ピクシブ百科事典

仮面ライダーパラドクス

かめんらいだーぱらどくす

『仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーの1人。
目次[非表示]

「俺の心を滾らせるなよ」
「さあ、運命のパズルだ」

声:甲斐翔真

概要

仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーの1人(テレビ本編に6番目に登場したので6号ライダーに位置付けられている)。『矛盾』という意味の名前を持つ新たなる仮面ライダー
変身者はパラド

パラドがバグスターであるためか、他のライダーと違って変身用のベルトを用いずにガシャットギアデュアルのみを使って変身する。バグスターを患者から切り離すためのレベル1形態も必要ないためか存在せず、代わりにガシャットに二つのゲームデータが内蔵されているのを示すかの様に、パズルとファイター、二つのゲーマー形態が前後背中合わせに一体化したデザインになっている。

エナジーアイテムの入れ物はなく直接召喚される。

初登場の第15話では敵対するライダーたちが最高レベル20止まりの中、いきなりレベル50の状態で参戦したため圧倒的な強さでブレイブスナイプエグゼイドを立て続けに変身解除に追い込んだ。続く第16話時点ではライダーサイドの最高レベルを誇るエグゼイドダブルアクションゲーマーまでもを圧倒した。

手脚に装着されたダイレクトヒットグローブとダイレクトヒットシューズには攻撃を与えた相手の全防御システムを一時的に停止させるプログラムを流し込み、直接ダメージを与える機能があり、実質的に防御無視の攻撃が可能となっている。このシステムの為か、第18話では不死身の能力を持つ仮面ライダーゲンムゾンビゲーマーレベルXを変身解除にまで追い込んでみせた。

ゲーマー(フォーム)


「What's the next stage?」
「デュアルアップ! Get the glory in the chain! PERFECT PUZZLE!」

PARA-DX


パズルゲーム「パーフェクトパズル」の力で変身した形態。メインカラーはブルー。
肩部分の「マテリアライズショルダー」によってステージ上にある物質を自在に操る能力を持つ。エナジーアイテムを自由に選択、組み合わせて使用でき、トリッキーな戦いを見せる。
他にもパズル型のバリアを張ったり、ピース型のエネルギー弾を発射することも可能。
汎用性がやたらと高いため、事実上のパラドクスのメインフォームと言っても過言ではない。
しかし、第38話にてクロノスにゲームエリア内の全エナジーアイテムを管理もとい独占されてしまったため、事実的に弱体化されてしまった。(パーフェクトノックアウトゲーマーも同様)

だがその後、マイティブラザーズXXガシャットの力で出現した際には、クロノスのエナジーアイテム使用を隙を見てクロノスが管理していたすべてのエナジーアイテムをマテリアライズショルダーの操作能力で奪取して使用するという活躍を見せた。


「The strongest fist! "Round 1" Rock & Fire!」
「デュアルアップ! Explosion Hit! KNOCK OUT FIGHTER!」

それがバグスターの生き様だからな


格闘ゲーム「ノックアウトファイター」の力で変身した形態。メインカラーはレッド。
パズルゲーマー時のマテリアライズショルダーを前後反転させて拳に装備した「マテリアライズスマッシャー」を武器とした格闘戦を得意とする。
主にパズルゲーマーからの切り替えがほとんどで、第28話まで直接変身するシーンが描写されることはなかった。
第29話では、パラドと同化し体を乗っ取られた永夢が変身している。


ガシャットギアデュアルゲーマドライバーを使い変身した強化形態。
詳しくは該当記事を参照。

必殺技

  • パーフェクトクリティカルコンボ

パズルゲーマーの必殺技
第15話では「伸縮化」「ジャンプ強化」を組み合わせ、某格闘キャラのように上空から両脚を伸ばしてのキックを繰り出した。
第17話では「高速化」「マッスル化」を組み合わせ、某高速移動能力のように素早い動きでキックを繰り出した。
第18話では「マッスル化」×3を組み合わせ、強力なキックをゲンムに叩き込み変身解除させた。
第21話では「鋼鉄化」「マッスル化」×2を組み合わせ、スナイプレベル50目掛けてキックを繰り出した。
第25話では「高速化」「ジャンプ強化」「マッスル化」を組み合わせ、空中で自由自在に動き回りながらの連続キックを放ち、複数のライドプレイヤーを纏めてゲームオーバーに追い込んだ。

  • ノックアウトクリティカルスマッシュ
ファイターゲーマーの必殺技
拳に炎を纏わせて強烈なパンチを食らわせる。

パーフェクトノックアウトゲーマーレベル99での必殺技は個別記事を参照。

余談

武器の機能がない手持ちアイテムのみで変身する仮面ライダーは威吹鬼以来である。

また、悪役ライダーなのにヒロイックなデザインとなっているのは「彼がバグスター側の主人公=仮面ライダーだから」と考察しているファンもいるようだ。 そして終盤では永夢達と和解し、CR側に加勢し、人類サイドのヒーローにもなった。

「パラドクス」の英語表記は「Paradox」ではなく、「PARA-DX」である。
「PARA」は医学用語として「異常・欠陥」などの意味、「DX」は「二重身・重複」などを意味する。「デラックス」の意味もあるかも知れない。
また表記の仕方がエグゼイド(EX-AID)と同様である。

ガンバライジング

ガシャットヘンシン3弾よりパズル、ファイターゲーマーの両方が参戦(どちらもLRでバーストするとフォームチェンジする)。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド パラド ガシャットギアデュアル

タイプデッドヒート:こちらもフィギュアの体(顔)の前後を入れ替えると別形態(別ライダー)へフォームチェンジさせられるデザイン。

ガンダムマックスター:肩アーマーをナックルにするボクサーベースのガンダム。

ぷよぷよKOF/ストリートファイター/鉄拳……使用されるゲームの元ネタの1つと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーパラドクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 545338

コメント