ピクシブ百科事典

アーケードゲーム

あーけーどげーむ

ゲームセンター等に置かれ、コインを投入して遊ぶタイプのゲーム。
目次[非表示]

解説

ゲームセンターでお金を入れて遊ぶタイプのゲーム
家庭用ゲームと対比して業務用ゲームとも呼ばれる。
日本では90年代辺りまでビデオゲームと呼ばれることも多かった。
ゲームセンターに限らずビデオ屋・駄菓子屋ボウリング場・バッティングセンター等にも置かれている。
更に、ほんの一部ではあるが個人で所有するに至る人もいる。

元々はピンボールエレメカ等といった遊戯機械が主流だったが、1971年にノーラン・ブッシュネルがマサチューセッツ工科大学で開発された世界初のコンピュータゲームスペースウォー!」のアーケード版「コンピュータースペース」を開発。これが世界最初のアーケードビデオゲームである。
その後ブッシュネルはAtariを創業し、自社開発した「PONG」を発売。日本にも輸入され、セガ筐体の外装を変えて「ポントロン」、同じくタイトーも筐体の外装を変えて「エレポン」として販売、ヒット作となった。

史上初の日本産ビデオゲームはタイトーの「サッカー」で、PONGを解析した西角友宏による作品だったが、ヒットには結びつかなかった。その後、西角は日本初のビデオゲーム式レーシングゲームスピードレース」を開発し、更に世界中で一大ブームを巻き起こす「スペースインベーダー」を開発した。
結果、70年代後半からはビデオゲームがアーケードの主役となっていった。
また、このスペースインベーダーの大ブームで広まったことから、年配層の中にはアーケードゲーム全般を「インベーダーゲーム」と呼ぶ人も居る。ファミコンとそれ以外のゲーム機の区別がついていない人と似たようなものか。
主役の座をビデオゲームに譲ったエレメカは勢いを失っていったが、それでも稼働はし続けており、セガのUFOキャッチャー等は今でも現役である。

アーケード基板は言わばROMCPUが一枚に実装されたもので、映像/音声・電源供給・コントローラーの接続はコントロールボックスによって行われる。

21世紀に入り、インターネットの普及率が高まって以降は常時オンライン接続を前提とした筐体及びゲームが多くなっている。

家庭用ゲームとの関係

80年代から90年代にかけてはアーケードゲームが家庭用ゲーム機よりも二歩も時には三歩先をいくクオリティの性能を持つゲームが多く、家庭用移植に関しては家庭用ゲーム機の性能・制約をいかに駆使して再現するかに心血を注ぐメーカーも多かった。
そして90年代後半に差し掛かった頃にプレイステーションセガサターン等のハイクォリティな家庭用ゲーム機の登場によりほぼ完全移植ともいえる家庭用移植が行われるようになっていった。
ところが、家庭用ゲーム機とアーケードゲームの性能が互角になっていくにつれ家庭用ゲーム機をベースにした基板が登場している。
現在ではパソコンをシステムに据えたアーケードゲームの登場もある。
(例:WindowsをベースにしたbeatmaniaIIDX)


時代ごとのアーケードゲーム

開始年ソフトタイトル
70年代前半コンピュータースペース PONG
70年代後半ブロック崩し スペースインベーダー
80年代前半パックマン ゼビウス
80年代後半グラディウス R-TYPE ダライアス
90年代前半ストリートファイターII ぷよぷよ ザ・キング・オブ・ファイターズ レイフォース
90年代後半バトルガレッガ 電車でGO! beatmania ギターフリークス ドラムマニア ポップンミュージック ダンスダンスレボリューション 怒首領蜂 レイディアントシルバーガン
00年代前半甲虫王者ムシキング 斑鳩
00年代後半データカードダス リルぷりっ jubeat REFLEC_BEAT DJMAX TECHNIKA
10年代前半プリティーリズム ガンスリンガーストラトス maimai グルーヴコースター SOUND_VOLTEX BeatStream ミライダガッキ コードオブジョーカー


関連タグ

アーケード ゲームセンター コイン ビデオゲーム コンピュータゲーム ピンボール エレメカ 筐体 テーブル筐体 アップライト筐体

バブルシステム NEOGEO NESiCAxLive

pixivに投稿された作品 pixivで「アーケードゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271855

コメント