ピクシブ百科事典

蛮野天十郎

ばんのてんじゅうろう

蛮野天十郎とは、『仮面ライダードライブ』の登場人物である。
目次[非表示]

注意


このキャラクターは、アンチが非常に多く、ゆえに過剰なキャラヘイト表現や、『似たような人物』などの本来の趣旨から離れた内容の書き込みが行われる事があり、それが原因となって編集合戦へと発展する事も多々あります。

概要

「何か私に尋ね事かな?」
CV・演:森田成一

仮面ライダードライブ』の本編が始まる15年前に自己成長型アンドロイド=ロイミュードを開発した天才科学者

クリム・スタインベルト博士の親友であり、エネルギーに問題があったロイミュードを彼から提供された動力源「コア・ドライビア」を使い完成させるが、その試作機である001002003らが反乱を起こし、殺害されたとされる。

その後、第27・28話にて仮面ライダーマッハ=詩島剛霧子姉弟の父親である事が剛自身の口から語られた。
なお、剛やその姉の霧子と名字が異なるが、その理由は後述(霧子がお参りしていたお墓に母親と思われる名前が刻まれていたが、その名前も詩島澄子と旧姓になっている)。

実質的にグローバルフリーズに始まる全てのロイミュード事件を引き起こした元凶とも言えるが、進ノ介は彼とベルトさんが親友だったのを根拠に「ロイミュードは人間の幸せの為の発明」と推測していた。
一方、剛は下記のイラスト中央のシルエットに加えて彼の不気味な笑い声を回想しており、あまり良い思い出が無いようであるが……。

マッハの行方



実はベルトさんと同様に人格プログラムとしてコンピュータの中で生き長らえており、利用価値を模索するブレンの持つタブレットに存在していた事が第33話にて判明(ただし、Blu-ray COLLECTIONの『シークレット・ミッション type TOKUJO』第1話においてもブレンが自身のタブレット端末を「蛮野博士」と呼び画面に向かって話しかけるシーンがあり、何らかの方法で生きながらえていることが示唆されていた。第39話でベルトさんはドライブドライバーのシステムを蛮野が盗み出したと語っている)。
同話にてブレンからタブレットを奪取した剛の呼びかけに応え、進ノ介復活における重大なヒントを彼に与えた。

また、第36話ではハートに敗れ、ピンチに陥った剛をタブレットから光の触手のようなものを伸ばし、電流のようなものを流し込んで撃退。さらに、超進化態となったブレンの毒に侵された唐沢ゆかりを治療し、彼女の命を救った。この時、「泊進ノ介を助けるのは良いが、クリムはどう思うかな。彼は私に対しあまり良い感情を持っていないはずだ」と述べており、クリムもまた人格プログラムとして生きながらえていることを知っていた。

なお、第37話においてチェイスからドライブたちとの共闘を提案されるが、「剛は今まで霧子に自分が父親だと知られない様に戦ってきた」「クリムは自分のことを『ロイミュードを生み出した呪わしい男』と評価している」といってその申し出をきっぱりと断った後、クリムが単なる善人ではない事を臭わせる発言をチェイスと剛に投げかけていた。ちなみに、チェイスの事は「プロトゼロ」と呼んでいる。
また、同話でロイミュード達の目標の1つに「蛮野の奪還もしくは始末」が設定され、彼らから積極的に狙われることになり、実際に新幹部である006の襲撃を受けたがマッハとチェイサーに救われた。

第38話では、メディック達と仮面ライダーとの戦闘に合流しようとする剛を「自分達の居場所を知られるデメリットが大きい」と一旦は押し留めた(しかし剛は結局戦闘に突入)。
そしてその後は、自身の居場所が知られるリスクを犯す事になると知りながらも結局剛達を見捨てられず、防御壁の様な物を生成して遂に超進化を遂げたハートの攻撃からトリプルライダーを守った。

その行動のせいでベルトさんに在命の可能性を感づかれ、第39話でついに彼の前に姿を現す。
しかしタブレットに自意識を残していたことで、ベルトさんにドライブドライバーのシステムすら盗んでいることを知られ、生前の確執も相まって彼から頑なに協力を拒絶される。
その後剛が006の襲撃を受けて一人になった際、密かにドライブピットに忍び込み、トルネードとの戦いから戻って来た進ノ介や霧子の前に姿を現した。同時に自らの存在を明かし、これまで剛が霧子に隠し続けてきた、蛮野博士が詩島姉弟の父親であることも告白した。
その上で改めて共闘を持ちかけ、自らの情報収集能力を活かしトルネードの所在地を教えるなど協力的な態度をとる。それでもなおベルトさんは協力を拒み悪魔とまで呼んだが、結局進ノ介と剛はその情報通りの位置へ向かい、トルネードに誘拐された女性たちを発見した。
この際、データと化した自身を“ネットワーク世界の神”と自負している。

かくして、蛮野は仮面ライダーたちの頼れる仲間になったと思われていたのだが……



























その真意(第39話以降ネタバレ注意)

「この世の全ては私のもの。それを理解できないバカが多すぎる」
「これで私は自由だ。誰にも止められない!世界が私の足元に跪くその日まで!」

なんと第39話後半で、ライドブースターを操りハートと戦闘中のドライブとデッドヒートマッハを攻撃、ドライブを森の奥深くに叩き落とすという凶行に走った。

その真意は第40話で明らかになった。それは自らの意識をドライブドライバー(を模したオリジナルのドライバー)に移し変えることで、ベルトを介して使役できる自らの身体を手に入れること。そして最終的には世界を自分支配下に置く事を目的にしており、その為に自らの配下であるロイミュード004を使って進ノ介からドライバーを強奪した。
ベルトさんは進ノ介によって奪還されたものの、既にドライバーの解析は終わっており、蛮野の意識が入った悪のドライブドライバーであるバンノドライバーが誕生してしまった。また、ドライブドライバーをコピーする際に何らかの装置をオリジナルのドライバーに組み込んでいると思しき描写も見られた(この装置は悪性プログラムであり、夏の映画でドライバーが暴走を起こしたのはこれが原因)。

lap.40「2人の天才科学者はなぜ衝突したのか」



同話で暴かれた彼の本性は、滅多なことでは怒らないハートですらも、「最低な人間」と酷評するほどであった。
それもそのはず、ハートに人間の姿を与えたのは自らへの出資を断った青年実業家、広井真蔵への恨みを晴らすため。蛮野は002(ハート)に彼と同じ姿を与えた上で、実験と称しロイミュードですら苦痛に悶えるほどの拷問を行っていたのである(なお、広井本人はその後蛮野によって始末された事が東映の公式ページで記述されていたが、実際には生存しておりロイミュードが撲滅された後の2018年でも資産家として活動している事がドライブサーガ第2弾で判明した)。

「余興だよクリム。どうせあらゆる苦痛を与える実験なんだ。オレの価値がわからないバカの顔の方が、気が晴れるというものだ!」

更に、自分以外のすべての人間を完全に見下しており世界は自分の物だとまで言い切っている
その一方で前述の青年実業家やクリムが彼を見限ろうとした際には情けなく追いすがる等、傲慢で身勝手で矮小な人物であることが窺い知れる。彼の発明のほとんどはクリムがいなければ成しえなかったものばかりであり、ロイミュードもクリムから原型と動力源(コア・ドライビア)を提供されて何とか完成させている。当然、その人柄故に妻の澄子にも2人の子供(剛と霧子)と共に逃げられてしまっている(なお、何の偶然か作中で蛮野と彼に見切りを付けた人間はいずれも15年前の時点で死亡している)。

プロトゼロを製作しロイミュードの抱える重加速現象に気付いたクリムが実用化の延期を申し出たことで、
クリムに去られるのではと焦った蛮野は、プロトゼロのデータを盗用し独断でロイミュードを開発し始める。
ロイミュードに元々は埋め込まれてなかった人間の悪の心が植え付けたのもクリムのプログラムを打ち破るため(まさしく全ての元凶)。
皮肉な事に、そのことと002への拷問によってクリムは蛮野を完全に見限り、ロイミュードは人間以上の力を獲得し、蛮野自身も殺害されてしまったのである。

タブレットに意識が移された理由は、電脳空間に永遠に幽閉するという拷問で復讐するため。

それ以降の活躍

本性を現しバンノドライバーとなった蛮野は、ロイミュードとも仮面ライダーとも決別。第三勢力として本格的に活動を開始した。

第41話ではベルトとして取り憑くことでメディックの体を強制的に操ったり、ベルトから触手を出してロイミュードや仮面ライダー達を攻撃したりと、タブレット時以上の能力を見せつけた。また、彼を倒して超進化するべく待ち伏せしていた006軍団を瞬時に全滅させ、進化態になろうとした006をもコアを抜き取り破壊。遺された006の体を乗っ取ってゴルドドライブへと変身した。
その強さは圧倒的であり、戦いを挑んだ剛を一方的に叩きのめしている。同時に人間としての歪みようも如何なく見せつけており、家族を研究材料としか思っていないと言い切った挙句、剛の研究材料としての役目は終わったと吐き捨てた。

第42話では前話での自身の様子を目撃していたブレンに依頼(強迫?)して超進化できずに悩んでいたメディックに接触し、彼女に蓄積していたどす黒い感情を取り除いて彼女の超進化に貢献した……
と思われていたが、そこは外道な彼のこと。実は彼女に「超進化したら全ての感情が失われて蛮野の操り人形になるプログラム」を仕込んでいた事が判明。こうして超進化態となったメディックを支配下に置き、彼女を事実上の人質にしてロイミュード側のリーダーの座を奪った。
それと同時にゴルドドライブが超進化態と同等の力を持っている事から「約束の数」に名乗り出るが、ハートの指示でブレンが行方をくらましていた事から「第2のグローバルフリーズ」を起こすことは出来ず、ブレンの捜索に乗り出した。

第43話でも相変わらずの外道っぷりを披露しており、報告が遅いと言う理由だけで死神を足蹴にしそれを庇ったハートに暴行を加え、その挙句に同話終盤でのドライブとの戦闘ではメディックの件で自分に逆らえないハートを盾の代わりに使用しドライブの必殺技を受けさせると言う蛮行を行った。
更に同話では、004に蛮野の支配下に置かれるプログラムを仕込んでいた上に、彼に死の寸前のクリムをコピーさせていた事も判明。密かに手に入れていたクリムの頭脳によってバンノドライバーや後述の装置を作成していたのだった。これにはクリム本人も「どこまで私を利用すれば気が済むのだ!」と激昂している。

そして、第44話では004が製作した4体の超進化態のエネルギーを蓄積する装置『シグマサーキュラー』を用意して、自らの元へ下ったブレンを含めた超進化態や下級ロイミュードを伴い「約束の地」へ赴き第2のグローバルフリーズに臨んだ。サーキュラーは蛮野曰く「グローバルフリーズを引き起こす際のロイミュードの負担を減らす装置」らしいが……?
当然それには裏があり、サーキュラーは「蛮野1人がグローバルフリーズを起こし世界を支配する為の装置」であること、エネルギーを蓄積した後に発生する過剰エネルギーの逆流の受け皿としての役目を果たす様、第42話でメディックの身柄を預かった際に彼女にプログラムを仕込んでいた事も判明。どこまでも他人を使い捨ての道具にしか思っていない事が改めて描写された

なお、この際メディックをその対象にしたのは「メディックがいなくなればロイミュードは回復出来なくなり、自分に逆らえなくなる」という非常に厄介ながら合理的な考えに基づくものであった。恐らく最初にメディックの肉体を支配しようとしたのもこの考えに基づいていると思われる(この光景を目の当たりにした剛は、彼を『本物の悪魔だ』と称した)。

そして、その策略は見事に成功しその為にメディックは死にかける。だがブレンの捨て身の策によって後一歩の所でメディックが生き延びると、一人狂ったように笑い続けていた。
蛮野の野望は打ち砕かれたかのように思われたが、実はそこは「約束の地」などではなく、単に蛮野が他の超進化態のエネルギーを得るための「儀式」の場に過ぎなかった事が発覚。必要な条件が揃った事でシグマサーキュラーを手にし、自らが離脱した後邪魔者を纏めて葬るべく彼らを電磁フィールドで拘束して配下である004を自爆させた。なお、彼らは剛によって助けられており004のみ死亡した。
剛の行動がなければブレンの行動が無駄になるところだったのが、高笑いしていた理由と思われる。

そして第45話にて「約束の地」として、グローバルフリーズの跡地に建てられた「特防センタービル」をハートメディックを除く9体の内6体のロイミュードを配下に従えて占拠(このロイミュード達は蛮野によってプログラムを書き換えられていることが第46話にて判明)。同時に特状課や仮面ライダー達の介入を防ぐために残りの3体にドライブピットを襲撃、破壊させた。
その後何とか体制を立て直してセンタービルに突入を図った仮面ライダー達を迎え撃ち変身を解除させる。そしてその場でセンタービルの職員を配下のロイミュードたちが襲う所に立ち会うと、人間をデータへと変化させるところをライダー達に見せつけた。

そこで明かされた彼の真の野望は、全人類をロイミュード同様にデータ化して自分が統制者として管理し、世界を自分の支配下に置くことだと判明(データ化された人間は蛮野の許可が無ければ肉体が持てなくなり、実質的に蛮野の支配下に置かれる事になる)。グローバルフリーズを起こそうとしていたのは、重加速領域内では全人類の探知が容易になるためであった。またそのためにシグマサーキュラーにセンタービルのエネルギーを与え、完全覚醒した「シグマ」の力を用いて野望を成就させようとしていた。

その野望を聞き、自身を「化け物」と呼んだ剛を「自分が作ったものの中でお前が一番不出来だった」と逆切れして始末しようとするが、彼を打倒する為に立ち上がったハートとメディックにより剛は救出。仮面ライダーとの共闘を選んだ彼ら5人との最終決戦へと突入した。

前述の救出活動の際にダメージを負っており全力を出せなかった剛のデッドヒートマッハを圧倒し、変身解除に追い込んで止めを刺そうとするが、チェイスに妨害されたために「裏切り者の出来損ないが!!」と口汚く罵り猛攻を加え、そのドライバーを破壊。
残されたシンゴウアックスで「醜く死ぬがいい!!」と叫びながら今度こそ剛を始末しようとするが、魔進チェイサーへと変身したチェイスの捨て身の行動によりまたしても剛を救われた上、咄嗟の反撃でダメージを与えられる。更に怯んだ隙にチェイスの最後の突撃を食らい組み付かれ、刺し違えるつもりの自爆に巻き込まれた。

しかし続く第46話では、ダメージを負った様子もなく立ち上がり、チェイスの最期の行動を「無駄死に」と侮辱。それに激昂して再び変身した剛を圧倒する。
しかし、シグナルチェイサーで剛が更に変身した仮面ライダーチェイサーマッハにより形勢逆転。性能上では勝るゴルドドライブだったが、激しい怒りによってシステムの力を引き出した剛に激闘の末撃破され、006の肉体も破壊された。
それでもまだ辛うじてドライバーの機能停止はしておらず、シグマ覚醒時の重加速発生の混乱に乗じてデータの再構築を図ったがそれすらも剛に見咎められ、最期には「偉大な私の頭脳をこの世から消してはならない!!」と醜く命乞いをするも、シンゴウアックスの一撃を受けて破壊され、遂に完全な消滅を迎えた。

