ピクシブ百科事典

小説仮面ライダークウガ

しょうせつかめんらいだーくうが

講談社キャラクター文庫より発売された、荒川稔久による小説。
目次[非表示]

概要

2013年に講談社キャラクター文庫から発売された『小説仮面ライダーシリーズ』の1冊。作者はTV本編のメインライターも務めた荒川稔久
特撮番組『仮面ライダークウガ』の続編として書かれており、TV本編の13年後を描いている(実質的な続編である仮面ライダーアギトは登場しない)。
TV本編から変わることのない緊迫感に満ちたグロンギ追跡劇と、自由闊達とした既存の「クウガ」キャラの13年後の姿が見どころである。
時事ネタなどが多いのも特徴であり、「TV版の13年後の世界」であることが殊更に強調されている。

主要人物

一条薫

本作の主人公。今年で37歳になるが、本人の希望もあって未だに警視庁の第一線で活躍する敏腕刑事
おやっさんに「コートのハンサムさん」と称された容貌も健在であるが、未だ女性の影が見えないため、周囲からあらぬ噂を立てられる事も。実加にも少なからず好意を寄せられている。

夏目実加

ン・ダグバ・ゼバに殺された夏目教授の遺児。現在27歳で、一条の部下(厳密には杉田の部下だが)として配属された女性刑事。童顔で15,6歳くらいに見える外見とのこと。
明るく頭脳明晰だが、父親の一件もありグロンギには凄まじい敵意を向ける。
実は、彼女には物語の核心に迫るある秘密が隠されている。

杉田守道

未確認生命体対策本部で一条の同僚であった刑事で、現在は捜査一課特殊犯捜査第四係の係長。ハゲが進行しているため、潔くスキンヘッドにした。
未確認生命体が関わっているとされる事件を追っており、一条と実加を招聘して臨時のグロンギ対策チームを結成する。

榎田ひかり

科警研の女性科学者で、13年後もその明るさと天才的な才能は健在。当時小学生だった息子の冴は現在大学生になっており、「鉄ちゃんアニオタミリオタ」との事。
本編同様、新たに出現したグロンギに対して毒物の分析や有効な新型神経断裂弾の開発などを行う。

沢渡桜子

13年前から未だ継続中である超古代文明の研究の傍ら、母校である城南大学の准教授として教鞭を執っている。雄介の帰りを今なお、誰よりも強く待ち続けている人物の一人。
「闇の棺」の存在を示唆する碑文から、新たなグロンギの復活を危惧する。

おやっさん(飾玉三郎)

「まもなく還暦を迎える」らしいが、変わらず喫茶「ポレポレ」のマスターをしている。
オヤジギャグや趣味のスクラップ帳も健在で、本作ではポレポレの前身が明治二十二年創業の「飾食堂」である事が明かされた。また、伽部凛の熱烈なファン。

四方みのり(五代みのり)

五代雄介の妹で、二年前に「元プロレスラーの整体師」なる人物と結婚し姓が変わった。
二ヶ月前には第一子の「雄之介」が誕生しており、現在は子連れでポレポレの手伝いをしている。



中田浩市

本作オリジナルキャラ。酸素カプセルのバルブを製造、販売する会社社長
何者かによって惨殺されるが…。

伽部凛

本作オリジナルキャラで、新進気鋭のアイドル歌手
老若男女から愛され国民的な人気を誇る。おやっさんもファンの一人。

郷原忠幸

本作オリジナルの国土交通省副大臣。36歳と若いが、その甘いマスクと大鉈を振るう豪快な政治方針で人気を博している政治家

ラ・バルバ・デ

バラのタトゥの女(=未確認生命体B-1号)。大方のファンの予想通り生き延びており、13年の時を経て更にその妖しさを増している。
「闇の棺」のからグロンギを解き放った張本人であり、一条と実加に「最後のプレイヤー」について警告した。

五代雄介

おなじみのクウガだが、13年前の最終決戦の決着後に姿を消してから未だ行方不明のまま。
劇中では、TV版最終回「雄介」のEDで見せたどこか遠い国の海岸での光景が一条の夢の中の出来事である可能性が示唆されている。

用語

闇の棺

九郎ヶ岳遺跡(「光の棺」)と対になる、より小規模な遺跡。夏目教授は生前この存在を論文に記していたが、その論文が最近まで未発表のままであったため長らくその存在は秘匿されていた。
超古代のリントは、その存在について「闇の棺も大いなる光の棺と等しく守らねばならない。闇の棺を忘れてはならない」と記している。

クウガ・プロトタイプ

クウガの称号を与えられたもう一人のリントの戦士であり、「闇の棺」に数体のグロンギを封印した後、自ら命を絶った。「闇の棺」は彼を弔い、祀った遺跡でもあったため、同じくその存在は闇に葬られていた。

リオネル

成徳薬品から数種類が販売されている栄養ドリンク。飲めば立ち所に笑顔になるなど即効性が強く、子供でも飲めるため、空前のヒット商品となった。

シークレット・シグナル

伽部凛のデビューシングル。デビュー前に事務所が試験的に発売したインディーズ版と、それが予想以上にヒットしたため改めて大手レーベルから発売されたメジャー版が存在し、それぞれ歌詞やアレンジが異なる。

余談

劇中の発言や地の文などでペガッサ星人ゴジラが登場しているため、クウガ世界では、『ウルトラセブン』や『ゴジラ』など特撮番組や特撮映画が放送されている(あるいはされていた。TV版では「マシュランボー」が放送されていたことが確認できるのでされていてもおかしくない)ことが示唆されている(ある意味メタ発言ともとれるが)。因みに作者の荒川は帰ってきたウルトラマンの大ファンとしても知られている。

さらに阿部定事件東日本大震災なども過去に発生したことになっており、赤いトラクターで有名な小林旭などの芸能人も存在している。

これらのような実在するものを出すことによって仮面ライダークウガという特撮のリアリティーが強調されているといえるであろう。

関連項目

講談社キャラクター文庫 仮面ライダークウガ

クウガ・プロトタイプ アルティメットフォーム 東京タワー ゴウラム
ザルボ ゲラグ ゴ・ライオ・ダ

爆竜戦隊アバレンジャー:「アイドル歌手が出る」「妙なドリンクが流行る」など22話・23話に小説クウガと類似した展開がある

pixivに投稿された作品 pixivで「小説仮面ライダークウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10321

コメント