ピクシブ百科事典

仮面ライダー鎧武

かめんらいだーがいむ

仮面ライダー鎧武とは、2013年10月から放送された『平成仮面ライダーシリーズ』第15作目である。全47話。
目次[非表示]

天を獲る。

世界を己の色に染める。
その栄光を君は求めるか。
その重荷を君は背負えるか。

人は、己一人の命すら思うがままにはならない。
誰もが逃げられず、逆らえず、運命という名の荒波に押し流されていく。

だが、もしもその運命が、君にこう命じたとしたら?
「世界を変えろ」と。
「未来をその手で選べ」と。
君は運命に抗えない。だが、

世界は君に託される。

概要

平成仮面ライダーシリーズ15作目。2013年7月25日に製作発表が行われ、10月6日から翌2014年9月28日まで毎週日曜午前8時放送。

本作では『仮面ライダー電王』からのダブルライダー路線を一旦廃し、当初から複数のライダーが主軸となって物語が進行する(制作発表の段階では5ライダーの存在が明かされ、最終的に本編で14人、劇場版や外伝作品も含めると現時点でシリーズ最多のライダーが登場している)。

本作は「伝統芸能的に固定化された特撮に、新たな風を吹き込みたい」という、『仮面ライダーOOO』等を担当した武部直美プロデューサーの意向の下、斬新な要素が多数取り入れられた。
まずライダーのモチーフとして、世界各国の鎧武者とフルーツという、風変わりなものが採用されている。前者の要素は前作との差別化、後者は低年齢層への玩具展開を考慮したバンダイ側の提案である。
ライダー達は戦極(せんごく)ドライバーを装着し、錠前(=ロックシード)を使って変身するという設定になっている。

更にはスタッフ構成においても、主題歌に湘南乃風(本作限定で「鎧武乃風」名義となる)、メインライターに虚淵玄という異色の人事となった。
虚淵氏は過去に『吸血殲鬼ヴェドゴニア』や『ブラスレイター』といったライダーオマージュ作品を手がけており、後者に至っては本場のライターである小林靖子と共に仕事していた。他にも氏はところどころで平成ライダーシリーズ(特に『仮面ライダークウガ』と『仮面ライダー龍騎』)の影響を受けている事をインタビューなどで語っており、平成ライダーの初期3作品を語る書籍にも寄稿していたりする。前々作の放映前には「虚淵玄が脚本を担当する」というデマがネット上に広まったが、まさか嘘が真になり本家を担当する事になるとは本人も思わなかったであろう。
そして虚淵氏のみならず、彼の所属するニトロプラスそのものが、本作に全面協力することになった。クリーチャーデザインに山田章博とNiθが参加、ニトロプラス社員の三杜シノヴ・山田外朗も衣装デザインに参加。サブライター陣はニトロ関係者から七篠トリコ、砂阿久雁、鋼屋ジンが参加、後に『がっこうぐらし!』にて注目を浴びる海法紀光が加わり、コラボ回担当の毛利亘宏以外の全員が実写未経験者の布陣となった。

登場人物

登場する仮面ライダーに関してはアーマードライダーの項へ。

チーム鎧武

メンバー名プロフィール
葛葉紘汰仮面ライダー鎧武に変身する青年で本作の主人公。ダンスチーム「チーム鎧武」のナンバー2だったが、現在はチームを脱退。
呉島光実仮面ライダー龍玄に変身する青年。「チーム鎧武」の一員で、紘汰の弟分。愛称は「ミッチ」。
高司舞本作のヒロイン。プロのダンサーを志す、紘汰の幼馴染
チャッキーチームでもトップレベルの実力を持つ少女。気が強く男勝りな部分もある。
リカマイペースだがチャッキーとも遜色ない相当のダンスの腕前を持つ。
ラット派手なパフォーマンス好むチームのムードメーカー。
角居裕也「チーム鎧武」のリーダー。紘汰やチームのメンバーを暖かく見守っている。戦極ドライバーを手に入れ、そのまま姿を消して行方不明になっていたが…。

チームバロン
メンバー名プロフィール
駆紋戒斗仮面ライダーバロンに変身する青年。「チーム鎧武」のライバルチーム「チームバロン」の元リーダー。
ザック仮面ライダーナックルに変身する青年。「チームバロン」の新リーダー。ダンスのスキルが高く、戒斗の右腕だった。
ペコ小柄だがダンスのキレが良い上にチームに対する忠誠心は高く、それ故にインベスゲームで勝つために卑怯な手段を使うこともある。

ユグドラシル・コーポレーション
メンバー名プロフィール
呉島貴虎仮面ライダー斬月に変身する青年。呉島光実の実兄で、巨大企業のユグドラシルコーポレーションの要職に就いている。
戦極凌馬貴虎の知り合いに当たる仮面ライダーデュークに変身する天才科学者。戦極ドライバーの開発者。
シド仮面ライダーシグルドに変身する錠前のディーラー。インベスゲームの参加者にロックシードを販売している素性不明の男。
湊耀子仮面ライダーマリカに変身する戦極凌馬の秘書。
DJサガラ謎のDJ。インベスゲームを流行らせた仕掛け人。
葛葉晶葛葉紘汰の姉。家計を支える為にユグドラシルコーポレーション傘下の会社でOLをしている。常に紘汰を温かく見守っている。

その他

阪東清治郎
沢芽市に受け持つフルーツパーラー「ドルーパーズ」のマスター。パフェを作る腕前は超一流。

謎の少女
鎧武になった紘汰が出会った少女。髪の色以外は舞と瓜二つである。

初瀬亮二
仮面ライダー黒影に変身する青年。「チームレイドワイルド」のリーダー。

城乃内秀保
仮面ライダーグリドンに変身する青年。「チームインヴィット」のリーダー。

凰蓮・ピエール・アルフォンゾ
仮面ライダーブラーボに変身する洋菓子店主。元軍人のオネエ系。

呼称表

が\に紘汰戒斗光実貴虎城乃内初瀬凰蓮ザック戦極凌馬
紘汰戒斗ミッチ貴虎城乃内初瀬シャルモンのおっさんザック湊さん戦極凌馬
戒斗葛葉呉島光実呉島貴虎城乃内初瀬凰蓮ザック湊→耀子戦極凌馬
光実紘汰さん駆紋戒斗兄さん舞さん??凰蓮ザック湊さん戦極凌馬
貴虎葛葉駆紋戒斗光実俺(または私)??初瀬亮二凰蓮?凌馬
紘汰戒斗ミッチ貴虎さん城乃内初瀬凰蓮様ザック湊さん?
城乃内葛葉戒斗ミッチ??初瀬ちゃん凰蓮さんザック??
初瀬?????城乃内凰蓮さん???
凰蓮みずがめ座の坊やムッシュバナーヌセパージュ坊や→偽者坊や→ミッチメロンの君?坊や坊やワテクシザック??
ザック紘汰戒斗ミッチ?城乃内?シャルモンのおっさん??
葛葉紘汰戒斗光実君呉島主任???凰蓮?プロフェッサー凌馬
凌馬葛葉紘汰駆紋戒斗光実君貴虎舞君????湊君

ライダー共通アイテム/用語

ロックシード
本作のキーアイテム。果物を中心に植物がモチーフの錠前。戦極ドライバーにセットしてライダーに変身する。

戦極ドライバー
本作の仮面ライダー共通の変身ベルト。ライダーによってバックルのプレートが異なる。

ゲネシスドライバー
新世代ライダーが使用する変身ベルト。

アーマードライダー
本作の仮面ライダーの通称。名づけ親はDJサガラ。

無双セイバー
鎧武、斬月、邪武、武神鎧武、鎧武・闇の基本武器。
鍔が銃になっている日本刀型の剣。セイバーモードとガンモードの切り替えが出来る。
弾薬には限りがあり、弾切れのリスクも存在する。再装填には反対側のレバーを引かなくてはならない。
また持ち手の底を一部のアームズウエポンとドッキングさせることができる。

ソニックアロー
正式名称は「創生弓ソニックアロー」。
新世代ライダーとジンバーアームズの共通装備。剣としても使える万能武器。
エナジーロックシードを装着すると必殺技を放つ。

沢芽市
紘汰たちが住む町。元々はどこにでもある地方都市の一つであったが、ユグドラシル・コーポレーションの参入により都心にも匹敵する大都市に発展した。

ユグドラシル・コーポレーション
沢芽市を支配する巨大企業。同市の発展に大きく貢献したが、強引なやり口で一部の市民からは嫌われている。

ビートライダーズ
ストリートダンスとインベスゲームに興じる若者の集団。
沢芽市のストリート文化の体現者たち。

ヘルヘイムの森
特別な果実が実る不気味な森。謎の異次元空間。

インベス
ヘルヘイムの森に住む謎の怪物。
一般市民にとっては、下記のインベスゲームで召喚されるゲームの駒と認識されている。

インベスゲーム
ロックシードを用いてインベス同士を戦わせるゲーム。要するにポケモンバトル。
表だっては語られないアングラの娯楽らしいが、沢芽市の若者は誰もが知っている。
ゲームプレイヤーの支配下にあるインベスは手のひらサイズの小動物にすぎず安全だが、コントロールを離れると巨大化して暴走するため、基本的には危険な遊び。

作風・総合的な評価

『龍騎』のように複数のライダーが登場する事、また『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』などを手がけた虚淵氏がメインライターという事もあって、「どんな鬱展開が来るか」「何人死ぬのか」と良くも悪くもストーリー展開に期待と不安の入り混じった声が見かけられた。
実際、序盤はライトな世界観が描かれ全体を通しても所々に明るいコメディシーンが見受けられるものの、徐々に陰鬱展開が目立つようになりファンの予感が現実のものとなった。終盤には明らかに子供を眼中に入れていない怒涛の鬱展開が繰り広げられ、平成初期ストーリー展開に慣れていない視聴者からすれば軽くトラウマものの作品である。

また登場人物、特にライダーは上記の光実を筆頭に、全員が人間的に問題点があるのも特徴。
虚淵氏にも「鎧武世界で一番の悪」と言われている凌馬はもちろん、お人好しの熱血漢である主人公の紘汰や、正義感の強いメインヒロインの舞、劇中のライダーの中では一番完成された大人である貴虎などでさえ、甘さ、激しやすさ、浅慮さからその場の対処法として適正でないと指摘される言動が少なからず見受けられ、演者からも最もヒーローらしいと評されているザックも、中盤での決心までは厭味な不良のように描かれていた。
加えてストーリー的にも登場人物は「他者と真剣に向き合う」ことに欠けている。互いが互いに感じている捉え方のズレが大きく、それがどんどん悪化していく、解決に莫大な時間と犠牲を要する、根本的な和解には至れないというパターンが多い。これらは「」「欲望」「友情」「希望」と形を変えて続けてきた平成二期前半の風潮と真っ向から反しており、本作の評価を分ける要因にも繋がっている。
逆に終始、欠点らしい欠点のない人格者として描かれていたのは絋汰の姉である晶か作中における「おやっさん」的ポジションの清治郎くらいであり、両者共に作中では、紘汰が悩んだり、道を誤りそうになった時に助言や忠言を送るサポート役程度で、ストーリーの根幹に関わってはいない(また、晶にも絋汰への対応に関する批判がないわけではない)。
虚淵氏も、意図的に「本当の意味で完成された人間」を一人も置かず敢えて登場人物の殆どを問題人物として描いたとコメントおり、そうした者達が主張の果てに少なくともハッピーエンドではない顛末を迎えるのは彼なりの意向あってのことなのだろう。

その一方で、各種ライダーのデザイン・アイテム・ネーミングなどの玩具展開に関わる部分については、コミカルさがかなり強調されており、ストーリー展開との落差が凄まじい。シリアスさを好む層にとっても、このギャップを「子供向け番組ならではの味」として楽しめるかどうかで意見が割れている。

ただ、「新たな風を吹き込みたい」という武部プロデューサーの発言は伊達ではなく、少々アウトローな作劇や過激な展開だけに留まらないいくつかの画期的な試みがなされている。
「怪人を倒せば良いだけではなく、ライダーはその背後にある世界を崩壊させる自然災害と戦い、対処法を見つけねばならない」という設定や、「秘密結社や怪人の組織ではなく世間で一定の信頼を勝ち得ている企業とそこに属する人間たちが敵」という世界観、またその企業の陰謀によって仮面ライダーが一般市民の偏見とも戦わなければならないという展開はそれを顕著に表していると言えるだろう。
また、本作では人間の中における社会性が強く描写されており、その例として変身への不自由な状況や無意味を懐疑する節もあり、「自分達が不利益を被るなら怪人が人間を襲おうと無視すべきである」という従来の『仮面ライダー』としての在り方を否定するエピソードも存在する。
更に新世代のドライバーによって性能の優位性を確保する面や、それに対抗すべく旧世代のドライバーの機能拡張を行うといった「装置」に対する現実性が強調されている。また、場合によって他人のベルトを強奪して主戦力として使うことも出来るのみならず、他のライダーの形態のアーマーを装着する互換性を持つ汎用性の高さを基本に置いている点もシリーズでは珍しい。

一方、『大人のルールに反目する子供達によって結成されたストリートギャング』、『主人公の前に巨大な障壁となって立ちふさがり、幾度も敗北や挫折を与え続けるライバル』、『凶悪な犯罪者が変身するライダー』など、厳格化するTV番組のコンプライアンスや、それを重んずるテレビ局や東映の意向に屈する形で断念したり、妥協せざるをえなくなった構想や設定も少なくないが、それらも無駄になっているわけではない。
例えば『大人のルールに反目する子供達によって結成されたストリートギャング』に関しては、コンプライアンスの柵が無い舞台版にてアイディアそのままに実現している。
『主人公の前に巨大な障壁となって立ちふさがり、幾度も敗北や挫折を与え続けるライバル』についても、「虚淵氏は当初より紘汰の一番のライバルとして設定された戒斗を、紘汰よりも遥か格上の存在として描きたがっていたがグッズの販促上の都合などで実現できず、結果としてバロンの戦績の悪さにも響いていった」というのが実態であり、劇中では貴虎が代替役を担っていた。加えて以降のシリーズにおいても近いポジションのキャラクターがいくらか見られている。
『凶悪な犯罪者が変身するライダー』に関しては、虚淵氏が『龍騎』の浅倉威の熱心なリスペクターであることに由来しており、実は凰蓮が本作序盤の「浅倉枠」として設定されたのだが、上記の事情や話の雰囲気などから凶悪な人物としては設定できず、劇中の役回りに落ち着いたという事情もある。また、凌馬や外伝作品の悪役のように「悪人らしい悪人」自体はある程度存在している。

また本作は初期のライダー作品、特に『クウガ』~『555』へのリスペクトという意味合いが強いとのこと。
近年導入されることが少なくなかった多人数ライダー制や、『クウガ』以降はほとんど用いられていない未知の言語を用いる人間とは異なる種の設定が改めて採り入れられている。
平成ライダー各作品のいくつかには、昭和ライダーの特定の作品をリスペクトしている傾向があるが、本作で平成ライダーは15作目。初期作品はすでにリスペクトされる対象になるほどの歴史を有しているのである。

いずれにせよ、不条理な世界に翻弄されながらも己の理想を叶えようと生きる人々を描いた物語として、本作が(主にネット上において)話題性の大きい作品であったことには疑いようがないだろう
平成ライダーでは最も好みの分かれる作品と評する声もあり、視聴率こそ大きく落ち込んだ本作ではあるが様々なファン層から支持を受け、その結果、本編終了後も外伝作品や完全受注生産の玩具が登場し続け、遂には本編終了から1年程度で変身ベルトが再生産されるライダー史上初の舞台化を果たす2020年になって再び続編の制作が決定するなど、『龍騎』や『電王』並の異例の事態が起きている。
この他、多人数ライダーの変身ベルトの共通化、平成二期のテイストを保ちつつも連続ドラマ性を強めたシリアスな内容など本作で採用された要素の多くは後続作品にも引き継がれている。

仮面ライダー龍騎との相違点

多人数ライダー制という背景から『龍騎』と似た様な雰囲気を感じさせるが、実は結構な違いもある。
『龍騎』は「選ばれた者が特殊な力を使い、叶えられない程の大きな望みの為に戦う」に対して、『鎧武』は「どこにでもいる人が特殊な力を使い、叶えられる様な小さな望みの為に戦う」といった違いが大きい。

また『龍騎』は殺し合いをする必要があり、戦いも降りられない状況下に対して、『鎧武』は殺し合いをする必要までは無く、戦いも降りようと思えば降りられる状況な為、生半可な覚悟で戦いに踏み込められる様な「緩さ」もある。
それもあってか『鎧武』では極めて人間的な承認欲求や自己顕示欲を求めていたり、境遇への強い不満の解消を持って戦いに至るなど「より身近な現代人」が多く、序盤で紘汰が「変身出来るようにはなったがその使い道に迷う」「強烈な敗北の中に味わった恐怖と挫折から戦意喪失する」という描写などは、まさに『ごく当たり前で人間的な弱さ』と『甘い気持ちで戦いに関わってしまった一般人の姿』を象徴としている。

しかしながら、こうした緩さと厳しさの違いをもちながらも奇しくも『龍騎』が「他者に戦いを強要される中で葛藤が生まれた」のに対して、『鎧武』が「自ら進んで戦いに挑み、その最中に覚悟が生まれた」という正反対な結末を辿ったのは、虚淵氏なりのリスペクトが成せる業なのかもしれない。

Vシネマ

本編放送終了後に公式スピンオフであるVシネマが登場した。本編に数多く登場したアーマードライダー達にスポットが当てられ、彼らの過去などが語られる。詳細はこちらの記事を参照。

第1弾は2015年4月22日(水)発売。仮面ライダーバロンと仮面ライダー斬月が主役を務め、本編中盤の裏で起きたエピソードが描かれる。

第2弾は2015年11月11日(水)発売。主役は仮面ライダーデュークと仮面ライダーナックル。前者は本編序盤を、後者は冬の劇場版『MOVIE大戦フルスロットル』終了後を舞台としている。

第3弾は2020年9月、正式続編が東映特撮ファンクラブにて制作されることが発表された。
主役は仮面ライダーグリドンと仮面ライダーブラーボ。現状、時系列的には最後の物語となる。

公式小説

  • 『REAL RIDERS 駆紋戒斗外伝』

2014年3月に発売された『仮面ライダー鎧武ザ・ガイド』に収録された、駆紋戒斗の高校生時代を描いたスピンオフ小説。時系列は本編開始の2年前。著者は江波光則。監修は虚淵玄。イラストはserori。

2016年3月23日(水)発売。著者は砂阿久雁。監修は虚淵玄と鋼屋ジン。
鎧武外伝2の完結編。同作に登場したカルト集団黒の菩提樹及びその組織を率いる狗道供界から沢芽市を守る為、呉島兄弟とその仲間達が戦いを挑む。

舞台化

舞台仮面ライダー斬月-鎧武外伝-
2019年3月より公演された舞台劇。
タイトル通り、斬月=貴虎が主役。小説版の後日談に該当する。

音楽

  • JUST LIVE MORE

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:鎧武乃風
OP曲。なお、「鎧武乃風」は湘南乃風の本作専用の名義である。

  • E-X-A (Exciting × Attitude)
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:tatsuo/歌:仮面ライダーGIRLS
1st戦闘テーマ。

  • Never surrender
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:五十嵐"IGAO"淳一/歌:TEAM BARON(駆紋戒斗・ザック・ペコ/CV:小林豊・松田岳・百瀬朔)
仮面ライダーバロンテーマソング。

  • 時の華
作詞:藤林聖子/作曲:NAOKI MAEDA/編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:仮面ライダーGIRLS
ジンバーアームズテーマソング。

  • Raise Up Your Flag
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:tatsuo/歌:葛葉紘汰(CV:佐野岳)
カチドキアームズテーマソング。TVSPでのEDにも採用。

  • 乱舞 Escalation
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:葛葉紘汰&駆紋戒斗(CV:佐野岳・小林豊)
極アームズテーマソング。

  • point of no return
作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:呉島光実(CV:高杉真宙)
仮面ライダー龍玄テーマソング。

  • YOUR SONG
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:鎧武乃風
劇場版主題歌。

  • Lights of my wish
作詞:藤林聖子/作曲:Ryo/編曲:Ryo・五十嵐淳一/歌:高司舞(CV:志田友美)

  • Unperfected World
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:Ryo/歌:駆紋戒斗(CV:小林豊)
上記二曲はVシネマ第1作の挿入歌。

  • Dance With Me
作詞:藤林聖子/作曲:五戸力/編曲:ats/歌:TEAM BARON(CV:松田岳/百瀬朔/小林豊)
Vシネマ2作目の主題歌。

余談

  • 『仮面ライダーも元は怪人』という原点を踏まえると、サラセニアンサボテグロン等の怪人の流れを汲んだ、植物モチーフの仮面ライダーとも言える。



  • 例年通り、コレクションアイテムが登場しているライダーだが、平成2期ひいては令和ライダーでも珍しく、汎用武器強化形態の武器を除き、個人武器の殆どがコレクションアイテムと連動しないという特異な立ち位置にあるライダーである。結果、玩具化を考慮していないデザインの武器が多数出揃った(玩具化されたのは主役3人のみで斬月以降のライダーや派生フォームのアームズウェポンは玩具化されていない)。

関連イラスト

ありがとう仮面ライダー鎧武
1年間本当にありがとうガ~~~~



関連動画




関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー 仮面ライダーガイム ガイムの日

鎧武外伝
小説仮面ライダー鎧武
天下分け目の戦国MOVIE大合戦
サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!
仮面ライダー大戦
MOVIE大戦フルスロットル
仮面ライダー平成ジェネレーションズ
仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL

呉島兄弟 木の実組 初瀬る

ニチアサ同期:獣電戦隊キョウリュウジャー烈車戦隊トッキュウジャー(30分前)、ドキドキ!プリキュアハピネスチャージプリキュア!(30分後)

仮面ライダージオウ:2018年9月から放送された過去作の平成ライダーが登場する作品。本作の登場人物やライダーも登場する。

獣電戦隊キョウリュウジャーEDにてチーム鎧武が【仮面ライダー鎧武 来週からよろしくね!さん】、次週ではメインキャラが【仮面ライダー鎧武 この後いよいよスタート!さん】として登場。

フレッシュプリキュア:同じくフルーツがモチーフになっているほか、「ダンス」「錠前とカギ」など共通点が多い。

ガイムニャンとゆかいな仲間たち:大人気ゲーム妖怪ウォッチとのコラボタグ。作中にフルーツ鎧武者といった亜種がいるマスコット的キャラが存在する。更に映画でのゲスト出演者が同じといった共通点もある。

キカイダーREBOOT:30話は当作とのコラボ企画回となっている。

無敵超人ザンボット3:人助けとして行ったつもりの行動が助ける側の偏見により非難されるという点で通じている。

仮面ライダーウィザード仮面ライダー鎧武仮面ライダードライブ

関連記事

親記事

平成二期 へいせいにき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー鎧武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22862512

コメント