ピクシブ百科事典

WiiU

うぃーゆー

任天堂が開発したWiiの後継機。ハードとしては初めてHDに対応したゲーム機。
目次[非表示]

概要

「WiiU(ウィーユー)」とは、WiiUゲームパッドという画面付きのコントローラーと複数のWiiリモコンで一人でも多人数でも遊べるHD対応のホームコンソール型ハードである。

特徴

CPUIBM PowerPCカスタム「Espresso」WiiのCPUと互換性有り
GPUAMD Radeon HDカスタム「Latte」eDRAM内蔵
RAM2GB(ゲーム1GB/システム1GB)Wiiのおよそ20倍
eDRAM32MBグラフィック関係に使用
解像度(テレビ)最大1920×1080ピクセルゲームによって異なる
解像度(ゲームパッド)854×480ピクセル6.2インチ
メディア光ディスク(BD-ROMベース):25GB/USB記録メディア:最大2TBUSBメディアは主にDLソフトの保管に使われる。

We You
WiiUの名称の由来は誰でも分かる通り「We」と「You」をもじって合わせたいわゆる語呂合わせである。
Wiiが「みんなが楽しめる」というコンセプトから英語のWe(私たち)に由来するのに対し WiiUという名称は、それを推し進めた「みんなで楽しめると同時に個々も満足させる」というコンセプトに基づいている。
「『WiiU』は【WiiUゲームパッド】を使ったテレビを使わない遊びも可能」で従来の据え置きゲーム機と少し位置づけが異なるため、任天堂は「据置機」ではなく「ホームコンソール型ハード」といった表現を使うというこだわりを発揮している。
従来のゲームハードでは実現できないスタイルのゲームをプレイする事が出来るほか、据え置き型ゲーム機ならではの迫力のあるゲームを効率的な環境でプレイする事が出来る。
この2つの思想は(特に前者は)形こそ違えど次世代機のNintendo Switchにも受け継がれている。
また単なる「画面付きのコントローラー」で終わらず、加速度センサー・ジャイロセンサー・地磁気センサーなどのセンサー類を内蔵しており、3DSのようにゲームパッドを傾けるだけでの操作も可能となっている。
その他には赤外線通信ポートや独自のヘッドフォン端子、さらにNFCポートも搭載している。
NFCポートは早い話が「非接触ICカード用のカードリーダー」で、これを利用してNFCチップの入ったフィギュア《amiibo》をゲームパッドで認識させることによりゲーム内に反映するなどの遊び方も可能としている。
SuicaEdynanacoWAONのようなICカードを認識できるため 電子プリペイドカードなどを使ってのダウンロードコンテンツ(DLC)の支払い・決済などを済ませることも可能となっている。
Wii U Game Pad

Wii U


WiiUは据置機としては初のサブモニタつきのコントローラー【WiiUゲームパッド】を搭載している。
WiiU Game Padとは大きめのサブディスプレイを搭載したコントローラ。テレビとの2画面で、あるいはそのコントローラの画面のみでプレイする事ができる。特殊チップを用いて、本体との相互通信遅延をほぼゼロにした。

苦戦・ソフトの評価

最初こそローンチからNINJAGAIDENアサシンクリードなど任天堂ハードらしかぬコアゲーを輩出するなど気合いの入ったソフトウェアラインナップを見せたが、ゲームパッドを初めとした特殊なハード構成故にサードパーティーが次々と撤退し、また任天堂自身も初のHDハードだったためにソフト開発が難航し、全体的にソフトウェアラインナップがかなり寂しいものになってしまった。
2016年以降、任天堂は次世代機のNintendo Switchの販売に注力することになり、
それに伴い、WiiU本体の生産が2016年11月11日に近日終了予定(日本国内)と記載され、2017年1月31日に日本国内でのWiiU本体が全て生産終了することとなった。
こうして全体から見るとかなり不遇の立ち位置に見えたWiiUだが、ソフト一本一本の観点から見ると、同じく任天堂ハードのなかでは苦戦したゲームキューブとは違い、マリオカート8Splatoonなど複数のミリオンタイトルを産み出している。(ゲームキューブは国内ではスマブラDX一本のみ)
中でもSplatoonは久々の任天堂の新規IPであり、斬新な発想や若者向けを意識したゲームデザイン、そしてSNSを活用した宣伝方法が影響して一躍話題となり、当時どん底の状態だったWiiUが一変して一時期本体が品薄になるほどの巻き返しを見せた。
そしてWiiU向け最後の任天堂ソフト兼物理ディスクソフトとなったゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドはWiiUソフト、ひいては任天堂ソフト屈指の高評価を受け、2017年度Game of the Yearをはじめとした数々の賞を受賞し、WiiUの有終の美を飾るソフトとなった。

用途・要素

Miiverse(ミーバース)
「Miiverse」とはゲームプレイヤー同士のコミュニケーションサービス。Wii U用のゲームはすべて「Miiverse」に対応しており、ゲームの情報などをタッチ画面を利用したテキスト入力だけでなく手書き文字や表情ボタン、ゲーム中断時のスクリーンショットなどを活用し投稿できるようになっている。

【ドット絵】Miiverse(ドットペイント)


現在はPCなどの外部端末からも閲覧することが出来る。
https://miiverse.nintendo.net/

2012年6月4日に「Nintendo Direct Pre E3」で発表された。

2017年11月8日午後3時にサービス終了。なお、終了の理由は明かされていない。

世界中の人とつながる
Miiverseに代表されるように、WiiUではネットワークサービスが大きく強化された。任天堂のネットワークサービス、『ニンテンドーネットワーク』をインターネットに接続することで、世界中の人とインターネットを通じて対戦などのコミュニケーションをとったり、ソフトや追加コンテンツの購入などができる。

ニンテンドーネットワークID
ユーザーは、ニンテンドーネットワークIDを用いて、ニンテンドーeショップ、Miiverse、ビデオチャット機能や各ソフトメーカーのネットサービスなどを一元管理することができる。
またアカウント機能を導入し、1ハードにつき、12個までのアカウントをサポート。ユーザーごとに各ゲームソフトの設定、セーブデータ等を管理できるようになっている。

わらわら広場
WiiUのメニュー画面起動時の画面では世界中のユーザーのMiiが登場し自身が遊んでいるゲームや人気ゲームのアイコンが表示され、表示されているゲームについてのコメントを表示する。Miiverseへの投稿からランダムに選ばれたコメントが雑談のように表示され続ける。

ニンテンドーeショップ
パッケージソフトのDL購入やソフトの評価、追加コンテンツの購入、ゲームの動画を見ることなどが出来る。Wiiで購入したバーチャルコンソールとWiiウェアを、WiiUに引っ越しする事も出来る。

内蔵ソフト

インターネットブラウザ
無料のインターネットブラウザ。ゲームを中断したままインターネットブラウザーで検索することが可能。また『任天堂らしい』少し変わった機能も搭載されている。
ただし、Adobe_FLASHには非対応。

Nintendo TVii
テレビ番組表と連動した総合テレビ情報サービス。コントローラーでテレビを操作することも出来る。

Wii U Chat(Wii Uチャット)
WiiU内臓ソフトの一つでビデオチャトができる。会話をしながら絵を書くことも出来る。
現在はサービスを終了している。
WiiカラオケU
内臓ソフトの一つ、JOYSOUNDを展開しているXINGと任天堂が共同開発したカラオケソフトで有料のチケットを買うと期間中毎月9万曲以上が歌い放題。別売りの専用マイクのほか、Wii U GamePadも使用できる。

ゲーム

WiiUディスクソフト
従来どおりの光学ディスクでゲームをプレイすることが出来る。またほぼ全てのタイトルはeショップでのダウンロードが可能。GC、Wiiと同じく独自規格のディスクだがBlu-rayディスクと同じく青紫色のレーザーで読み取りを行う。

WiiUダウンロードソフト
eショップからダウンロードすることが出来るダウンロード専用ソフト。ゲームだけでなく、ペイントツールや動画ビューワーなど多彩なソフトが提供されている。

バーチャルコンソール
なつかしの名作をダウンロードすることが出来る。Wii版で既に購入済みの場合、様々な機能が追加されたWiiU移植版を優待価格(FC100円、SFC150円)で購入できる。

注意
GC・Wiiから引き続きブルーレイディスク及びDVDの再生には非対応。
またGCの互換機能が廃止されているためGCのディスクは入らない。(無理矢理入れると故障の恐れあり。)

価格

プレミアムセット(本体カラー:黒、内蔵メモリ32GB):31,500円(税込)
ベーシックセット(本体カラー:白、内蔵メモリ8GB) :26,250円(税込)
現在ベーシックセットと同梱版も含むプレミアムセットは既に生産終了している。

余談

  • Wiiで目指した「ローパワーハイパフォーマンス」の設計を引き継いでいる。本機ではCPUとGPUを一つの同じパッケージ上に搭載する「MCM(マルチチップモジュール)」技術を採用することで、消費電力を減らすのと同時にCPUとGPU間の転送速度を向上させている。
    • ちなみにこの設計のお陰で熱源が一つになり、本体の排熱のしやすさに一役買っている。

(参照:社長が訊く『Wii U』本体編

  • 任天堂ハードとしては珍しくCERO-Z指定作がローンチの地点で2本、後に3本と合計5本も出ている。
    • 海外では任天堂ハードでもそこそこ大人向けのゲームが出るのだが日本では出ても1~2本、GBA3DSなどハードによっては一本も出ないのが普通だったため一時期話題になった。言わずもがなローンチで出るのはWiiUが初である。
      • ちなみに次世代機のSwitchでも既に数本出ている。ちなみにこちらはSwitchの初公開映像の地点で既に1本出ている。

  • 本機のコードネームは「Project Cafe」で、上記したCPUの「Espresso」やGPUの「Latte」など部品のコードネームもコーヒー関連のものから採られている。

関連タグ

任天堂 Wii U Wii 岩田聡 Miiverse amiibo

関連リンク

任天堂公式サイト
WiiU(ウィーユー)公式サイト
WiiUソフトウェア一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「WiiU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 961941

コメント