ピクシブ百科事典

マリオストーリー

まりおすとーりー

マリオストーリーとは、2000年にインテリジェントシステムズ開発、任天堂が発売した、NINTENDO64専用アクションRPGである。
目次[非表示]

概要

2000年にインテリジェントシステムズ開発、任天堂が発売した、NINTENDO64専用アクションRPGである。
ペーパーマリオ」シリーズの第一作目で、マリオRPGシリーズの第二作目に当たる。
略称は「マリスト」など。北米・欧州での名前は「Paper Mario」となっている。
当初は「スーパーマリオRPG」の続編にあたる「スーパーマリオRPG2」として制作されていた。そのためか、アクションコマンドなど「スーパーマリオRPG」の要素が一部受け継がれた部分もあるものの、結果的には全く別物の作品となり、こちらは「ペーパーマリオ」シリーズとして独立していくこととなった。なお、前述のような経緯からか、本作では後のシリーズに見られるような「紙」であることを利用したような演出やギミックは殆ど無い。

64以外のゲーム機では、Wiiのバーチャルコンソールとしても配信されている。

個性的な登場キャラクターやFEシリーズの音楽を手掛けた辻横由佳によるBGMの評価は高く、発売から10年以上経った今でも人気である。

ストーリー

ある日、マリオのもとにピーチ姫からパーティの招待状が届き、マリオはパーティ会場のキノコ城へと向かった。城の奥でピーチ姫と会話をしていたマリオだったが、突如キノコ城が空高く持ち上げられ、城内が大混乱となる。

この大事件の首謀者は、お馴染みマリオの宿敵クッパであった。マリオは目の前に姿を現したクッパに立ち向かうも、クッパが持つ『スターのつえ』の圧倒的な力の前に敗北し、天空にそびえる城から落とされてしまった。

それから数日間眠り続けていたものの、なんとか目を覚まして復活したマリオは、『スターのつえ』を持つクッパを倒すための大冒険に出るのであった。

登場キャラクター

メインキャラクター

お馴染みの主人公。冒頭でクッパと対峙するが、『スターのつえ』の圧倒的な力の前に敗れてしまう。その後、星の精の力とクリ村の住人の看病により回復し、再び打倒クッパを目指す。得意なジャンプとハンマーを駆使して、装備をより強いものへと交換していきながら、冒険を進めていく。

キノコ王国のお姫様。例によってクッパにさらわれ、マリオの助けを待っている。
ステージクリア直後には、彼女を操作してキノコ城を探索するイベントがある。

ステージ4クリア後の『スペシャルいちごケーキ』作りのイベントは、特にネタにされやすい。
お馴染みマリオの宿敵で今作におけるラスボス。冒頭で星の国から『スターのつえ』を奪い取った後、今回はキノコ城ごと持ち上げてピーチ姫をさらうという前代未聞の手段をとった。
ラストバトルでは素のHPの高さに加え、HPが低くなると回復技を使ってくるため、かなりの長期戦を強いられることになる。

仲間キャラクター

今作ではこれまでのマリオシリーズで敵キャラクターとして登場した種族のうち、クッパ軍団に属していない者達は村などの拠点を構えて平和的に暮らしている世界観となっている。
その中でも下記のキャラクター達は冒険の途中で些細なきっかけからマリオに協力してくれることとなり、ピーチ姫救出に力を貸してくれる。

一体をお供として後ろに連れることが出来(いつでも入れ替え可)、フィールドでは特技で仕掛けの解除などをサポート、バトルではマリオと一緒に戦ってくれる。
プロローグで仲間になるクリオを除いては、基本的にフィールド・バトル共に仲間になったステージで特に活躍しやすい特技を持っている。

「クリ村」に住む青い帽子のクリボーの少年。
マリオに憧れてトレーニングをしている。
「ものしり」で、登場キャラやダンジョンの情報を教えてくれる。
「ノコノコ村」に住む青いコウラのノコノコ
考古学者のチャールズに憧れている。
フィールドでは、ブーメランのように飛んで行くことで、離れた所のスイッチを押したりアイテムを取ってくることが出来る。
「ノコブロスのとりで」に捕らえられていたピンクボムへいの女の子。
さばさばとした勝気な性格をしている。
得意の「バクハツ」で道を切り開いていく。
郵便配達員のパタパタの青年。
自身の飛行能力でマリオを運ぶことができる他、彼を連れていると郵便配達のイベントが発生することがある。
「テレサのおやしき」に住むお嬢様のテレサ
高飛車で典型的なお嬢様気質の性格をしている。
「すきとおり」で見張りの視線や障害物、敵の攻撃をやり過ごすことができる。

pixiv上ではマリストキャラの中でも屈指の人気を誇っている。
「ヘイホーのおもちゃばこ」のビッグカンテラくんに捕まっていたケセランの赤ちゃん。
「~でちゅ」といった幼い喋り方をする。
暗い部屋を明るくすることができる。
「ジャンボル島」に住むプクプクのおばさん。
お節介で口うるさいがロマンチックな話に弱い。
マリオを乗せて水上移動することができる。
「フラワーランド」にいるツッパリジュゲム
最初は敵として登場するが、勝負の後に仲間になる。
マリオを乗せてトゲやマグマの上を移動できる。

味方キャラクター

星の国の宝物『スターのつえ』を守っていたが、クッパによって奪い取られ、杖の力によってカードに閉じ込められてしまう。彼らを解放することで、それぞれに対応した力を借りることができる。全員の力を合わせることで、『スターのつえ』の力を打ち消すワザが使えるようになる。

星の国に来たばかりの星の子。ピーチ姫をあらゆる面でサポートする。

敵キャラクター

クッパの側近の老婆のカメック。クッパと行動を共にする。

クッパの命令によって、星の精を閉じ込めている。基本的に彼らを倒して星の精を救出することでステージクリアとなる。(クリキング除く)

クリ村周辺のガキ大将。最初のバトルでの敗北してからは、マリオの冒険の先々に付き纏って何度も勝負を仕掛けてくる。

その他のキャラクター

マリオの弟。家で留守番をしているが、その間にマリオに内緒で家を改造して地下を作り、そこでヒミツの日記をつけている。

「ゴツゴツ山」に生息する土竜のような生き物。ハンマーで殴るとアイテム「タンコブ」を落とすが、殴りすぎには注意すべきである。
「ヘイホーのおもちゃばこ」で通せんぼしている巨大なヘイホー。
美味しいものを食べると感激して激しく動き回る。
「ヘイホーのおもちゃばこ」でお宝を守っている。見かけとは裏腹に「マジで強い」ため、ある意味初見殺しである。シナリオ進行には関係ないので、戦闘の回避は容易である。
ステージ5クリア後に突如現れる巨大なノコノコ。
「ポカポカロード」を通せんぼして、高い通行料を要求してくる。
戦うこともできるが、「メチャメチャ強い」ので注意。
キノコタウンで暮らす女性。アイテムを渡すと料理をしてくれる。料理は元のアイテムよりも効果が高いものが多い上、材料さえ持っていけば何度でも無料で請け負ってくれる。
表面上は明るく振る舞っているが、中盤でさらりと辛い過去を明かす。
ノコノコ村の長老。毎度毎度マリオへ頼み事をするが、その報酬はコイン1枚というドケチぶり。時折ほしのかけらや遊技場のメンバーズカードなどをくれることもある。
ゲーム内では、攻略本に掲載されないような「最後の頼み」というものもあるが、その内容は極めて深く切実なものである。
マリオの行く先々に現れては、ストーリーの進行に沿ったクイズを出題する謎の虫。正解するとほしのかけらをくれる。

関連イラスト

マリスト
マリスト始めました


マリオストーリー
マリスト十周年おめでとうございます。



関連タグ

スーパーマリオ ペーパーマリオ

ペーパーマリオシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオストーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322041

コメント