ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

基本的には講談社で掲載されている(されていた)アニメ・特撮作品の小説化だが、稀に他社で掲載されていた作品の小説化や、設定やエピソードを持ってくるケースもある。

当初は『仮面ライダーシリーズ』のみだったが、2013年からは『スーパー戦隊シリーズ』が参入。2015年には『美少女戦士セーラームーンミュージカル』 と『プリキュアシリーズ』、2019年にはゲゲゲの鬼太郎も参入した。これらの作品には東映(東映アニメーション)作品という共通点があったが、2018年に円谷プロの『ウルトラシリーズ』が参入している。
ただし仮面ライダーやプリキュアと同じ東映製作のニチアサ作品であった『おジャ魔女どれみシリーズ』(おジャ魔女どれみ16シリーズ)に関しては、本レーベルではなく講談社ラノベ文庫の扱いとなっている。(本レーベル立ち上げ以前の企画作品であるため)

一部を除いて脚本家やプロデューサーなどの関係者が手掛けているため、小説として見るとやや記述が足りなかったり、逆に詳細過ぎたり、擬音が多かったりなどで批判を浴びることもあるが、概ね内容は好評である。

『小説仮面ライダードライブ』はシリーズ最速で重版がかかり、Amazonのランキングトップ10入りを果たすなど、話題を呼んでいる。

これらの小説は対象年齢が高めな作品が多く、子供向けとは言えない内容も少なくない。また、最近ではこのシリーズから派生した幼児向けストーリーなども展開されている(主にプリキュア)。

作品の移り変わりが激しく、現在は事実上プリキュアシリーズはリリース打ち切りとなっている他、スーパー戦隊シリーズの小説作品も和風戦隊のみしか刊行されていない。(戦隊は仮面ライダーとは異なり、パラレル設定を作りにくい他、映像作品以外で外伝を描きにくいからだと思われる。)
また、かつては存在した公式サイトもいつの間にか削除され、宣伝用Twitterアカウントも更新停止状態になっている。

基本的に1シリーズにつき1作小説化される傾向にあったが、ゲゲゲの鬼太郎が2作目以降出版された事を皮切りに、仮面ライダーシリーズもそれに続いている。

なお、本編の番外編と明確に位置付けられている作品は東映の公式設定に含まれており、巻末の年表には小学館で展開されたハイパーバトルビデオも組み込まれている他、漫画でも言及される事がある(普通、講談社で展開された番外編は小学館を主導とする本編の設定には組み込まれないからだ)。

挿し絵が無いため、映像作品に登場しない小説オリジナルキャラクターなどの描写が分かりにくいという難点もある(ゴ・ライオ・ダ仮面ライダーデスなど)。


作品の傾向

内容の傾向は大きく分けて3つ。

  1. 本編の総集編:一冊の本に本編一年分の内容を凝縮する純粋なノベライズ。さらに、中には新規のサイドストーリーを追加しているものもある(仮面ライダーカブト、ハートキャッチプリキュア!など)。
  2. 本編のリメイク・リブート:本編の世界観を再構築して別物にしたりというのが主(仮面ライダーアギト、仮面ライダー龍騎、仮面ライダーファイズ、仮面ライダー電王、仮面ライダーキバ、仮面ライダーディケイドなど)。こちらは本編と設定が大きく異なるパラレルワールドとなっており、ある意味『ディケイド』で言うところのリ・イマジネーションライダーとも言える。だが、TV本編ではあまり描写されなかった部分や設定を補完していたりもする。
  3. 本編の番外編や続編:本編の空白を埋めたり、前日譚や後日談、アンソロジー風だったりと様々。これらは本編と地続きの世界観であることを匂わせており、いずれも完全オリジナルストーリーとなっている(仮面ライダークウガ、仮面ライダーブレイド、仮面ライダーW、仮面ライダーフォーゼ、仮面ライダーゴースト、仮面ライダーエグゼイドなど)。上記の1・2と違い、内容を理解するため事前に本編を視聴しておくことが望ましい。なお、『鎧武外伝』はセーラームーン以来の舞台版のノベライズだが、舞台版の主人公以外の視点から描いたものとなっている為、これも舞台版の視聴が前提となっている。


作品一覧

仮面ライダーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ


プリキュアシリーズ


ゲゲゲの鬼太郎


その他


外部リンク


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ プリキュアシリーズ一覧 セーラームーン
小説仮面ライダー 仮面ライダーシリーズ

異形の花々』:井上敏樹による『仮面ライダー555』の公式ノベライズ。2004年8月発売。こちらも講談社より発売された。上記の『小説 仮面ライダーファイズ』はこの作品に後日談を追加した物

仮面ライダー1971-1973』:初代ライダーを元にしたIF小説。かつて講談社から発売されたが、後にエンターブレインから完全版が発売された。

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT 2WORLD 1HEARTS』:真野勝成による『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』(『仮面ライダー龍騎』の北米向けリメイク)の公式ノベライズ。講談社ではなくイースト・プレスから発売された。TVシリーズの直接の後日談となっている。日本国内でのみ発売。

関連記事

親記事

講談社 こうだんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「講談社キャラクター文庫」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました