる能力を持つ。生命エネルギーを吸われた人間は、身体機能を停止、顔を奪われた状態となってしまう。また相手がドーパントや仮面ライダーの場合はこの能力で強制変身解除させた上で、そのまま死に至らしめることも可能。
ユートピア・ドーパントはこの力を使い、風都の鳴海探偵事務所の関係者から次々と希望を奪っていった。

ただし、「生きる希望などない死人」であるNEVERからは精神力を奪う事はできないので、NEVERとの相性はかなり悪い他、そもそも「希望や心など最初から無い純粋な機械」であるメモリガジェットとも同様に相性が悪い。

さらにWとの最後の決戦ではサイクロンジョーカーエクストリームを相手取った結果「翔太郎フィリップの最後の戦いに懸ける想い」があまりに強かった為に逆に吸いきれずオーバーヒートでダメージを負った
また、この能力は精神干渉波を用いた能力の一つである為、耐性がある照井竜には効きが弱くアクセルトライアルから通常のアクセルに戻す程度の効果しかなかった。
他にも希望を奪う為には相手の体に直接触れなければいけないので、何かで妨害されたり、遮られると希望を奪う事はできない(翔太郎は帽子を間に挟んで遮った)。

重力・引力・斥力を自在に操るほか、重力操作を生かした飛行も可能で、近距離~遠距離攻撃も途中で停止・歪曲させ寄せ付けないなどの変幻自在な攻撃・防御が可能。速度にも秀でておりアクセルトライアルの高速移動とも互角である。
加えて、加頭は財団Xで支援している新技術を自分の体でテストしていた為、超能力兵士・クオークスの持つ様々な超能力も戦闘時に使用できる。それ故に念動力に加え、炎、雷、竜巻、地割れなどといった様々な自然現象を操ることも可能。
第48話ではそれらを纏ったドロップキックを放った。

また、加頭は大道克己との戦闘が原因で一度死亡しており、ネクロオーバー(死者蘇生兵士)として蘇生されているため素の耐久力も高く、身体能力はさらに強化されている。
作中では生身でタブー・ドーパントの光弾を次々受けても平然としながら変身した。

一方でこれらの能力はクオークス能力も含めてどれも消耗が激しく、そのため上記の相手の希望をエネルギーとして吸収するという最大の能力を何らかの要因で封じられると、他の能力も回らなくなって一気に弱体化してしまうという弱点もある。
このように良くも悪くも「相手の希望をエネルギーとして奪う」という能力に頼りきらざるを得ないのがユートピアの最大の弱点であり、一見すると無敵なように見えるが実際はそこを突かれてしまうと一気に崩されてしまう。

変身時はメモリが自我を持つかのように自動的にドライバーに挿入され、周囲の人物や物体は浮き、変身時の青炎と雷撃に吹き飛ばされる。

余談

ガイアメモリのロゴは内包されている『理想郷の記憶』から、人間が手を取り合っているようなデザイン…と思われていた。
しかし、手の部分をよく見ると、親指が二本とも右側にあって手を取り合っているにしてはおかしい。ユートピアのマークは手を取り合っているように見えて実は一人の両手で、一人の人間が左右の手で手揉みをしている様子を表している。

ここからも、この理想郷とは他人と手を取り合っている訳ではなく、一人の人間の独りよがりなものに過ぎない事が分かる。更に言えば、理想郷内ではその作り手=権力者に笑いながら服従しなければならない現実を象徴しているとも考えられ、結局その本質は『特別な力で他者を屈服させる』と言うテラー・ドーパント/園咲琉兵衛と何ら変わらない物である事を伺わせている(※従わなければ恐怖に狂えと言い切れる分、テラーの方がまだ潔い)。
まさに自分達に都合が良い者だけの世界を創造することを目論み、どこまでも独りよがりに「理想郷」を追い求めていた加頭順という人間の本質そのものと言えるメモリである。

また、感情や希望を奪う能力は理想郷から生じた『死んだように生きている人々』などのディストピア的側面から来ていると思われる。
そして同時に上述の希望を奪う能力に頼っているが故のユートピアの弱点も「所詮独りよがりな理想郷は常に他人から搾取しなければ回らなくなる」という本質を暗に示しているとも言える。

頭部の仮面は左側が欠けて目が覗く左右非対称になっている。これはデザイナーによれば「完璧な理想郷など存在しない」ということの暗喩らしい。これのどこが理想郷なんだという意見も見られるが、ユートピアのデザインを傾けるとビル群をモチーフにしていることがわかるだろう。

その後の客演

レッツゴー仮面ライダー

ショッカー傘下の怪人として登場。

仮面ライダージオウ

最終話にて登場。
アナザーディケイドが招集したラスボス怪人達と共にグランドジオウが召喚したライダー達を撃破し、ラスボス怪人達との同時攻撃でグランドジオウを変身解除に追いやった。
しかし常磐ソウゴが変身したオーマジオウの圧倒的な力には敵わず、強烈なパンチの一撃を受けて呆気なく爆死した。

なお、ソウゴがオーマジオウに変身した際、他のラスボス怪人達が特に反応を示さなかったのに対し、彼だけ(若干やる気のなさそうな態度で)拍手をしていた
また、アナザーディケイドはオーマジオウの力を吸収しようとしてその強大なパワーを吸いきれずにダメージを負うというユートピア・ドーパントに似た事態に陥っている。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント 怪人 
加頭順 財団X
ディストピア
仮面ライダーW_RETURNS

グルジェフ:人造人間ハカイダーの敵役で、荒廃した世界でディストピア社会を築きその支配者として君臨していた。しかし純粋な愛情で行動していた加頭と違い、その本性は支配欲に執着する卑しい小物。それ故か正義のヒーローでは無く生きたいと願う者の味方である『悪』によって破滅させられた。

スーパーアポロガイスト→ ユートピア・ドーパント→恐竜グリード

仮面ライダーW公式サイトの「ユートピア・ドーパント」

関連記事

親記事

加頭順 かずじゅん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユートピア・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94174

コメント