ピクシブ百科事典

魔進チェイサー

ましんちぇいさー

魔進チェイサーとは、『仮面ライダードライブ』に登場するロイミュードの1体で、ドライブのライバルキャラクターである。
目次[非表示]

『ブレイク・アップ…!』
「俺は魔進チェイサー。ロイミュードの番人……同時に、死神だ!」

声:上遠野太洸
スーツアクター:今井靖彦

キャラクターの詳細はチェイス(仮面ライダードライブ)を参照。

概要

死神の異名を持つロイミュード殺し屋チェイスが専用のアイテムである「ブレイクガンナー」を用いて変身した姿。
ロイミュードの進化の邪魔をする敵を排除し、時には目に余る行動を起こすロイミュードを破壊する、文字通り「番人にして死神」である。

チェイサー(追跡者)の名前を冠する通り、そのバイクの運転テクニックは相当のもので泊進ノ介曰くカーチェイスを彼と競えば、振り切るのは困難だと言わしめる程。

バイクのパーツがバラバラにくっついたような骸骨のようにみえる外見をしており、仮面ライダーのような複眼を持つが、右目は隠れている。

胸部のエンジン「コア・ドライビア-0」を高稼働させることで重加速を引き起こす事ができる。
後にメディックの改造により超重加速も使えるようになった。

変身に専用のアイテムを用いる、装甲を纏う様に変身するなど、その変身プロセスはロイミュードよりも寧ろ仮面ライダーのそれに近い。
それだけでなく専用のバイクに乗るなどドライブ以上に仮面ライダーらしいとまで言われていたが…

チェイスの怪人態プロトゼロ、ロイミュードとは別の存在に変身した姿が魔進チェイサー……というのがほとんどのファンの認識であった。
しかし本人が「俺も強化ロイミュードだ」と言っている(実際魔進チェイサーの装甲が強化ロイミュードの体組織サンプルとして使用できた)ため、実際のところは「チェイスはロイミュードとして二つの姿を持っている」という解釈の方が正しいようだ(厳密には「プロトゼロ」が真の姿で「チェイス」が人間に擬態した姿だが)。
より正確に言うなら、プロトゼロの身体に強化ロイミュードの装甲(おそらく試験運用型)を纏うと考えれば色々説明出来る。

スペック

基本形態

身長202.5㎝
体重112kg
パンチ力7.3t
キック力12.2t
ジャンプ力ひと跳び24m
走力100mを6.9秒


武装チェイサー

体重127.0kg
パンチ力スパイダー:8.6t・コブラ:8.1t・バット:7.5t
キック力12.5t
走力100mを7.1秒


使用ツール

ブレイクガンナー

主要武器及びチェイスから魔進チェイサーへの変身アイテムとして使用する拳銃型ガジェット。
マズルを押し込むことで「ブレイクアップ」の音声と共に変身する。
近接戦闘用の「ブレイクモード」と遠距離攻撃用の「ガンモード」の2種類のモードを持ち、変身時同様マズルを押し込むことで切り替える。
また、上部の 『バイラルランディングパネル』 にバイラルコアシフトカーを装填する事で、それぞれに応じた武装や能力を使用できる。
第21話~22話では、超重加速を発生させるのにも用いている。

ちなみに、敵怪人側のキャラクターの武器であるのにも関わらず、バンダイから「変身拳銃DXブレイクガンナー」という商品名で発売されている。

チェイサーバイラルコア

第5話でブレンからチェイスに渡された3つのバイラルコア。通常のバイラルコアと異なり、メインカラーが明るい銀色になっている。
武装チェイサーの装備を使用するのに使用する他、自分で動く(第21話でバットバイラルコアに飛行能力が確認されている)事も可能で第21話でシフトカーのように敵を探索する用途でも使用される。
46話での対ゴルドドライブ戦ではチェイサーマッハとなった剛の援護に登場した。

ライドチェイサー

チェイス専用のバイク。トライドロンに追随できるほどのスピードを持つ。
なおロックマンXに登場する同名のマシンとは無関係。
仮面ライダーマッハのライドマッハーと合体する事で「ライドクロッサー」へと変形する。
当初はマッハの操作権が優先されていたようだが、メディックに再洗脳され自身の過去を否定しなくなってからはチェイサー側からも合体・制御を行う事が出来る様になった。

