ピクシブ百科事典

Odyssey(ゲーム機)

おでっせい

アメリカの企業マグナボックスが1972年に発売した世界初の家庭用ゲーム機。
目次[非表示]

概要

ドイツ生まれのアメリカ人発明家であるラルフ・ベアが開発し、マグナボックス社から1972年に発売された世界初の家庭用ゲーム機。28種類のゲームが内蔵されている。日本では未発売。
名前の由来はSF映画2001年宇宙の旅(原題:2001: A Space Odyssey)から来ている。

特徴

電源は当然ながらACアダプタを使用するのだが、単2電池6本で代用することも可能だった。
コントローラーは四角い箱のような形状。ダイヤルのようなツマミを回して操作する。後に登場する据え置きゲーム機でも、しばらくは本体とコントローラーが一体になっているゲーム機が続くのだが、このOdysseyは早くも本体からケーブルで伸びているコントローラーを採用しており、一歩も二歩も時代を先取りしたつくりになっている。
本体前部のスロットにカードを差し込むことでプレイするゲームを切り替える仕組みになっており、後に主流となるカートリッジ交換式ゲーム機の先駆け的存在といえる。
(ただし、ゲームのプログラムはこのカードではなく本体に内蔵されており、新しくカードを作ってもプレイできるゲームを増やすことはできなかった)

ゲーム機としてのグラフィック機能はまだまだ原始的であり、画面に表示できるのは2、3個の点だけだった。それを補うのが、同梱されているオーバーレイという半透明のシートである。
これをテレビ画面に貼り付けることで、テレビ画面がテニスコートやルーレットなどのゲームフィールドに早変わりするのだ。

内蔵されているゲームの中では、ラケットを操作してボールを打ち合う二人対戦ゲームの「テーブルテニス」が有名。
他にも別売りの光線銃セットを購入することで、射撃ゲームをプレイできるようになる。
ちなみに、この光線銃の製造は当時日本で玩具の光線銃シリーズをヒットさせていた任天堂に発注された。
その縁からか、後に任天堂はOdysseyのライセンスを取得し、テレビゲーム15を発売している。

販売と広告

全く新しいジャンルの商品であり、一般市民にとって馴染みが薄いため、大規模な宣伝活動が行われた。
発売1年前から全米各地でプライベートショーを行い、宣伝にはフランク・シナトラを起用する程の熱の入れっぷりだった。
プライベートショーに来ていたノーラン・ブッシュネルはOdysseyのゲームに深く感銘を受け、翌年にAtariを創業した。

しかし、大規模な宣伝とは裏腹に、売れ行きは芳しくなかった。「マグナボックス製のテレビじゃないと遊べない」と勘違いされたことと、購入したユーザーからの評判が今一つだったことが原因である。

挙句の果てに同年にAtari社がOdysseyのテーブルテニスを模倣したPONGをヒットさせ、一気に話題を持っていかれてしまう羽目に。
しかし皮肉にも、PONGの登場によってOdysseyの売り上げも持ち直し、最終的に35万台を売り上げた。

関連タグ

オデッセイ ゲーム機 据え置きゲーム機 マグナボックス

pixivに投稿された作品 pixivで「Odyssey(ゲーム機)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1226

コメント