ピクシブ百科事典

BAYONETTAシリーズ

べよねったしりーず

「プラチナゲームズ」がおくるゲームシリーズ
目次[非表示]

※同作の主人公については「ベヨネッタ」を参照のこと。

概要

神谷英樹ディレクターが過去に製作したデビルメイクライシリーズ同様、ダイナミックなアクションを特徴とするゲームである。また神谷は、3Dアクションゲームを「更なる次元に引き上げる」ことを目指して本作の制作を行っていると公式ホームページで明言している。
またWiiUにて続編が発表され、2014年9月20日に発売された。→「ベヨネッタ2
ベヨネッタ3」の発表に伴い、ベヨネッタ2とのコンボパッケージの発売も発表された(1はDLのみ)。

魔女ベヨネッタが、両手両足に付けた四丁一組の銃『スカボロウフェア』や髪に宿る魔力を駆使して戦う姿が魅力。スタイリッシュかつアクロバティックな戦闘シーンは、見応えたっぷりである。そうした戦闘をこなしていき、よりプレイに華麗さに磨きをかけていくというやり込みも、このゲームでの楽しみの一つとなっている。

またオカルト性に満ちたシリアスかつミステリアスなストーリーでありながら、登場人物たちの掛け合いはジョークや機知に富んだ軽妙なもので、物語にさらなる爽快さを与えている。
ときに腹筋崩壊モノのジョークが飛び出すシーンもあったりと、遊び心も満載である。

これらの要素が、このゲームを単なるアクションゲームで終わらせない、高い遊戯性を演出している。

数多くのパロディがちりばめられており、ファンタジーゾーンスペースハリアー等のセガ製品以外にもデビルメイクライや大神といった過去に開発に携わった製品のみならず、HALOといった他社製品もさりげなくネタにされている。
また、WiiU移植版はコスチュームに任天堂キャラクターの要素が追加された。

続編と異なり、初代はパチスロ版が出ているあたり現在の権利としては「1」はセガの関与が強いと思われる。スマブラゲスト参戦以外でのコラボ等ではこの初代の方が多い。

デビルメイクライとの関連

BAYONETTA側にのみデビルメイクライとの関連性を示唆する設定が設けられている。公式では両作品が同一の世界であるとは明確には語られておらず、BAYONETTAとDMC1の監督である神谷氏はDMC1以降のDMCシリーズには関わっていない為、設定にも違いがあり、繋がらない部分があるが、以下の関連性がある。

  • デビルメイクライにはエンツォ・フェリーニョという情報屋が存在し、BAYONETTAのエンツォと同名の同業者である。BAYONETTAのエンツォは悪魔狩人の何でも屋に情報を売っているらしい(ただし、アニメ版デビルメイクライのドラマCDでまだダンテの事務所の名前が「Devil Never Cry」だった頃、エンツォはある事件が切っ掛けで片腕を失い、以後は隻腕であることが判明している。現在は情報屋を辞めて質屋を営んでおり、自らの店にダンテの魔具を質草として収めている)
  • アクセサリー『時の腕輪』は、古の魔剣士と契約を結んで魔界の侵略軍に立ち向かった孤高の魔女エヴァが製作したもの(デビルメイクライの主人公ダンテの父は古の魔剣士スパーダ、母は人間のエヴァ。ただし、デビルメイクライの公式設定ではエヴァは特殊な力を持たない普通の人間である)
  • ロダンが常連限定で出している「ストロベリーサンデー」はダンテの好物
  • 「エンジェルメイクライ(天使も泣き出す)」というトロフィー/実績がある
  • 四元徳「正義」戦で、ベヨネッタがダンテのセリフを言うシーンがある(Let's rock, baby!)
  • アントニオを愛称で呼ぶと「トニー」になるので、小説版DMC1でのダンテの偽名「トニー・レッドグレイブ」と解釈することもできる?(ルカの父の名前はアントニオ・レッドグレイブ)

これらの関連性から、デビルメイクライダンテと組んだイラストも存在する。(ベヨダン

また「BAYONETTA」公式ブログのインタビュー動画で、神谷氏は「ダンテとベヨネッタが戦うと勝つのはどちら?」という質問に「女に勝てる男はいない。」と答えている(これはあくまでも戦闘能力ではなく、日頃からトリッシュやレディなどの女性陣に頭が上がらないダンテはベヨネッタ相手にも同じことになるからである)。

キャラクター

皆勤賞

ベヨネッタ(CV:田中敦子
ジャンヌ(CV:園崎未恵
ルカ(CV:浪川大輔
ロダン(CV:玄田哲章
エンツォ(CV:高木渉

作品一覧

原作シリーズ

タイトル対応ハード発売日(リメイク除く)備考
BAYONETTAPS3/ Xbox360/Wii U/ニンテンドースイッチ/プレイステーション42009年10月29日任天堂ハードは同梱版もしくはDL、プレステ4版はヴァンキッシュ同時収録版である
BAYONETTA2Wii U/ニンテンドースイッチ2014年9月20日
BAYONETTA3ニンテンドースイッチ不明

コラボタイトル

タイトル対応ハード発売日(配信日)備考
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / for Wii U3DS/WiiU2016年2月4日
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALニンテンドースイッチ2018年12月7日
D×2真・女神転生リベレーションスマートフォン2019年2月14日
ヴァルキリーアナトミアスマートフォン2019年11月18日


関連タグ

プラチナゲームズ セガ 任天堂

関連記事

親記事

プラチナゲームズ ぷらちなげーむず

子記事

兄弟記事

コメント