ピクシブ百科事典

マリオパーティ2

まりおぱーてぃつー

マリオパーティ2とは、マリオパーティシリーズの第2作である。
目次[非表示]

ゲーム概要

マリオパーティシリーズの2作目であり、アイテム・バトルゲーム・けっとうミニゲームの導入などその後のシリーズの基本が出来上がった作品である。
6種類のテーマパーク(~ランド)がマップとなっており、各キャラクターがそのマップに合った仮装を行う。
(サムネイルはパイレーツランドのルイージ)
歴代作品で唯一Wii及びWiiUバーチャルコンソールで配信されているため、現在でも比較的遊びやすい。

あらすじ

マリオたちは夢と冒険をいっぱい詰めこんだテーマパークを作り上げたが、テーマパークの名前を自分たちの名前にしようと揉めてしまう。
その名前を決めようとしているところに、クッパが襲ってきてテーマパークを乗っ取ろうとしていた。

その事実を知ったノコノコがマリオたちに助けを求めに行くが、そんなことよりテーマパークの名前の方が言わんばかりに無視。

そこでキノピオが「クッパを倒したスーパースターの人の名前を遊園地の名前にしたらどうか」という提案をすると、その案に全員が賛成。一行はクッパを倒しに遊園地に向かった。


前作からの変更点

ミニゲームをはじめとするゲームバランスの見直し

前作ではミニゲームの難易度が高く、結果でコインを失ったり他のプレイヤーに奪われるというルールが多かったため、実力の差があると全く勝てずにストレスばかり溜まってしまい、しばしばリアルファイトに発展してしまう危険を抱えていた。
その為本作以降はミニゲームは基本的に優秀な成績を収めた一人ないし複数人にコインが与えられるという仕様に変更され、ターンの最後に行われるミニゲームでコインが減るということはなくなった。ただし、「けっとうミニゲーム」や「バトルミニゲーム」、テレサによるコインの強奪は行えるようになっている。
ボタン連打やスティックをぐりぐり回すミニゲームも手やコントローラーを傷める可能性があることから、ひたすら速さ重視でボタンを押したり激しく回すような操作を求められることは少なくなっている。

バトルミニゲーム

バトルマスに止まるとクリボーがやってきてバトルミニゲームが始まる。
バトルミニゲームは初めにランダムで決められたコイン(10コインから40コイン)を全プレイヤーから徴収(足りない場合はある分だけ全て)し、それをミニゲームの成績上位から順に振り分けられる。

けっとう

残りターンが5ターン以下の時に2人以上のプレイヤーが同じマスに止まるとけっとうが始まり、持ちコインを奪い合うミニゲームに挑戦する。ミニゲームはマップごとに決まっている。

ノコノコバンク

各マップにはノコノコバンクというマスがあり、通り過ぎると5コイン(それ以下の場合は所持するコイン全て)を預けるという形で取られてしまう。
しかし、もしサイコロでちょうどノコノコバンクマスに止まることができれば、そこまでに預けられたコインを全て入手することができるため、初心者でも運次第で大量のコインを得ることができる。

アイテム

各マップには途中でアイテムショップがあり、コインを支払うことでアイテムを購入することができる。他にもアイテムミニゲームで入手することが可能。
アイテムはターンの初めに使うものと特定の場面で使用できるものがある。
後の作品と違い1つしか持てないため、下手をするとお荷物になりかねないので注意。
キノコ サイコロが2回叩ける。
スーパーキノコ サイコロが3回叩ける。
テレベル テレサを呼ぶベル。
まほうのランプ キノコまじんを呼び、キノピオの元まで一直線。
クッパのもと クッパに変身してサイコロを叩き、他人とすれ違うと20コイン持って行ける。
アカズキーちゃん アカズゲートを開ける事ができる。
ワープブロック 他の誰かと位置が入れ替わる。
よこどりボックス 他の誰かのアイテムを手に入れる。
クッパばくだん クッパが現れ、サイコロを3回叩いて歩き回る。すれ違うとコイン全部没収。
けっとうてぶくろ 誰かを選んでけっとうミニゲームを仕掛けられる。

登場キャラクター

マリオ キノコを好む。
ルイージ アカズキーちゃんを好む。
ヨッシー ワープブロックを好む。
ピーチ姫 よこどりボックスを好む。
ドンキーコング クッパばくだんを好む。
ワリオ けっとうてぶくろを好む。

ノコノコ ステージのガイド役で、ゲーム終了時に毎回クッパに襲われる。

クッパ 悪の大ボス。6人同様各ステージで様々なコスプレを行う。
ミニクッパ 前作から引き続き登場。本作からキノピオと同じようにランダムに配置され、通過しようとすると5コイン取られてしまう。ただし、ドジなのでたまに5コイン渡してくれることも。

エンディング

各マップ終了後、さてスーパースターは……から、

「大変です、クッパが悪さをしています!」→ノコノコが襲われる→「ん???そこにいるのはダレだ?」「あ、あなたは」のパターンで勝者が判明する。


関連タグ

マリオパーティ 任天堂 ハドソン

海賊 西部劇 SF 遺跡 ホラー ゲームに使われている舞台。















ネタバレ

クッパランドをクリアするとトップになったプレイヤーが真のスーパースターとなって冒頭の舞台に戻り、カーテンコールが行われるのだが、ここではパーティメンバー6人に混じってクッパも参加している。

ここでキノピオから実はマリオパーティ2は始まりから終わりまで全て彼らによるアトラクション(舞台劇?)だったというオチが説明されてエンディングとなる。


これは前作での激しい奪い合い要素が強く、参加した誰かが一方的に損をして楽しめなくなってしまうという問題に対しての一つの答えとも考えられる。

本作以降クッパはマリオパーティシリーズにおいてマップで妨害こそするものの、メインストーリーではどこか抜けていたり、陰でこっそりプレイヤーにお祝いしようとしたりするなど憎めない悪役路線が強くなっていく。

関連記事

親記事

マリオパーティ まりおぱーてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオパーティ2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3072

コメント