ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2000年7月21日に発売であり、マリオファミリーを操作してテニスをプレイできる、キャメロット制作のマリオテニスシリーズの第1作。マリオのテニスゲームとしては過去に『マリオズテニス』(バーチャルボーイ)が存在したが、キャメロット制作のマリオテニスシリーズは本作以降も継続してリリースされている。

前年に発売された『マリオゴルフ64』とは異なり、操作キャラクターは全てマリオシリーズから出演しているが、本作からの新キャラクターとしてワルイージが初登場した。

また、デイジー姫キャサリンドンキーコングJr.など、長い間ゲーム作品に登場していなかったキャラも含まれており、公式サイトにはわざわざ過去の出演作品が表記されている。

特にデイジーとキャサリンは本作での復活をきっかけに、後年のパーティ、スポーツ系などのマリオシリーズではほぼ常連となった。

バーチャルコンソールでも配信されているが、64GBパックの機能には対応していないため、後述する『マリオテニスGB』の連動キャラクターを使用することは出来ない。


キャラクター

マリオ(オールラウンドタイプ)

ルイージ(オールラウンドタイプ)

ワリオ(パワータイプ)

ワルイージ(テクニックタイプ)*本作で初登場。

ピーチ(テクニックタイプ)

デイジー(テクニックタイプ)

ヨッシー(スピードタイプ)

キャサリン(スピードタイプ)

ドンキーコング(パワータイプ)

クッパ(パワータイプ)

キノピオ(テクニックタイプ)

ベビィマリオ(スピードタイプ)

パタパタ(トリッキータイプ)

テレサ(トリッキータイプ)

ドンキーコングJr.(隠しキャラ、パワータイプ)

ヘイホー(隠しキャラ、テクニックタイプ)

他、『マリオテニスGB』との連動によりアレックス、ハリー、ニーナ、ケイトをゲストとして連れてくることが出来る。


関連動画


関連タグ

テニス マリオテニス


外部リンク

公式サイト

ウィキペディア

関連記事

親記事

マリオテニス まりおてにす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22020

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました