ピクシブ百科事典

ワルイージ

わるいーじ

ワルイージとは、マリオシリーズのキャラクターである。
目次[非表示]

概要

自称ルイージライバル
体は細い。のシャツに、いオーバーオールをしている。
ピンと伸びたをしていて、顎が長い。
帽子のマークがLを上下反転させた『Γ』(ギリシャ文字の「ガンマ」のような文字)になっている。
体が非常に柔らかくイナバウアもできる。
一人称は「俺様」で二人称は「お前」。

声優はマリオやルイージ、ワリオと同じくチャールズ・マーティネーが声を当てている。

マリオテニス64』で初登場。それから様々な作品に登場している……が、未だにパーティ系のゲーム以外の出演はなくワリオと違い本人が主人公となる作品はない。
ちなみにルイージが主人公のゲームでも一切登場していない。

ワリオとの関係

マリオとルイージとは違って血の繋がった兄弟ではない。いわゆる『いたずら仲間』である。「スーパーマリオベースボール」でも二人の相性は相変わらず良い。しかしプライベートは別らしく、ワリオが主役の「ワリオランド」シリーズや「メイドインワリオ」シリーズでも未だ登場していない。

登場の背景

彼は純粋な任天堂キャラではなく、
NINTENDO64ソフト『マリオテニス64』開発元のキャメロットによって新たに作り出された経緯がある。

当時はテニスというゲームの特性から、人型のキャラを大量に必要としており、主要キャラだけでは到底足りず、デイジードンキーコングJr等、長期にわたって出番のなかった懐かしいキャラクターまで引っ張り出された。
しかし、ワリオとダブルスを組むのにふさわしい人物が見当たらず、キャラ選考に難航していた事から、ある社員が挙げた「ルイージライバルキャラクターを作ったらどうか?」という案が、任天堂宮本茂との相談を経て採用された。
提案当初は「ワイージ」という名だったり、アメリカ側のスタッフからは「ジェロージ」や「ジナニー」などの名前が出てきたが、言いやすさやインパクトから「ワルイージ」となった。
ちなみにピーチライバルとして「ワルピーチ」というキャラクター案も候補に挙がったが、こちらは宮本から却下された。(理由はお察しください。)

キャラ作りに際し、マリオを強調したワリオと同様に、体格はルイージを強調した長身のガリガリ体型となり、帽子にはMを上下反転させてWとしたワリオに倣い、Lを上下反転させた「Γ」(ギリシャ文字の「ガンマ」の様な文字)のマークを付けた。
このサイトによると、ルイージと同い年で、マリオブラザーズが「スーパースター」に上り詰めていく姿に対抗心を燃やし、マリオブラザーズに対抗できる力を蓄えるまで下積みを続けてきたという経緯が紹介されている。
マリオパーティ8では、おじゃまボイスで「Waluigi No.1!」と発言したり、ゲームに勝ったりスターを獲得したりすると片手にバラを持ちながらもう片方の手で帽子のつばをつかむというきざなポーズを見せたりと、ナルシストな一面を見せている。
大乱闘スマッシュブラザーズXフィギュアではマリオテニス64の設定の影響か努力家であると説明されている。

主な出演作での扱い

マリオカートシリーズ

ダブルダッシュ!!』以降、『7』を除く全作品に登場。
シリーズを通してマリオより重さの性能が上の扱いになっており、初参戦からしばらくは中量級だったが、『Wii』以降は身長の関係で重量級として扱われている。
しかし『アーケードグランプリDX』ではタイプごとの人数比の均等化に伴ってか、なんとピーチヨッシーと同じ「加速重視カート」となり、シリーズ経験者を驚かせた。

アーケード版を除き、現時点で自身の名を冠したコースが2つ登場している。

ワルイージスタジアム

『ダブルダッシュ!!』と『Wii』に登場したコース。
モトクロスのコースでカーブが多い。

ワルイージピンボール

『DS』と『7』に登場した、ピンボールをモチーフとしたコース。
BGMは人気が高く、スマブラのBGM(『X』のマリオサーキット)にも使われている。
しかし『7』ではマリオカート参戦経験のないキャラクターが優先された結果、ワルイージがまさかのリストラとなったため、ワルイージ本人でこのコースを走れたのは『DS』のみ。(それにともなって7のワルイージスタジアムのスタッフゴーストはワリオになった。)

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

X』以降の全作品においてアシストフィギュアとして参戦している。相手を踏みつけて連続攻撃をした後、ケンカキックもしくはテニスラケットで勢いよく吹き飛ばしていく。
ダメージが蓄積していたり、無防備な状態で食らったらかなりのダメージを食らうので注意。

また、『X』以降のルイージや、『3DS/WiiU』以降のマリオの色替えパターンに、ワルイージを意識したものがある(ただし『3DS/WiiU』以降のルイージは「L」マークの色が異なる)。

スーパーマリオメーカー

スーパーマリオブラザーズスキン限定の変身、キャラマリオの一つとして登場。
アピールではスマブラのようにテニスラケットを持つ。
100人マリオチャレンジのクリアでランダムで手に入る他、ワルイージのamiiboを読み込むと、その場でワルイージのキャラマリオが解禁される。

マリオテニスエース

今作では『GC』以来久々にストーリーモードにて、ワリオと共に今作の騒動の原因を作り出すトラブルメーカーとして活躍。
元々『マリオテニス64』が初出演作なのと、ワリオ共々キャメロットのお気に入りだからか、シリーズが進む事に個性的なキャラ付けがされてきた彼だが、今作では…

・コスチュームがテニス仕様に一新(これはマリオ、ルイージ、ワリオにも当てはまる)
・テクニカルショットでムーンウォークを披露する。
・スペシャルショットでバラを加えて指パッチン後、ビールマンショットを決める。

等かなり強烈な個性付けがなされた。

マリオテニスエース体験会楽しかった!


マリオファミリー屈指のナルシストキャラとしての道を歩み始めてるのかもしれない……もっともこれは他の連中にも言えることだが。

カップやきそば現象

ボヤッキーとワルイージはかなり似てる。体格、鼻の形、髭がほぼ同じ。二人書かれたイラストはあまりない。また、御堂筋君にも似ている。

余談

ゲームボーイアドバンスゲームキューブの時代では地味に優遇されているような節があった。

  • 日本未発売(のちにWiiUで配信)の『ゲームボーイギャラリー4』に登場。
  • 『マリオゴルフ ファミリーツアー』・『マリオテニスGC』のOPでは、ワリオと共に主役同然の扱いを受けていた(前者に至っては本来の主役であるはずのマリオは最初と最後にしか登場していない)。
  • 『マリオテニス アドバンス』では、何故かワリオとヨッシーを差し置いて登場。一言しか話さないが、この作品のみ語尾に「~ざます」と言う。

関連イラスト

ワリオ&ワルイージRPG
ペンキΓ


イケメン
魔ルイージ様


Γ
Γ



関連タグ

スーパーマリオ マリオファミリー
ルイージ ワリオ
デイジー姫 ワルデジ
ライバル ガニ股
ワルイージピンボール

ロゼッタ…公式ではないがワルイージとロゼッタのカップリング(ワルロゼ)がある。理由は不明だが海外では人気があり、仲のいい関係である事が多い。『Waluigi Rosalina』と検索すれば結構出てくる他、最近ではpixiv上でも人気が出てきている模様。

ボヤッキー御堂筋翔・・・・カップやきそば現象ではあるが、ワルイージはボヤッキーがモチーフだとも言われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワルイージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1432112

コメント