ピクシブ百科事典

SDカード

えすでぃーかーど

データの記憶媒体として使用される半導体メモリカードの一種
目次[非表示]

概要

切手大の大きさのメモリカードであり、現在ではメモリカードの事実上の標準規格である。競合する規格にメモリースティックがある。 またSDカードの規格を使用したSDIOカードというものも存在するが、ここではその説明は割愛する。

  • 各SDカードの規格
    カード名SDSDHCSDXCSDUC
    フォーマットFAT16FAT32exFATexFAT
    規格上の最大容量2GB32GB2TB128TB
    著作権保護技術CPRMCPRMCPRM,CPXMCPRM,CPXM

  • スピードクラスの規格
    規格名無印・class~UHS-ⅠUHS-ⅡUHS-ⅢSD Express
    転送速度25MB/s104MB/s312MB/s624MB/s985MB/s

SDHCカードは最大容量を32GBに増大、更にクラス10(最低10MB/sの転送速度を保証)を越える転送速度をサポートするUHS規格に対応。
SDXCカードは最大2TBの容量と新たな著作権保護技術であるCPXMに対応。
そして新規格となるSDUCカードは最大128TBまでの容量をサポートする規格である。
また、小型機器用にminiSDカード(※)、microSDカードがある。microSDカードについてはその小ささから乳幼児が誤飲する恐れがあるので誤飲しないように製造時に苦味剤を塗布しているメーカーもある。

SDカードはすべて著作権保護機能としてCPRMという機能に対応している。これにより、違法コピーを防いでいる。・・・はずだったが対応機器登場前にCPRMが破られてしまったのでSDXCカードではCPRMを強化したCPXMという機能に新たに対応することになった。

事実上標準とはいえ、パソコンからの技術として分岐し、成熟しているコンパクトフラッシュには速度こそ現地点の最新規格であるUHS-Ⅱにて同等のパフォーマンスを発揮するようになっているが、容量はまだまだ引けをとっているので、一眼デジタルカメラなど高級機や業務用機ではコンパクトフラッシュメモリの差込口が一緒に搭載されていることがよくある。
スロットが無い場合でも、アダプタを介して接続できるように変換アダプタが用意されていたこともある。

※現在でもminiSDの販売は一応されてはいるが、SDカードの小型版の主流規格がmicroSDとなったため変換アダプタを購入することを推奨する。

余談

  • MMC(マルチメディアカード)の上位互換規格として登場したメモリカードなので、互換性を保ったまま電極を増やしてあり、それゆえピンの番号の振り方が変則的(9,1,2,・・・,8の順)になっている。また8番ピンのみ電極が狭くなっている。
  • MMC上位互換規格であるため、MMCにもあるSPI(※)モードという通信モードが残されており、高速なデータのやり取りの必要のない用途ではこの動作モードを使って簡単な回路で複数デバイスと通信できる。
  • TransFlashなるサンディスクの製品もSDカードの一種。というかmicroSDそのもの。
  • 現在は奥行の短いSDカードが販売されているが、MacBookやRaspberry_Piなどごく一部の機種にしか対応していないので注意が必要。
  • 機器組み込み用モジュールにeSDというものがあり、見た目はモジュール部品やメモリICそのもの。SDカードの基となったMMCにも同じくeMMCという組み込み専用品がある。組み込みモジュールではメモリカードとシェアが異なりeMMCが主流でeSDは少数派。


※・・・Serial Peripheral Interfaceの略。IC間通信の規格の一つ。

関連タグ

コンパクトフラッシュ メモリースティック フラッシュメモリ

外部リンク

SDメモリーカード - Wikipedia
第197回:TransFlash とは - ケータイWatch

pixivに投稿された作品 pixivで「SDカード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9819

コメント