ピクシブ百科事典

仮面ライダーレーザー

かめんらいだーれーざー

『仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーの1人。
目次[非表示]

「飛ばすぜ名人!」

声:小野塚勇人

概要

仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーの1人(テレビ本編に4番目に登場したので4号ライダーに位置付けられている)。
監察医務院に所属する監察医である九条貴利矢ゲーマドライバー爆走バイクライダーガシャットを挿入して変身する。
エナジーアイテムの入れ物はトロフィー。
変身時は仮面ライダーレーザーのパネルを蹴って選択・変身する。

ゲーマー(フォーム)

ライダーガシャットを使用する事により、あらゆるゲームジャンルに合わせた能力を得てレベルアップ(フォームチェンジ)する。
二段階変身の際の掛け声は「(変身先のレベル)速!」

本編登場

※各形態の詳細は本編登場後にお願いします。
※各形態にテレビ朝日公式サイトの紹介ページの外部リンクあり。

バイク!


両腕にバイクのタイヤ型の射撃・打撃武器、フロントアームドユニットとリアアームドユニットを持つ。
エグゼイドと同じくエナジーアイテムを多用する。
タイヤを軸に回転攻撃をすることができるが自力で止まれない。
後述のレベル2が特殊なため、レベル3になるまでは、実体化したバグスターや他のライダー相手でもこの姿のまま戦うことが多かった。当然だがレベルが劣るので、苦戦を強いられることが多く、第5話でのゲンムとの戦いでは終始一方的な猛攻に晒され変身解除に追い込まれ、重傷も負った。

爆走バイク!シャカリキスポーツ!


「爆走!独走!激走!暴走!爆走バイク!」

メインカラーは黄色。「二速」の掛け声で変身する。
他のライダーと大きく異なりバイクに変形するのが特徴である(アクセルがバイクフォーム時はフルCGで描かれ・バイク形態になってもある程度人型の意匠が残っていたのに対し、実写で・人型の面影はほぼ無い)。
そのため仮面ライダーでありながらライダーマシンというかなり特殊な存在である。ゲーマドライバーは座席の前に移動する。
単体でも走行は可能だが、スピードを出すには他のライダーに操作してもらう必要があり、単体でバグスターを倒すのは困難に思われる。
ベースマシンはHonda CRF250L。近年の仮面ライダーシリーズではライダーマシンの種車としてよく使われる車種である。

ギリギリチャンバラ!


「ギリ・ギリ・ギリ・ギリ!チャンバラ!」

レーザーがギリギリチャンバラガシャットを使用して召喚した「チャンバラゲーマ」と合体し、レベルアップした姿。「三速」の掛け声で変身する。
他のライダーから1段階遅れで通常の人間体型になる。
そのため、レベル1からこの形態に直接レベルアップすることも多い。
他のライダーのレベル3が各部に装甲を纏う形式であるのに対し、レーザーはチャンバラゲーマがそのまま腕部と脚部になる。

レーザーがドラゴナイトハンターZガシャットを使用してレベルアップした姿。
詳細は個別記事を参照されたし。

使用アイテム、ツール

レーザーに変身する為の変身ベルト。他のライダー達も使用する。
レベル2ではキメワザスロットホルダーと共にシートの前に装備されている。またレベルアップ/ダウン以外の操作は基本的に相棒の運転手が行う。貴利矢死亡後は永夢に託された。

変身に用いるキーアイテム。
変身者である貴利矢がゲームオーバーまで所持していたガシャットは「爆走バイク」のみ。「ギリギリチャンバラ」はゲームオーバー直前に強奪された。

合体して弓、分離して鎌になるガシャコンウェポン。
レベル1の胸部にも表示されているが、実際はレベル3専用武器。

必殺技

  • 爆走クリティカルストライク

レーザーの必殺技。マフラーから強力な炎を吹き出す。
手足がない以上単独での発動は不可能と思われたが、ヴァーチャルオペレーションズ第4話ではゲンムに無理やりガシャットを操作され単独で発動…というか暴走した(件の動画は記事下部参照)。

  • 爆走クリティカルフィニッシュ
本来はレーザーの必殺技。エグゼイドが爆走バイクガシャットを借り、レーザーのドリフト走行に合わせガシャコンブレイカーソードモードで回転斬りを決める合体技

  • ギリギリクリティカルフィニッシュ
ガシャコンスパローでの必殺技。
弓モードで発動するとピンク色の矢と大量の黄色い矢を放ち、先にピンク色の矢が相手に命中。その後に回し蹴りを繰り出し、黄色い矢を一斉に相手に叩き込む。
鎌モードでは、両手の鎌にエネルギーを纏わせて強力な斬撃を叩き込む。

変身ポーズについて



ガンバライジング

本編に先駆けてガシャットヘンシン1弾よりLR枠の1つとしてレベル1が参戦。
ラウンド3までゲキレツアイコンの追加に加え、テクニカルゲージスピードをダウンさせる中々強力なアビリティを持っている。バーストアビリティは必殺の超強化に加えてライジングパワーを+10させ更に相手のテクニカルゲージスピードを超アップさせる。
バイク形態で戦うのは無理があるため、レベル2にはバースト必殺技使用時のみ変身する仕様になっている。

ガシャットヘンシン2弾はチャンバラバイクゲーマーレベル3がLRで、ハンターバイクゲーマーレベル5がCPで参戦している。

エグゼイド系ライダー専用システムであるガシャットスキャンチャンスやブットバソウルとの連動、ゴースト系ライダー同様ゲキレツアイコンの『ゲキガシャアタック』による追加攻撃など、現行ライダーとしての活躍に期待できる。

同じくバイクに変形し質問を拒否するライダーと組むと『バイクに変身』、車に乗る刑事のライダーと組むと『ノッてきた!』、バイクモチーフの記者ライダーと組むと『笑顔の裏に隠した過去』のチームボーナスが発生する。

bikeな奴らがやってくる

バイクをモチーフとしたライダーや怪人は過去の作品にも何度か登場している。

bikeなあいつがやってくる



仮面ライダーアクセル:同じくバイクに変形する仮面ライダーだが、こちらは人型を保っている。
仮面ライダーマッハ:同じくバイクがモチーフ。

オートバジン:バイクから人型へ変形するライダーマシン
サイコローグ:バイクに変形するライダー怪人。こちらも変形後は人型を保っていない。

余談

レーシングゲームがモデルのライダーなので間違われやすいが「仮面ライダーレーサー」では無い

仮面ライダーが仮面「ライダー」である為に必須な(既に規格外の先輩が居るが)ライダーマシン兼仮面ライダーという前代未聞の異色な存在。過去作でもバイクやライダーマシンの扱いが悪かったり影が薄いと言った例はあったが、今作ではレーザー以外にライダーマシンが登場しない(一応スポーツゲーマもいるにはいるが、あれを「マシン」と呼んでいいのかどうか・・・)どころか日常シーンでも主要キャラクターがバイクに乗る描写が皆無である。

第12話において変身者である貴利矢がまさかの早期退場を遂げた為、わずか3ヶ月足らずで変身者不在となってしまった。ただ、彼の所有していたガシャットやゲーマドライバー自体は健在なのでレーザーへの変身自体が不可能になったわけではなく、今後の展開が注目される(変身アイテムが他者に受け継がれた例は過去作にも幾つかある)。
…と言いたいところだが、ゲーマドライバーは第23話で自身のドライバーを破壊された永夢に受け継がれたので、結局レーザーの引き継ぎはなさそうである。一応、黎斗が当初使用していたゲーマドライバーがあるはず…だったが、これもパラドにより回収され使用されてしまっている
その後、永夢が使用していた貴利矢のゲーマドライバーはCRを裏切った鏡飛彩に回収されて檀正宗の手に渡り、そして…

エグゼイドまとめ3



第14話ではキメワザスロットに「爆走バイク」ガシャットをセットして爆走クリティカルストライクを発動することで、人格の無い純粋なバイクとしてのレーザーを召喚することが可能という事が判明した。前述の通り変身者の貴利矢の意志がない為か、貴利矢の変身するレーザーと異なり瞳が無いのが特徴で、もちろんゲーマドライバーも付いていない。

変形時に合体する「チャンバラゲーマ」の製品はレベルアップライダーシリーズとしては『LVUR08』としてスポーツゲーマとセットで販売されている。また、この製品はゲーマ時の胴体と手足の接続部が驚くほど緩く、簡単に分解してしまうので『チャンバラバラゲーマ』とも言われている。ちなみにチャンバラゲーマは、劇中でも玩具でもレーザー以外のライダーとは合体する事や武装になるといった連動要素が全く無い。貴利矢退場後はガシャコンスパローしか利用されてない有様で、販促的にも劇中の扱い的にもかなり不憫なゲーマである。

食玩「装動ステージ4」では、ただの再録では止まらずディテールアップパーツが付属されたり瞳無しのシールが収録されていたりと至れりつくせり。更にパッケージ裏にレーザーよ永遠なれとメッセージが入っている。

食玩「装動ステージ5」では、レーザー用の<ゲームオーバー版>のステッカーが付属しており
【GAME OVER】のシーンを再現することが可能となっている。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 4号ライダー 九条貴利矢

バイク ライダーマシン

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーレーザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 586350

コメント