ピクシブ百科事典

フィリップ(仮面ライダーW)

ふぃりっぷ

フィリップとは、特撮ヒーロー番組「仮面ライダーW」の登場人物で、二人の主人公のうちの一人。
目次[非表示]

「さあ、検索を始めよう」
「実に興味深い、ゾクゾクするねぇ」

演:菅田将暉(幼少期:橋本智哉

概要

史上初となる「二人で一人の仮面ライダー」の片割れ。相棒の左翔太郎とは「二人で一人の探偵」でもある。
記憶喪失者であり、本編開始の1年前「ミュージアム」から救出され、以来鳴海探偵事務所の一員となった。

人物

安楽椅子探偵」で「魔少年」。

脳内に「地球(ほし)の本棚」と呼ばれるデータベースが詰まっており、これを駆使して事件解決に貢献している。
この「地球の本棚」は、地球の全てと言っていいほどの膨大な知識量を有しており、フィリップが己の精神世界に意識を潜らせている(検索中モード)状態で、知りたい事柄とそれを絞り込み特定するためのキーワードを指定し検索することで、「本棚」に記録されたそれの情報を「本」という形で知ることができる。しかしフィリップ自身はその内の僅かしか「閲覧」できておらず、常人なら大抵知っている「たこ焼き」や「富士山」といった一般的知識を持ち合わせていなかったりする。
白紙の本を持ち歩いており、この本を用いて検索を行っている(本が無くても検索は可能だが効率は落ちる)。調べた事柄は、事務所のガレージに設えられたホワイトボードに書き込んでいく。

一度興味の対象を見つけるとそれ以外には見向きもせず、寝食も忘れて検索に没頭するが、それでいて、対象の知識を完全に読み終えると掌を変えたように無関心になるという極端にマイペースな性格。その上常識に疎いので、興味を持った出来事に食い付いては突飛な行動を度々起こす。閲覧した知識を活かせる思考力と推理力はあるものの、理屈っぽい上他者との共感性に乏しい(と言うより育っていない)。
かと思えば、翔太郎たちを家族同然に思っていると発言したり、アイドル・園咲若菜のファンだったりと人間らしい面も少なからず見せる。
特に若菜には本人曰く「何故こんなに惹かれるんだろう」という感じであり、若菜がクレイドール・ドーパントに変身しストーカーを倒そうとして戦った時は、手に触れてクレイドールが若菜だと分かった。
若菜にも弟がいると語られていたが…(これについては後述、ただし作品全体のネタバレを含むため閲覧には注意!

「我が家」や「家族」という単語を聞いて動揺した事があり、このキーワードに関しては、記憶を喪失した際の影響か、最初期はそれについて考えようとしただけでフリーズ状態のように失神している。地球の本棚で検索を試みても、自身のそれに関する本には鍵がかかって読めなくなっていた。

組織に狙われていることやフィリップ本人の性格もあり、翔太郎達に比べると外で活動することは少ない。
物語当初は感情が希薄で、浮世離れした所謂変人な部分が目立ったが、語を通じて徐々に人間らしさを会得していく。

容姿

外ハネの黒髪を持ち、右側(向かって左側)が留められている。
基本的には指穴付きカットソーの上にロングパーカーを着用し、クロップドパンツを合わせ、地球を模した飾りのついたネックレスを首から下げている。
なお髪留めに使っているのはヘアピン等ではなく文房具のクリップ(名前にかけたシャレ?)。色やバリエーションも豊富。

ダブル。
フィリップくん衣装カラバリ


ビギンズナイト(後述)時は髪が留められておらず、上下白の衣服を着用していた。

過去と名前の秘密(「MOVIE大戦2010」のネタバレ注意!)

劇場版作品の「MOVIE大戦2010」の第2部「ビギンズナイト」で、第1話冒頭直前の出来事及び彼の過去の一端が明かされた。

とある人物からの依頼で孤島にそびえ立つ高層ビルに潜入した翔太郎と初邂逅。
この時彼は全ての記憶を失っており、「運命の子」と呼ばれ、秘密結社ミュージアム」の管理下で、自分で何も考えることなく言われるがままガイアメモリ開発に利用されていた。

しかし、鳴海荘吉と翔太郎の命懸けの尽力によって救出され、鳴海探偵事務所の一員となった。

また、「フィリップ」という名前は荘吉の愛読するハードボイルド小説の探偵フィリップ・マーロウにちなみ、彼と同じように「自分で考え、自分で決める事が出来るように」と、荘吉がつけたもの。

ビギンズナイト時・本編第1話冒頭にて、フィリップはWへの初変身前に「悪魔と相乗りする勇気、あるかな?」と翔太郎に問いかけているが(その後も時折自らを悪魔と称している)、これにはビギンズナイト時、ガイアメモリ製造に携わっていたことへの怒りを露にした翔太郎から「悪魔野郎」と罵られたことに由来していると思われる。

その正体(本編終盤でのネタバレ注意!)

第15・16話の偽仮面ライダー事件にて匂わされ、終盤にて判明したその正体。
本名は園咲来人(そのざき らいと)
「ミュージアム」の首領である園咲琉兵衛の息子で、冴子若菜の実弟に当たる。シュラウドこと園咲文音は母親。記憶は琉兵衛によって消されていた。

さらに第45話では、12年前地球意思とのアクセスポイント(通称「泉」)に転落して死亡していたという事実が判明。
つまり現在の来人=フィリップは、「地球の本棚」を素に再構成された、いわばデータ人間である。


物語終盤、ガイアインパクトのコントロールプログラムとして若菜に吸収され消滅の危機に陥るが、翔太郎によって精神のデータを取り戻し、肉体のデータもエクストリームメモリの効力によって若菜から奪還された。

しかし一時的とはいえ吸収されたことでデータ人間としての強度が不安定になり、次にWに変身すると消滅してしまうリスクを背負う。
拉致された若菜を助けるため変身を決意し、翔太郎は一時は拒むものの最終的に意を汲んで最後の変身を行った。
そしてユートピア・ドーパント撃破後、存在強度が限界を迎え変身解除と共に消滅。

消滅する前、翔太郎にはロストドライバーを贈っており、いつも使っていた白紙の本には、翔太郎へのメッセージが残されていた…








しかし最終回、消滅後に死んでいった両親や姉達と彼岸で再会・和解し、園咲家の最後の生き残りとなった若菜からは、(翔太郎が漏らす形で)弟の消滅を知ったことにより「私なりのガイアインパクト」としてその命を譲り受ける。
同じく若菜の身体を代価に新造されたエクストリームメモリ内で、人知れず翔太郎を見守りながら約1年かけて肉体を再構成し、この世への帰還および復活を遂げた。

俺…聞いてねぇよお!!



正統続編「風都探偵

復活後も翔太郎の相棒として「二人で一人の探偵」および仮面ライダーとして戦っている。「地球の本棚」による検索も健在。
黒であった髪は漫画化に伴い緑に変更されている。
第9話からに当たる「最悪のm」では、どうもときめと馬が合わず、いがみ合いになってしまうのだが…?

余談

  • 演じた菅田将暉氏は放送開始時点で16歳と6ヶ月13日であり、仮面ライダーシリーズで主人公を演じた俳優としては最年少。(但し「単独主人公」の最年少は天空寺タケルを演じた西銘駿の17歳と7ヶ月12日、そこに野上良太郎を演じた佐藤健の17歳と10ヶ月7日が続く)
  • 本名の"来人"は、仮面ライダーダブルの右側(RIGHT)を司る事からきている。
  • pixiv内でのイラスト投稿数は、翔太郎よりフィリップの方が多い。やはり魔少年である。
  • pixiv内における彼が登場する作品には「フィリップ」タグが用いられている事が多い為、pixiv内で作品検索をする際には「フィリップ 仮面ライダー」で部分検索をする方が「フィリップ(仮面ライダーW)」のみで検索するより多くの作品を閲覧できるだろう。


関連タグ

仮面ライダーW 平成ライダー 
風都探偵

鳴海探偵事務所
左翔太郎 鳴海亜樹子 鳴海荘吉 照井竜 

園咲家 シュラウド

仮面ライダーダブル ファングジョーカー 仮面ライダーサイクロン

さぁ、お前の罪を数えろ!
 
名探偵


※フィリップとはアプローチは違うが、「自分自身のデータ化によりこの世に蘇った」ライダー関係者
広瀬義人 葛葉紘汰 ベルトさん 蛮野天十郎 檀黎斗新檀黎斗/檀黎斗神九条貴利矢

門矢士左翔太郎&フィリップ火野映司

pixivに投稿された作品 pixivで「フィリップ(仮面ライダーW)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 828730

コメント