ピクシブ百科事典

デイジー姫

でいじーひめ

デイジー姫とは、『スーパーマリオ』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

誘導分岐


概要

サラサ・ランドのお姫様。デビュー作は『スーパーマリオランド』(1989年)。平成に入って初めて登場したマリオキャラである。
実はヨッシー(1990年)やワリオ(1992年)よりも先にデビューしていたのである。
宇宙人のタタンガにさらわれていたが、マリオによって助けられる。

変遷

その後『マリオオープンゴルフ』でルイージキャディーとして登場するが、以降は長期に渡り出番が無かった
しかし『マリオテニス64』の開発時に人間のキャラクターが必要だったことから、プレイヤーキャラクターとして復帰するようになる。なお、公式では褐色肌として紹介されていたがゲーム内ではピーチ姫と同じ肌で実装された。
マリオパーティ』シリーズでは『3』よりワルイージと共に登場。この頃はストーリーモードでは使用出来ないなど多少の待遇の差が見られたが、『4』からはレギュラー化するようになった。前述のように『3』に登場するデイジーは褐色肌だが『4』から白肌に統一された。

その後も数々のマリオゲームに出演しているが、登場する作品は決まってパーティ系のゲームのみであった。
スーパーマリオ3Dワールド』では彼女を本編デビューさせることを検討していたが、ピーチ姫との差別化から没となった経緯を持っており、全体的に不遇な感じであった。

だが、2017年9月29日に行われた『スーパーマリオラン』のアップデートにより、まさかのプレイヤーキャラとして登場。特技は2段ジャンプ。
彼女がアクションゲームにてプレイアブル化するのは今作が初めてである。

人物

性格活発で、わがままな行動が見られる(『スーパーマリオランド』の頃から「おてんば」という性格付けが既に存在している)。言葉遣いも、ピーチ姫ロゼッタに比べるとやや乱暴気味(~するんだから、~のよetc)。
ボイスもかなり元気一杯の活発な声で、そのあまりの元気の良さから「うるさい」と言われてしまうこともあった。キャラの名前を呼ぶボイスも殆どなく、あるのは『マリオゴルフファミリーツアー』のオープニングで「ルイージ!」とルイージを呼ぶ場面のみ。
マリオパーティ3まではピーチ姫の色違いと言われても仕方ないほどグラフィックが似ていたが、以後の作品では差別化が図られ髪が短くなった他、顔も少し大きくなった。
因みにマリオパーティ3ではビンタ1発でクッパを吹っ飛ばす場面もある。
目はややツリ目気味で、の色はピーチ姫と同じく。耳のピアスや王冠には花のマークが模られ、それがデイジーのイメージマークにもなっている。描写は少ないが足元はオレンジがかった茶色のパンプスを履いている。ドレスの足元に付いてるオレンジフリルは一段ではなく二段になっている。衣装については『歴代ドレスデザイン』のほうも参照。
マリオパーティDS及びマリオパーティ10以降のマリパシリーズでは、ピーチと走り方が違いが出るようになっており、ピーチはスカートを持ち上げて走っているが、デイジーはDS及び10以降はそのまま走るようになっている。だが、パッケージも含むならばマリオパーティ8にてデイジーがスカートを持たないで走っていると思われるアートワーク(ポーズは則巻アラレの走行時のポーズを少しだけ彷彿とさせる。)がある為、8が初出ともとれるかもしれない。

身体を動かすようなスポーツ系のゲームでは旧デザインではスカートでしか登場していなかったが、デザイン変更後はショートパンツをメインに多くの服装が登場している。

マリオカートシリーズでは4作目の『マリオカートダブルダッシュ!!』から登場。この時のスペシャルアイテムはミドリこうらバナナから身を守るハート。初期から選択できたりもすれば、隠しキャラだったりと登場するタイミングはバラバラだが、タイプは一貫してマリオルイージ達と同じく中量級
後のマリオカートツアーサンタ浴衣妖精(通称フェアリーデイジー)のコスプレに水着を纏った姿も登場する。

マリオゴルフファミリーツアーでは意外とパワーがあるキャラクターで、ルイージだけでなくワリオにすら飛距離で勝っている。もしルイージが彼女と付き合うとすれば、間違い無く尻に敷かれるだろう。

ピーチ姫との関係はあまり分かっていないが、マリオパーティ6以降の設定では親友である、とのことである。

マリオパーティ3やいただきストリートシリーズのセリフから、パパが存命しているそうだが、クッパJr.と同じく母親の存在は未だ判明していない。

かつてボンボンを読んでいた人には本山一城のコミカライズシリーズのワリオランド編が印象に残っているかもしれない。マリオとデイジーはその中で恋仲となるものの最後には悲劇的な別れが…とその後にオチである程度は救われる(?)が。

何かしらの能力・必殺技を用意されている作品では、色彩豊かな花を足元から生やしたり、スポーツ器具に纏って効果を発揮させたりと、主に花を使った能力が豊富。ラケットから発生した巨大な花びらの色ごとにショットの性質が変わる「ワンダーフラワーショット」(マリオテニスGC)や、打球の落下地点に柵付きの花畑を発生させて相手野手を通さない「フラワーショット」(マリオスタジアムファミリーベースボール)など、作品によって効果は様々。
マリオスポーツMIX』ではスペシャルショット発動時にポンポン両手にチアリーダーの動きを取り入れており、より活発さを前面に押し出している。
マリオストライカーズチャージド』では周囲に尖った岩石を発生させて攻撃する「ロックフラワー」や、片腕に結晶を纏いサッカーボールを殴り飛ばす「クリスタルスマッシュ」といった華やかなイメージとは打って変わった技も披露している。

ルイージとの関係

【ルイデジ】公式が描いてくれないなら


初登場時は全く接点が無かったものの、前述の『マリオオープンゴルフ』で出会ったのがきっかけなのか、後期の作品ではルイージとパートナーになってる作品もある。
明確な関係はゲーム作品では語られていないため不明だが、お互いの相性は良いらしい?
何気に名前も似ていたりする(ルイージの「ル」を「デ」に変えるとデイージというアナグラムっぽい感じになる)。

実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』ではヒロインになっており、ルイージと恋仲として扱われていた。設定面はピーチ姫が踏襲されている。

『マリオパーティ』シリーズでは、マリオとピーチのコンビ名は「ベストカップルズ」なのに対し、ルイージとデイジーは「じみーズ」、「ぐうぜんカップルズ」というコンビ名となっている。一方でマリオとデイジーは「ナイスカップルズ」のため、実際はルイージよりも救出してくれたマリオの方が相性が良いように見える。
…だが『マリオパーティアイランドツアー』のオープニング映像では一瞬だけ2人で歩きながら仲睦まじく会話する姿が映る。

『マリオカートWii』では、コースの一つであるデイジーサーキットルイージとデイジーが手を繋いで踊る大きな銅像が建てられていたりする。(ベビィバージョンも有る)。

『いただきストリートDS』ではルイージ以外のキャラとの掛け合いもあるが、特にルイージには遠慮のない言葉遣いをしている。
因みにプレイヤーがデイジーの衣装を着た状態でルイージと会話すると「ぼくちょっとドキッとしちゃったよ!」と言われる。

【ルイデジ】プロポーズチャレンジ


因みにルイージの声優であるチャールズ氏もデイジーと彼との関係を認識しているらしく、アメリカで開催された「ニンテンドーニューヨーク」でのルイージと会話できるコーナーではファンからのデイジーについての質問に対しチャールズ氏が即興のアドリブで「彼女はとても美しいんだ」と言ったりファンからプロポーズされた際は喜びながらも「ボクにはデイジー姫がいるから」と断ったりしている。

デザインの変化

  • 初登場時
210まとめ
デイジー姫


マリオランドでのパッケージや説明書でのデザイン。髪型は左画像の様に長めで、上記の通りピーチの色違いと言ってもいいほど似ている。

「ね、一緒にダブルス組もうよ!」


ピーチ同様自身のドレスをベースに動きやすい服装姿で再登場。やはりまだピーチと似ている。
なお公式ホームページの紹介では褐色肌だったが実際のゲームではピーチと同じ肌で実装された。褐色肌に関してはマリオパーティ3にて反映されたが、以降の作品では元に戻っている。

  • マリオパーティ4以降

デイジー姫


マリオパーティ4以降の作品でデザインが一新され、我々が知っている現在の姿となった。肌の色も白系で統一された。

  • マリオテニスGC以降のスポーツデザイン

デイジー姫(テニス)
ミニスカ!


左側を主にスポーツ系で着用する。濃いオレンジ色の短パンが特徴。右側がマリオバスケ3on3で久しぶりにミニスカートを履いた姿である(後に3DSのテニスやゴルフでも着用)。画像は未発見だが、マリオ&ソニックの冬のオリンピックでは、専用の服装になっている。

どうでもいいけどこれ、マリオバイクだよね


Wii以降のバイクが使える作品で着用するバイクスーツの姿。バイク運転向けに動きやすくなっている。また、同作品で赤ちゃん時代の姿であるベビィデイジーが初登場。ベビィピーチ同様おしゃぶりを銜えて居る。

サンタデイジー姫
dai


Some daisys


マリオカートツアーの衣装替えパターン。

瞬間消失


久しぶりに褐色肌として登場。

漫画でのデイジー姫

本山一城版スーパーマリオでは、マリオランド編から準レギュラーという立場で登場。
ピーチ姫と同じくワガママだが、悪知恵を働かせて失敗するという不幸キャラとしての側面を持つ。「~ですわ」というお嬢様口調になることもある。
ルイージはデイジーに片思いしているという設定である(ただしピーチ姫にも惚れている)。だがデイジーはマリオに惚れており、ピーチとは恋のライバルのため仲は悪い。後に恋敵というよりは何かにつけてお互いに張り合う、いい意味でライバルとなった。『マリオオープンゴルフ』編の番外編では、ルイージとデイジーがデートしているところを、マリオとピーチ姫に見つかって茶化されるシーンがある。何だかんだで収まるべきところに収まったという感じである。

沢田ユキオスーパーマリオくんでは、2巻の4コマ漫画でマリオに助けられる場面が初登場となる。お互いにハートマークを付けて話していたので怒ったピーチ姫は「このうわき者!!」とマリオにスーパーキノコを投げつけていた(実は、デイジー姫が登場した4コマ漫画は3コマだった。しかも3コマ目はずっこけていたので足だけ)。3巻ではマリオ達にマリンポップ号を届けた差出人として、顔写真のみの登場となった。「愛するマリオへ」と書いているので好意を持っているようだ。
26巻ではルイージの空想内で登場。一見するとデイジーとはわかりにくいがイヤリングで判別できる。

声優

  • ジェシカ・チザム(マリオテニス64)
  • ジェン・テイラー(マリオパーティ3~5)
  • ディアナ・マスタード(マリオゴルフ ファミリーツアー以降)


この他、魔界帝国の女神の吹き替え版では日高のり子(ソフト版)、岡本麻弥(日本テレビ版)が務めている。

関連イラスト

ぴったぴた
デイジーは任天堂の貴重な萌え要員


デイジー姫
センシティブな作品



関連タグ

マリオシリーズ スーパーマリオ
ピーチ姫 ルイージ ワルイージ
マリオ ロゼッタ タタンガ
ルイデジエルデジ
ワルデジ(デジワル)
ベビィデイジー
スーパーマリオランド 茶髪 オレンジヒロイン 残念な美人

ベヨネッタ2:本人は登場しないが、デイジーモチーフの隠しコスが登場している。彼女のamiiboを使用すれば即入手出来る。ピーチコス同様アレンジされており、腰にはルイージの人形が付いている。

関連記事

親記事

マリオファミリー まりおふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイジー姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18638609

コメント