ピクシブ百科事典

ドンキーコング

どんきーこんぐ

ドンキーコングとは、任天堂のゲームのキャラクターである。
目次[非表示]

※ゲームについては→ドンキーコングシリーズ

概要

ゴリラのキャラクター。生みの親はマリオと同じ宮本茂氏。
ちなみに現在のドンキーコングは2代目である(初代はクランキーコング)。

初代ドンキーコング

首領キーコング
I Heart Donky Kong.


若かりし頃のクランキーコング
アーケードゲーム『ドンキーコング』にボスとして出演。ヒロインのレディ(今のピーチ姫の原型、海外版や後のゲームボーイ版では「ポリーン」)をさらう。
元々はマリオ(アーケード版発売当時はジャンプマン、ゲーム&ウオッチ版では救助マン)がペットとして飼っていたゴリラで、自分に構わず恋人のレディ(ポリーン)と遊ぶマリオにやきもちを焼いて、いたずらでレディを建設中のビルの中へさらったと言う設定だった。そのため、エンディングはドンキーを殺すのではなく、おしおきとして懲らしめて気を失わせるというテーマで制作されたとされる。
続編『ドンキーコングJR.』では、前作でのいたずらのお仕置きからか、マリオに檻の中で幽閉されてしまい、息子のドンキーコングJr.が救出に向かうという話になっている。ペットなのに何故か息子をこしらえていたりと謎が多い。その後『ドンキーコング3』では手を焼いたマリオがドンキーを売却したということになっていた。

しかし、GB版でのリメイク作『ドンキーコング』では設定が変更され、最初は原作と同じくビルで一旦はマリオがドンキーを懲らしめて恋人ポリーンを救出するも、その直後にマリオの隙をついてドンキーが再びポリーンをさらい、都会やジャングルなどを駆け巡って遥か遠くまで追いかけっこを続けることになった。ちなみに今作ではキャラクターイラスト等でネクタイを締めるようになった。このため原作『JR.』のような幽閉される展開も『3』の売却される展開も無くなり、本作では息子のJr.もドンキーを応援してマリオの敵に回っている。そしてドンキーの故郷近くまで辿り着き、ようやく決着が付いた際に、ついに仲直りをすることになる。こうしてマリオと初代ドンキーコングの確執は消え去ったのである。
ちなみにこの時辿り着いた最終ステージの近くがキノコ王国であり、実は『スーパーマリオブラザーズ』の前日譚となっていて、ここでマリオはピーチと出逢ってポリーンはふられてしまった……との噂がある(ポリーンの項目も参照)。

その後は故郷のジャングルに帰りクランキーコングとして老後を過ごしているが、アーケード版『ドンキーコング』におけるドット姿でカメオ出演することも多い。

なお、GB版では後述する2代目と同様にネクタイをしている(ただしネクタイのデザインが微妙に違う)。

2代目ドンキーコング

ドンキーコング


現在のドンキーコングであり、上記のドンキーコングの孫。
ゲーム『スーパードンキーコング』で初出演。以降スーパードンキーコングシリーズの主人公である。しかし、ゲーム本編での扱いはよろしくない(後述)。
DKアイランドに暮らしており、赤いネクタイを着用しているのが特徴。バナナには目がなく、倉庫に数え切れない量を仕舞い込んでいる。
「2代目」と表記されている作品は『大乱闘スマッシュブラザーズ』のキャラクター紹介や、『スーパーマリオくん』14巻のクランキーの発言から。

『スーパードンキーコング』はレア社によって開発されたゲームであり、元々彼は純粋な任天堂キャラクターではなかった。『マリオカート』や『マリオパーティ』など数々のマリオ作品にも出演して以降、マリオファミリーの一員となっている。

その後、2002年にレア社がマイクロソフトに買収された際に、任天堂はドンキーコング関連の版権を所有することになり、名実ともに任天堂のキャラクターとなった。その後は、ディディーコングなど他のコングファミリークレムリン軍団もマリオシリーズを初めとした任天堂作品に出演するようになっている。

一人称は「オレ様(スーパードンキーコングの説明書)」、「オレ(ドンキーコンガ、マリオシリーズ)」、「ぼく(アニメ、ドンキーコング64)」、「オイラ(GBAリメイク)」と非常に安定していない。

その見た目からパワータイプならではの格闘技が多い印象を受けるかもしれないが、登場初期の頃は殴る蹴るといった動作は数えるほどしかなかった。時代が進むにつれて格闘技を繰り出す機会も増えていき、今ではラッシュによる連続攻撃や空中から両腕を振り下ろすといった動作が定着している。
ローリングアタック(前転攻撃)を基本技としているほか、地面を叩いて小規模の地震を起こすハンドスラップを得意技としており、攻撃以外にも地面に埋まっているアイテムを掘り起こしたり、仕掛けを作動させることもできる。後に派生技も披露している。

ちなみに、2代目とは言うもののクランキーコング(=初代ドンキー)の孫であるため、したがって実質的には3代目といったところか。本来2代目にあたるドンキーコングJr.とは別人である
なお、Jr.が彼の父親であるかは謎に包まれたままであるが、確実に言えるのはJr.が彼の父か伯父(叔父)かのどちらかであること。

スーパードンキーコングシリーズ・レア社時代

Donkey Kong Country


スーパードンキーコング』では主役を務めて大活躍。ディディーでは倒せない敵を踏みつけることが出来る。しかし、次作である『スーパードンキーコング2』では一転してキャプテンクルールに捕まって助けを求めるというピーチ姫のような役回りを担う羽目に。キャプテンクルールを殴り飛ばして面目を保ったかと思われたが、さらに発売された『スーパードンキーコング3』でも再び、それもディディーと共にさらわれてしまう。
ドンキーコング64』ではプレイヤーキャラとして久々に復帰。新たに「無敵」能力を手に入れた(敵に触れるだけでは倒せないため攻撃する必要はある)。ほかには意外なことに「専用コースに飛んでいく」「レバーを引いて仕掛けを作動させる」というギミック系の能力が多く、彼が動かないとステージの主要な仕掛けを動かせず攻略がままならないことも。見た目と違ってハデな暴れ方が出来る場面は少ないが(それをやるとチャンキーの立場がなくなるため仕方ない)、要の部分で見せ場が用意されている。
一方でドンキーがさらわれてクランキーは完全に諦めるなどコングファミリーからかなり頼りにされている描写が見られた。

外伝作品

リターンズまでに発売された作品はリメイクを除くと全て外伝にあたる。いずれも主人公として登場しており、中でも『ドンキーコングジャングルビート』は本編における情けないイメージを払拭するかの如く凄まじい暴れっぷりを見せつける。おそらくシリーズ中で最も輝いていると言えるだろう。
各キャラに明確な性能差が割り当てられている作品では誰でも扱える平均的な性能にされているが、『ぶらぶらドンキー』ではグルッピーが、『たるジェットレース』ではクランキーとクルールが彼の上位互換として位置付けられている。しかし、たるジェットレースでは条件を満たすことで全性能がトップクラスの「ネオジェット」を装着したドンキーが使用可能となる。
『ジャングルクライマー』ではクリスタルバナナを盗まれたバナナ星人に協力してクレムリン軍団を追いかけることになるが、後にクルールが宇宙征服というかつてない野望を企むためそれを阻止することとなる。結果的にストーリー上大きな活躍を成し遂げた。

ドンキーコングリターンズ、トロピカルフリーズ

久々に本編の新作として発売された『ドンキーコングリターンズ』ではプレイヤーキャラとして復帰。ディディーの使用は協力プレイのみ使用可能となった。OPでティキ族の洗脳が効かず、返り討ちにするという主人公補正な一面が見られた。バナナに目が無いのは相変わらず。『ドンキーコング トロピカルフリーズ』ではOPで自身の誕生日を祝っていたが、ザ・スノーマッズに島を氷漬けにされて台無しにされてしまう。リターンズでは海に落ちたら即死という謎のカナヅチ仕様だったが、水中ステージが作られたトロピカルフリーズではレア社時代同様泳ぐことが出来る。
また、リターンズ以降は冒険時に3DSSWITCHを持ち込んでおり、プレイヤーがしばらく操作を放っておくと遊び始める。SWITCH版トロピカルフリーズでは背負っているコングによってモーションが異なる。

ドンキーコング & ディディーコング



マリオシリーズ

マリオカートシリーズ

マリオシリーズにはマリオカート64から参戦した。この頃から重量級として猛威を振るい、シリーズでは定着していった。
一応SFC時代のドンキーコングJr.を含めるなら、ドンキーコングとしてはシリーズ皆勤賞でもある。
また、SFCやダブルダッシュなどキャラ毎の専用アイテムが設けられているシリーズでの専用アイテムは、やはりというべきかバナナ

マリオパーティシリーズ

初代から登場する古参キャラであり、マリオパーティ4まではプレイヤブルキャラとして使用できたが、マリオパーティ5以降は10で復帰するまでイベントキャラとして扱われ、事実上降格されていた。マリオパーティDSでは招待されたが、カロンの魔法で石像に変えられてしまったため、参加の機会を逃している。いくら容量の低い携帯機とはいえ、もっとマシな扱いはできなかったのだろうか…。

マリオVSドンキーコングシリーズ

シリーズ通じて悪役。悪役…なのだが、どの作品においても理由が大分しょうもない
・ミニマリオ目当てにおもちゃ屋に駆け込んだら売り切れ。どうしても欲しかったため工場を襲撃して強奪。
・一目惚れしたポリーンにお手製のミニドンキーを渡したが、ミニマリオの方を気に入った彼女に激怒して誘拐。
・テーマパークのイベントチケットにを買いに来たものの、長時間待たされた挙句、自分の目のまえでチケットが売り切れて逆上。会場へ乱入してポリーンを誘拐。
・限定販売グッズのミニポリーンを買いに来たらちょうど自分の直前で売り切れ。そしてポリーンを(ry
…と、こんな感じでしょうもない理由でマリオの敵として立ちはだかるが、最終的にはどの作品でも仲直りをする。

マリオ&ソニックシリーズ

『バンクーバーオリンピック』から参戦。クレムリン軍団と対峙してきたドンキーもベクター・ザ・クロコダイルとは仲が良く、『ソチオリンピック』ではこの組み合わせで特殊ポーズが用意されている。
また、中の人が同じビッグ・ザ・キャットとも共演しており、どうやら気が合う模様。

スマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは『初代』からファイターとして登場。以降、全てのスマブラシリーズに参加している皆勤賞のキャラクターである。

パワーとリーチを兼ね備え、体重が重くふっとびにくく、それでありながら平均以上の運動性能を持っている。全ファイター中最多の4種のメテオワザを持つなどの長所があるが、体が大きいため攻撃を受けやすく、復帰技はほぼ横にしか移動できなかったりメテオ技に弱かったりと防御面では脆い。百人組み手ではハンドスラップ無双ができて爽快である。
また、たくましい腕を持つために箱やタルやくす玉といった大きなアイテムを軽々と運ぶことができ、担いだままジャンプすることも可能。今こそ重量級ファイターは数あれど、これができるのはドンキーコングだけの特権ある。

なお、彼のデビューは上記の通り「スーパードンキーコング」であり1994年に誕生されたが、スマブラシリーズではドンキーコング初代シリーズに倣って1981年にデビュー(マリオと同期)されたとされている。

下アピール(通称「ゴリアピ」)がなかなかうざい。何気に初代からずっと続いている伝統の一つでもある。

スマブラ64

ボタンワザ一覧
Bジャイアントパンチ
↑Bスピニングコング
↓Bハンドスラップ

『スマブラ64』では最大の重量・サイズ、そしてとびきりの隙の大きさを持った、いろいろな意味で「いちばん」を持ったファイターであった。特に、通常必殺ワザの「ジャイアントパンチ」は最大タメで30%台から撃墜を狙えるという、『スマブラ64』最強のふっとばし力を誇るワザだった。
・・・が、攻めが強い64では悠長に貯める事が出来ず、体が大きく、復帰力がない事が祟り、全キャラ最弱と呼ばれる程だった。要するにロマンが強いキャラクターだった訳である。

スマブラDX

ボタンワザ一覧
Bジャイアントパンチ
→Bドンキーヘッドバット
↑Bスピニングコング
↓Bハンドスラップ

『スマブラDX』からはカートゥーン風ドタバタ感を狙ったデザインとなり、大げさでコミカルな動作・表情を見せるキャラクターとして定着。また、前作では最重量のファイターだったが、『スマブラDX』ではその座をクッパに明け渡し、以降は重量級の中でもバランスの取れた性能へと収まっていく。

