ピクシブ百科事典

仮面ライダーマッハ

かめんらいだーまっは

『仮面ライダードライブ』に登場する2号ライダー。
目次[非表示]

「追跡、撲滅、いずれも・・・マッハ!! 仮面ライダー~~~マッハ!!」

声:稲葉友

概要

フリーのカメラマン詩島剛マッハドライバー炎シグナルバイクを用いて変身する新たなる仮面ライダー
ドライブをモチーフにしていたのに対し、こちらはバイクがモチーフとなっている。

開発者はベルトさんことクリム・スタインベルトの恩師であるハーレー・ヘンドリクソン博士。
劇中の描写から、開発当初はアメリカで活動していた模様。

活躍

MOVIE大戦フルスロットル』で先行して登場。
11話でシルエットのみの姿で登場し、巨大スパイダーロイミュードボルト・ゴースト)に襲われていた霧子を救出。
第12話からガンマン・ロイミュードたちを追いかけて本格的に登場した。

戦闘スタイル

ドライブが戦況に応じてタイプやタイヤ、武器などを使い分けて戦うのに対し、マッハは専用銃「ゼンリンシューター」を使用した銃撃戦闘がメイン。
ベルトはドライブドライバーのように意志を持ってはいないが、その代わりにAIによる補助機能が装備されている。

身軽さを活かした格闘戦も得意としており、ゼンリンシューターをグローブ代わりにした強力なパンチを繰り出すこともできる。劇中ではドライブの背中に攻撃を当てて飛ばすという使い方も見せた。
また、重加速制御装置のリミッターを解除することでロイミュードと同じように重加速現象を引き起こすことも可能である。
またガンマンロイミュード戦では背中からエネルギーを噴射する事で短時間であるが飛行していた

戦闘能力は設計上ドライブを上回るが、その反面変身者である剛へかかる負担が大きいため、変身時間が限られている。
ハーレー博士はその負担を改良する研究をしていたが、改良される前に剛は来日してしまった。剛によれば一応以前よりは活動限界時間が伸びてきているらしい。

オーバーフローを回避するために、頭部のマスクについているイノベイトバイザーを展開し全身の余剰エネルギーを強制排気することが可能。通常は戦闘後に行われる。
ドライブがロイミュードを倒した際そのコアごと破壊するのに対し、マッハはロイミュードを撃破して出現したコアをその都度破壊している。どうやらプロトドライブと同じくコアまで一度に破壊することはできないようだ(それを補う為の射撃武器とも考えられる)。

加速機能を使用すれば、ファイズアクセルに匹敵するスピードを出すことができる。

【14話】どらいぶ感想らくがき


詩島剛が派手な演出を好んでいることもあり、変身後には必ず名乗りを入れる(上述の通り変身時間は限られているのだが)。
ロイミュード096との戦いではこの名乗りの隙を突かれて攻撃されたにも関わらず改めて名乗り直し、その間に逃げられてしまった(本人曰く「俺に隙は無かった」)。そのため、さすがにそれ以降の096との戦闘では名乗りを省略している。
また、初登場時にはシフトカーアメイジングサーカスを使ってショーまがいのパフォーマンスをしていた。


シグナル交換

ドライブのタイヤ交換とほぼ同様の能力。
シグナルバイクを入れ替えることで右肩のシグナコウリンに標識をイメージしたシンボルマークアビリティクレストが出現、ゼンリンシューターに特殊能力を付加することができる。
それぞれ名称はコウリンシグナル○○のように変化する。
なお、シグナルバイクをセットした時には、仮面ライダー1号の変身時と同じSEが入る。

  • マガール
シグナルマガールのシグナルバイクでシグナル交換した姿。
弾丸の軌道を自在に曲げることができ、物陰に隠れた相手も攻撃することができる。

  • キケーン
シグナルキケーンのシグナルバイクでシグナル交換した姿。
サメと弾丸を合わせたような姿の魔獣を呼び出すことができる。某ゲームの敵キャラクターによく似ている

  • トマーレ
シグナルトマーレのシグナルバイクでシグナル交換した姿。
STOPマークのような形状の、スタン効果を持った防御壁を打ち出す。
そのほか、ゼンリンシューターのビートマッハーで使用してタイプデッドヒートの暴走を止めた。

  • カクサーン
シグナルカクサーンのシグナルバイクでシグナル交換した姿。
発射した弾丸を任意のタイミングで散弾のように分裂させることができる。

タイヤ交換

上記シグナル交換以外にも、シフトカーをマッハドライバー炎に装填することでドライブと同様にシフトカーの能力を行使可能。
その際ドライブが対応したタイヤを装着するのに対し、マッハは肩のシグナルが各シフトカーごとにドライブドライバーに表示されるパターンと同じマークに変わる(玩具「TKシリーズ」では実際にドライブのタイヤを肩に装着する形式)。

  • モエール
マックスフレアでタイヤ交換した姿。
火炎弾を放つことができる。

  • アラブール
ランブルダンプでタイヤ交換した姿。
ドライブ同様ランブルスマッシャーを装備可能。
右脚にも装着できどこかで見たようなキック技を繰り出す。

  • マゼール
スピンミキサーでタイヤ交換した姿。
ゼンリンシューターからコンクリート弾を飛ばして敵に付着させ、ドライバーを連打してコンクリートを固め、敵の攻撃や行動を防ぐ。
春休み合体1時間スペシャルで使用し、カメバズーカの砲口を塞いで自爆させた。

  • ナオール
マッドドクターでタイヤ交換した姿。
駆けつけた霧子がデッドヒートマッハに装填した。
ヒッサツを発動するとドライブと同様に激しい苦痛が伴う。

必殺技

  • キックマッハー

ベルトで発動する必殺技。所謂ライダーキック
劇中ではシグナルマッハとキケーンで使用した他、ランブルダンプを装填した「アラブルキックマッハー」を発動した。

  • ヒットマッハー
ゼンリンシューターの射撃必殺技。
基本的にゼンリンシューターにシグナルマッハを装填して発動する。
シグナル交換をしていればその後ドライバーのスイッチを操作して特殊効果を付与できる。
劇中ではカクサーンとキケーンで使用(玩具CMではマガールも使用)。
効果を加えないパターンは『スーパーヒーロー大戦GP』で披露している。

  • ビートマッハー
ゼンリンシューターの打撃必殺技。
基本的にゼンリンシューターにシグナル交換用のシグナルバイクを装填してゼンリンストライカーを回転させて発動する。
そのためドライバー側を操作せずとも効果が直接発動する。
劇中ではトマーレとカクサーンで使用。

一度シグナルマッハを装填して発動したことがあるが、進ノ介に呼び止められ不発に終わった。
最終話と『シークレット・ミッション type Lupin ~ルパン、最後の挑戦状~』ではドライバーにシグナルマッハを装填した状態で発動。
両者はおそらく装填する対象が異なるのみで技自体は同じと思われる。

  • マッハマグナム
ガンバライジングオリジナルの必殺技。その場で力を抜きながら軽く跳ね、着地と同時にいきなり高速移動。一瞬で間合いを詰めて飛び膝蹴りを放ち、相手を吹き飛ばす。そして、吹き飛ばされた方向に高速で先回りし相手をさらに弾き飛ばし、そのまま円周しながらパンチ、キックで先回り→吹き飛ばしを続け、最後は腹部に強烈な蹴りを放ちフィニッシュ。

  • ルート・ザ・マッハ
ガンバライジングオリジナルの必殺技。まずは高速で突進してゼンリンシューターのパンチを食らわせる。その流れで今度は相手の腹部に攻撃を叩き込み、空中に吹っ飛ばす。勢いで自身も宙に舞い、回転しながら銃弾を無数に発射。最後に落下しながらトドメの一撃を放ち、相手の爆発と共に着地。

  • カクサンリベレーション
ガンバライジングオリジナルの必殺技。ゼンリンシューターから数発の銃弾を放ち、ブーストイグナイターを押して銃弾を大量に拡散させる。相手は銃弾を食らって大爆発。

強化形態

第17話より登場。ドライブと兼用のフォームだが(⇒タイプデッドヒート)、物語が進むにつれマッハの使用頻度が上がり、マッハの強化形態という扱いになっていった。
そして第24話では変身者である剛自身の成長により更なるパワーアップを遂げた。

第46話より登場。仮面ライダーチェイサーチェイスが遺したシグナルチェイサーを用いて変身した姿。マッハとチェイサーのパーツが混在した姿をしている。
本来シグナルチェイサーはチェイス以外には使用出来ないはずだったが、剛の思いが通じたのかそれを可能とした、まさしく奇跡の変身が生み出した存在と言える。
その為か、公式ではマッハとは別のライダーとして扱われている。

小説 仮面ライダードライブ』で登場。
シフトバイラルコアを用いて変身した姿。チェイサーマッハより更に融合した風貌である模様。

搭乗マシン

ライドマッハー

マッハの搭乗するバイク。
魔進チェイサーの専用バイクであるライドチェイサーと合体することでライドクロッサーに変形することができる。
動力源はコア・ドライビア-Rが搭載されており、車体前部には砲撃装置『サドゥンイレイザー』が装備されている。

余談

その外見や変身者の名前から「マッハGoGoGo」を連想する人も居るとか。

実際のモチーフは外見と変身に使用するシグナルバイクの形状からして白バイの可能性が高い(その場合は警察車両をモチーフとしないドライブとモチーフの逆転が起きる)
なお、マッハドライバーの変身待機音には『レッツゴー!ライダーキック』のイントロのアレンジが使われている。

ガンバライジング

ナイスドライブ2弾にマクドナルドハッピーセット付属のプロモカード(レアリティはN)で先行登場した後、
ナイスドライブ3弾から正式に登場。通常形態とデッドヒードマッハの同時参戦。
ND3弾ではLR、LREX、SRと高レアのみ。
ND4弾でもうち3枚はSR、CPと相変わらず高レア尽くしだが、一応低レアも1枚(N)ある。
ND5弾では高レア収録はなかったが新たなタイプである『ブレイブ』の一枚として登場。
BK1弾では進兄さんがSRを獲得している中唯一低レアのみの収録となった。チェイサーマッハの収録を期待したいところである。

何故かゼンリンシューターを使う事はほとんどなく、ほぼ低レアの下位技かカクサーンの専用武器みたいな扱いとなっている。

ライダー全国対戦では・・・

中でもND3弾LR(EX)の表アビリティ(※1)がとてつもなく強力であり、ライダー全国対戦(オンライン対戦)ではND1弾シフトバーストCPドライブと並び、定番デッキとして猛威を振るっている(しかも次弾では同じような効果(こちらは2番目指定でカードを出すとテクニカルゲージアップ)でブレイカータイプのSRのデッドヒートマッハも存在する。こちらもバースト効果のアビリティ封印も相俟って使用頻度が高い)。
対策としては、大抵前述のCPドライブと共に使用されることが多い(通称:ドラマッハデッキ(もしくはマハドラデッキ)※2)ので普通のデッキではほぼAPバトルやテクニカルバトルには勝てない。そこを逆手に取り、あえてAPバトルを捨て、5弾SRバロンレモンエナジーアームズ、ND2弾のNギルス、ND3弾のCPBLACKのようにAPバトルに負けるとテクニカルゲージを伸ばしたり、相手のテクニカルゲージを加速させるアビ持ちや、オーバーチャージ狙いでND4弾のLR(EX)ドライブフォーミュラやND5弾のLRギャレンのような1ラウンド限定でAPやテクニカルゲージをアップするアビ持ちを入れれば、後半逆転を狙えるので出来ればチームに入れておきたい。バトルチップはカウンター発生率アップや相手のテクニカルゲージを加速するバトルチップを装備する(重複で2、3個装備すれば尚有効)のが有効である。(ここに記述するのはあくまで一例、他にもブレイカーのバースト効果である相手のアビ封印等、対抗策は色々ある)
尚、バッチリカイガン弾よりフィニッシャーのバースト効果に『ライダーガッツ率ダウン(チェインの後だと超ダウン)』が加わってしまった為、更に脅威となってしまった。
バッチリカイガン2弾より遂にメタカードであるVR(バーサスレア)魔進チェイサードライブとマッハのアビリティ発動の封印)が登場したので注意。

※1 1番目指定でカードを出すテクニカルゲージテクニカルゲージのスピードがアップ(但し後者は自分のチームも対象となる為、それなりの腕が必要となる。もしも自信がなければテクニカルゲージスピードダウンのアビ持ちのライダーと組むかバトルチップを装備するのがいいだろう)。

※2 オンライン対戦のイベント『ナイスドライブGP』の『全国最強決定戦』でのランキングではほぼこのデッキで埋め尽くされるという有様だった。

バトライド・ウォー創生

今作よりプレイアブルキャラクターとして参戦。原作通りシグナルバイクの交換による多彩な技を持ち、十字キーの追加入力により技を変化させられる。超必殺技でデッドヒートマッハとなり、高速の格闘攻撃が可能になる。

関連タグ

仮面ライダードライブ ドライブサーガ 小説仮面ライダードライブマッハサーガ マッハ夢想伝
詩島剛 ネクストシステム 
シグナルバイク マッハドライバー炎 ゼンリンシューター ライドマッハー 

2号ライダー バイク

仮面ライダーアクセル・・・・同じくバイクがモチーフの2号ライダー。
仮面ライダースーパー1・・・・変身ポーズや開発者の演者に共通点のあるライダー。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーマッハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1479149

コメント