ピクシブ百科事典

ナスカ・ドーパント

なすかどーぱんと

ナスカ・ドーパントとは、『仮面ライダーW』に登場する怪人の一人である。
目次[非表示]

概要

ナスカの地上絵」を思わせる模様が刻まれた、騎士のような姿のドーパント
園咲家婿園咲霧彦が上位ガイアメモリ<NASCA>を使用して変身したドーパント態(本来、ナスカの綴りは「NAZCA」なのだが、このメモリは「NASCA」となっている)。
身長:215cm
体重:112kg

ナスカウイングによる飛翔能力、ナスカブレードによる剣撃、「レベル2」に達すると超加速能力が使用可能。

園咲五大幹部の中では最もスピードに長け、ナスカブレードを使用しての剣技を得意とする。ナスカの最大の特徴はガイアメモリの中でも特に強力な力を秘めており、使用者との適合率にリンクしてその力を段階的に増大させていくという点である。これによって肉体とのリンクレベルを上げていくことで様々な能力が付加されていき、霧彦が到達した「レベル2」では、「ハチドリの地上絵」の翼を出現させることによる飛行能力に加えて、音速に達するほどの超加速能力を得た。

しかし同時にこれらの覚醒した能力に適応して使いこなすにはかなりの素質が要求される。事実、急激なレベルアップに次第に霧彦の身体は付いていけなくなっていき、ガイアドライバーを使っているにも関わらず、ナスカメモリの強化された毒素によってボロボロに侵されていった。(オレノカラダハボロボロダと言ってはいない。ちなみに零距離射撃されたことがある)
毒の影響を受けないようにするためのドライバーが意味を成していなかったことから、ナスカメモリが如何に強大なパワーを持っているかがうかがい知れよう。
その他、手から青い光弾を放つことも可能。

霧彦の死後

メモリは園咲冴子が回収し、ミュージアムを追われた冴子が、ガイアドライバーを介さず「直挿し」で使用、Rナスカ・ドーパントへと変身した。
詳細は当該記事を参照。

T2ナスカ・ドーパント

仮面ライダーW劇場版第2作「運命のガイアメモリ」に登場したナスカ・ドーパント。
風都にばら撒かれたT2ガイアメモリの1本・T2ナスカメモリが引き合った一般住民が変身した。T2ウェザー・ドーパントと共に警官隊を全滅させたが、中身はただの一般人でしかもT2メモリに操られていただけのため当然ながら霧彦ほどの力は引き出せてはいなかった。
ナスカ同様青い体色だが、ガイアドライバーが無いのが特徴。
スーツはナスカのドライバーを除去した物。その後赤色に塗られてRナスカに再改造された。

余談

2014年に行われた『僕たちの「仮面ライダー」ライダー怪人ランキング』では第5位(平成怪人だとン・ダグバ・ゼバに次ぐ2位)。

関連イラスト

ナスカドーパント



関連タグ

仮面ライダーW ドーパント
園咲霧彦 園咲冴子
仮面ライダーナスカ

関連記事

親記事

園咲霧彦 そのざききりひこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナスカ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496511

コメント