ピクシブ百科事典

クッパ軍団

くっぱぐんだん

【キャラ一覧あり】マリオシリーズに登場するクッパが率いる敵キャラクター。
目次[非表示]

始めに

概要の通り、クッパ軍団はクッパ率いるいわゆるマリオシリーズにおける「敵キャラ」の総称。
マリオルイージが最終的にクッパと対決する作品にて、様々なキャラクターが登場し、マリオシリーズが回を重ねるごとに軍団に所属する敵のバリエーションが増えている。

基本的にマリオシリーズ内での敵キャラはクッパ軍団の一員であることが多いが、例えば「クリボー」でも、キノコ王国を裏切ってクッパ軍団に属する者もいれば、裏切る事無くキノコ王国で平穏に暮らす者、何処にも属さないでフリーで活動する者もいる。
また恐竜ランドドラボンライタ(チビライタ)ブイブイの様に、地元をクッパ軍団に制圧された事で無理矢理従わされている者もいれば、ノコブロスのように、かつて一般住民だった者が自分達からクッパ軍団に加入した経緯が描かれているキャラも存在している。
また、同じ種族の敵キャラでもクッパ陣営に就く個体もあれば、「マムー軍団」などの第3勢力に就く個体もいる(例:ヘイホー)。
マリオ&ルイージRPGシリーズ」に登場する「マメボー」「ゲドンコ星人」等一部のキャラクターはクッパ軍団に属する個体が一切おらず、他の敵勢力の一員・あるいは何処にも属さないフリーとして襲ってくるケースもある。

また、「クリボー」「ヘイホー」「ノコノコ」「パックンフラワー」等、いわゆる「ザコ」に相当する敵には「ヤミクリボー」「竹馬ヘイホー」「ウラノコノコ」「ファイアパックン」等の多種多様な亜種が多数存在するが、本項ではそれら亜種の大元となる「広義での種族」かつ「クッパ軍団員」のキャラを紹介する。

主な構成員

クッパ

クパー


カメ一族の大魔王として君臨する、クッパ軍団の総長。マリオの永遠のライバルであり作品ごとに様々な悪事の首謀者として登場。アジトに巨大な城を構えており、飛行船を使って大規模な悪事を働くが時にはマリオと共闘する事も。

クッパJr.

I'M THE BABY GOTTA LOVE ME


クッパの1人息子(カメ帝国の王子)。父親同様、傍若無人かつワガママな性格だが頭が良く部下思い。そして未来の大魔王。機械に強くマシンやクラウンを使いこなす。

カメック

カメック


魔法使いのカメ族。『スーパーマリオワールド』に初登場。
雑魚敵として多数登場する作品もあるが、『ヨッシーのロードハンティング』ではボスキャラ格に昇格し、『ヨッシーアイランドシリーズ』や『NewスーパーマリオブラザーズWii』等では、クッパの側近及び参謀格として扱われる事も多い。
先代の頃から仕え、クッパには幼い頃からこき使われているが、同時に彼に対する忠誠心も非常に強く、クッパが多くの部下達に慕われている事について理解している者の一人。神経質で嫌味な性格をしている。
なお、日本ではどちらも「カメック」の名称で通しているが、英語圏では種族としては「Magikoopa」、固有名詞としては「Kamek」という名前で分けられている。

クッパ7人衆(旧名:コクッパ)

【ハロウィン】オレ達イタズラ大好きさ!【マリオ】
クッパ7人衆


ラリーモートンウェンディイギーロイレミールドウィッグの7人で構成されている。
互いの関係性はれっきとした兄弟であり長兄はルドウィッグ、末弟はラリー。『スーパーマリオワールド』を除き、誰1人として同じ戦法を取らないため注意が必要。
元々は「クッパの子供達」という設定だったが、クッパJr.の登場に伴い手下に設定変更され、かつ性格や言葉遣いも大幅に変わっている。
現行作品ではクッパを「クッパ様」、クッパJr.を「ぼっちゃん」もしくは「クッパJr.様」と呼んでいる。

ブンブン/プンプン

Boom and Pom


カメックやクッパ7人衆に次ぐ実力者。ブンブンは『スーパーマリオブラザーズ3』で、プンプンは『スーパーマリオ3Dランド』にて初登場。
クッパ軍団の中では前線部隊の指揮官的存在となっており、主に砦のボスとして登場。他にも艦隊や戦闘機部隊の指揮官を務める事もある。
『3』以降は忘れられていったキャラクターだったが、『3Dランド』で復活して以降は存在感を見せる様になり、ブンブンが『マリオテニスエース』にて、プンプンが『スーパーマリオパーティ』でプレイアブル化も果たしている。
ブンブンは基本的に両腕を振り回しながらの体当たり攻撃が中心であるが、両腕を羽根に変化させて飛翔したり、マリオ以上の高いジャンプ力も発揮する。『NewスーパーマリオブラザーズU』ではカメックの魔法によるサポートを受けて巨大化する等、更にパワーアップしている。
一方、プンプンの方はパワー重視のブンブンと対照的にスピード重視の戦法を得意としており、複数に分身したり、ブーメラン手裏剣による投擲攻撃を得意とする。

ブロス隊長

クッパ軍団内で上級兵となるブロス系の団員をまとめ上げる隊長。『スーパープリンセスピーチ』に初登場。
ハンマーブロス達の甲羅やメットが緑であるのに対し、ブロス隊長の甲羅やメットは黒となっている。軍団内での地位はブンブンあたりと同格と思われ、登場した作品内では、クッパの側近的役割を務める事もあった。
ハンマーブロス達よりも上位だけあって戦闘力は高く、ハンマーを投げて跳躍し回りながら部下のハンマーブロス達をけしかけてくる。また、知略にも長けており、元・キノコ王国の住人であったクリボーを利用してキドアイラックの杖でピーチ城内を混乱させ、その隙にハンマーブロス達を大量に突入させる作戦指揮を執り、マリオやルイージを捕縛するという成果を挙げている。
何気に、クッパ軍団内ではマリオとルイージに初の黒星を出したと言える。

代表的な団員

ここから紹介するのは、初期のマリオシリーズ作品より登場してきた敵キャラに限定する。

ノコノコ/パタパタ

クッパ達同様カメ一族で、クッパ軍団の兵士達の中では最古参の存在。
羽の生えたノコノコは、パタパタという名称で呼ばれている。また、キノコワールドの様々な場所で生息し、踏むと球体状の爆弾となって爆発するノコボンといった近縁種も存在する。
マリオにいくら踏まれてもヒビ一つ入らない頑丈な甲羅を身にまとっているが、ファイア攻撃やスピンジャンプにはさすがに耐えられない。また、逆にその頑丈さを利用される事も多い。
当初は4足歩行であったが、現在は2足歩行となっており、身長はキノピオとほぼ同じである。
また、甲羅の色も様々で、その影響で甲羅を口に含んだヨッシーに様々な能力を与える事もある。

クリボー

キノコ王国を裏切ったキノコ族。通称「キング・オブ・ザコ」。
羽の生えたパタクリボーや近縁種と思われるチビボークリボン等も存在する。
自らの保身に走って裏切ったに過ぎない為か、大して強くはなく、また他の元からのクッパ軍団のメンバーからは「信用のおけない存在」と見なされる事も少なくない。特にコクッパからはぞんざいな扱いを受ける事が多かったりする。

ヘイホー/ムーチョ

恥ずかしがり屋な性格から、お面と頭巾で素顔を隠しているのが特徴。
派生種として口の部分から弾丸を放つムーチョなどが存在する。
当初は『スーパーマリオUSA』に登場するザコ敵に過ぎなかったが、後の作品ではクッパ軍団の一員としても登場する様になり、やがてコクッパ直属の部下として扱われるようにもなった。

パックンフラワー

主に土管に潜んでいる植物の怪物。
火を放つファイアパックンや、冷気を放つアイスパックン、シューリンガンというトゲ付鉄球を吹いているフーフーパックンといった派生種もかなりいる。
踏みつけで倒せる事は殆ど無く、ファイアといった特殊な攻撃で無いと倒せない。

プクプク/ブクブク

の姿をしたクッパ軍団の水中戦要員。
水中眼鏡を付けて一直線に進んでくるブクブクといった派生種や全身にトゲの生えたトゲプクといった近縁種もかなりいる。
左右を一定的に動き回ったり、海から勢いよく地上にジャンプして体当たりする。一方、大きく成長すると、海中内では小さなプクプクを吐き出す程度だが、水面下の状態となると狂暴で泳ぐスピードも速くなり、マリオやルイージに襲い掛かって丸飲みしてしまう事もある。

ゲッソー

イカの姿をしたプクプク等と同様の水中戦要員。
小さなゲッソーを従えて放つ子連れゲッソーといった派生種もいる。
主に下から斜め上に移動してマリオの行く前を妨害し、プクプク等と比べると避けるのが難しい。また、空中を飛ぶように移動するタイプも存在する。

メット

ファイアの利かないノコノコ以上に頑丈な甲羅で全身を覆っており、主に地底エリアで活動する。
羽根を生やしたパタメットや甲羅の上部にトゲを生やしたトゲメット、怪力で特殊なブロックを投げ飛ばすリフトメット、ノコボンと同様に踏むと爆弾になるノコボンメットといった近縁種もかなり存在する。
地上だけでなく天井に這いつくばっている者もおり、特に天井に這いつくばっている方は、地上にマリオの存在を感知すると、自ら回転しながら体当たりを仕掛けてくる。

ジュゲム

雲に乗ってハイポというトゲ付のボールを空中から投下してくる厄介な存在。甲羅がある為、一応カメである。
アイテムを付けた釣竿を使ってマリオをおびき寄せようとするタイプや土管の中に入ってハイポを投げつけてくるタイプも存在する。

トゲゾー

メットと近縁種と思われる存在で、甲羅の上に沢山のトゲを付けているのが特徴。主に、ジュゲムがハイポとして投げつけてくる。
当然、踏みつけでは倒せないどころか逆にダメージを受けてしまう事になるのだが、ファイア攻撃には弱いという欠点もある。

ハンマーブロス

クッパ軍団の中では上級の兵士。主にハンマーを投げつけた攻撃を得意とする。
ブーメランを投げるブーメランブロスや火の玉を放つファイアブロス、氷の玉を放つアイスブロス、巨大でハンマーの他に地震も起こすメガブロス(ヒマンブロス)等、多種多様な派生種が存在する。
耐久力はノコノコに比べると低いが、武器を投げつけながら跳躍しまわる等、攻撃面に関しては非常に厄介で、場合によっては2体で攻撃したり、そのまま前進してくる場合も。
その攻撃パターンからジャンプで倒すのは難しい。

キラー

キラー砲台と呼ばれる砲台から発射される弾丸の姿をした一員。
巨大な姿をしたマグナムキラーといった派生種や、水中で活動するトーピードーといった近縁種も存在する。
基本的には一直線に突っ込んでくるだけだが、反転して戻って来たり、マリオを追尾して追ってくる厄介な存在も存在する。また、砲台が複数あると更に倒すのが厄介になり、砲台自体が障害物となって進みにくくなる事も。

ワンワン

鎖に繋がれた鉄球の姿をした一員。
通常の攻撃が殆ど利かない上に、非情に狂暴ですぐ噛み付いてくる為、素早く対応しないと容赦無くダメージを受ける事になる。
巨大なタイプも存在し、何処までも追いかけてくる場合もある。

バブル

溶岩の中から飛び出してくる火の玉の姿をした敵。
蛇の様に炎をまとって異常を這うファイアスネークといった近縁種も存在する。
登場する作品での役割は殆ど変わらないが、殆どの攻撃が利かないのが特徴で、ハンマーやアイスといった特殊な攻撃で無いと倒せない厄介な存在。

カロン

ノコノコが骨になってしまった存在。
踏みつけるとバラバラになってしまうが、一定時間が過ぎると元の姿に再生する。
当初は4足歩行であったが、後にノコノコと同様2足歩行で歩くようになり、また自らの骨を投げつけてくる者も稀にいる。

ドッスン

石の顔面像のような姿をした一員。
普段は高所に潜み、マリオの存在を感知すると、勢いよく落下してくる。潜んでいる場所によっては、避けるのがかなり難しくなる事もあり、連続で続く形で潜んでいる場合も。
また、左右に移動するタイプも存在する。

テレサ

オバケの姿をした一員。
大型のアトミックテレサやブロックに変身するブロックテレサといった派生種も存在する。
基本的に憶病で恥ずかしがり屋の為、正面を向かれると顔を隠して動けなくなってしまうが、背中を向けると何処までも追ってくる。

ボム兵

その名前の通り爆弾の姿をした一員。
炎をまといながら空を飛んで追尾してくるケロンパといった近縁種も存在する。
踏みつけると動かなくなるが、しばらくすると爆発して周囲の敵・味方を見境なく吹き飛ばす。また、作品によっては一定時間を過ぎただけで自動的に爆発する事も。


その他軍団員一覧

あ行

アイクン アイスどんけつ アセカキくん あほーむし アリジゴくん アリへい イワンテ ウニラ ウンババ オズモーン おばけだま

か行

ガサゴソ カチカチくん カニスキー ガボン ガマグチクン カンテラくん キラーピアノ キラーブック グースカ クモクモーン クリボン K・K けめくじ ゲロゲーロ コカメック

さ行

サンボ スライム セノビー

た行

タコボー タンクロー チョロプー チョロボン つぼおばけ ドラボン ドングル どんけつ ドンブリブロス

な行

にゅうどう ニセフラワー ノモズ

は行

バクバク バサバサ ハックン バットくん パンジーさん バッタン ハッチン パラレラー ビリキュー フィッシュボーン プーリーボス プチプチくん ブツブツくん ブル ベーゴマン ポイハナ ホネホネりゅう ボロドー

ま行

マネック マメさん マントガメ ミットさん ミニクッパ ムシャムシャ メカクッパ メカハナチャン メンボ

ら行

ライタ

わ行

ワタボー

関連イラスト

幼馴染



関連タグ

任天堂 マリオ(スーパーマリオ) スーパーマリオ マリオシリーズ クッパ
大乱闘スマッシュブラザーズX 亜空の使者:クッパ軍団が亜空軍配下の兵士として登場

関連記事

親記事

マリオシリーズのキャラクター一覧 まりおしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クッパ軍団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80867

コメント