2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

主に映像受像装置(ビデオディスプレイ)を使うことからビデオゲームと呼ぶことも多い。



コンピュータゲームのちょっとした歴史

機械を利用したゲームの構想は意外と古く、遡る事1840年代にはチェスを元にした機械式ゲームの試みがあったが構想のみで実現せず、1912年にはスペインで機械式チェスが考案されている。このころはコンピューターがなく、後世の言葉を借りるならばエレメカの類であり、その始祖とも言える。

1949年に初の(プログラム内蔵式)デジタルコンピューターであるEDSACが開発されると、オシロスコープを表示画面に使うゲームが構想され、三目並べゲーム『OXO』がコンピュータゲームとしては最初のものとなった(1952年)。やがてアナログコンピュータとオシロスコープを利用した対戦テニスゲーム『Tennis for two』なるものが史上初の一般人の遊んだコンピュータゲームとなった(1958年)。ただし、これはコンピュータとの対局ではなくあくまで人対人の対戦専用だった。

1962年以降は「スペースウォー!」が専用のコントロールボックスを備えたゲームとなった初の作品であり、1970年代以降には我々が知る娯楽機器としてのコンピュータゲームが発展していく事となる。

日本国内では…

日本のゲームメーカーのいくつかは元々はコンピュータゲームとは無関係の業種から始まり、タイトーの「スペースインベーダー」が大きな転換となった事で参入する業者が現れた。また、ホビーパソコン黎明期においては光栄(コーエーテクモゲームス)やハドソンがソフトウェアを開発・販売した過去が始まりである。


関連リンク

フリーゲーム登録受付

フリーゲーム総合サイト

関連タグ

表記ゆれ:コンピューターゲーム
コンピュータゲームのジャンル一覧
ビデオゲーム テレビゲーム 携帯ゲーム フリーゲーム コンシューマゲーム アプリゲーム

ゲーム機 ゲームソフト スマートフォン

ゲーム用語

関連外部リンク

関連記事

親記事

ゲーム げーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コンピュータゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました