2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「凌ぎ役やから 怖がらんでも ええよ」
「喝采は要らん ちゃんとやんねん」

概要

プロフィール

クラス稲荷崎高校3年7組
ポジションウイングスパイカー(WS)
身長175.2cm
体重67.5kg
誕生日7月5日
好物豆腐ハンバーグ
最近の悩みバァちゃんが今から俺の結婚式を楽しみにしている事
CV野島健児

稲荷崎高校バレーボール部主将。背番号1番。

銀髪で毛先が黒い。カラーイラストで登場する以前に描かれたファンアートでは金髪で描かれているものもある。
ジャージを肩から羽織っており、尾白に「お前ジャージのソデ通せや(以下略)」と言われているが、それに対して「バチバチってなるやん」と、返している。静電気が弱点である。
祖母が兵庫からはるばる東京まで応援に来てくれていた。おばあちゃんっ子。

バレーボール選手としての能力は強豪校である稲荷崎の選手としては平凡といえる。守備よりの能力を持つが身体的・技術的に特筆するほどの能力はない。そのせいか初めて試合に出たのは3年になってからで、角名曰く中学3年間スタメンどころかユニフォームを貰ったこともないらしい。

北の特筆すべきはその精神性である。祖母の教えを忠実に守って、バレーボールの練習はもちろん普段の学生生活においても一切の手抜きをすることなく「ちゃんと」やってのける。成績は当然のようにいつも上位であり、ちょっとした掃除ですら「ちゃんと」行う。

試合でもこの姿勢は同じであり、出来ないことは出来ないが「練習でできたことは必ず出来る」というある意味監督にとっては最高の選手。北自身が「緊張なんかする意味がわからん」と言っており、精神的に波の激しい双子とは対照的である。

このように積み重ねてきた実績からくる重みとそこから繰り出される正論は稲荷崎2年生以下の選手には強いプレッシャーを与えており、角名からは「怒鳴るも殴るもしないのに圧が強すぎる」と言われている。そういったことから要所で投入されて緩みそうになった空気をシメる役割を担っている。

ただし北が双子たちを馬鹿にしているという訳ではなく、むしろ最大級の敬意を払っている。後輩が双子たちのことを「天才スゲー(意訳)」と言ったことに対して2ページ半に渡る長いセリフで反論し、「ムキになった」と自ら認めるほど双子たちのことは評価している。そしてだからこそ不安定なところがある双子の背中を自分が守るとも自負している。

名前の由来は恐らくキタキツネから。

その後

高校卒業後は農家となり稲作をやっている。正に天職。

ちなみに作った米を送っている所は…。

関連イラスト

【HQ】今年の漢字



関連タグ

ハイキュー!!
稲荷崎

関連記事

親記事

稲荷崎 いなりざき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39125711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました