ピクシブ百科事典

リアクター・ドーパント

りあくたーどーぱんと

仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント。

概要

風都探偵』の第6話「超人r」に登場するドーパント
裏風都を根城とする謎の組織「街」の準幹部である二階堂守が、「」の記憶を宿す「リアクターメモリ」で変身するドーパント
メモリはアルコールと同じシルバーランクとなっている。

「原子炉」「融合炉」「溶鉱炉」といった、炎以上のとてつもない熱量や高い圧力を内包する存在の記憶により、同じ高熱使いであるヒートメタルアクセルのアーマーが溶解してしまう程の凄まじい熱を放出できる他、両者のツインマキシマムを受けても傷一つつかない極めて強靭なボディも有している。

彼はその能力によって侵入者を排除する他、裏風都で使用される電力などのエネルギーを生産する役割も担っている模様。



だが、ここまでのパワーを実現する分そのリスクも高くつき、一度変身すると人間に戻ってもその超高熱エネルギーが体に残り続け、大抵の者は変身解除と共に焼け死んでしまう模様。
更にボディのダメージ等が嵩む事により、その熱の排出機能が満足に働かなくなると内側からメルトダウンを起こしてしまうという、非常に扱いの難しいメモリである。

二階堂は適合の結果、その超高熱を肉体に宿したままでも生きられるようになった特異体質であり、そのエネルギーを転用する事で、人間時でも目から熱線を出すという芸当を可能にしている。

彼のグラサンやサスペンダーといった装飾品も、燃えてしまわない様特殊な耐熱処理を施した物ばかりであり、変身後は裏風都に建造した専用の冷却装置によるクールダウンが安全上欠かせなくなっている。



再戦時はエクストリームの能力とフィリップの推理により、上記の弱点を見抜いたWの前に劣勢へ追い込まれ、冷却装置もガンナーAに投げ飛ばされ大破してしまう。

プリズムビッカーを用いる必殺技を決められそうになり、近くにいたときめを人質にとり逃げようとするも、一瞬のスキをついて技を切り替えたWにときめを奪い返される。
そしてかのユートピアを倒した「ダブルプリズムエクストリーム」の乱打を食らい、体内の熱暴走が限界点を迎えた事で大爆発しメモリブレイクされた。

その結果、人間に戻された身体には自らの体質でも長くは保たない熱が宿ってしまう。
冷却の術もなく自らの死を悟った彼は、最後の力で(アクセルに敗れ)逃走する部下共々裏風都へのゲートを閉じ、翔太郎達を追い返す事に成功。
最期はオーロラ・ドーパントの傍らで力尽き、彼に看取られながら燃え尽きるのだった。

関連タグ

風都探偵 ドーパント

コメント