ピクシブ百科事典

デンジャラスゾンビガシャット

でんじゃらすぞんびがしゃっと

特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」に登場するアイテム。
目次[非表示]

「デンジャー!デンジャー!デス・ザ・クライシス!デンジャラスゾンビ!」

概要

仮面ライダーエグゼイド』第11話にて、檀黎斗が「己の死」から得た「死のデータ」で完成させた11本目のライダーガシャット

バグスターバックル(グラファイトが腰に巻いていたベルト)にガシャコンバグヴァイザーを合体させた「バグルドライバー」のガシャットスロットに挿入、スイッチを入れることにより仮面ライダーゲンムゾンビゲーマーレベルXに「バグルアップ」する。

ゲームエリアが展開するのは同じだがエナジーアイテムは生成されず、代わりにゾンビのように蠢くバグスターウイルスを作り出す。

なお、他のガシャットの様にゲーマドライバーやガシャコンウェポンにセットしてしまうと、込められている「死のデータ」故なのか使用者に大ダメージを与える恐ろしい一面があり、第12話では仮面ライダーレーザーがその犠牲となった。バグスターであるパラドパラブレイガンに装填した際に何らかのダメージを受けているような描写があった。
ただし、新檀黎斗プロトマイティアクションXガシャットオリジンと共にゾンビアクションゲーマーレベルX0への変身に使用しているためか、一切ダメージを受けていない。

第21話にて、「死のデータ」が蓄積されたことにより遂にレベルX(10)からレベルX(エックス)へと昇華。それにより、第23話では召喚するバグスターウイルスにも不死身能力が付与されている。
しかし同話で変身者の黎斗が死亡し、遺されたガシャットはパラドによってバグヴァイザーごと回収されてしまった。
その後、第31話でパラドクスレベル99が「パーフェクトクリティカルフィニッシュ」を発動する際にこのガシャットを使用したが、戦闘終了後に再びゲンムに回収された。

ゲームの内容

永夢どころか、ポッピーピポパポですらその存在を知らされていないガシャットのため詳細は不明。下記に予想として番組外現実で販売されているゾンビゲームを記す。

余談

このガシャットの犠牲になりその後復活した新檀黎斗の数々の演出において度々このガシャットの起動音が使われている。とくに第41話では様々な音調にされた起動音が使用されており、ガシャットの起動音の中でもかなり特別な立ち位置にあるといえる。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド ライダーガシャット 仮面ライダーゲンム

ゾンビゲーマーレベルX ゾンビアクションゲーマーレベルX0

スプラッターハウス バイオハザード ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド すれちがいゾンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「デンジャラスゾンビガシャット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35343

コメント