ピクシブ百科事典

ゲラコビッツ

げらこびっつ

ゲラコビッツとは、任天堂のマリオシリーズのキャラクター
目次[非表示]

概要

マリオ&ルイージRPGから初登場。天才的な頭脳を持つマメーリア人の科学者。
一人称は「ワレ」で、話す時は語尾に「るるる」をつける。
『マリオ&ルイージRPG』シリーズでは初代から3まで皆勤で登場していた。

各作品における活躍

マリオ&ルイージRPG

初登場。ゲラゲモーナの手下として、装置の開発からマリオ達の妨害といった暗躍を続ける。
ストーリー中盤、アハハ・アハデミーにおける戦いでマリオ達に敗れ重傷を負ったゲラゲモーナをエネルギー体に変え、スタービーンズの暴走に巻き込まれ気を失っていたクッパの体に注入して「ゲラクッパ」として復活させた。

その後、ストーリー終盤においてクッパ城で真の姿となり、ドーム型の兵器を駆使してマリオ達に襲いかかるも敗北。
やられたフリをしてマリオ達に不意打ちを仕掛けるも反撃され、城から殴り飛ばされて退場していった。

表向きはゲラゲモーナに忠誠を誓っているが、内心では人使いが荒い彼女を快く思っていないらしい。
しかし、自身でもとどめを刺せた、あるいは力を吸収できたであろう瀕死のゲラゲモーナをわざわざ復活させ、以後も彼女の部下として動くなど、従者としてはかなりマトモな方だった。「陰の黒幕」として振舞っていた可能性もあるが。それなら一応『3』で叶ったことになる。
紙なども含めた他の作品なら、この時点で間違いなく裏切っていただろう
マリルイRPGでも、『4』でそれ以前の作品では利用されるだけだったクッパが、なんと当作の黒幕を逆に裏切り自身がラスボスとして振る舞った。紙とのコラボタイトルでは両方のクッパが互いに裏切る気マンマンだった(実際にはそれを明かしあった後も最後まで共闘し、果ては合体までしたが)。

リメイク版に当たるマリオ&ルイージRPGDXの追加シナリオ『クッパ軍団RPG』ではコクッパをはじめクッパ軍団を手中に収め、マメーリア王国を侵略していた。

マリオ&ルイージRPG2

現在のキノコ城の地下で「ゲラコビッツ・サロン」なる店を開業し、マリオルイージに復讐する為に軍資金を稼いでいた。本編ストーリーに関わる事はない。

レアなバッジをマメと交換してくれる。
大人のマリオ達が直接顔を合わせる事はなく、べビィマリオ達でなければ出会えない。また、ベビィ達の姿を見て少なからず怪しむ様子はあるものの、彼らの正体に気付く様子はなかった。

マリオ&ルイージRPG3!!!

物語の黒幕として登場。
ダークスターを復活させてキノコ王国を支配しようとメタボスとともに計画を進めていた。
しゃべる際のSEは専用のものになっている。

復活したダークスターのパワーを奪ったものの、調子に乗って挑んだクッパに返り討ちにされ虫のような変わり果てた姿となった。その後ダーククッパに吸収され、ダークスターとしての力の完全な復活を許した。
ダーククッパとの戦いのさなかに体内から吐き出されてクッパに吸い込まれた彼は、体内にいたマリオ達と戦うも敗北。今回も悪あがきとして自爆して道連れにしようとするも失敗、爆発の勢いでマリオ達はクッパの体内から脱出していき、彼はそのまま消滅していった。脱出自体はそれ無しでも可能ではあったが。

戦いに敗れ変わり果てた姿になり、クッパの体内で再戦するも敗れそこで消滅する末路はかつての上司ゲラゲモーナとよく似たものだった。

また、本作以降はクッパ、及びクッパ軍団の宿敵と言う位置づけになっている。

リメイク版に当たるマリオ&ルイージRPG3DXの追加シナリオ『クッパJr.RPG』ではメタボス以外にもSSカンパニーを雇っている。ちなみにこの3人組はメタボスと反目している模様で、最終的にはゲラコビッツをも裏切り自分達で世界を支配しようと企んでいた。
メタボスも原作の時点で忠実だったが、追加キャラとの対比でゲラコビッツがより一層忠臣に見える。最近の作品でのキャラであれば裏切りを企てたのかもしれない。

また、料理の才能もあるようで、クッパを太らせるために作った高カロリー料理が彼から絶賛されていた。

戦闘能力

ゲラコビッツ本人と戦う機会は、全シリーズを通して計4回。その内の二回は、無印における戦いとなる。

一度目はストーリー序盤にて、クッパ軍団が操るカメジェットに奇襲をかけてきた時。この時は半ばチュートリアルに近い戦闘でもあるので、クッパのアドバイスにより、攻撃前のセリフや動きをよく見れば難なく倒せる。

二度目の戦闘は、ストーリー終盤におけるクッパ城において。自分の顔を模したドーム状のマシンに搭乗している。
何度も攻撃すると光球で反撃してくるが、直後にオーバーヒートを起こしてマシンから飛び出すようになる。

三度目以降の戦闘は、3においてストーリー終盤のピーチ城内会議室にて行われる。
ピーチ姫を利用して覚醒させたダークスターから力を吸収した事でダークゲラコビッツとなり、頭に「すいとりマシーン」というマシンを取り付けた姿でマリオ達やクッパの前に立ちはだかる。

一応部下のメタボス戦にも登場しているが、こちらではクッパ操作時のチュートリアルの役割を持っており、クッパの豪快なパンチ攻撃やガードを恐れるあまり、アクションコマンドのタイミングの計り方を教えてしまっている。

フリュリュリュリュ


そして、最後の戦いは同作におけるラスボス戦。前半はダーククッパとの戦闘になるが、ダーククッパが巨大化している時に攻撃すると体内に吸収されていたゲラコビッツが吐き出され、それをクッパが吸い込む事でマリオ達が直接叩く事になる。
ゲラコビッツ本体は彼の顔に細い手足が生えた虫のような不気味な外見となっており、その頭からアンテナのようにダークスターコアが伸びている。

その他

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではスピリットとして登場。
ボス戦時は、宿敵であるクッパ軍団の幹部、イギー(のコピー)に憑依しており、体力制乱闘となる。コピーであるにしろ、何度も自身が手駒にしてきたクッパ軍団の一員の体を使う辺り光の化身キーラの手駒にされても相変わらず。

関連イラスト

天才的な頭脳を持つ科学者



関連タグ

任天堂 マリオ
マリオ&ルイージRPG

マッドサイエンティスト

関連記事

親記事

ゲラゲモーナ げらげもーな

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲラコビッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193731

コメント