ピクシブ百科事典

リアクター・ドーパント

りあくたーどーぱんと

仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント。

概要

風都探偵』の第6話「超人r」に登場するドーパント
裏風都を根城とする謎の組織「街」の準幹部である二階堂守が、「」の記憶を宿す「リアクターメモリ」で変身するドーパント
メモリはアルコールと同じシルバーランクとなっている。

「原子炉」「融合炉」「溶鉱炉」といった、炎以上のとてつもない熱量や高い圧力を内包する存在の記憶により、同じ高熱使いであるヒートメタルアクセルのアーマーが溶解してしまう程の凄まじい熱を放出できる他、両者のツインマキシマムを受けても傷一つつかない極めて強靭なボディも有している。

彼はその能力によって侵入者を排除する他、裏風都で使用される電力などのエネルギーを生産する役割も担っている模様。

関連タグ

風都探偵

コメント