ピクシブ百科事典

ハイパーバトルビデオ

はいぱーばとるびでお

小学館の子供向け雑誌『てれびくん』の応募者全員サービスで貰えるビデオ及びDVD作品。あるいは児童誌向け恒例の付録。
目次[非表示]

概容

平成ライダー番外編を描く。『仮面ライダー響鬼』からはDVD作品となった。
それぞれこの作品限定の戦力や敵が登場する。戦闘シーンや性能を編集した児童誌向け恒例のVシネマ付録だが、毎回児童達の理解を超越したネタのてんこもりとなっている。

特に、本編でもふざけまくっているカブト電王フォーゼまだいいとして、「おれ達は人類の自由と平和を守る!」「おれ達は仲間だ…ずっとな」などとほざく気色悪い王蛇が登場する『仮面ライダー龍騎』や全編通してミュージカル仕立てとなっている『仮面ライダー555』、『仮面ライダーキバ』のイクササイズ、『仮面ライダーW』の親子丼・ドーパントなどは、そのカオスさと本編の鬱展開とのギャップが余りにも凄まじいことから、伝説となっている。

一部はDVDシリーズ最終巻、BD-BOXの特典映像として視聴可能である。

ラインナップ


  • 仮面ライダークウガ超ひみつビデオ 仮面ライダークウガVS剛力怪人ゴ・ジイノ・ダ』 ※DVD最終巻・特典映像収録。
  • 仮面ライダーアギト3大ライダー超決戦ビデオ アギトvsG3-Xvsギルス いま選ばれる最強ライダー』
    • テレッピというマスコットキャラクター(今で言うゆるキャラてれびくんのおたよりコーナーに登場していたキャラ。)がアンノウンに襲われるのを危惧し、三大ライダーを超能力で呼び寄せ、最強のライダーに守ってもらおうとする。津上翔一らは途中からダサイ王冠と襷を被らされることになり最強の座を押し付け合うが、そこにアンノウンが現れる。三人は技名を思いっきり叫びながらかっこよくアンノウンを撃破するのだった。
    • アギトフレイムフォームダブルセイバースラッシュ二刀流)、ギルスのギルスヘルスタップはここでしか見る事のできない必殺技だったりする。
  • 仮面ライダー龍騎ハイパーバトルビデオ 龍騎vs仮面ライダーアギト』
  • 仮面ライダー555ハイパーバトルビデオ』
    • 仮面ライダー555を全編ミュージカル仕立てで振り返る。 「変身するのは猫舌たっくん~♪」 「草加雅人なら大丈夫~♪」
    • そして後半ではスマートブレイン製のラジカセでみんながミュージカルしている隙に3本のベルトを奪還するという凄いんだかくだらないんだか分からない作戦を阻止するため、巧がオルフェノク軍団に立ち向かう。
    • 物語のクライマックスの歌詞で…真里『巧オルフェノクだ〜♪』初見さんにとっては盛大なネタバレである。といってもオルフェノク三体を目撃しただけなので『巧の正体はオルフェノク』という意味ではない…。はず…。いやそう信じたい。
    • オルフェノクが灰化しない。
    • 物語のラストでターミネーターならぬ巧ネーターに扮するなどカオスな展開ばかりに目が行きがちだが、未視聴の読者諸兄にあらためて書いておくと、冒頭で述べた通り555本編の内容はHBVと違い鬱展開が続くストーリーである。登場人物が楽しく暮らしているHBVの世界が実は巧の夢の世界であった事を考えると、また違った見方ができるのかもしれない。
  • 仮面ライダー剣超バトルビデオ 「仮面ライダー剣vsブレイド」』
    • このシリーズ最後のVHS作品であり、この作品のみVHSかDVDかが選択できた。そして次の響鬼からDVDに移行した。
    • 白井虎太郎仮面ライダーについてまとめた小説を書いていると、そこにマフラーを巻いた剣崎一真が現れる。実はトライアルが剣崎に化けて悪事を働いていたのだ。駆け付けた本物の剣崎(マフラー無し)は偽剣崎に突っかかるが、偽剣崎はなんと仮面ライダーブレイドに変身。本物の剣崎もあわてて変身するが、そこに現れた橘さん睦月は混乱し本物の方を攻撃してしまう。しかしの指摘により(始が言うにはトライアルの方が反応速度が速いらしく、反応がワンテンポ遅れた方が本物だったという)本物を見極めた二人は「ジェミニ」と「リモート」のカードを投げ与え、二人に分身した剣崎は見事にトライアルを打ち破った。
    • ちなみに全くの余談であるが、トライアルの元ネタであるカメレオンアンデッドは、原作終了後の後日談である「HEROSAGA」でも偽ブレイドに変身している。
  • 仮面ライダー響鬼超バトルDVD 明日夢変身!キミも鬼になれる!!』
    • この年からVHSからDVDに変わっている。
    • 本編では変身しなかった安達明日夢が、になる極意を知るために「」を学ぶ。ディスクアニマルしゃべって指導を行うのだが、明日夢は嘘くさいディスクアニマルの指導に疑いが隠せない。そこに現れたアサギワシから裁鬼魔化魍バケネコに襲われている報を聞きつけた明日夢は鬼に変身してバケネコと戦おうとし、本当に響鬼へと変身する。しかもディスクアニマルと合体、最強フォームである装甲響鬼に変身し、見事バケネコを討滅するのだった。
    • ちなみに初期設定だと本当に明日夢も響鬼になる予定であり、ディケイドに登場したアスムはその設定の発展。
  • 仮面ライダーカブト超バトルDVD 誕生!ガタックハイパーフォーム!!!』
    • ハイパーフォームに憧れる加賀美新が、天道総司のようなかっこいい男を目指す。しかしドジな加々美は失敗ボケばかり。そんな中、ワームの出現を聞いて駆け付けた加々美はカブトの猿マネをして立ち向かうもうまくいくはずもなくケチョンケチョンにされてしまうが、自分は他の誰でもない自分だと気が付いた加々美は天道と共にどっかから飛んできた2匹のハイパーゼクターを使ってハイパーフォームへと進化する。
    • ちなみにゼクターやっぱりしゃべる
    • ガタックハイパーフォームはPS2版やテレビ絵本にも登場し、マスコレも発売されるほどの人気ぶりであった。しかも作中オリジナルのカンポノタスワームもディケイドに登場するなどハイパーバトルビデオの中でもかなり優遇されている…。
    • そしてなんとガンバライジングボトルマッチ2弾にて仮面ライダーガタック(LR)のバースト面として参戦が決定した。ゲームへの参戦は前述のPS版以来実に11年振りとなり、データカードダスへの参戦は初となる。
    • なお彼の「毎朝鏡の前で顔を洗う男」の元ネタはここから来ている。
  • 仮面ライダー電王超バトルDVD ~うたって、おどって、大とっくん!!~』
  • 仮面ライダーキバアドベンチャーバトルDVD ~キミもキバになろう~』
    • 今作が初の視聴者参加型の通称「アドベンチャーバトルDVD」で、選択肢によってストーリーや結末が変わるようになっている。
    • テレビの前でいつもこの番組を見ているキミのために、名護さん何の説明もなく時を越えてきた音也の三人がキバになるための特訓を伝授する。名護さんはなぜかオリジナルのエクササイズを教え、音也が教えるはただのナンパテク(音也曰く本人なりの正義の心得らしい)。そうする内に町に現れたラットファンガイアを倒すために、純血の人間のキミはファンガイア専用のキバに変身する。そしてキミは奇跡のフォームを誕生させる!
    • 設定上、キバは普通の人間が変身した場合肉体にかなりの負荷がかかり、体力を奪われ過ぎて死にかけるというか最悪死ぬし、エンペラーフォームに変身しようものなら確実に死ぬ。しかし気にしてはいけない。
    • しかも始めてなった割に、妙に善戦しているがそこも気にしては(ry
    • ちなみに少年の声を演じているのは熱斗くんマンドラ坊やで有名な比嘉久美子さんである。
    • 選択によっては753の風呂シーンが見ることができる。しかも背中を流してもらえる。主人公は男児を意識しているようだが女児の視聴者もいるため、見方によってはこのシーンは…
  • 仮面ライダーディケイド超アドベンチャーDVD 守れ!てれびくんの世界』
  • 仮面ライダーW超バトルDVD 丼のα/さらば愛しのレシピよ』
    • いつものように風都を謎のドーパントが襲う怪事件が発生。襲われるのは美味しい飯屋ばかり。左翔太郎は調査に乗り出すが、そこにブッサイクなドーパントが出現し、調査を阻む。中身を当てるためにフィリップは地球の本棚で検索を試みるが、空腹すぎて力が出ない。翔太郎、亜樹子照井の三人は料理の鉄人に扮し美味しいキャラどんぶりを作る。そしてフィリップはついに、怪人の正体を突き止める!
    • 内容こそギャグだが、構成や展開は一般的な放送分と特に遜色がない出来で、短縮版だがOPも流れ、次回予告も完備している。正直『W』全体のカオス度で言ったら、本編のナイトメア・ドーパント回の方がよっぽど上かもしれない。
    • ちなみに本作ではサイクロンメモリやジョーカーメモリからスタートせず、いきなりヒートメタルに変身している。
  • 『仮面ライダーW ガイアメモリ大図鑑』
    • 上記HBVの後日談を描いた付録DVD。他の作品と違って「超バトルDVD」と言う文章が盛り込まれておらず、厳密には付録である為ハイパーバトルビデオとは違うが、てれびくんに関係した作品である事やギャグテイストの外伝映像作品と言う事で、ここに記す。
    • ある日、翔太郎は鳴海探偵事務所の地下ガレージで倒れているフィリップを発見する。暫くして目を覚ますが、彼は何らかのショックで記憶を失っていた。フィリップの記憶を取り戻すため、翔太郎はフィリップが興味を示したガイアメモリについて説明する。
    • 実はフィリップが記憶を失った意外な原因がハイパーバトルビデオ本編中に隠されており、よく見れば見つけられるので探してみよう。
  • 仮面ライダーオーズ超バトルDVD クイズとダンスとタカガルバ
    • ある日比奈は映司が料理をしているのを見て手伝おうとすると無理やりクスクシエから追い出され、仕方なく散歩に出かける。するとバイソンヤミーシャチパンダヤミーに襲われてしまう。比奈を守るべく火野映司アンクはオーズに変身しようとするが、息が合わず喧嘩になってしまう。ヤミーはなんとか比奈がぶっ飛ばしたものの、これではダメだと思った比奈は映司とアンクを仲直りさせるためにクイズダンスを交えたレクリエーションを開く。
    • ヤミーが喋る(テレビ本編でも一部のヤミーは人語を用いており、流暢な会話が出来る者も存在したが、少なくともバイソンとシャチパンダは話していない)。
  • 仮面ライダーフォーゼ超バトルDVD 友情のロケットドリルステイツ』
    • 仮面ライダー部山本大介仮面ライダーアマゾンが久々に日本に帰ってくると聞き、山本をもてなすためにパーティの用意をするが、そこにやたらダスダスうるさい怪人サドンダスβが登場。如月弦太朗はフォーゼに変身して闘うもサドンダスβは強い。歌星賢吾城島ユウキアマゾンライダーが持つとされる新しいアストロスイッチを求め南米へ向かう。しかしアマゾンはなかなか見つからず、日本ではフォーゼとサドンダスβが不眠不休で昼夜を問わず戦いを続けるのだった…。
    • ちなみに原作通りに年を取っていたとすると、2011年が舞台の本作では山本大介は59才である。うーん、その年でまだ片言なのか…。きっとライスピみたいに媒体によっては同世界の同一人物でも片言を使うのだろう(一般のアマゾンのイメージは片言だからだろうか)。
    • MOVIE大戦アルティメイタムにはユウキが賢吾に『去年はアマゾンに行ったよね。』と言う台詞があるため、この作品は本編とリンクしていると思われる。
  • 『仮面ライダーフォーゼ アストロスイッチひみつレポート』
    • 上記HBVの前日談を描いた付録DVD。「W」同様、他の作品と違って『超バトルDVD』と言う文章が盛り込まれておらず、厳密には付録であるためハイパーバトルビデオとは違うが、てれびくんに関係した作品である事やギャグテイストの外伝映像作品と言う事で、ここに記す。
    • ある日、朔田流星ラビットハッチこっそりてれびくんを読もうとしているとタチバナから通信が入る。なんでも超高速で地球に接近するコズミックエナジーを発見、それは未知のアストロスイッチだと言う。40のアストロスイッチを解析すればその未知のアストロスイッチの場所が割り出せるかもしれない、ということでアストロスイッチのデータをM-BUSへ送信するよう頼まれる。流星とタチバナ、そして途中から加わった弦太朗が送信するデータにミスがないようにアストロスイッチを解説&コメントする。
    • このDVDではアストロスイッチについて3人が様々な面白コメントをするのだが、流星がウインチをマシンメテオスターに引っ掛けられたことを根に持っていたり、クロースイッチのコメントで弦太朗が前の仮面ライダーのモノマネをしたりと、様々な小ネタも混じっている。
  • 仮面ライダーウィザード超バトルDVD ダンスリングでショータイム!!』
    • 気を失って倒れた店長のアンダーワールドに入った晴人仁藤は、「世界一の振付師になりたい」という店長の願望をかなえるべく、なんの説明もなくダンサーになっていたグールとダンスの大特訓を行う。その願望が叶い、二人は元の世界に帰れると安堵したが、そこにガーゴイルが現れ「世界を征服する」という願望をかなえようとする。ウィザードビーストダンスを生かしてガーゴイル達に挑む。
    • なお、お持ちのビーストドライバーにランドドラゴンリングは対応しません
    • なお、晴人は店長のアンダーワールドに入る際、仁藤に過去の経験から「お前、絶対後悔するぞ」と言っていたが…。
  • 仮面ライダー鎧武超バトルDVD フレッシュオレンジアームズ誕生! ~君もつかめ!フレッシュの力~』
    • ある日突然ロックシードが錆びてしまった紘汰は、唐突に現れた謎の少女のお告げにより同じくロックシードがサビついた戒斗、一緒にいたとともにフレッシュなことに挑戦してサビを取ろうとする。部屋掃除しフレッシュに、カッコいいでフレッシュに、なぜか料理上手な戒斗の指導でスイーツを作ってフレッシュに、などと努力した結果紘汰のロックシードはサビがとれフレッシュとなるのだった。しかし戒斗は笑顔を作れなかったことでサビをとれず、自らヘルヘイムの森に入って新たなロックシードを手にしようとする。そこに呉島兄弟が現れたことでいつもと違ったライダーバトルの幕が上がる。
    • 珍しく怪人が全く登場しないHBVである。
    • ちなみに戒斗がフレッシュな笑顔を見せた際には紘汰のパインロックシードがフレッシュパインロックシードになったが、元々パインロックシードは戒斗のものだったので、戒斗の笑顔でフレッシュ化してもなんら問題はない。
  • 仮面ライダードライブ超バトルDVD シークレットミッション type HIGH SPEED! ホンモノの力!タイプハイスピード誕生!』
  • 『仮面ライダードライブ超バトルDVD シークレット・ミッション type Lupin ~ルパン、最後の挑戦状~』
    • 初となるHBV第2弾である。
    • ある日、特状課に仮面ライダールパンことゾルーク東条から挑戦状が届いた。何でも進ノ介が言うには以前から何度もルパンに挑戦状を叩き付けられていたらしく、そのたびにミニカーやひとやすミルクなど、くだらない物ばかり盗むルパンに進ノ介は手を焼いていた。しかし、最近はなぜか挑戦状が途絶えており、久々の挑戦となっていた。今度こそルパンを逮捕すべく指定された場所に向かうが、ルパンの様子がおかしい。実はロイミュード100がゾルーク東条から奪ったルパンガンナーでルパンに変身し、悪事を働いていたのだ。そこに駆け付けた本物のゾルーク東条とマッハ、チェイサーと共に100に立ち向かう。
    • 多少ギャグは入っているものの、クウガ以来のまともなHBVとなっている。
    • テレビ本編でその最期が描写されなかったロイミュード100が登場する。
    • また、先の作品と同じく原作の1エピソードである(時系列は最終回直前だと公式予告動画内で述べられている)。
  • 『仮面ライダーゴースト 一休眼魂争奪!とんち勝負(バトル)!!』
    • 仮面ライダーゴースト』初の外伝作品。
    • 後述のHBVの前日談を描いた付録DVD。Wの『ガイアメモリ大図鑑』、フォーゼの『アストロスイッチひみつレポート』と同じく「超バトルDVD」と言う文章が盛り込まれておらず、厳密には付録であるためハイパーバトルビデオとは違うが、てれびくんに関係した作品である事やギャグテイストの外伝映像作品と言う事で、ここに記す。
