ピクシブ百科事典

カジオー軍団

かじおーぐんだん

カジオー軍団とは「スーパーマリオRPG」に登場する軍団。
目次[非表示]

任天堂スクウェアが共同で作り出したスーパーファミコン専用ソフト「スーパーマリオRPG」に登場するキャラクターである。

説明

スーパーマリオRPGの敵役として登場する集団。
武器世界という異世界からやってきた存在。

ケンゾール

カジオー軍団の一員で、剣の姿のボス。常にホッピングのように跳ねている。炎を操る。ヘイパーに似た親衛隊を4体従え、キノコ城を乗っ取った。ストーリーの展開上、台詞が極端に少ない。

ヘイパー
剣に乗ってホッピングをしているケンゾールの部下。ヘイホーの姿をしている。ジャンプ攻撃が得意。

ヘイパワー
ヘイパーの上級種。武器世界に登場する。

ユミンパ

カジオー軍団の一員で、弓の姿のボス。語尾に「ニャ」をつけて話す。ローズタウンの住民の頭上に1000本もの矢を放ち、動けなくしていた。A・Y・X3色のコマンドパネルによるコマンド制限と、雷を操った戦闘が特徴。彼が射たコマンドは敵味方ともにしばらく使えなくなる。やや短気。

アーロン
ユミンパの部下で彼の放つ矢。戦闘で登場することはなく、ユミンパ戦の後に少しだけ登場するほか、カジオー戦で名前が明かされる。

ヤリドヴィッヒ

カジオー軍団の一員で、槍の姿のボス。出世に命をかけていて、そのためには罪のない老人を苦しめる事(本人曰く、くすぐる(※)事)も厭わない。リップルタウンの村長を人質に、住人を倉庫に閉じ込め、分身とともに化けていた。本人は完全な扮装のつもりだが怪しいことがすぐにわかる。マリオ達の取って来たスターを奪いオノフォースに乗って逃げようとしたが、オノフォースが到着せず失敗。仕方なく泳いで逃げようとするが、ジョナサンと部下達に阻まれ、マリオ達と戦うはめになる。分身を作り出して攻撃してくる。

※実際、度を超えたくすぐりで強制的に笑わされるのは体力を消費し、呼吸困難に陥るので、拷問と言っても差し支えない。

ツッツン
ヤリドヴィッヒの部下。戦闘で登場することはなく、カジオー戦の最後にだけ登場する(ただしデータ上ではザコ敵として能力が設定されている)。

ツッツクン
ツッツンの上級種。HPが減ると、「いのちかけてますっ!」と言いながらマリオ達に捨て身攻撃をしてくる。武器世界に登場し、カカリチョウなどがいる部屋のベルトコンベアで製作風景が見られる。

カジオー戦隊オノレンジャー

カジオー軍団の一員で、レッド、グリーン、ピンク、ブラック、イエローのメンバーの悪の戦隊。レッドがリーダーで、ピンクが女性。オノフォースを操る。しかし、レッドは目が回った、グリーンは貧血(レッド曰く運動不足)、イエローは腹が減った(そのくせに戦闘前にカレーを食ったとレッドは言う)、ブラックはサングラスが割れた(安物だったらしい)、ピンクは化粧が崩れた(レッド曰く厚化粧)などのつまらない理由で戦線離脱し、常にまとまりがない。
更にはグリーンの内心から戦隊解散の危機に陥っていることが解る。

オノフォース
斧の形をした飛空艇。強力な「ジャスティスブレイカ」を使えるがエネルギー充填で2ターンに1回しか攻撃できないのが欠点。最初から使ってもらえなかったことが不満らしい。何故かいつも待ち合わせに遅れて来て、ヤリドヴィッヒオノレンジャーを困らせた。

ブーマー

カジオー軍団の親衛隊長。武士道を極めている。マリオたちが勝つと自害しようとしてシャンデリアから落下するが、その際ブーマーのシャンデリアを持っていたシャンデリホーから「あなたたちは頑丈だから落ちても平気よ」と言われる。 モデルの武器は恐らくブーメラン(BOOMERANG)。

カリバー

クッパ城に刺さった巨大な剣。目と口があり、本体のカリバーは柄の先端部分。カリバー本体に攻撃するには「メノ・バリアー(目のバリアー)」を壊さなければならない。彼の口はマリオたちの世界と武器世界をつなぐ入り口でもあり、これを使ってカジオーは軍団を送り込んでいた。ブーマーから連戦となる。視力は悪く右が0.3で乱視、左は勘の検査で0.7。

メビウス&リンリン

武器世界の時計と鈴(2体)のボス。メビウスは自身の時計の針が指す時間によって攻撃の種類を決める(1時:コオリヲフラス ジカン(結晶・アイスロック)、3時:カイフクノ ジカン(回復)、5時:オーロラヲミル ジカン(オーロラの輝き)、6時:ダイカイフクノ ジカン(大回復)、7時:オフロヲタク ジカン(水蒸気爆発)、9時:ナニモシナイ ジカン、10時:ハナミヲスル ジカン(桜吹雪)、12時:ヒガノボル ジカン(コロナ)。カッコ内は使う技の名前)。リンリンはマリオたちへの攻撃(通常攻撃のほか、恐怖のルーレット・ダークスターも使う)の代わりにメビウスの針を進めることがある。

