ピクシブ百科事典

メモリーカード

めもりーかーど

フラッシュメモリ等を用いた電子記憶媒体の一種
目次[非表示]

概要

フラッシュメモリを内蔵したカード型のメディアの総称で、スマートフォンデジタルカメラ等に使用される。
現在では「メモリーカード=SDメモリーカード」と言われるほどSDカードの標準化が進んでいるが、あくまで「メモリーカード」自体はフラッシュメモリを積んだカード型の記録媒体全体を指しているため、必ずしもSDカードの事を指しているとは限らない。

主なメモリーカード

SDメモリーカード

nanoSDカード規格が登場したようです


言わずと知れたメモリーカードの代表格。
詳細は当該項目を参照のこと。

メモリースティック

USBメモステ


ソニーが開発したメモリーカード。PSPやソニー製のデジカメ等で使用出来る。
詳細は当該項目を参照のこと。

コンパクトフラッシュ/CFカード/CFast

Sandiskが開発したメモリーカード。
比較的旧式のメディアだが、数あるメモリーカードの中でも大容量・高速な転送速度を実現しており、プロのカメラマンを中心に現在でも一定の需要がある。
「コンパクトフラッシュ」自体はSandiskの登録商標なので、他社は「CFカード」と呼ぶことが多い。
詳細は当該項目を参照のこと。

ゲーム機用メモリーカード

PlayStationゲームキューブ等かつてのゲーム機で使われたメモリーカード。ゲームの進行状況を保存するために必要。
現在セーブデータは内蔵HDD及びフラッシュメモリに保存するのが主流になっており、この規格は廃れている。

あったらいいよねVITA用の128GB


PlayStation Vitaでは仕様の統一化とセキュリティの強化のために専用のメモリーカードを採用している。上記のメモリーカードとは違い、セーブデータのみならずゲームデータや写真、音楽、動画も入る為、さながらスマートフォンの外部ストレージのように使うことができる。

xDピクチャーカード

富士フイルムとオリンパスが共同開発したデジカメ用のメモリーカード。
当時デジカメ市場を牽引していた両社のメモリーカードであり、両社のデジカメに積極的に採用されていたのだが、皮肉にもこの時両社の支持が落ち始めており、それに伴ってxDピクチャーカードも人知れず姿を消していった。

スマートメディア

デジカメ等に採用されていたメモリーカード。
単純な構造でローコストで製造できる。
詳細は当該項目を参照のこと。

XQDメモリーカード

データ転送インターフェースに高速なPCI Expressを採用しており、4KのHDR映像など大容量の画像や動画を撮影する高性能なデジカメ等に採用されている。

UFSカード

SamsungがUFSの技術をもとに開発した「着脱可能なUFS」。
MicroSDに似た外見だが、互換性はない全くの別物である。
Samsungが開発に関わっているUFSメモリの技術を応用したメモリーカードで、独自のIFコントローラーとSamsung自社製のV-NANDを搭載し、読み出し速度500MB/s・40000IOPsとMicroSDを大幅に上回る転送速度を実現しているのが最大の特徴である。(MicroSDは現在もっとも普及しているUHS-1で104MB/s・4000IOPs、現行最速のUHS-2でも312MB/s程度。)
互換性を維持するため転送速度が上がる度に消費電力が増えていたSDカードと違い、UFSカードは転送方式を根本から変えているため、より少ない電圧・電力で動かすことができるようになっている。(UFSカードは0.2~0.4V・1.62W。SDカードは1.8~3.3V・2.88W)《参照:公式サイトのPDF資料》
この為転送速度向上の恩恵を受けつつバッテリー寿命の向上が期待できるメモリーカードになっている。
UFS自体はeMMCの後継として現在のスマートフォン等に広く採用されている高速なフラッシュメモリの規格である。このためモバイル機器を中心に容易に対応が可能だとされている。

ナノメモリーカード

Huaweiが開発したMicroSDに代わる小型メモリーカード。
スマートフォンのNanoSIMと同じ大きさで、MicroSDより小さいサイズになっているが容量、転送速度共にMicroSDと据え置きの性能を実現している。
使用時はスマートフォンのnanoSIMスロットに装着する。
現地点での国内発売日は未定だが、現在発売されている同社の端末「Mate20」から対応はしている模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「メモリーカード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント