ピクシブ百科事典

クリスタラー

くりすたらー

クリスタラーとは、『スーパーマリオRPG』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

スーパーマリオRPG隠しボスとして登場する。

その外見はとてもマリオの世界には合わず、グラフィックもマリオ達のような3Dではなく、彼のみFF風のリアルなドット絵になっている。
立体的なマリオ達の姿と、平面的な自分の姿に疑問を持ち、立体的世界の秘密を知るため戦いを挑んでくる。
お供として森羅万象を司るクリスタルを従えており、いずれも強力な技で攻撃してくる。
ただ、彼らはクリスタラーのことをあまり好く思っていない様子。

クリスタラー関連のBGMではFF曲のアレンジが使用されている。
戦闘ではFF4のバトル2のアレンジである「対クリスタラー戦」が流れ、勝利時のBGMはFFのファンファーレ、戦闘後はプレリュードのアレンジが流れる。
ただし、彼自体はFFキャラではなく、マリオRPGの為に野村哲也がFF風に描きおろしたオリジナルキャラ(「手に刃を持ち、体に白銀の鎧をまとっていた」人物と戦った事があるらしいが、FF側にそのような描写は無い)。
一時「海外版FF4に出てくるらしい」という噂が流れたがデマである
ちなみに海外版マリオRPGでの名前は「CULEX」。

ちなみに、彼にマロの技「なにかんがえてるの」を使うと、「チョット バチガイ、、、カ、、モ、、ネ。」と表示される。自分が場違いなことを気にしているらしい。
4つのクリスタルもまた「地上は乾燥しててキライ(水のクリスタル)」とか、「寝ていたのに起こされた(土のクリスタル)」とか、「クリスタラーにはついていけない(火のクリスタル)」とやる気が感じられない。
風のクリスタルに至っては「ひゅ~るり~ひゅ~らら~~」と歌ってるんだからどうしようもない(恐らく「越冬つばめ」ではないかと思われる)。
だがしかしこのやる気の無さに反して使ってくる技は大体凶悪


このゲームでのマリオVSクリスタラーは「立体VS平面」の構図だったのだが、その後FFが立体的な3Dになり、逆にマリオRPGの続編はペーパーマリオのようなペラペラになったのはどこか感慨深いものがある。
また、スクエニも後年半熟英雄対3Dというペラペラと立体的な3Dが対決するというのをやっている。(対3Dは特に映像主義な自社を自虐するものであるが)

余談

クリスタルが敵になるのは実はFF5の4つのクリスタルをそれぞれ二つに分割されたもののうち第二世界に残されたものでボスとして現れたのが最初である。
ちなみにクリスタラー自体はいまだに1度もFFで登場した事はない。

任天堂の作品にファイナルファンタジーネタが初めて現れた事となるが、マリオRPGから二十年以上経ってから本格的にファイナルファンタジーシリーズからクラウドが登場するとは誰一人思っていなかったであろう。

関連イラスト

クリスタラー


クリスタラー
なんとなクリスタル


関連タグ

スーパーマリオRPG 隠しボス

セシル・ハーヴィ……作中のセリフからして、過去に戦った事がある模様
四次元神ボイルド……半熟英雄4に登場した外観がそっくりな人物。クリスタラーがFF4のボス曲であるのに対してこっちはFF10のある曲のアレンジ(パロディ)
クラウド・ストライフ……まさかのスマブラ参戦

pixivに投稿された作品 pixivで「クリスタラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55433

コメント