ドルトリンク&メーテルリンク

武器世界の敵で、中東風の容姿をした剣士(ドルトリンク)と魔法使い(メーテルリンク)の2人組。片方を倒すと、残った方がアースリンク(メルクリンク)と合体する。

アースリンク(メルクリンク)
蛇の姿のボス。名前は違うが姿は同じ。アースリンクの場合は打撃技、メルクリンクの場合は魔法技で攻めてくる。

カカリチョー・カチョー・ブチョー

鎧を纏った騎士のような姿。
それぞれカカリチョーは10年、 カチョーは25年カジオー軍団に勤めている。 ブチョーには息子がおり、自分の過去を振りかえっている。

トン、テン、カン
金槌のモンスター。カカリチョーがトンを2体、カチョーがテンを3体、ブチョーがカンを4体従えて現れる。

コウジョウチョー

カジオー軍団の武器工場長。ニンジャくんの色違いの姿をしていて、技も手裏剣が中心。

ラスダーン
コウジョウチョーがつくりあげた機械兵器。鋼鉄製の靴の中に溶岩を流し込んだような外見。ジャスティスブレイカが使えるが、オノフォースと違って充電不要。また「エレキテル」など別の魔法技も使える。

カジオー

マリオワールドの征服を狙う新たな敵であり、本作のラストボスである。王の格好をしており、最後のスターピースをお腹に貼り付けている。鍛冶打ちの様な仕草でモンスターを生み出す。彼の第1形態を撃破すると怒り、激昂のあまりハンマーで床を叩き過ぎて床が抜け、その下にある別の世界で真の姿を見せての戦いとなる。
真の姿になると頭部が色々な姿に変身する。その姿は以下の通りである。

  • 通常:これにダメージを与えられるのは最初だけ。これ以降は顔を変形させるたびに一瞬だけこの姿になる。

  • 戦車:攻撃力が高く、キラーを撃ち、更に一撃死のマグナムを撃つ。

  • 魔法使い:「レインスピア」「がんせきガラガラ」「ダークスター」等の強力な魔法攻撃を使用する。しかし防御力が極端に低い。「レイン」がつく攻撃にある武器名は部下の3体のボスの武器と同じ(spear:槍、arrow:矢、sword:剣)。

  • 宝箱:相手全体を様々な状態異常にしてくる。ダメージを与える攻撃はしない(体は普通に攻撃する)。何らかの状態異常すると別の姿に変形する。

  • 棺桶:非常に固く、魔法攻撃も通常攻撃も殆ど効かない。「ひっぺがし」や回復系の技も使う。ダメージを与える攻撃はしない(体は普通に攻撃する)。

  • :頭と体で独立した意識を持っているらしく、「なにかんがえてるの」によると頭が重いらしい。手に持ったハンマーや、指先から撃つ弾で攻撃してくる。体にある程度ダメージを与えると、体が攻撃してこなくなるが、しばらくすると体が復活してくる。

ようこうろ
カジオーと共に登場する、蛸のような口の溶鉱炉。直接攻撃はしてこないが、時折溶けた赤い液体を吐き出し、それをカジオーが叩いてできたてヘイパーを作り出す。

できたてヘイパー - カジオーが直接管理するようこうろ(溶鉱炉)から次々と出てくる。ヘイパーより圧倒的に強く、全体攻撃「レインソード」を放つ。

量産型

武器世界で登場する、モンスターの量産型。オリジナルより強いものが多い。しかしオリジナルと性格はほとんど同じ。どのキャラの量産型でも対戦時は「りょうさんがた」と表示される。ボスキャラの量産型は下の節を参照。

ザコの量産型

ヘイパー量産型 - 名前の通りヘイパーの量産型。できたてヘイパーより弱い。

ツッツン量産型 - 名前の通りツッツンの量産型。

ボスの量産型

ケンゾール量産型 - 正式名称は、ケンゾール2型。

ユミンパ量産型 - オリジナルよりもかなりやる気がある。やはりコマンド制限を行う。

ヤリドヴィッヒ量産型 - 正式名称は、ヤリドヴィッヒ・マーク2。量産型もオリジナルと同じく出世に命をかける。分身がツッツン量産型4体になる点がオリジナルと異なる。

レッド量産型 - この世の悪を守るという気持ちはオリジナルと一緒。

ブラック量産型 - 彼によるとまだチームが決まっていないらしい。

イエロー量産型 - あいかわらずのゴワス口調といつもの空腹。

グリーン量産型 - オリジナル同様貧血気味、生まれつきらしい。

ピンク量産型 - 色を塗ってくれないことに不満がある。

関連イラスト





関連タグ

スーパーマリオRPG ケンゾール ユミンパ ヤリドヴィッヒ オノレンジャー カリバー カジオー

pixivに投稿された作品 pixivで「カジオー軍団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16974

コメント