ピクシブ百科事典

デイジー姫

でいじーひめ

デイジー姫とは、『スーパーマリオ』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

サラサ・ランドのお姫様。デビュー作は『スーパーマリオランド』(1989年)。平成に入って初めて登場したマリオキャラである。
実は、ヨッシー(1990年)やワリオ(1992年)よりも先にデビューしていたのである。
宇宙人のタタンガにさらわれていたが、マリオによって助けられる。

その後『マリオオープンゴルフ』でルイージのキャディーとして登場するが、以降は長期に渡り出番が無かった
しかし『マリオテニス64』の開発時に人間のキャラクターが必要だったことから、プレイヤーキャラクターとして復帰するようになる。
マリオパーティ』シリーズでは『3』よりワルイージと共に登場。この頃はストーリーモードでは使用出来ないなど多少の待遇の差が見られたが、『4』からはレギュラー化するようになった。

その後も数々のマリオゲームに出演しているが、登場する作品は決まってパーティ系のゲームのみであった。
スーパーマリオ3Dワールド』では彼女を本編デビューさせることを検討していたが、ピーチ姫との差別化から没となった経緯を持っており、全体的に不遇な感じであった。

しかし、2017年9月29日に行われる『スーパーマリオラン』のアップデートによってプレイヤーキャラ化した。特技は2段ジャンプ。彼女がアクションゲームにてプレイアブル化するのは今作が初めてである。

性格は活発で、若干ワガママな行動が見られる(『スーパーマリオランド』の頃から「おてんば」という性格付けが既に存在している)。言葉遣いも、ピーチ姫ロゼッタに比べるとやや乱暴気味(~するんだから、~のよ、など)。

マリオパーティ3まではピーチ姫の色違いと言われても仕方ないほどグラフィックが似ていたが、以後の作品では差別化が図られ髪が短くなった他、顔も少し大きくなった。また、当初は褐色だった肌も、ピーチ姫と同じ色白になった。
目はややツリ目気味で、の色はピーチ姫と同じく。耳のピアスや王冠には花のマークが模られ、それがデイジーのイメージマークにもなっている。描写は少ないが足元はオレンジがかった茶色のパンプスを履いている。ドレスの足元に付いてるオレンジフリルは一段ではなく二段になっている。
マリオパーティ10では、ピーチと走り方にも違いが出るようになった。今まではピーチ共々、スカートを持ち上げて走っていたが、10ではデイジーはそのまま走るようになった。

身体を動かすようなスポーツ系のゲームでは旧デザインではスカートでしか登場していなかったが、デザイン変更後はショートパンツをメインに多くの服装が登場している。

マリオカートシリーズでは4作目の『ダブルダッシュ!!』から登場。初期から選択できたり隠しキャラだったりと登場するタイミングはバラバラだが、タイプは一貫してマリオルイージ達と同じく中量級。

マリオゴルフファミリーツアーでは意外とパワーがあるキャラクターで、ルイージだけでなくワリオにすら飛距離で勝っている。もしルイージが彼女と付き合うとすれば、間違い無く尻に敷かれるだろう。
ちなみにマリオパーティ3ではビンタ1発でクッパを吹っ飛ばしたことも。

ピーチ姫との関係はあまり分かっていないが、マリオパーティ6以降の設定では親友でもありライバルでもある、とのことである。

いたスト等でみれるセリフによると、がいる模様。ただし、クッパJr.同様の存在は未だ判明していない。

かつてボンボンを読んでいた人には本山一城のコミカライズシリーズのワリオランド編が印象に残っているかもしれない。マリオとデイジーはその中で恋仲となるものの最後には悲劇的な別れが…とその後にオチである程度は救われる(?)が。

スマブラシリーズにおけるデイジー

本人ではないが、『DX』から参戦しているピーチの2Pカラーは、デイジーを意識した配色になっている(『SP』では変更)。
特に『DX』では衣装まで再現されるというこだわりぶりであった(『X』以降では配色の変化のみ)。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL


そんな中、最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』において、ピーチの「ダッシュファイター」としてついに参戦
ピーチ同様、ドレスのデザインはスマブラ風に強化およびアレンジされている。

デイジー参戦キタ━(゚∀゚)━!
ぷりんせすでいじー



通常必殺ワザやつかみ・投げで呼び出すキノピオは、ピーチのものが赤い斑点なのに対し、彼女のものは青い斑点になっている。
最後の切りふだはピーチブロッサムと同じ仕様である「デイジーブラッサム」。回復アイテムがヒナギクになっている他、画面のフレームもオレンジと黄色を基調とし花をあしらったデザインとなっている。

なお、実はピーチとの性能差は全く無いに等しく、ごく一部の基本モーションの変更のみ。
(Ver.3.0.0より前は下必殺ワザのふっとばしがピーチより強く設定されていた)

デイジー参戦のかしこまっ!


勝利ポーズの1つではこれに似たポーズを取ったりする。

勝ちあがり乱闘「戦場のプリンセス」は姫と王女の肩書きがあるファイターのみが登場。ROUND5のMiiファイターも、全員がピーチのぼうしやゼルダのぼうしなどをかぶっている。

ルイージとの関係

ルイージとデイジー


初登場時は全く接点が無かったものの、前述の『マリオオープンゴルフ』で出会ったのがきっかけなのか、後期の作品ではルイージとパートナーを組んでいる作品もある。
明確な関係はゲーム作品では語られていないため不明だが、お互いの相性は良いらしい?
実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』ではヒロインになっており、ルイージと恋仲として扱われていた。
しかし『マリオパーティ』シリーズでは、マリオとピーチのコンビ名は「ベストカップルズ」なのに対し、ルイージとデイジーは「じみーズ」、「ぐうぜんカップルズ」というコンビ名となっている。一方でマリオとデイジーは「ナイスカップルズ」のため、実際はルイージよりも救出してくれたマリオの方が相性が良いように見える。

「マリオカートWii」では、コースの一つであるデイジーサーキットにルイージとデイジーが手を繋いで踊る大きな銅像が建てられていたりする。(ベビィバージョンも有り)。

『スマブラfor』のフィギュア名鑑の説明文には、「あのルイージもデイジーに夢中との情報も」と書かれている。

歴代ドレスデザイン

  • デビュー時
Classic Princess Daisy


初期の頃のデザイン。上記の通り、褐色の肌で、ピーチの色違いと言われる程彼女と似ている。

「ね、一緒にダブルス組もうよ!」


ピーチ同様自身のドレスをベースに動きやすい服装姿で再登場。やはりまだピーチと似ている。

  • 21世紀以降デザイン

デイジー姫


マリオパーティ4以降の作品でデザインを見直され、我々が知っている現在姿である。

  • マリオテニスGC以降のスポーツデザイン

デイジー姫(テニス)
ミニスカ!


左側が主にスポーツ系で着用する。濃いオレンジ色の短パンが特徴。右側がマリオテニスオープンで久しぶりにミニスカートを履いた姿である。画像は未発見だが、マリオ&ソニックの冬のオリンピックでは、専用の服装になっている。

デイジーは任天堂の貴重な萌え要員


Wii以降のバイクが使える作品で着用するバイクスーツの姿。バイク運転向けに動きやすくなっている。また、同作品以降で赤ちゃん時代の姿であるベビィデイジーが初登場。ベビィピーチ同様おしゃぶりを銜えて居る。

デイジー ルキナ ゼルダ
デイジー姫


朗
躊


スマブラ風デザインのドレス姿。残念ながら大人の事情でスカートの中は見れない。色変えでいつものオレンジ色のドレスとは違う色を選べる。お好みでどうぞ。

関連イラスト

マリオシリーズ

ぴったぴた
どうでもいいけどこれ、マリオバイクだよね


デイジー姫
姫ず



スマブラ関連

デイジイイイイイイイウワアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!
デイジー姫


スマブラ参戦!
センシティブな作品



関連タグ

マリオシリーズ スーパーマリオ
ピーチ姫 ルイージ ワルイージ
マリオ ロゼッタ タタンガ
ルイデジエルデジ
ベビィデイジー
スーパーマリオランド 茶髪 オレンジヒロイン

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スマブラガールズ ダッシュファイター

ベヨネッタ2:本人は登場しないが、隠しコスチュームが登場している。彼女のamiiboを使用すれば即入手可能。ピーチコス同様アレンジが入っており、腰にはルイージの人形がぶら下がっている。

関連記事

親記事

マリオファミリー まりおふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイジー姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9795263

コメント