配下である004や自身の家族でさえ道具として切り捨て他者の生命を弄んだ蛮野であったが、最期は散々利用してきた実の息子とロイミュードによって引導を渡されるという、因果応報の結末を迎えたのである。

『type TOKUJO』では本編前の状況が描かれている、タブレットに閉じ込められた後にもデータを介してネットワークで行動しており、ネットワーク上に人間の脳をアップロードしネット内を自由に行動する「アニマシステム」を研究していた小田桐教授に関心を持ち接触を行っていた。ブレンの発言によるとグローバルフリーズにおける騒ぎでハート達の意識がそちらに集中している隙に、アニマシステムを利用し小田桐教授に寄生し、生身の肉体を得て脱走する予定だったらしい。しかしグローバルフリーズが要因で小田桐教授が死亡、体を得る事ができなくなり計画は失敗しその事についてブレンに皮肉られている。ちなみにこの計画が成功していれば当然生身のため本編のように自らを超進化態として策略に利用できない為、本編で剛を利用したりロイミュードを介した作戦もこの件の失敗があった事が推測される。

余談

  • 同作品における非道な悪役の代表格としてメディックが挙げられるが、彼女が行ってきた数々の悪行も元を正せば全て敬愛するハートへの忠誠心ゆえの行動であり、更にその残忍な性格も自らの能力による副作用によるもので元々は慈悲深い性格であった。

しかし蛮野は生前から極めて自己中心的な性格であり、直接的、間接的を問わず数々の惨禍を引き起こし、最期まで自身の行いを悔いる事なく散っていった様は、クリムやハートが言うような「悪魔」と言っても差し支え無いだろう。

  • 平成ライダーにはマッドサイエンティストと呼ばれる人物が多く存在し、物語の中核、或いはラスボスとして登場するケースが多いが、そんな彼らの多くは、独善的とはいえ家族のための行動であったり、自分の研究や信念に誇りや自信を持っている傾向があったのに対して、彼には家族への情がない(自分から切り捨てたとはいえ剛への命乞いの際にすら自分の頭脳の喪失だけを述べており、親子であることに一切触れていないほど)、クリムの研究や頭脳を率先して利用など、自分が支配するためならば手段を選ばない自己中心的な面が強い。

  • 彼がいつ頃からこのように歪んだ人物になったのか、それとも生まれつきこのような狂気の人物だったのかは不明なのだが、結婚して二児の親となっていること、クリムとは友人だったことから少なくとも外面は良かった様子。ただし、タブレット時には理知的な人物として振舞っていたことから、本性を隠していた可能性も高い。

  • 作中では専ら004含めてクリム頼りな一面が見られるが、ロイミュードに対し細工や改造を施していることを考えると、彼も十分優秀な科学者であるということは間違いない。そればかりか、策を巡らせて、仮面ライダー、警察組織、ロイミュードを相手にし、ほぼ、彼の思惑通りに物事を運んでいる。頭脳が優れているというのは本人の戯言という訳ではないようだ。

  • 世界は自分のもの、他人を見下す、自分に絶対の自信を持っているなど如何にもプライドが高そうな人物だが、あまりそういった面で怒っている様子は見られない。むしろ、見捨てられそうになれば縋り、クリムの研究を積極的に利用し、タブレット時は冷静な人物として協力していたことを見ると、自分の利になるのなら平気で捨てられる厄介なタイプらしい。

  • 初変身を遂げた際「これからは、ゴルドドライブと呼べ!」と高らかに宣言するも、面と向かって蛮野をそう呼んだのはチェイスのみ。しかも「ゴルド」呼びであり、結局のところ「ゴルドドライブ」と呼んでくれた人物はいないままだった。彼のいないところでベルトさん及び沢神りんながゴルドドライブの名を用いているが、蛮野本人ではなくあくまで変身形態を指して呼称していたようである。001といい突然の改名は受け入れられない風潮にあるようだ。

