ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

電脳救命センター

しーあーる

『仮面ライダーエグゼイド』における仮面ライダーの基地にあたる施設。略称の「CR」で呼ばれることも多い。
目次 [非表示]

概略

衛生省により聖都大学附属病院の地下に密かに建造された、対バグスターウイルスゲーム病専門の医療施設。「CR」は「Cyberbrain Room」の略であるとのこと。

医療設備のみならず、ポッピーピポパポの出身ゲームである『ドレミファビート』の筐体も設置されている。

その存在は院内でも院長の鏡灰馬等、限られた者にしか知らされていなかったが、物語途中から存在を公表されることとなる。


病室はゲーム病患者を隔離した上でバグスターが分離することを考慮し、内部を非常に広く取られている。

またベッドではゲーマドライバーのシミュレーションを行うことも可能となっている。


メンバー

主に衛生省と聖都大学附属病院の職員たちによって構成されている。

最高責任者

職員

元職員


余談

聖都大学附属病院は実在しないが、THE 外科医と言うゲームにて同名の病院が舞台となる。



施設利用に伴う注意事項

患者専用スクーター『AID』は治療の都合上、通常のベッドとは違う作りとなっている。

その際、患者が自力でベッドから降りる際、フレーム構造の一部が丁度、足の裏に当たる位置に設計されている。

なぜこのデザインにしたのかは不明だが、本来ならば、このような構造では医療用・一般市販用問わずに転倒・骨折等の危険がある為、安全上の観点から販売は見送られる。


が、対バグスターウイルスという難病に特化する際に必要となる構造だからか、電脳救命センターでは使用停止等の処置は行っておらず、恐らくは入院時に病院側からの指導、もしくは容態によっては付き添いによる乗り降りが義務付けられているなどの処置が取られていると思われ、実際に使用している患者は、ベッドから降りる際にこのフレーム構造を意識した上での降下を行っている。


とは言え、これで転倒の危険が排除された訳では無く、実際に事故が発生した事が確認されている。


発生した事故の状況

CRに配属されて間もない小児科の研修医が、ベッドの構造について不慣れであった為か、急に起き上がって降りようとした際に転倒した


(ベッドの構造について熟知している外科医放射線科医師は、小児科医と同じ状況下でベッドを使用したが、問題無く降下できた。)



関連タグ

仮面ライダーエグゼイド


平成二期ライダー活動拠点

大天空寺 → 電脳救命センター → nascita

関連記事

親記事

衛生省 えいせいしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1318

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました