ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

マリオシリーズの1つ。開発は任天堂のセカンドパーティーであるインテリジェントシステムズIS)。

絵本のような世界観で、紙のようにペラペラなキャラクターたちや仕掛けが登場するのが特徴。

絵柄や雰囲気は可愛らしいが、マリオシリーズの中ではかなりの異端とされる作品であり、新奇性の強いゲーム内容や、極めて個性的なキャラクター、設定、ブラックジョークなどが特徴的であり、それが本シリーズの人気の一端でもある。

ペーパーマリオ(Paper Mario)」とは「マリオストーリー」の海外版の名称であり、以降のシリーズでは日本でもこの名称が使用されている。


開発の経緯

シリーズ一作目『マリオストーリー』は本来『スーパーマリオRPG』の続編として、開発当初のタイトルも『スーパーマリオRPG2』となっていた。

その後、『スーパーマリオRPG』の正当後継とも言えるアルファドリームの『マリオ&ルイージRPGシリーズ』も登場し、同じくマリオRPGから派生した作品ではあるが両作品はそれぞれ別々の道を辿っていくことになる。

なお、本シリーズには開発元のISだけでなく、『スーパーマリオRPG』のイベントデザインを担当した工藤太郎(現・バンプール代表取締役社長、代表作『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』など)も協力しており、シリーズを通して工藤氏がオブザーバーとして携わっているため、こちらもマリルイ同様に初代マリオRPGの流れを汲んでいると言える。


シリーズの変容

3作目『スーパーペーパーマリオ』までは個性豊かなキャラクターや、重厚な世界観・シナリオが特徴的な作りだったが、『ペーパーマリオスーパーシール』からは宮本茂の意向で大きく方向性を転換。

本家マリオの世界観を保つためかストーリーは必要最低限になり、平面表現を生かしたアクション・パズル要素に力を入れた作品に仕上がっている。

モブはキノピオで統一され、敵キャラクターもクッパ軍団が中心となった。それに伴い、作品特有のオリジナルキャラや種族は大幅に減少し、既存の種族の中に存在している個人名付きの改変キャラ(例としてノコノコならカメキノコタロウノコブロスゼニノコーといったキャラクター)も同様に減っていった。

これに関しては『ペーパーマリオオリガミキング』のインタビューでも「マリオの世界に影響を及ぼす改変キャラクターが作れない制約」と語られており、開発に苦慮した様子が見て取れる。

ただし、『スマブラ』シリーズにはペーパーマリオシリーズのオリジナルキャラがフィギュア・シール等で登場しており、『ペーパーマリオRPG』のリメイクも発表されているため、完全に封印されたわけではない。


ゲーム一覧


関連タグ

スーパーマリオRPG マリオ&ルイージRPG ペーマリ風

関連記事

親記事

マリオシリーズ まりおしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3521322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました