ピクシブ百科事典

マスカレイド・ドーパント

ますかれいどどーぱんと

『仮面ライダーW』に登場するドーパントの一種。従来作の戦闘員ポジションに当たる量産型怪人。
目次[非表示]

人間態CV:三島ゆたか(第13話)

概要

ミュージアム関係者が変身する量産型のドーパント。13話では火野という名前のメモリ売人が変身し、園咲若菜に襲い掛かったが逆に返り討ちに遭った。

メモリは主にに挿す。
その生産コストの低さや運用の容易さからミュージアム壊滅後も、後続作品にて財団Xの戦闘員・研究員らが量産装備として採用している。

masquerade(仮面舞踏会)の名の通り、頭部だけがムカデをイメージした仮面の形状に変化。
胴体は外見上は人間と変わらず、主に黒いスーツを着込む。
身体能力は飛躍的に向上するも、一般ドーパントや仮面ライダーにはだいぶ劣り、生身の人間でも左翔太郎照井竜のように戦い慣れた者なら十分対抗可能。また、普通の拳銃で倒すこともできる。

倒されると、メモリブレイクされず爆発して死亡する。
本編で説明は無かったが、小説Zを継ぐ者』にてメモリに自爆機能が付いていることが語られた。

またルナ・ドーパントブラキオサウルス・ドーパント(後述)はマスカレイドに酷似した姿の分身態を生み出す能力をもつ。


化石兵ボーンズ

風都探偵』第4話「閉ざされたk」より登場。
マスカレイド・ドーパントの酷似した容姿の疑似生命体(と思われる)。それ故なのかときめからは「心が少ししか入っていない」と言われていた。

ブラキオサウルス・ドーパントの体組織である体皮から生みだされる存在で、戦闘能力は低いが、本体から無尽蔵に生みだされるために、その圧倒的な物量による人海戦術は驚異以外のなにものでもない。

なお、知能は低いようだが、簡単な命令なら実行できるため、主に殺兵としての役割も担っている模様。また、倒されるとその場で跡形もなく消滅するようだ。

ちなみにマスカレイド・ドーパントとの見分け方だが、本家が頭部だけが骨とムカデをイメージした仮面に覆われているのに対して、こちらは体の部分にも骨とムカデをイメージしたタイツ(?)のような形状になっているという相違がある。

モチーフはショッカー黒骨戦闘員だと思われる。

余談


関連記事

仮面ライダーW ドーパント ガイアメモリ ミュージアム 戦闘員

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マスカレイド・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5597

コメント