  • プレミアムバンダイにて「バンノドライバー」が発売された。ゴルドドライブへの変身などが出来るほか、大量の蛮野ボイスを収録している。公式でも第46話シーンの再現を推しており、商品ページやPVには必ずシンゴウアックスが登場し\マッテローヨ/と死のカウントダウンを迫っている(一応、乱暴な遊びをしないでくださいとの注意書きもあるが)。

なお森田氏は40代である為、十数年後に成人することになる2児の子供を持つという年齢設定についても然程違和感はなくマッチングしていると言える(蛮野が存命であったのは15年前)。

  • 第45話にてチェイスが蛮野の攻撃でドライバーが壊れた際に言った「なん…だと…」という台詞が、森田氏が主人公を演じる森田氏主役の某作品でよく使われるフレーズのため中の人ネタなのではと言われた事もある(実際には26話などでも口にしているため、おそらくは偶然の一致)。
因みに沢神りんなの演者もその某作品の舞台版でヒロインを演じた事がある。

  • 仮面ライダードライブ超全集のインタビューによると、チェイスに霧子を守るようプログラミングするなど初期設定では家族を思う面もある人物だったそうだが、結局ボツになったらしい。

関連タグ

仮面ライダードライブ 
ゴルドドライブ ロイミュード シグマサーキュラー ロイミュード004
詩島剛 詩島霧子
クリム・スタインベルト メディック(仮面ライダードライブ) ロイミュード006
ハート(仮面ライダードライブ) ブレン(仮面ライダードライブ) ロイミュード001

マッドサイエンティスト 全ての元凶 吐き気を催す邪悪(特撮系) 外道

似たような東映特撮の登場人物

仁良光秀…同作で同じく「最低の人間」と蔑まれた人物。
ビルゴルディ…『主人公の姿を模倣した悪の戦士に変身』『日曜朝8時台』などが共通するが、何よりも演者さんが元ライダーだった。
真木清人戦極凌馬…歴代仮面ライダーのマッドサイエンティスト達。ただし真木はバースドライバー、凌馬は戦極ドライバーなど、人類側に貢献する発明を行っている。
コウガネ…『全ての元凶』『黄金のライダーに変身』繋がり
檀正宗/仮面ライダークロノス・・・・こちらも実の子供を道具扱いすると言った点が共通する。

以下、マッハ夢想伝のネタバレに付き閲覧注意‼





































「復活!!ゴルドドライブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー‼」

第46話で完全に引導を渡されたと思われていたが、万が一自身の人格プログラムが消滅した時の保険として、かつてロイミュードのコアの開発の理論を提供してくれた人工知能・ヒュプノスの中に自身の復活プログラムを密かに忍ばせていたことがドラマCD『マッハ夢想伝』で明らかにされる。

そしてチェイスのコアを復活させようとヒュプノスの協力を剛を利用して自身の人格プログラムデータを収集し、ゴルドドライブの姿として彼の精神世界で復活。

かつて自身の考えを否定し、抵抗し続けたヒュプノスに対して、自身に逆らったという理由で失敗作と称して散々罵倒した挙句にハートと同じく拷問紛いの攻撃を加え彼を削除したり、剛への復讐として散々に痛めつけたり等、相も変らぬ外道っぷりを発揮し、最終的には剛を殺した後に現実世界へと進出して実体化を果たして完全復活し、今度こそ世界を支配しようと目論んだ。

しかし、彼の復活のからくりを既に見抜いていた剛の一計により、復活プログラムは消去され、さらにヒュプノスの復活まで許してしまうという失態まで犯してしまい、最後はヒュプノスとチェイスの力で再び仮面ライダーチェイサーマッハに変身した剛の前に成す術もなく、再び同じ方法で敗北したことに驚愕と戸惑いの叫び声を上げながら爆散。今度こそ本当に完全に引導を渡された。

pixivに投稿された作品 pixivで「蛮野天十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213777

コメント