    • ある日、タケルたちがこれまで手に入れたゴーストアイコンに宿る偉人達をおさらいしていると、仙人から新しいゴーストアイコンが出る予感がすると電話が来た。それは一休さん一休宗純)のゴーストアイコンだという。するとそこに笹原まゆ子という女性が訪ねてくる。話によると、実家の蔵から虎の屏風が見つかり、それ以来自分の周りで奇妙なことが起こるようになったという。その日は仕事を終えて帰ろうとすると大量のなぞなぞが書かれた紙がばらまかれており、タケル達が調査をしていると僧兵眼魔(弟)が現れ、一休ゴーストアイコンをめぐるタケルと僧兵眼魔のとんち対決が幕を開ける。
    • 御成がいつも以上に騒がしい。
  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 一休入魂!めざめよ!オレのとんち魂!!』
    • 『仮面ライダーゴースト』の正式なHBV作品であり、『とんち勝負(バトル)!!』の続編。
    • 前回、僧兵眼魔とのとんち対決を制し、何とか一休ゴーストアイコンを手に入れたタケル。そんなある日、全日本とんち学会の理事長だというまゆ子の姉、笹原かつみが大天空寺を訪れた。なんでも自分の部屋の扉に「この扉開けるべからず」という貼り紙をされてしまい困っているという。どうしても答えが浮かばないタケルは一休ゴーストアイコンの力を借りようとするが、なぜか変身することができず、ユルセンも原因が分からないという。すると、僧兵眼魔(兄)に操られたかつみに一休ゴーストアイコンを奪われてしまう。互角の戦いを繰り広げる二人であったが、僧兵眼魔のなぞなぞ攻撃に苦戦させられる。スペクターの乱入で無事一休ゴーストアイコンを取り戻すが、かつみは僧兵眼魔にさらわれてしまう。なぜ一休ゴーストアイコンが使えなかったのかをみんなで考えていると、マコトが前回の話の後に似たようなゴーストアイコンを手に入れたという。それはピタゴラスのゴーストアイコンで、マコトはこれを使いこなすために三角の力の修業をしたという話を聞き、タケル達も一休ゴーストアイコンを使いこなすべく、とんち力を鍛えるための修業を開始する。
    • 本作に登場した一休魂ピタゴラス魂劇場版にて、仮面ライダーダークゴーストの変身形態として登場。番外編オリジナル形態としては珍しい形での再登場となった。
    • 笹原かつみを演じた松田るか氏は次回作で仮野明日那ことポッピーピポパポを演じることになる。
    • 上記二作品は、小説仮面ライダーゴーストにて本編とリンクしている事が明らかになった。
  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 真相!英雄眼魂の秘密!』
    • 『仮面ライダーゴースト』のHBV第二弾。
    • タケルが生き返ってから1年後、アランたちに眼魔の世界に誘われたタケルたちだったが、そこにモノリスに取り込まれ、消滅したはずの西園寺主税ダヴィンチ眼魔とともに現れた。この新たな戦いのなかで眼魔誕生の秘密、そして西園寺と天空寺龍の過去が明らかになる…!
    • この作品で西園寺が復活した出来事は『仮面ライダースペクター』とリンクしている。なお、仮面ライダースペクターはこの出来事から1年後の物語となる。
  • 『【裏技】仮面ライダーレーザー』
  • 『 【裏技】仮面ライダーパラドクス』
    • 『仮面ライダーエグゼイド』HBV第二弾にして『仮面ライダーエグゼイド』のスピンオフシリーズ「【裏技】シリーズ」の1つで、エグゼイド最終回の後日談にしてそして、 Vシネマ 『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング』に繋がる内容となっている。
    • 檀正宗の企みを阻止した後、永夢とパラドは一緒にゲームをすることが実現した。そんなある日、二人は檀黎斗が作ったという新作ゲーム、「ナゾトキラビリンス」に挑戦することに。二人は迷宮の謎を解き、囚われたポッピーを救えるのか!?
  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービルド 誕生!クマテレビ!!VS仮面ライダーグリス』
  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ』

限定形態

変身するライダー形態登場作品
仮面ライダーガタックハイパーガタック仮面ライダーカブト
仮面ライダーキバドガバキエンペラーフォーム仮面ライダーキバ
仮面ライダーオーズタカガルバ&タカトラガル仮面ライダーOOO
仮面ライダーフォーゼロケットドリルステイツ仮面ライダーフォーゼ
仮面ライダーウィザードファルコマント&バッファマント仮面ライダーウィザード
仮面ライダービーストランドドラゴン ウィザードスタイル仮面ライダーウィザード
仮面ライダー鎧武フレッシュオレンジアームズ仮面ライダー鎧武
仮面ライダーバロンイチゴアームズメロンアームズキウイアームズ仮面ライダー鎧武
仮面ライダー龍玄バナナアームズ・メロンアームズ・パインアームズ仮面ライダー鎧武
仮面ライダー斬月イチゴアームズ・ブドウアームズマンゴーアームズ仮面ライダー鎧武
仮面ライダードライブタイプハイスピード&メガマックスフレア仮面ライダードライブ
仮面ライダーゴースト一休魂仮面ライダーゴースト
仮面ライダースペクターピタゴラス魂仮面ライダーゴースト
仮面ライダーエグゼイドバイクアクションゲーマーレベル0仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーゲンムプロトスポーツアクションゲーマーレベル0仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド仮面ライダーパラドクスダブルファイターゲーマーレベル39仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダービルドクマテレビフォーム仮面ライダービルド
仮面ライダーローグプライムローグ仮面ライダービルド


限定武器

ファイズサウンダー仮面ライダー555
ディケイドバズーカ仮面ライダーディケイド
エナジーアイテム・モノマネ(仮面ライダーエグゼイド

限定怪人

ゴ・ジイノ・ダ仮面ライダークウガ
悪のアギト・バーニングフォーム仮面ライダー龍騎
偽仮面ライダーブレイド仮面ライダー剣
カンポノタスワーム仮面ライダーカブト
てれびバエくん仮面ライダーディケイド
親子丼・ドーパント仮面ライダーW
サドンダスβ(仮面ライダーフォーゼ)
にせドライブ仮面ライダードライブ
ロイミュード100(仮面ライダードライブ)
僧兵眼魔仮面ライダーゴースト

関連記事

平成ライダー てれびくん 
公式が病気 セルフパロディ

テレビマガジンスーパー戦隊シリーズの企画を担当

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーバトルビデオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18363

コメント