新規追加となる横必殺ワザに、相手を頭突きで地面にめり込ませる豪快なワザ「ドンキーヘッドバット」を獲得。このワザは空中ではメテオワザとなるため、これにより空中で使えるメテオワザが3種と最も多く持つファイターとなり、攻撃的な性質がより強調された。しかし『スマブラDX』からのメテオワザの隙増加方針の影響でメテオワザの前空中攻撃と下空中攻撃の出が遅くなったことと、大きい身体のサイズや復帰力が低いことなどで、攻められると脆い一面は前作と変わっていない。

スマブラX

ボタンワザ一覧
Bジャイアントパンチ
→Bドンキーヘッドバット
↑Bスピニングコング
↓Bハンドスラップ
切りふだタルコンガビート

『スマブラX』では多くのファイターが過去作よりも撃墜力が低下した中、ドンキーコングは前作と同等かそれ以上の撃墜力をキープしており、よりオフェンシブファイターとしての印象が強まった。
最後の切りふだ「タルコンガビート」は『スマブラ』では珍しく出典が非バトルアクションのスピンオフ作品からの切りふだで、タルコンガを取り出して演奏し、周囲に衝撃波を発生させるというユニークなもの。リズムに合わせてボタンを押すと、衝撃波の威力と射程がアップする。

更にドンキーコングシリーズとして新たにディディーコングが参戦。後に一時代を築く事になるのだが、それはまた別のお話。

亜空の使者では、クッパによって奪われたバナナを取り戻すためにディディーコングとともに立ち上がる。
しばらくしてバナナを見つけるも、これはクッパが仕組んだ罠で、"ダークキャノン"でディディーが狙われる。それを知ったドンキーは、ディディーを庇うが、その代償でフィギュア化され亜空軍に捕らえられてしまった。
その後、エインシャント島に連行されそうになるが、ディディーがフォックス、ファルコの助けなどもあって救出する。さらにキャプテン・ファルコンキャプテン・オリマーも協力し、亜空間爆弾工場へ突入する。

スマブラfor

ボタンワザ一覧
Bジャイアントパンチ
→Bドンキーヘッドバット
↑Bスピニングコング
↓Bハンドスラップ
切りふだタルコンガビート

『for』では、切りふだ『タルコンガビート』が強化。上部に音符が流れるようになり、Aボタンを押すタイミングが分かりやすくなった。・・・太鼓の達人とか言ってはいけない。

パワーに重きを置くファイターでは珍しく、パワーやリーチの弱体化が目立つ。依然としてどちらも高いレベルで持っている部類には入るが、ガノンドロフの更なるパワーの強化、クッパリザードンリンクらがパワーファイターとして強調されたこともあり、ドンキーコングのものは前作ほど目立つものではなくなった。

一方でダッシュ攻撃やダッシュ掴みが強化されたことで、自慢のパワーやリーチだけでは対処が難しかった、大きめの距離を取って戦う相手を突破することは前作よりも容易になった。また、全てのファイターのシールドの耐久値が減ったために、横必殺ワザや下必殺ワザなどでシールドブレイクしやすくなり、また、メテオワザは発生が高速化し狙いやすくなったため、劇的な一発逆転性が増し、コンセプトの「ドタバタ感」は、より際立つものとなった。

最大の強化ともいえるものは、『スマブラDX』以来の、前投げの「リフティング」を利用したコンボを得たことで、これがダメージ蓄積、撃墜ともに非常に強力であり、狙いやすくもあるため、ドンキーコングの新たな主力となった。個々のワザのパワーは弱体化したものの、このコンボのおかげで、撃墜のしやすさはむしろ増している。原作ゲームにおいて、初登場時から数多くの物を投げてきたドンキーコングだが、『スマブラ』においてもまた、いわゆる「投げキャラ」となった。

下必殺ワザ「ハンドスラップ」が空中でメテオ打撃を繰り出すようになり、保有するメテオワザは全ファイター最多の4種類になった。

スマブラSP


ボタンワザ一覧
Bジャイアントパンチ
→Bドンキーヘッドバット
↑Bスピニングコング
↓Bハンドスラップ
切りふだジャングルラッシュ
SP』では操作系の切りふだが廃止されたため、ドンキーの切りふだは『ジャングルビート』風の連続パンチ「ジャングルラッシュ」に変更された。
さらに宿敵のキングクルールや、友人とも言えるバンジョー&カズーイがDLCで新規参戦。彼周りのファイターが大幅に増えることになった(バンジョーとカズーイは別シリーズ)。
灯火の星」では早いうちに使用キャラとして解禁でき、リーチと攻撃力が高く、特にHP制だと下B技「ハンドスラップ」でのゴリ押しが効きやすい…と攻略要員として好評。中にはそのままドンキー使いになってしまった人も…。

オンライン対戦ではリーチの長さと攻撃力の高さなどから使用率が高い。
重量級ファイターの中では比較的扱いやすく、リフトが使える事からも使用率が高い。
しかし、重量級故に復帰力は低く、特に上方向の復帰力が非常に弱い。
又、接近戦しか技を持たない為、飛び道具には弱い難点もある。
重量級ファイターでも攻撃の隙は比較的短い方でリフティングができるのでカウンター技をメインにするファイターでも戦えるが、遠距離戦やメテオスマッシュには弱いので注意が必要となる。
中でもネスリュカベレトリンクサムスなどの飛び道具系を多用するファイターには特に注意して戦う必要がある。
その為、ドンキーコングを使用する際にはコンボやリフティングをメインにして戦うと良い。
又、リフトは非常に魅力的な撃墜方法だが、ドンキー自体が上復帰が絶望的に弱い上、前進以外は投げ技のなるので出来るだけダメージを稼いでリフトを活用するとよい。

勝ちあがり乱闘のお題は「ドンキーコング ニュードンクへ行く」。
ドンキーコング(クランキーコング)がゲームで活躍した(または悪行を働いた)場所に因んだステージでファイターを倒していく。
ラウンド2以降ではディディーコングが一緒に戦ってくれる。ラウンド5でタチウオパーキングが採用されている理由は「ドンキーコング」の25mに似ているからだと思われる。
最後はニュードンクシティでマスターハンド達と戦う。

ドンキーコングシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
02ドンキーコング64
36ディディーコングX
67キングクルールSP

01.マリオ02.ドンキーコング→03.リンク

声優


NINTENDO64作品の大半や『マリオパーティ』シリーズ(7まで)、『スマブラ』シリーズでは声優は起用されず、サウンドエフェクトが当てられている。
また、『ドンキーコング64』などでは開発スタッフのグラント・カークホープが声を務めていた。

ちなみに初代の方も、スーパーゲームボーイのCMで喋っていた(声優は不明)。

名前の由来

『ドンキーコング』の「ドンキー (donkey)」の由来は「とんま」「まぬけ」の意味で、
当時任天堂の広報部に勤めていた本郷好尾が「とんま」という言葉を和英辞典で調べていたら「Donkey」とあり、「語呂がいい」という事で提案したところそのまま正式に採用されたという。ちなみに「Donkey」という単語自体は元々ロバのことで、その鈍臭いイメージからスラング的に「とんま」という意味合いが派生しているため、英語としてみるとゴリラなのにロバというちょっと不思議な名前になっている。

また、「コング (kong)」の部分は当時の日本では映画『キングコング』の影響で「大型のゴリラ」を指す単語として誤解され広まっており、実は勘違いから採用されている。映画で生まれた由来は「Komodo」+「(ゴリラの生息地である)Congo」で生まれた造語の名前である。なので実際の英語には「コング」という単語は一部町の地名などを除いて存在しない。当然実際のゴリラやチンパンジーの学名などにコングは一切ついていない。

関連イラスト

ドンキー
DKログ


プレゼントしました
Taking Back The Island


モフモフスマブラ
ドンキーさん大暴れの巻



関連タグ

任天堂 マリオ ゴリラ 裸ネクタイ コングファミリー
ドンキーコングシリーズ ドンキーコング初代シリーズ
スマブラ スーパードンキーコングシリーズ
ディディーコング クランキーコング ディクシーコング リンクリーコング キングクルール
びっくりドンキー ゴリアピ

関連記事

親記事

コングファミリー こんぐふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドンキーコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3482386

コメント