2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

表向きは科学研究財団の看板を掲げており、世間での知名度もあるが、裏では強力な兵士を手にするため、様々な組織・個人に援助を行う闇の組織。実態は死の商人と推測される。

援助の見返りに協力者からその研究成果を吸い上げており、彼ら自身の戦力もかなりのもの。なおXという名の財団はこの世に存在せず巨大企業や団体を人知れず母体とし利用してきたため、カイ・コーポレーションの出紋大騎など各企業の人間は自らがそれに加担していることは知ることはない(正統派続編『風都探偵』より)。

ただの死の商人かと思いきや、どうやら組織が持つ無尽蔵の資金と世界に張り巡らされた巨大なネットワークを使ってのウォービジネスを駆使して最終的に壮大な計画を成し遂げることを目的に暗躍しているらしい。

『風都探偵』では既にその前身は少なくとも100年以上前に存在していて生物学の権威「ハルバー・ヘルスタイン」博士に迷路棟を与えて不死の研究を進めさせていたことが判明しておりクォークスやNEVERなど人間の生体機能強化に投資を集中させていたその生物学的発端がヘルスタイン博士の研究にあったと判明している。
そして、その実態は古来より強力な兵器を製造して各国に売り捌き戦争を激化させ利益を得る者たち、所謂死の商人の末裔が時代に合わせて進化しながら存続してきた存在であることも判明した。

MOVIE大戦MEGAMAX』におけるレム・カンナギの反乱によって有力な幹部メンバー数名が殺害されるという痛手を負ったため、活動を縮小し、しばらく表舞台に姿を見せなかった。

その後『仮面ライダーエグゼイド』のスピンオフ作品『ビーストライダー・スクワッド』では、「X」と書かれたジュラルミンケースを持った特徴のある白服の男が登場。ナイトオブサファリガシャットの戦闘データを入手してその場から去っていった。

仮面ライダービルド』の関連作品『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』では意外な形で登場を果たす。

いくら欠員が出ようと平気で再び現れてくる底知れない連中であり、「"一地域を護る仮面ライダー"レベルでは絶対に壊滅させられない」という言葉にも納得である。
その規模と戦力は歴代ライダーシリーズの悪の組織の中でも群を抜いて強大であり、人を超えた力を持つとはいえあくまで個人〜十数名の集団でしかないライダーでは壊滅させることは不可能と言われている。
とは言え照井竜が『風都探偵』にて、既に財団Xは半壊していると言っていいと述べているため、ライダー達の活躍による損失が全く無いという訳ではない模様。
しかし、照井の家庭事情からさらに未来の出来事である仮面ライダードライブ以降の作品でも登場しており、半壊しても壊滅せずに立て直すことがほぼ確定している。

また、長年仮面ライダーシリーズの番組スポンサーを務めているバンダイがこの組織名をもじって財団Bなどと呼ばれることもある。

なお、『フォーゼ』第33話で、財団のトップと思わしき“会長”の存在が仄めかされているが、その全貌は未だ明かされていない。

主なメンバー

メンバーはみな白い衣装を身につけている。初期に出たメンバーは人間味が薄かったが、最近はそうでもなくなってきた。

『仮面ライダーW』にて登場

ミュージアム担当エージェント。

財団の風都支局長。白いストップウォッチを持っており会話の時間を常に計測している。

ネクロオーバー計画の担当者だったエージェント。被検体の反乱によって死亡。

『MOVIE大戦MEGAMAX』にて登場
アンノウンエネルギーの開発を担当している幹部。
野望を現わし、他数名の幹部を殺害して財団を裏切る。

カンナギの直属の部下の黒人男性。超進化生命体・ミュータミットで、ドラゴンのような姿をした怪人・サドンダスへ変身する。

カンナギの直属の部下の女性。蹴り技主体の格闘技に秀でる。
カタルと同じくミュータミットであるが、変身するのはユニコーン・ゾディアーツ

財団X幹部でカンナギの上司。反乱を起こしたカンナギに殺害される。

『平成ジェネレーションズFINAL』にて登場
財団Xに所属するマッドサイエンティスト
永遠不滅の存在になることを目論み、かつての出資対象物を戦闘で使用する。

風都探偵』にて登場
財団Xの母体の一部「カイ・オペレーションズ」の元CEO。
ちなみに社名のカイはギリシャ文字のχが由来だと思われる。
異空間に存在する都市「裏風都」に潜み、ガイアメモリから更なる力を得られる適合者「ハイドープ」を集めている。
現段階での財団との繋がりの有無は不明だが、恐らく縁を切っている。

出資組織・関連組織

明確に出資していたことが明らかになっている組織。その見返りとしてガイアメモリを多数受け取り、破棄された計画であったT2ガイアメモリも独自に完成させた。
組織壊滅後も関与し続けている(新たな出資先を見つけた可能性もある)。

ネクロオーバーの研究者。出資先として検討されていたが、競合相手だったミュージアムのガイアメモリが能力の幅広さで勝り、出資先に選ばれなかった。しかし技術資料は財団Xにもあり、実際にNEVERになったメンバーがいる。

明確に出資していたことが明らかになっている組織。エージェントの加頭もこの組織の開発を受け、多重超能力者となっていた。

W最終盤にてオーメダルの研究への出資を検討していたのは明確になっているが、劇中で明確に関わった描写は皆無で、出資対象がここだったかすら不明瞭。カンナギの存在を考えると身内の研究の査定だった可能性すらある。
というか、ファウンデーション(財団)なのに外部に出資を求めた可能性は低く、仮に鴻上会長がオーメダル利用技術の代わりとして欲しがりそうなのはガイアメモリやアストロスイッチといった別組織由来の技術であろう……例えば、ホムンクルスの製造法とか。

一応、グリードのコピー体を作成したりセルメダルでヤミーを生成したり(本来グリードしかできないはずなのに成功している)と、夢見町近郊での戦いのデータを収集していたらしいことは判明している。

明確に出資していたことが明らかになっている個人。見返りとしてホロスコープスのコピー体を生み出すゾディアーツスイッチを受け取っている。このスイッチはインガ・ブリンクに奪われたが、後に最上魁星が複製品を完成させ、ホロスコープスを生み出している。

明確に出資していたことが明らかになっている組織……というかほぼ個人。

明確に出資していたかは不明だが、財団でライダーガシャットを研究していた描写がある。株式会社であり、衛生省(日本政府)とも取引をしているなど、出資がなくても一定の資金源はありそうなため、鴻上と同様、金銭以外のものを求めそうでもある。

  • 「ビルドの世界」の最上魁星(平成ジェネレーションズFINAL)
「ビルドの世界」に財団Xが存在するかは不明だが、「エグゼイドの世界」の最上魁星と同様の技術を使っていたことから、両者間で技術提供を行っていた可能性がある。
難波重工が製造・販売している機械兵ガーディアンのコピー品であるXガーディアンが最上魁星の手駒として用いられていた。

W以前の作品に登場した悪との関係

「ビルドの世界」の最上魁星が別世界の存在を認知していたことから考えると、スマートブレインZECTなど過去のシリーズの組織にも干渉してその技術を得ている可能性はある。
ビーストライダー・スクワッドでは浅倉が蘇っているがこれも可能性は高いだろう。
事実『バトライド・ウォー』ではムネモシュネによりそれらの技術が再現されている。
ただしムネモシュネの特性により出資していなくても情報を得ることはできるため、出資自体していたのかどうかは不明。
さらにはディケイドなどの一部のライダーが存在せず、ムネモシュネによる再現だったとしても話が成立してしまう

仮面ライダーZX』に登場した敵で、『仮面ライダー』から『仮面ライダースーパー1』までに登場した全ての悪を影から操っていた。悪の組織を裏で支援する黒幕という共通点がある。
仮面ライダー大戦』では超銀河王やサドンダスといった財団製怪人の再生個体が新生バダンの構成員として登場している。

真・仮面ライダー』に登場した敵組織で、財団Xの元ネタ。
一部の書籍では財団Xと何らかの繋がりがあることが示唆されている。

シリーズでの立ち位置

よく「クロスオーバーをやりやすくするためのギミック」と思われる事もあるが、そもそもはあくまで「仮面ライダーWの敵組織」であり、クロスオーバーに使われたのはあくまでプロデューサーの塚田英明氏による後付けである。
W作中における「財団Xがオーメダルに出資している」と言うシーンは、その時点ではただのお遊びであった事が語られている。

『仮面ライダーW』及び『フォーゼ』のプロデューサーは塚田Pであり、当初は財団Xが劇中に登場するのは塚田氏がプロデューサーを務めるライダー作品に限定されているという噂があったが、前述の『仮面ライダーエグゼイド』(プロデューサーは大森敬仁氏)のスピンオフ作品『ビーストライダー・スクワッド』での登場により、その説は否定された。
どちらかと言えば技術的制約があまりないゲーム作品やヒーローショーで拾われることが多い。

Wは基本的に風都のみを舞台としているため「狭い舞台での小さな作品」と思われない為に、「ダブルは風都の外の巨大な敵とも戦える」「巨大過ぎて滅ぼせないので、風都を出て倒しにいくより風都を守る事が優先」と言う事を示すための設定だったのだろう。
また、平成後期ライダーはその後の作品も、メダルが飛び散った範囲学校サバトの儀式地の範囲……と基本的には狭いエリアの中で事件が集中するスタイルを採用している。
結果として、そうした普段はバラバラに専門の敵と戦っている仮面ライダーが垣根を超える状況として、複数の勢力に加担し戦力を運用できる組織は最適となっている。

風都探偵においてクロスオーバー作品での事件にも言及されている通り、クロスオーバー作品もW世界の正史であり、風都以外で戦う仮面ライダーは存在する扱いとなっている。
このため、実質的に財団Xの存在(平成ジェネレーション)によりW~エグゼイドは同一世界と考えることもできるが、作品によっては映画と本編が矛盾しており、「Wや財団Xが関わった映画の出来事」は存在しても、イコールでテレビ本編まで同一世界であると考えると矛盾が生じてくる。
基本的にはテレビ本編には登場してこないことも踏まえ、緻密な設定というよりはあくまでお祭り騒ぎをW本編にも組み込むサービス程度に割り切った方が良いだろう。

仮面ライダービルドの世界においてはまさかの別の世界だが、別の世界にも財団Xは存在するという衝撃の登場を果たし、その上で2つの世界の同一人物が互いの世界を認識し世界線を越えた陰謀を巡らせている。
これにより、直接的にW達レジェンドライダー本人集合が描かれない限り、仮に財団Xが登場してもそれだけではWと地続きとは言えない状態となった。
また、仮面ライダージオウでは歴史の改変がテーマとなり、遡って仮面ライダー電王仮面ライダーアクアも時間を超えて活躍しており、財団X絡みの事件で集合している世界線についても、集合する歴史と集合しない歴史に分岐している可能性は充分に考えられ、分岐であればいくつかの矛盾は説明が可能になる。
こうした事情も踏まえ、財団XとW世界正史の関係は極めて複雑となっている。
さらに、令和ライダーになっても存在が仄めかされており、『仮面ライダーアウトサイダーズ』では財団Xらしき服装を来た構成員が数人登場している。

関連タグ

スポンサー フィクサー
財団B またお前か
ブラックゴースト・・・・直接の関係はないが、イメージソースの1つと推測される。なお、『風都探偵』では台詞として表現される。

サージェス財団:こちらは『轟轟戦隊ボウケンジャー』に於ける正義の財団。
財団Yドキドキ!プリキュアに登場する四葉ありす実家関連ネタ。
ロックマン6:こちらでは『Mr.X』なる者が率いる『X財団』が登場する。概ね財団Xと同じ活動をしており…ちなみにこっちが財団Xより先。

関連記事

親記事

仮面ライダーW かめんらいだーだぶる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「財団X」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「財団X」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました