ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

誘導分岐


概要

デビュー作は1989年発売の『スーパーマリオランド』で、ヨッシー1990年)やワリオ1992年)よりも先にデビューしていた。宇宙人のタタンガにさらわれていたが、マリオによって助けられる。


その後、『マリオオープンゴルフ』のタイトル画面ルイージキャディーとして登場するが、以降は長期に渡り出番が無かった。しかし『マリオテニス64』の開発時に人間のキャラクターが必要だったことから、プレイヤーキャラクターとして復帰を果たした。

マリオパーティ』シリーズでは『3』よりワルイージと共に登場。この頃はストーリーモードでは使用出来ないなど多少は待遇の差が見られたが、続く『4』で正式にレギュラー化した。


その後も数々のマリオゲームに出演しているが、登場する作品は決まってスポーツ系・パーティ系のゲームのみで、本編作品への登場はiOS/Androidの『スーパーマリオラン』(2017年9月29日~)のみに留まっており、『スーパーマリオ3Dワールド』では彼女を本編デビューさせることを検討していたが、ピーチとの差別化から没となった経緯があるなど、長らく不遇な扱いを受けてきた。

しかし、近年は公式グッズなどで姿を見せることが多くなり、2023年には本編作品『スーパーマリオブラザーズワンダー』に登場することが決定するなど、以前と比べ待遇の差が縮まっている。


容姿

デイジーひめ

茶髪かつ目はややツリ目気味で、の色はピーチ姫と同じく。耳のピアスや王冠には雛菊)のマークが模られ、それがデイジーのイメージマークにもなっている。描写は少ないが足元はオレンジがかった茶色パンプスを履いている。ドレスの足元に付いてるオレンジフリルは一段ではなく二段になっている。


デイジー姫(テニス)ミニスカ!

スポーツゲームではほとんどの場合、ピーチがミニスカートなのに対し、デイジーは濃いオレンジ色のショートパンツを着用する(左側)。

マリオバスケ3on3』では隠し要素としてミニスカートを履いた姿も登場(右側)。この衣装は『マリオテニスオープン』と『マリオゴルフワールドツアー』でも採用されている。

この他、『マリオ&ソニック』シリーズではこれらとは異なる衣装を着ることがある。


retro daisy in strikers outfitDaisy (commission)でいじ

マリオストライカーズ』シリーズでは、『スーパーマリオストライカーズ』、『マリオストライカーズチャージド』までの作品ではヘソ出しの衣装で登場している。『マリオストライカーズバトルリーグ』では、能力を変化できるギアの着せ替えが行えるゲームシステム上、様々な衣装が登場する。


どうでもいいけどこれ、マリオバイクだよね

マリオカート』シリーズでは普段のドレス姿だが、バイクに乗る場合に限りライダースーツになる。

また、『マリオカートWii』で赤ちゃん時代の姿であるベビィデイジーが初登場。ベビィピーチと同様におしゃぶりをくわえている。


サンタデイジー姫daiSome daisysデイジー(スイマー)農タイバカンスデイジーデイジー(セーラー)

マリオカートツアー』では、サンタ浴衣妖精(通称フェアリーデイジー)のコスプレや、水着オーバーオールタイの伝統衣装、水兵服を纏った姿も登場する。


健康は財産!

ドクターマリオワールド』では、黄色の白衣姿で登場した。


Birdie

マリオゴルフスーパーラッシュ』では他のキャラクターと同様に衣装が一新。

さらに同作から『マリオパーティ3』以来の褐色肌に戻っている。


ファイアデイジー嬉しいー🔥

スーパーマリオブラザーズワンダー』ではファイアデイジーゾウデイジー等の色々な変身した衣装を見られる。


旧デザイン

210まとめ「ね、一緒にダブルス組もうよ!」

マリオパーティ3』までは色・模様違いと言ってもいいほどにピーチと似ており、王冠赤色だった。このうち『マリオパーティ3』では褐色肌(『マリオテニス64』では、公式絵では褐色肌だが、ゲーム中ではピーチと同じ肌色)。

また、スポーツゲームの『マリオオープンゴルフ』と『マリオテニス64』では、自身のドレスをそのまま短くしたような衣装で、王冠は被っていなかった…と、いうか実は『スーパーマリオランド』の時点で実はゲーム中のデイジーは何故か王冠を被っていない。


人物

サラサ・ランドの姫君。性格は活発で、わがままな行動が見られる(『スーパーマリオランド』の頃から「おてんば」という性格付けが既に存在している)。

言葉遣いもピーチ姫ロゼッタに比べるとやや強気な感じ(~するんだから、~のよetc)。しかし、『スーパーマリオパーティ』にてゲームに連れてってくれるよう頼んでくる時は何故かピーチ達と同じ敬語になっている。


ボイスはかなり元気で活発な声である。キャラの名前を呼ぶボイスは殆どなく、あるのは『マリオゴルフファミリーツアー』のオープニングで「ルイージ!」とルイージを呼ぶ場面のみである。『マリオパーティ3』での通訳文や、いただきストリートシリーズでのセリフから、パパが存命しているらしい。


余談だが、一部作品ではピーチと走り方が異なる(『マリオパーティ10』など)。この場合、ピーチがスカートを持ち上げて走るのに対し、デイジーは腕を大きく動かしながら走る。『マリオテニスGC』の表彰式ではローラースケートで颯爽と駆け回り、ルイージの手からすっぽ抜けてしまった優勝トロフィーを見事な回転ジャンプでキャッチしたりと、他のマリオキャラに負けない抜群の運動神経を誇る。


ストーリー上の活躍など

スーパーマリオスタジアムファミリーベースボール

ピーチステージでクッパJr.によって石像にされてしまい、あかキノピオに守ってもらっていた。

話の進行上、一時的に噴水用スイッチの重し代わりにされ、石化から解除された後は噴水を通行できるよう代用品を持ってくるまでその場に留まることになる。どういうわけか重しとしての重量を満たしている。

真エンディングでは事件の張本人であるクッパ親子を優しくパーティーに迎え入れていた。


『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック』

エピソードモードではお馴染みのピーチに加えて、ソニックシリーズのキャラクターであるエミーブレイズと仲が良く、ショッピングに誘うほど。

ガールズ第1話から登場。オリンピック当日の朝、ハイドパークでショッピングの待ち合わせをしていたところに偽のピーチとブレイズに襲撃される。エミーと揃って撃退するも無数の偽物が出現したために逃走し、辛くも本物のピーチとブレイズに拾われる形で合流した。その後はマリオ一行が黒幕の元へ向かう中、ハイドパーク方面の霧を晴らすことに成功。

前日談ではボランティアで招待状製作の手伝いを行っていた。


マリオテニスエース

ルイージを助ける為に呪いのラケット「エスター」に関する情報を探ろうとするが、その危険さ故にキノピオから調査はマリオに任せてピーチと共にマリンスタジアムで待機するように進言される。

物語後半ではラズからエスターに対抗しうるソル王の力を授かり、エスター化したワリオとワルイージを相手にピーチとダブルスで立ち向かった。


スーパーマリオブラザーズワンダー

マリオ本編作品への登場は当作で3回目、プレイアブル化は2回目で、スーパーマリオブラザーズシリーズに登場したのは今回が初。

フラワー王国のパーティに招待されてその国を訪れた所、目の前でクッパの悪事を目撃し、臆する事無く同じく招待されていたマリオ達と共にクッパの野望を止めるべく立ち上がる。ただし、正史では最終決戦にまでは加わっていない事がエンディングにて示唆されている。


能力

性能面

作品によってタイプがよく変わるキャラクターの筆頭格で、ピーチと同じテクニックタイプになったり、ピーチよりもパワー寄りの性能付けがなされたかと思えば、逆にスピード型の性能になったりもする。特に『マリオゴルフ』シリーズでは、ルイージやピーチを超えるどころか、マリオに迫る飛距離を出せる。


固有能力

何かしらの能力・必殺技を用意されている作品では、色彩豊かな花を足元から生やしたり、スポーツ器具に纏って効果を発揮させたりと、主に花を使った能力が豊富。

横スクロールアクションの『スーパーマリオラン』では2段ジャンプという能力を得た。

  • マリオテニスシリーズ

マリオテニスGC

デイジーが花を扱うイメージを決定付けた作品。ゲームデザイナーの高橋秀五氏によると、当時はイメージが固まっていなかったこともありピーチよりは弄れたと語っている。


ワンダーフラワーショット(攻撃系スペシャルショット)

巨大な花びらをラケットから発生させてショット。発動する度に花びらの色が変わる。打ち返した相手はやや吹き飛ばされた後にネット側へ引き寄せられる効果が含まれている。


フラワーカーペットレシーブ(防御系スペシャルショット)

ボールとの間に発生した花畑の上を滑るように移動して打ち返す。

開発段階では花で一貫していこうということでアイデアの決定は早かったが、デザインの最終選考に時間が掛かったとのこと。幾つかのバージョンの中にはリアルすぎて怖い花びらがあったとか。


マリオテニスエース

フルブルームストライク(スペシャルショット)

足元から階段のようなエフェクトと花びらを続かせながら宙を駆け上がり、強力なショットを叩き込む。

パリィ(縦テクニカルショット)

サーブル(横テクニカルショット)


両作品共に同名の技であるが特徴は異なっている。『ミラクルベースボール>スーパーマリオスタジアムミラクルベースボール]]』版はどちらも花びらを纏わせることでボールを見えにくくする。

スーパーマリオスタジアムファミリーベースボール

フラワーショット(スペシャルショット)

打球の落下地点に柵付きの花畑を発生させて相手野手を通行不可にする。


フラワーボール(スペシャルボール)

スペシャルショットを除いてどんな打ち方をされても必ず内野フライと化するボールを投げる。


マリオバスケ3on3

フラワーシュート


  • マリオストライカーズシリーズ

スーパーマリオストライカーズ

フラワーバースト(スーパーストライク)


マリオストライカーズチャージド

クリスタルスマッシュ(メガストライク)

片腕に結晶を纏いサッカーボールを殴り飛ばす。デイジーが披露した中で珍しい花以外の能力。


ロックフラワー(スーパーアビリティ)

周囲に尖った岩石を発生させて攻撃する。花の名を冠しているが華やかとは言い難い。


フラワーテレポート(フェイント)

その場で一回転した後に入力した方向へ瞬間移動する。


マリオストライカーズバトルリーグ

フラワースパイラル(ハイパーストライク)

ボールがコートの中心へ螺旋状に軌道を描き、中心に辿り着くと一直線にゴールへと突撃する。ハイパーストライクに巻き込まれた相手選手は舞い上がって自由が効かなくなる。


『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』

プリンセスダッシュ(ダッシュ系)

花を出しながら加速。


フラワートランポリン(ジャンプ系)

花の力を借りてトランポリンのようにジャンプ。


フラワーシュート(アイスホッケー)

沢山の花を浮かび上がらせてのシュート。


マリオスポーツMIX

名称不明(スペシャルショット)

前方に柵付き(一部競技除く)の花畑を召喚し、ポンポン両手にチアダンスを踊った後にシュート。


マリオゴルフスーパーラッシュ

フラワリングストライク(スペシャルショット)

ゴルフクラブをバトンのように回転させた勢いでショット。着弾時に一定範囲内のライバルのゴルフボールを吹っ飛ばす。


クラブトスダッシュ(スペシャルダッシュ)

2本のゴルフクラブを放り投げてキャッチし、錐揉み回転で勢いをつける。OPでも使用。


人間関係

マリオ

デビュー作である『スーパーマリオランド』において自身の身とサラサランドを救ってくれた恩人。ただ当時の設定ではその物語はマリオシリーズの中では外伝としての面が強く、現在の設定では出会った経緯については不明瞭となっている。だが同じような事はあったようでデイジーと非常に相性が良く、マリオパーティシリーズでペアを組むと「ナイスカップルズ」になる。


ルイージ

明確な関係はゲーム作品では語られていないため不明。

2人の初共演はデイジーのデビュー2年後に発売された1991年の『マリオオープンゴルフ』のタイトル画面で、ここではルイージのキャディーとなっていた。

『マリオカートWii』では、コースの一つであるデイジーサーキットに、ルイージとデイジーが手を繋いで踊る大きな銅像が建てられている(ベビィバージョンもある)。

一方で『マリオパーティ』シリーズでは、マリオとピーチが「ベストカップルズ」、マリオとデイジーが「ナイスカップルズ」なのに対し、ルイージとデイジーのコンビ名は「じみーズ」「ぐうぜんカップルズ」「しみじみカップルズ」といったイマイチなものになっている。


ピーチ

マリオカートダブルダッシュ!!』以降の作品では、姫同士としてコンビを組むことが多い。関係性も『マリオパーティ6』以降は大親友とされている(それまでは関係性は特に明らかになっていなかったが、同作の攻略本で明記された)。

任天堂公式のLINEスタンプ「スーパーマリオほのぼのライフ♪」では、ピーチと共に自撮りをしている様子が見られる。


クッパ

デイジーがマリオブラザーズやピーチと良好な関係のため、騒動を起こした際には当然と言わんばかりに対立している。

マリオパーティ3』では、不意打ちで現れた彼をビンタ一発で空の彼方へ吹っ飛ばした

もしこのままスマブラに参戦していたら、この人みたくバランスブレイカーとして評価されていたかもしれない。


ワルイージ

『マリオテニス64』で初登場し、そのままデイジーと共にレギュラー化したキャラ。そのためか、『いただきストリート』シリーズでは互いにライバル視しているような描写が見られた。

パーティ・スポーツ系の出演の多さや、植物を操る技を持つという点が共通している。

なお、ワルイージが初期キャラでデイジーがそうでない作品としては、『マリオカートWii』と『マリオストライカーズ バトルリーグ』が挙げられる。前者では隠しキャラクター、後者では無料アップデートで追加された。


外部出演

ベヨネッタシリーズ

キノコ王国のロイヤルドレス」の色違いとして「サラサランドのロイヤルドレス」という名前のコスチュームが登場。そのためデザインがドエライ代物にアレンジされてしまっている。演出の変化も全く同じ。ちなみに腰にはルイージの人形が付いている。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズDX』~『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』まではピーチの2Pカラーがデイジーを意識した配色になっており、特に『DX』では衣装まで再現されるというこだわりぶりであった。

また、上記の全作品でフィギュアとして(『大乱闘スマッシュブラザーズX』では『マリオストライカーズ』のもの)登場している。ちなみに、『DX』のフィギュアの後頭部には、消し忘れたと思われる片目が存在する。


スマブラ参戦!

そんな中、最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で、ピーチの「ダッシュファイター」としてまさかの参戦

ダッシュファイターの中でも、元ファイターとの性能差が皆無に等しい数少ないファイター。その代わりなのか、演出面での違いは比較的多め。


詳しい解説はデイジー(ファイター)を参照。


他媒体

映像作品

スーパーマリオ 魔界帝国の女神

1993年に放映されたハリウッド映画。名称はプリンセス・デイジー

当初は大学の化石発掘調査チームのリーダーとして登場したが、真の素性は地底都市ダイノハッタンの王女である。また人間ではなく、恐竜が進化を重ねた末に人の姿になった種族となっている。


20年前、クーデターを起こしたクッパによってダイノハッタンを乗っ取られてしまう。地上まで逃げて来た王妃は、教会の前に大きな卵と小さなクリスタルを置いて去って行った。

王妃は地上と地底の通路がある地下に戻るが、待ち伏せしていたクッパに捕まる。直後に起こった地震によって落盤が始まり王妃は死亡。二世界をつなぐ通路は埋まってしまい、クッパは地上に出て来れなくなった。

やがて卵が孵えるのだが、どういうわけか生まれてきたのは赤ちゃんの女の子であった。その赤ちゃんは「デイジー」と名付けられ、シスターたちによって育てられることとなった。


デイジーはこれらの真実を知らずに一般人として過ごし、両親の形見と思われるクリスタルをネックレスとして身に着けていた。だが再び地上に姿を現したクッパ一味による誘拐事件が起こり、クリスタルを狙われたデイジーは拉致されてしまう。しかもこの直前にマリオの恋人であるダニエラまで拉致されてしまった(狙われていたのはデイジー1人だったのだが、クッパの配下たちは手当たり次第に若い女性を拉致していた)。

それを見咎めたマリオ&ルイージが地底世界へ乗り込むところから冒険が始まることとなる。


マリオはルイージの義父という設定になっており、デイジーと結ばれるのはルイージの方となる。デイジーからルイージにキスをするなど両思いとなるのだが……。


漫画作品

スーパーマリオ(本山一城

「わたしはデイジー!アメリカで上映された映画のヒロイン!!ピーチはでないけどあたしはでたのよ!」


長らく出番が無かったデイジーだが、本山一城の漫画ではスーパーマリオランド編1巻から登場し、レギュラーキャラとして活躍した。幼馴染であるピーチ姫を誕生日パーティーに招いた際、同行していたマリオに一目惚れする(ただし6つの金貨編2巻から設定が変わり、マリオとは幼馴染であり当時から惚れていたということになった)。


女性語も交えながら「~ですわ」というお嬢様口調で話す。

デイジーは一貫してマリオに惚れており、ピーチとは恋敵ということで仲は良くない。基本的にはピーチを蹴落とそうとしている。そのたびに失敗しては手痛い目に合う不幸キャラとしての側面を持つ。

当初はマリオを呼び捨てにしていたが、ワリオランド編3巻からは「マリオ様」で固定された。

ルイージやタタンガにも惚れられているが、デイジーの恋愛感情は、ほぼ一貫してマリオに向けられている。


『スーパーマリオランド』編では、マリオに一目惚れしたことでピーチと不仲になり、偶然を装った嫌がらせをし合った。そこへ宇宙怪人タタンガが現れ洗脳音波によって国王や国民が操られてしまう。

ピーチとデイジーはケンカ中であり、その間にいたマリオも音波が聞こえなかったことで影響を受けずに済んでいた。タタンガに詰め寄ったデイジーだが一目惚れされたことで拉致されてしまう。

タタンガの本拠地にて洗脳処置を施され無理やり花嫁にされそうになるが、多くの犠牲を乗り越えて来たマリオによって救出される。タタンガは倒され、デイジーは感謝の頬キスをするのだが、それを見ていたピーチ姫からやきもちのロケットランチャーを撃ち込まれ二人揃ってボロボロになってしまった。


『マリオオープンゴルフ』編の番外編では、ルイージとデイジーがデートしているところを、マリオとピーチ姫に見つかって茶化されるシーンがある。ただしこの頃はルイージの1人相撲でありデイジーの気持ちは不明(ルイージは必至でデイジーの前でいいところを見せようとしていた)。


『マリオカート』編では当初は出番がないことを嘆いていたが、3巻から「お宅ちゃん」というオリキャラとコンビを組む形で登場。激しい妨害合戦の中、ノーマークだったことからトップに躍り出て勝ち誇っていたが、お宅ちゃんがアイドルのポスターに余所見をしたので事故ってしまった。

以後はエンディングまで登場しない。


『6つの金貨』編では序盤からピーチ姫に「一回こっきりの使いすてキャラのくせになまいきよ!」と割とシャレにならないことを言われている。それに対するデイジーの反応は「あたしだって第一回ボンボン女性キャラでは人気四位でしたわ(ちなみにピーチは二位)」。


1巻ではちょっとしたサービスシーンを務めており、胸はピーチ姫より大きく、スカートの中はドロワーズであることが判明する(ただしデベソ)。

いつの間にかタタンガをペットにして可愛がっていた。しかしタタンガは悪の道から外れてデイジーの元へいていいのか迷っており、ワリオに新型パゴスを見せられて勧誘されたことでデイジーから離反してしまう(実はパゴスには洗脳装置が組み込まれ、タタンガの人格が変わってしまった。ただしパゴスに乗ることを選んだのはタタンガの意志である)。


その後、デイジーは自らの人気を上げるためにワリオに手紙を送って拉致してもらい、無理にでもヒロインとしてマリオに助けてもらおうとする。だが人質感があったのは最初だけで、随所で存在感をアピールしたり、ロープを自力で引き千切って自由になると台所を借りてクレープを作るなどやりたい放題。

ワリオも引き気味だったがクレープの美味さから気に入られ「マリオには返さない。毎日わしのためにクレープを作れ」と言われる。そこでデイジーは、砂糖をたっぷり入れたクレープをご馳走し続けた。


2巻ではワリオから発する悪のオーラの影響を受け、少しずつだが悪の心に人格を乗っ取られていった。ピーチ姫がワリオの手下に捕まった時は「ブタと結婚させちゃえばいいのに」と呟いてワリオをドン引きさせた。そしてワリオが用意したルイージ、ピーチ、マリオの絵を踏んだことで完全に悪に染まり「ワルデイジー」となってしまった。ワリオに似た男口調になったほか、ドレスも黒に染まっている。

スペースゾーンにてタタンガと協力してマリオたちを迎え撃つもマリオから「(ピーチ姫の次に)大好きだ」と告白され、愛の力で悪の心を打ち破る。タタンガもマリオとヒポポンのコンビネーションで倒された。

直後、改心したタタンガから「宇宙を旅してデイジーを守れるくらい立派なナイトになったら迎えに来る」という手紙が送られた。


3巻ではワリオ城に突入したマリオ&ルイージを追いかけ、仲間たちと共に決戦の場に登場。みんなでマリオに向けて6つの金貨が持つ希望の光の力を与えパワーアップさせた。

最期はマリオとワリオのファイアー対決となる。ワリオはデイジーのクレープを食べ過ぎたことで虫歯になっており、力が入らなかったためマリオに押し切られて敗北する(実はデイジーも虫歯にするつもりでクレープを作っていた)。


『ワリオランド編』1巻では人魚に扮してワリオにパワーアップのツボを与える等お助けキャラの役割を担った。しかし美しいものを冷凍保存していたヒンヤリに掴まってしまい、マリオたちの活躍で助け出されることに(ただしデイジーが掴まっていたことに気づかれず顔を合わせないまま別れてしまった)。なお、同巻のラストシーンでは人魚の変装が解けて尻が丸出しになっていた。またカバー裏のカラーイラストでは人魚から脱衣中(花柄水着)の姿が描かれている。マリオランド2編といい、サービス担当になりつつあるようだ。


ちなみにワリオに協力した理由は、魅力的な男に見せてピーチの心をマリオからワリオに向けさせるため。一時成功していたがマリオの活躍で結局ピーチの好意はワリオから離れてしまい悔しがっていた(同じくマリオに好意を持つウェンディにすら「そこまでやるか!?」と引かれていた)。

天罰が下ったのか2巻ではロクに出番がないまま終了となり、マリオたちがキッチン島を去ったため置き去りにされ遭難するという事態に。だが後述の「デビデビ大王編」で合流する。


『ワリオランド編』3巻「デビデビ大王編」では、デビデビ大王が世界中にカビハエール(カビ菌)を撒き散らしたことで人々が老化してしまう(デビデビ大王は弱いので皆を弱体化させてから世界征服をしようとしていた)。

デビデビ大王によって仲間たちが洗脳される中、マリオと共に逃げたデイジーは「もう戦いなんてやめてここで二人で暮らしましょう」と告白する。マリオもハート目になってイイ雰囲気になったのだが、デイジーに惚れていたデビデビ大王によって横槍を入れられ拉致される。

デイジーも洗脳されてしまい、助けに来たマリオを飛行船から突き落とそうとする。だがマリオから「デイジーはおれのものだ! おまえのいいなりになるもんか!!」と言われたことで正気を取り戻す。


デビデビ大王はルイージによって封印され、更にマリオによってカビハエールの装置を破壊されたことで悪の野望は潰えた。しかし撒き散らされたカビハエールは今も残り、ピーチ姫やキノピオたちを蝕んでいた。

誰もが落胆する中、デイジーは世界を救う方法があると口にする。


実はデイジーの正体はピーチ姫の分身だった(誕生の経緯は不明。そもそも唐突に出た設定である)。デイジーは夢の中でピーチ姫の心と接触してその事実を告げられ、願いを叶えれば自らの消滅と引き換えに世界を救えると教えられていた(ピーチ姫は既にカビハエールに蝕まれ、自分では動けなくなっていた)。


「楽しい思い出をいっぱいありがとう。さよなら、マリオ」


デイジーはマリオの鼻にキスをする。望みを叶えたデイジーは光となって砕け散り、胞子となって世界中に降り注いだ。デイジーの胞子はカビハエールを根絶させ、ピーチ姫とキノピオたちを救い出す。

ここで一つの奇跡が起こる。デイジーの胞子が芽を出し花を咲かせ、新たなデイジーたちを生み出した。

デイジーの墓の前で涙を流すマリオだが、その後ろからたくさんのデイジーたちが駆け寄ってきていることに気づかなかった。


『ヨッシーストーリー編』2巻では、ルイージはデイジーを「デイジーの墓」の前に連れて行き「きみはあくまでコピーだ。オイラは原本のデイジーが好きだった」と語る。つまりルイージにとって悲恋となってしまったことになる(もっともこの後、墓の下からゾンビデイジーが現れ、恐怖のあまり漏らしてしまうのだが……)。


ちなみに本山がここまでデイジーを重宝していたのは、彼がデイジーというキャラを気に入っていたからである。そのデイジーが「一回こっきりの使い捨てキャラ」から今やレギュラーに昇格したのだから、作者としても本望だろう……。


一連の流れを見てもわかるように、本山デイジーは自己主張の激しい目立ちたがり屋である。

これは活発で声が大きく、強気な言動を取る本家デイジーにも通じるところがある。


スーパーマリオくん沢田ユキオ

2巻の4コマ漫画でマリオに助けられる場面が唯一の直接的な登場。お互いに「マリオー」「デイジー」と語尾にハートマークを付けていたが、マリオは怒ったピーチ姫から「このうわき者!!」とマリオにスーパーキノコを投げつけられてしまった。

実は、デイジー姫が登場した4コマ漫画は3コマだった。しかも3コマ目はずっこけていたので足だけ。

この他、3巻ではマリオ達にマリンポップ号を届けた差出人として顔写真が登場。「愛するマリオへ」と書いているので好意を持っているようだ。

26巻では、4コマ短編「ルイージ初主役」でルイージの空想内で登場。一見するとデイジーとは分かりにくいが、服やイヤリングで判別できる。ルイージは、彼が囚われたデイジーを救い出すという構想を想定していたが、実際はお化けに囚われたマリオを救うというシナリオだと聞いて落胆していた。

57巻でも巻末漫画に1コマだけ登場。作者が女の子を書くのが苦手だという理由でデイジーをほとんど描かなかったと語られている。


声優

  • ジェシカ・チザム(『マリオテニス64』)
  • ジェン・テイラー(『マリオパーティ3』~『5』)
  • ディアナ・マスタード(『マリオゴルフ ファミリーツアー』、『マリオカート ダブルダッシュ!!』〜『マリオストライカーズ バトルリーグ』)
  • ジゼル・フェルナンデス(『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』)

この他、『魔界帝国の女神』の吹き替え版では日高のり子(ソフト版)、岡本麻弥(日本テレビ版)が務めている。


関連イラスト

デイジーデイジー生誕25周年おめでとう!!

生誕26周年デイジー姫

デイジー


衣装まとめ

デイジー姫生誕25周年!!


関連タグ

マリオシリーズ スーパーマリオ

ピーチ姫 ルイージ ワルイージ

マリオ ロゼッタ タタンガ

ルイデジエルデジ

ワルデジ

ベビィデイジー

スーパーマリオランド 茶髪 オレンジヒロイン 残念な美人 消失系ヒロイン(本山一城版)

関連記事

親記事

マリオファミリー まりおふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34819127

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました