ピクシブ百科事典

ゲーマドライバー

げーまーどらいばー

「仮面ライダーエグゼイド」における変身ベルト
目次[非表示]

レッツゲーム!
メッチャゲーム!
ムッチャゲーム!
ワッチャネーム!?

『アイム ア カメンライダー!』

概要

仮面ライダーエグゼイド』における変身ベルト
蛍光グリーン&蛍光ピンクという歴代の変身アイテムの中でもかなり派手なカラーリングをしている。

このドライバーを装着して戦い、バグスターウイルス感染患者(ゲーム病患者)からバグスターを分離、消去することを、本作では「オペ」と呼んでいる。

開発及び製作者は檀黎斗
ライダーガシャットとは異なり、劇中では今までのところ黎斗以外には制作や修復が出来る者が登場していない(檀正宗も手駒に与えるゲーマドライバーを自主製作では無く永夢からの強奪という手段で入手している)。

ライダーガシャットが「ゲームソフト」ならゲーマドライバーは「ハード本体」に相当する存在であるのだが、上記のようにハードの量産体制は全く整っておらず、第一話で「マイティアクションX」のソフトのお披露目を大々的にやっていた幻夢コーポレーションがどう言う形でガシャットを売り出すつもりだったのかは不明(仮面ライダークロニクルはハードを必要とせずガシャット単体でゲームが出来る仕様になっているが、他のガシャット単体でゲームを起動した例はない)。本編や仮面戦隊ゴライダーなどでガシャットを指し込むハード自体は登場しており、仮面ライダークロニクルのCMを見ている一般家庭にもよく似た物が置かれているので、断言は出来ないがこれが一般に発売されている幻夢のハードにあたると思われる。

仕様について

ドライバー

ライダーガシャットを差し込み、対応したライダーのアイコンを選択することでレベル1の仮面ライダーに変身できる。
バックルのレバーを開閉することで、レベル1⇔レベル2にレベルアップ・ダウンを行う。一度バックルのレバーを閉じた状態で2本目のガシャットを挿入してから再び開くことでレベル3~5に変身する。

なお、レベル1の状態から2本目のガシャットを挿入しレバーを開くことで直接レベル3~5へ変身することも可能。

ちなみに、バグスターを患者から分離させるのはレベル1、分離したバグスターを倒すのはレベル2以上の必要があったが、番組中盤以降はバグスターがいきなり患者から分離する事例が増えて来た為、ガシャット挿入後にレバーを開き、パネルを選択して、レベル2~99に変身するようになった。

キメワザスロットホルダー

ベルトの左腰部分にはキメワザスロットホルダーが装着されており、ここにガシャットを挿入しボタンを2度押すことで必殺技(クリティカルストライク)を発動する。

またキメワザスロットホルダーにはステージセレクト機能もついており、ボタンを押すことでステージを選び、実際にそのステージで戦うことが可能

過去の変身ベルトではマキシマムスロットに該当するパーツだが、ガシャットを携帯するホルダーも兼ねており、玩具としてはゲーマドライバーとは別売りになっている。

仮面ライダーパラドクスのものは何故か37話以降はなくなっている。

使用資格について

誰にでも扱える訳では無く、「適合者」と呼ばれる人間のみが使用可能。現在の適合者は7名(宝生永夢鏡飛彩花家大我九条貴利矢檀黎斗檀正宗南雲影成)、内3名は人間ではなくなってしまっているため、厳密には4名。
ウイルスの抗体を持つため、正宗も設定上使用可能。しかし、変身にはアイテムが違うため使用しない。

第8・9話にて、「適合者」=「今作における仮面ライダーの変身者」とは「微量のバグスターウイルスを体内に打ち込んで人間の肉体にバグスターへの抗体を作る適合手術を受けて、己の肉体をドライバーが使える様に改造した人間」である事が判明。手術と言うより予防接種に近い。

ちなみに装着すること自体は適合者では無くとも出来るようで、西馬ニコも永夢を倒すため装着した(変身はできなかったが)。
また、このドライバーは人間が使用する為のアイテムなので、バグスターも装着は出来るが変身は不可能。ただし第29話でパラドは一計を案じ、人間の遺伝子を取り込む事で変身及びパワーアップを可能にした。
また人間のデータからバグスターとしてコンティニューした者も、人間の遺伝子を持つバグスターになるため、パラドと同じく変身する事が出来る。

その為、現時点でゲーマドライバーを使用しているのは、種族を考慮しないと、全7人となった。

ちなみに個人認証といったセキュリティ制限は施されていないようで、劇中では他人の使用している(orいた)ドライバーを使用したり借用しようとする描写もある。特に言及も描写もされていないが、変身後の姿は個々のドライバーや使用者ではなく使用されたガシャットによって決定されるらしく、例えば永夢がブレイブやスナイプにも変身出来る可能性が無いとは明言されていない(個人の資質が絡む特殊なガシャットは別として)。

現存台数

現時点で全7(+α)台。

・宝生永夢
第1話で入手。
第22話でゾンビゲーマーレベルXにより腐敗させられ使用不可能になったため貴利矢のドライバーを使用。
第34話にて、貴利矢のドライバーが飛彩を通じて仮面ライダーレーザーターボの物となったが、黎斗によって修理されていた為、永夢は再びこのドライバーで変身する事となった。

・鏡飛彩
帰国前から所有。
第40話にて、マキナビジョンとの取引の為に正宗に回収される。
だがリセットにより再び手にする。

・花家大我
5年前の物と同じ物かどうかは不明。黎斗に金を渡し入手。
第40話にて、マキナビジョンとの取引の為に正宗に回収される。
だがリセットにより再び手にする。

・九条貴利矢
黎斗を脅して入手。
第12話で爆走バイクガシャットと共に永夢に譲渡。
第34話で飛彩が正宗の命により永夢を倒し強奪。再び手にする。
第40話にて、マキナビジョンとの取引の為に正宗に回収される。
だがリセットにより再び手にする。

・パラド
元々は黎斗がゲンム変身に使用していた物。
死亡後にパラドが使用しレベル99に変身。

・檀黎斗
アジトに隠していた隠したベルト(ポッピーが幼少期の黎斗の幻に導かれて発見した物だが、ポッピー自身の言では最近隠した物らしい)。
第29話ラストでポッピーが発見。
第30話でポッピーが黎斗のデータに使用し、以降黎斗が使用者に。

・ゲームの世界の鏡飛彩
何時手に入れたかは不明。トゥルーブレイブへの変身に使用。

・南雲影成
トゥルー・エンディング』に登場。
幻夢コーポレーションからハッキングしたデータを元にハリケーンニンジャガシャットと共に制作した。
南雲はこれらを用いて風魔に変身する。
なおステージセレクトを使ってハリケーンニンジャの仮想現実に移動することも可能。

余談

近年恒例の黙ると死ぬベルトだが、玩具版に音声ギミックは無くガイアメモリロックシード同様にガシャット依存である。

ただ戦極ドライバーゲネシスドライバーと比べるとガシャット指し込み音などのゲーマドライバー側の音声ともとれる音声も鳴らないため、DX版の場合は既存音声に縛られないメリットがあるが(「マキシマムガシャット!」や「ムテキガシャット!」などの音声)、食玩版やガシャポン版で遊ぶ場合は若干音声が寂しいものとなっている(ここら辺は一長一短と言える)。

外部リンク

テレビ朝日公式サイトの解説ページ(ゲーマドライバー)
テレビ朝日公式サイトの解説ページ(キメワザスロットホルダー)

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト

仮面ライダー剣 仮面ライダーカブト:レベル1からレベル2への変身過程が類似

ゴーストドライバー← ゲーマドライバー → ビルドドライバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲーマドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62915

コメント