武装チェイサー

ドライブにおけるタイヤ交換に相当する能力。
ドライブのシフトカーに相当する専用アイテムである「チェイサーバイラルコア」をブレイクガンナーに装填しノズルを押すことで、「チューン チェイサー○○」の音声と共に武器が装備される。
強化武装した状態はいずれも「武装チェイサー○○」という名称となり、切り替えを行う時は同一の武装が変形してそれぞれの形態に変化する。
武装は背中の「サーキュラーダイナミクス」にあるコネクターと接続され、ここからエネルギーが供給されている。

それぞれの状態でブレイクガンナーのマズルを押し込むと必殺技が発動する。
必殺技名は「エグゼキューション○○」となる。
(例:「武装チェイサースパイダー」→「エグゼキューションスパイダー」)

ファングスパイディー

チェイサースパイダーバイラルコアを使って装備する、超硬化金属を削りだして作られた、蜘蛛を模したクロー型の武器。
クローの先端でエネルギーをスパークさせ、刺した敵を内部から破壊することが出来る。盾として使うことも可能だが、パワーで勝るタイプワイルドダンプの必殺技は防ぎ切れなかった。

ちなみに大きさは異なるが「重甲ビーファイター」に登場するライバル戦士ブラックビートの使用武器「スティンガービュート」と同タイプに見える。

エグゼキューションスパイダー:先端にエネルギーを纏わせ、それを飛ばすかそのままぶつける。

テイルウィッパー

チェイサーコブラバイラルコアを使って装備する、特殊な液体金属によって作られた、コブラを模したムチ型の武器。
硬度を自在に変化させることができ、相手に打撃を加えたり巻き付けて締め上げるなど多彩な攻撃が可能。

エグゼキューションコブラ:チェイサーの腕から分離し、まさに蛇のごとく相手に何度も襲い掛かる。

ウィングスナイパー

チェイサーバットバイラルコアを使って装備する、蝙蝠を模した弓型の武器。
高密度のエネルギーニードルを射出して攻撃する。さらに装備を背中に戻すことでロイミュード(バット型)が持つそれと同型の翼を展開して飛行する事も可能。

エグゼキューションバット:背中に装備して加速しながらのキックを放つ。
ブレイクガンナーの玩具CMでは劇中未使用の射撃タイプも披露している。

デッドリベレーション

全てのチェイサーバイラルコアを連続使用する事で変形する形態。
上記3つの武装を組み合わせた形状をしている。
発動時はブレイクガンナーからは発声せずチェイサー自身がトリプルチューンの掛け声とともに発動する。
エグゼキューションは劇中未使用。

シフトカー

ブレイクガンナーを通してシフトカーの能力も使用する事ができ、第5話ではマックスフレアを奪い火炎弾を発射する能力を見せた。第21話ではメディックによって洗脳されたタイヤ交換用のシフトカーからバーニングソーラー(太陽エネルギーを射出する)とファンキースパイク(棘を連射して攻撃する)を使用している。
逆に16話ではこの互換性を逆手に取られ、強制的にデコトラベラーを装填されたことで演歌演出に巻き込まれてしまい、一時的に行動不能になった。
23話では、霧子がマッドドクターを装填し、瀕死の重傷を負っていたチェイスを治療するのに使用している。
30話では、チェイスがシフトスピードプロトタイプを装填することで、自分の過去をビジョンとして投影している。

再登場

仮面ライダーチェイサーに変身するようになってからは、長い間登場していなかったが、第45話でゴルドドライブの攻撃によりマッハドライバー炎が大破してしまったことにより変身。ゴルドドライブの攻撃から詩島剛を庇うが…。

スーパーヒーロー大戦GP

終盤に行われた「ライダーグランプリ」に刺客として登場。放送中の作品の幹部が春のスーパーヒーロー大戦シリーズに出るのはシュバルツ将軍に続いて2人目である。
ライドチェイサーを駆使してドライブを追い詰めるものの、ドライブに加勢すべく乱入してきたRXライドロンの猛攻を受け、あっさり退場してしまった(生死は不明)。

なお、ショッカーの手下になっていたことから、恐らくロイミュードもショッカーの軍門に下っていたと思われる。

仮面ライダージオウ

「仮面ライダーと一緒にするな。俺は死神。仮面ライダーなど凌駕する!」

EP47より登場。(時系列的には夏映画の後と思われる)
「仮面ライダーのいない世界」から出現(ウォズによると、ソウゴドライブウォッチを継承していた事により、仮面ライダードライブがいない状態でドライブの歴史が解放されたため、チェイスを始めとするロイミュード達も倒されなかった事になっており、今回現れたチェイスはマッハこと詩島剛の事も知らなかった)したため、 仮面ライダーチェイサーではなくこの魔進チェイサーの姿で登場する。

