ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドンドクドンダZ

どんどくどんだぜっと

『マリオ&ルイージRPG3DX』の『クッパJr.RPG』に登場するサプリメントである。
目次 [非表示]

概要編集

※本記事は『クッパJr.RPG』中盤のネタバレを含みます。










物語の中盤、ズツーダレイクにて、サプリの素材を集め、カメックの知り合いガリナールZをつくってもらった。気がつけば、クッパJr.カメックモートンたったの3人。




「彼ら」はずっと、このタイミングを狙っていた…




そこへ現れたSSカンパニーの二人、スーリムキュットムチオはクッパ城を見守っているとのこと)。キュットがガリナールZをクッパJr.から奪い、スーリムは毒キノコの2000倍もの毒を持つドンドクガエルを手にしていた。そしてそれらを調合すると、ドンドクドンダZが完成した。


ガリナールZの爽やかな水色、中心には顔のような絵が描かれており、彩る黄色。その水色は毒々しい紫色に、黄色は苦味を含んだような緑色(顔のような絵も若干変わっている)へと姿を変えた。それをなんとモートンに飲ませて暴走させ、クッパJr.達を絶望のどん底へと叩き落とした。ドンドクドンダZを噛み砕いて飲んだモートンは「甘い」「苦い」などとあたかも味が矛盾しているかのように呟いていた。カプセルの外側(紫色の部分)は甘く、内側(緑色の部分)は苦いのかもしれない。




そして、彼らの真の目的は、このドンドクドンダZを使ってキノコ王国を壊滅へと陥れ、王国を支配することであることが明かされ、更には自らのボスであるゲラコビッツを裏切る計画も判明する。


作用編集

スーリム曰く、このドンドクドンダZは全身の筋肉細胞を活性化させる上に、ドーパミンエンドルフィンにも働きかけ、飲んだ者の潜在能力を引き出すとのこと。キュットの付け足しによると、簡単に言えば超凶暴になるということだそう。

これを服用した者たちは皆、苦しみ悶えた末に自分の心を失くし(モートンはクッパJr.たちの事がわからなくなっり蹴散らしていた)、歯向かう者たちには容赦なくぶつかっていった。


そして最後は彼らさえも…


英語版では編集

ドンドクドンダZはMalatone Formula:X、ドンドクガエルはMalodorous Fibbianと表示される。


また、設定も多少異なり、ドンドクガエルの毒は毒キノコの100倍へと減量されている(とはいえ途轍もない量ではある)。しかし、ドンドクドンダZそのものは、全身の筋肉細胞を活性化させたりするところなどは同じだが、飲んだ者のDNAの97%を変更したり、挙句の果てに脳細胞を停止させるなど、何かと物騒である。


関連タグ編集

マリオ&ルイージRPG3!!! クッパJr.RPG SSカンパニー ガリナールZ メタコロ病 毒薬

関連記事

親記事

SSカンパニー しゅんさつかんぱにー

兄弟記事

  • KGS3C きゅうきょくがったいすーぱーしゅんさつかんぱにー
  • キュット きゅっと

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました