ピクシブ百科事典

人外相棒(仮面ライダーシリーズ)

じんがいあいぼう

人外相棒とは、主に平成二期の仮面ライダーシリーズに登場する、主人公の相棒かつ人間でないキャラクターのことである。
目次[非表示]

概要

平成二期の仮面ライダーは「主人公に相棒がいる」という設定の作品が多く、またその相棒が人間でないことも多々ある。本記事では、平成一期令和ライダーの該当キャラクターも紹介する。

平成二期の該当キャラクター


注:リンク先は各作品のネタバレを含みます。注意して閲覧してください。

フィリップ(仮面ライダーW)
主人公左翔太郎の相棒であると同時に、二人目の主人公でもある。記憶喪失であり、地球の本棚を始めとして、当初より通常の人間にない力を持つことが描写されているが、終盤でその正体が明らかになる。

アンク(仮面ライダーOOO)
主人公火野映司と互いに利用しあう関係の怪人「グリード」。右腕のみの不完全な姿のため、泉比奈の兄泉信吾の体を依り代として使っている。映司とともにクスクシエの屋根裏で生活。一時離反するも、最終決戦で共闘。

???(仮面ライダーフォーゼ)
リンク先ネタバレ注意

コヨミ(仮面ライダーウィザード)
主人公操真晴人のサポート役であるヒロイン。晴人と共に面影堂で暮らす。人間とファントムを見分けることが出来る力を持つが、これには理由があった。

ベルトさん(仮面ライダードライブ)
主人公泊進ノ介の変身アイテム「ドライブドライバー」が有する人格。黙ると死ぬベルト。実はスタインベルト博士が自身の意思、記憶、知識、性格を人格プログラム化してドライブドライバーに移植したもの。

ユルセン(仮面ライダーゴースト)
主人公天空寺タケルの戦いを見守る仙人の分身である使い魔

ポッピーピポパポ/仮野明日那(仮面ライダーエグゼイド)
主人公宝生永夢を仮面ライダーとしてCRに引き入れたパートナーであり、ゲーム「ドレミファビート」から生まれたバグスター。「仮野明日那」は人間体での名前。

パラド(同上)
バグスターの参謀を務める幹部の1人。

???(仮面ライダービルド)
リンク先ネタバレ注意

尚、鎧武では示唆されていたが、終盤に人外となり、冬映画ではサポート役も務めたヒロインもしくはが該当すると思われる。また、も終盤にて人外になるなど、他の作品と比べ変則的となっている。このため、平成2期で相棒が終始純粋な人間だったのはゲイツのみとなる。

平成一期の該当キャラクター


タロスズ(仮面ライダー電王)
主人公野上良太郎に協力する怪人「イマジン」の4体。本作品では、サブライダーの相棒であるデネブテディ、タロスズ以外に良太郎に憑依するジークも登場する。

キバットバットⅢ世(仮面ライダーキバ)
代々ファンガイアに仕える事を使命とするキバットバット家出身のモンスター。紅渡の腕に噛み付き力を与え、渡をキバに変身させる。

令和ライダーの該当キャラクター


イズ(仮面ライダーゼロワン)
大企業飛電インテリジェンスで製造されているアンドロイドヒューマギアの1人で、先代からの同社社長秘書。会社の業務のみならず、戦闘においても社長=ゼロワンをサポートする。

物語上の立ち位置

仮面ライダーシリーズでは「敵と同じ力を使う」側面が重要な要素とされるが、中でもこうした人間ではない相棒は、作中の根幹に関わる力を持ち主人公の変身能力をサポートする存在や、仲間であるものの怪人そのものであるなど、この一面をより強調する存在となっている。
物語が進むにつれてその存在がより重要な意味を持つことや、当初は人間と思われたが後半になり素性が明らかになるケースも少なくない。

また、展開上の特徴として、中盤から後半にかけて一時的に消滅する展開や、最終的に主人公と別れる展開となることが多い傾向にある。
一因として、その存在が主人公の変身能力に関わっていたり、心の支えになっている場合、それが失われることで変身不可や喪失感といった苦境を描きやすい点があげられるだろう。
人間のキャラクターの死亡と異なり、技術的・能力的に復活することが多くの場合は可能である点もこうした展開を用いやすい一因と考えられる。本編中は別れたまま終わり、再会を目指すことが最終回後の劇場版・外伝の軸として繋がるといったケースも少なくない。

関連イラスト


関連タグ

仮面ライダー 平成二期

関連記事

親記事

平成二期 へいせいにき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「人外相棒(仮面ライダーシリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10725

コメント