ライドウォッチの破損により各ライダーの歴史が開放され、世界の破滅が進む中で下級ロイミュード(ナンバーなし)や初級インベスマスカレイド・ドーパントらを率いて出現。その場で別の怪人と戦っていたゲイツウォズに立ちはだかる。重加速やデッドリベレーションを披露しながら両者を翻弄し、原典からでは考えらない程の謎の異常に強大な力でゲイツリバイブ疾風ウォズギンガワクセイフォームを変身解除に追い込む(とは言え2人はボロボロになっているわけではなく、無限に再生する怪人達との戦いで消耗していたのもある)。

本編同様に「仮面ライダー」に対して明確な敵意を表しており、それは生身のゲイツに向かって殴りかかるほど。しかし「仮面ライダーは抹殺する」という彼の理念に対し、ゲイツは「存在しないはずの仮面ライダーが何故敵になる!?」と事実と理念の矛盾を指す(ウォズ曰く、「時空の乱れが進んでいる」とのこと)。その問いにチェイスは何も答えられず、直後にゲイツの発した「詩島剛」という言葉に反応し、あるはずのない記憶が蘇り、悶え苦しむこととなる……。

ガンバライジング

2014年11月6日より、ナイスドライブ1弾のEXバトルの相手として登場。
倒すと、ドライブのカードをバーストする時に、ナイスドライブ1弾の時点ではまだ未登場だったドリームベガスフォームチェンジする事が可能になる。

又、ナイスドライブ2弾から遂にプレイアブルキャラとして参戦。(しかもLR&LREX枠での参戦(バースト後はバイラルコアの武装チェイサーも実装)。ガンバライジングで「仮面ライダー」の名を冠していないキャラクターがカード化するのはシャドームーン白い魔法使い以来である(同弾で参戦の黒影トルーパーもそうだが)。
ナイスドライブ5弾ではガンバライジング初となるSCR(シークレットレア)枠で登場(ちなみにバーストすると仮面ライダーチェイサーになる、但し両面既存技なのが・・・)。
バッチリカイガン1弾では上記のSCRが2弾越しでSR落ちした。
バッチリカイガン2弾では『VSライバルセレクション』の一枚として高レアの続投となった(因みにこの一枚、相手にドライブがいる場合必殺技の威力を高める他、全国対戦で定番となっているシフトバーストCPドライブND3弾LR(EX)マッハND4弾SRデッドヒートマッハのアビリティを完全に封じることができる(優勢の時のみだが)メタカードとなっている)。

余談

テレ朝公式サイトでは「ロイミュード」の項目内には魔進チェイサーの姿は見られず、単独で項目が設けられている。このため「『仮面ライダーBLACK』におけるシャドームーンのような敵サイドの仮面ライダーポジションなのではないか」という見方もあったが、上述の「俺も強化ロイミュードだ」という発言や仮面ライダーチェイサーの存在などから、厳密には「仮面ライダーに近いロイミュード」に区分される存在と思われる。

ジオウEP47にて登場した際、「ライダー不在のドライブの歴史」からの出現とあったが、これに則って考えると、先代ドライブのチェイスはドライブにならないままロイミュード000=心優しいロイミュードであり、グローバルフリーズで悪玉ロイミュードたちと戦ったという事実はなくなる。
そうなると、グローバルフリーズでハートに敗れ、ブレンに記憶処理されたという事実もなくなり、魔進チェイサー誕生には繋がらない
これについては、ゲイツが指摘した仮面ライダーという存在に対する認識の矛盾と同様、時空が乱れたことによりあり得ない事象が起こっていると推測できる。

関連イラスト

魔進チェイサーさん
死神



関連記事

仮面ライダードライブ ロイミュード
チェイス(仮面ライダードライブ) プロトゼロ(仮面ライダードライブ)
プロトドライブ 仮面ライダーチェイサー

バイク ダークヒーロー ライバル
仮面ライダーサガアポロガイスト シャドームーン - 同じく仮面ライダーのライバルキャラクター
ブラックビート・・・・こちらも変身道具を持っている主人公のライバル
仮面ライダーエターナル・・・・ジオウEP45、EP46に客演した「死神」。盛大に「死神のパーティータイム」を催すが、もう一人の死神の登場を前に退場。パーティーはお開きとなった。
キラメイ魔進5年後に登場した同じ名前の巨大戦力

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔進チェイサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 821768

コメント