ピクシブ百科事典

謎の少女(仮面ライダー鎧武)

なぞのしょうじょ

『仮面ライダー鎧武』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

演:志田友美(二役)

概要

鎧武に変身しインベスと戦っていた葛葉紘汰の元に突如現れた少女movie大戦によれば「運命の巫女」と呼ばれる存在らしい。人間ではないのか、神出鬼没で自身の気配を第3者に悟らせず選んだ相手と会話出来る能力を持つ。第1話のOP前の映像にも出ており、その際右目が赤く光っている。恐らく重要なキーパーソンと思われる。
高司舞と髪の色違いでそっくりな容姿をしているがその素性は一切不明。少なくとも第3話やmovie大戦を見る限り別人であることが伺える。そして第12話で舞と接触し完全に別人であると思われたが…
字幕では「オルタナティブ舞」と表記されており、23話ではDJサガラからは「始まりの女」と呼ばれている。

容姿

謎の少女


金髪ショートヘアーに右目が赤、左目が茶色(金茶色?)のオッドアイ
服装は白のオフショルダーのワンピースに金色の首飾りを着けており、茶色のブーツを履いている。

劇中での行動

「気をつけて、あなたは運命を選ぼうとしている」「この先に踏み込めばもう二度と後戻りはできない。最後まで戦い続けることになる。世界を己の色に染め上げるまで。」
と何やら意味深な言葉を紘汰に投げかけ、ロックシードの使い方を示唆するような行動を取ったのち姿を消す。
第3話ではヘルヘイムの森に入り込んだ仮面ライダーバロン、第5話では龍玄に変身した後の呉島光実の夢に現れ、上記の台詞を投げかける。他のアーマードライダーとの接触は不明。また、舞本人や紘汰に「沢芽市を去って幸せを掴む」道を勧めるような発言もしたり、紘汰に干渉するDJサガラに苦言を呈したりしている(これに関してはサガラから「お前が紘汰を気にかけるからだ」と返されている)。

また42話では「始まりの女」という呼び名がヘルへイムの森から選ばれる存在の女性であることがDJサガラ=ヘルへイムの森自身から明かされた。「始まりの女」は禁断の果実を託す相手を選ぶ存在であるとのこと。フェムシンム達の世界で「始まりの女」となったロシュオの妻も、同じような髪の色や服装になっていた。

正体

43話でその正体が判明。実は43話の時点で命を失い、過去にさかのぼった舞本人の精神体である。皆の運命を変えさせるべく言葉を届けようとしたがサガラ言うところの「時間の強制力」に逆らう事ができなかったため、思うように言葉を紡げない状態にあり前述のような曖昧な示唆に留まっていたのである。さらに皮肉なことに彼女が言葉を届けようとした人物=黄金の果実を手に入れる候補者ということをサガラに悟られてしまっていた。

44話では過去を変えようと奮闘した結果、第1話冒頭のアーマードライダー達が戦う合戦場に辿り着いてしまう。DJサガラ曰く運命を改変しようとした事で時空を彷徨う迷子になったとの事。この世界はいわばIFの世界の一つであり、本来いないはずの斬月が存在していたり、グリドンがバロン側のライダーとしているのもその為である。更に、サガラは舞に黄金の果実を得る為の戦いの結果次第で戻れる未来も決まると告げた。

その後、紘汰の夢の中に現れて運命を変えられなかった事を詫びるが、紘汰は舞に一人で背負い込むなと優しく諭す。しかし、舞はそんな未来をも戒斗が変えてしまうかもしれないと言う。

そして……紘汰と戒斗の未来が交わらないのかと悩む事になる。


関連タグ

仮面ライダー鎧武 高司舞 オルタナティブ舞
金髪 オッドアイ 謎の少女 始まりの男

pixivに投稿された作品 pixivで「謎の少女(仮面ライダー鎧武)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81119

コメント